「アート展」とは?

関連ニュース

上田麗奈フォトコラム・並木道で感じた新しい季節の入り口 - 04月28日(金)06:00 

お絵かきと散歩が大好きな上田麗奈さんによるフォトコラム「この色、いいな」。上田さんがいろんな場所を訪ね歩き、おもしろい「モノ」や「コト」、そしてお気に入りの「色」を探します。 REINA UEDA column [good colors] Photo-36-2 連載36回目となる今回訪れたのは、玉川上水旧水路・幡ヶ谷緑道。甲州街道の間近に沿っているとは思えないのどかな緑道で、桜を見に来る人も多いお花見スポットでもあります。 ▼▼▼▼▼ 古くて小さな公園で遊んでいるような気分になる、アットホームな場所でした。 お天気も良かったので、ご家族でいらっしゃる方も多かったですね。 道中、おじいちゃんとおばあちゃんが、手を繋いで仲睦まじそうにお散歩していたのが印象的で。素敵ですよね~。 上田麗奈 ▼▼▼▼▼ ◇撮影を終えて ――撮影時には桜満開までいま一歩でしたが、この緑道は密かな花見スポットとして人気のある通りのようです。 上田:富山の桜並木を知っているので、桜並木としてはもうちょっとボリュームがあればな、と思うところはあったんですけど、東京はいろんなものが密集しているので、道のすぐそばに自然以外の家やオブジェだとかがずらっと並んでいる光景は新鮮でしたね。富山だと、桜並木があれば周りは川と道と田んぼで、家はあっても遠くて広々としているんですけど、東京だとミニチュアみたいにキュッと縮まった感じ...more
in English
カテゴリー:

満月の光だけを頼りに撮影を続ける石川賢治氏の写真展「月光浴 青い星 BLUE PLANET」 - 04月27日(木)09:45 

「月光浴 青い星 BLUE PLANET」 2017年4月27日(木)から6月19日(月)まで、キヤノンギャラリーSにて、石川賢治氏の写真展「月光浴 青い星 BLUE PLANET」が開催される。同氏が満月の光だけを頼りに撮影してきた30年間のベストショットに、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」で撮影した初公開の最新作を加え、約90点の作品を展示。会場での作品は、キヤノンの大判プリンタ「imagePROGRAF」で出力されている。 石川賢治氏は1945年福岡県生まれで、1967年に日本大学芸術学部写真学科を卒業。広告制作会社である株式会社ライトパブリシティの写真部に入社し、1976年からフリーランスのフォトグラファーとしての活動を始めた。1984年秋からは月光写真に取り組み、1990年に刊行された「月光浴」(株式会社小学館)をはじめ、これまでに数々の写真集を発表している。 本展でのテーマは「満月の夜の海の底から山の上まで」。水深4mの海底に差し込む月光(パラオ)や、天空に浮かぶヒマラヤ連山(チベット)など、満月の夜に撮影された奇跡の瞬間の数々を目にすることが可能だ。会場は照明がほの暗く落とされており、石川氏の撮影に同行したサウンドクリエーターの中田悟氏が録音した「満月の夜の自然音」が流れる。入場無料、休館日は日曜および祝日で、開館時間は10:00~17:30。ゴ...more
in English
カテゴリー:

プリントバディの「ホログラムセット」でチラシやポスターなどの印刷物が目立つ!光の当たり方で輝きが変化 - 04月26日(水)12:15 

プリントバディ「ホログラムセット」 株式会社コーワクリエイティブが運営しているプリントバディは、印刷物を目立たせることができる「ホログラムセット」を好評販売中。「ホログラムポスター印刷」「ホログラムチラシ印刷」「ホログラムリーフレット」として注文できる。透明のホログラムフィルムを使用し、多彩な柄のホログラムパターンを印刷物に加えることが可能。見る角度や光の反射具合によって、ホログラム柄がランダムに浮き上がる。 プリントバディの「ホログラムセット」は印刷+光沢加工の商品で、8種類ものホログラムパターンが用意されていることが大きな特徴だ。チェック / シティーライト / スターライト / チップ / モザイク / かざぐるま / ハート / レンズの柄があり、それぞれ独特な表情を見せる。通常での注文の場合にはチェック柄が用いられ、そのほかの7種類の柄を採用したい場合には別途に見積もり商品としての取り扱い。カスタマーセンター(TEL:050-5865-8779)への問い合わせで対応してもらえる。 「ホログラムポスター印刷」はA1 / B2 / A2 / B3サイズ、「ホログラムチラシ印刷」はA3 / B4 / A4 / B5 / A5サイズでの注文が可能。「ホログラムリーフレット」の折り方には二つ折り(4ページ)/ 三つ折り(6ページ)/ 外四つ折り(8ページ)があり、展開時のサイズはA...more
in English
カテゴリー:

アニエスベーによる写真コレクションの日本初展示「amour, amours...」 - 04月26日(水)09:45 

アニエスベーフォトコレクション「amour, amours...」写真展 2017年4月26日(水)から5月14日(日)まで、美術館「えき」KYOTOにて、アニエスベーフォトコレクション「amour, amours...」写真展が開催される。ファッションブランドのアニエスベーの協力により、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のゴールデンウィーク特別共同企画として開催されるスペシャルエキジビション。アニエスベーが所有するアートコレクションの中から、約70点の写真作品が展示される。開館時間は10:00~20:00(入館は閉館30分前まで)で、当日券での入館料は一般900円 / 高校・大学生700円 / 小学・中学生500円。 アニエスベーのプライベートコレクションから作品がまとめて発表されるのは、日本において今回が初の機会となる。展示作品は「KYOTOGRAPHIE」のテーマである「LOVE」にちなんだものがセレクトされた。出展作家は、アンリ・カルティエ=ブレッソン、オリヴィア・ビー、ギルバート&ジョージ、ジャック=アンリ・ラルティーグ、デニス・ホッパー、ナン・ゴールディン、マーティン・パー、マリック・シディベ、ライアン・マッギンレーなど24名の予定。有名作家も多く含まれるが、独自の審美眼で選ばれた知られざる傑作も披露される。なお、アニエスベーからは、オリヴィア・ビーとマリック...more
in English
カテゴリー:

ディズニーアクセ『美女と野獣』コレクションの新作がかわいすぎ - 04月23日(日)10:30 

 ディズニー実写版映画『美女と野獣』の公開にあわせ、ユニセックスジュエリーブランド「JAM HOME MADE(ジャムホームメイド)」が手がける『美女と野獣』コレクションの新作が先行発売されている。 【画像】ロマンチックなギフトBOX入り  同コレクションは『美女と野獣』の物語の鍵を握る魔法のバラをモチーフにしたラインナップを展開。新たに加わった「ローズカットシリーズ」、「リアルルビーローズシリーズ」ももちろん乙女心をくすぐるロマンチックなバラのデザイン!  地金をバラのシルエットにカットした透かしモチーフの「ローズカットシリーズ」は、アンティークな雰囲気が漂う。アニメの世界観を表現した可憐なオリジナルBOX入りなのも嬉しい。立体加工のバラの中心部に真っ赤なルビーが輝く「リアルルビーローズシリーズ」は1点投入でも存在感バツグン。いずれのシリーズもネックレス、リング、ピアスの3アイテム展開。1アイテムからでも購入できるが、3アイテムセットならお得プライスに。 【商品詳細】 ※すべて税別 ディズニーアクセ『美女と野獣』ローズカットシリーズ ネックレス、リング、ピアス(各1万2000円) 3アイテムセット(3万円) ディズニーアクセ『美女と野獣』リアルルビーローズシリーズ ネックレス、リング、ピアス(各4000円) 3アイテムセット(1万円) ※商品の発送は6月中旬予定 販売店舗...more
in English
カテゴリー:

デジタルとスイーツの競演!「SWEETS by NAKED」が岐阜・多治見にやってきた!! - 04月27日(木)22:09 

光とスイーツを融合させたデジタルアート展「SWEETS by NAKED 多治見」が、2017年4月28日(金)から9月3日(日)まで、JR多治見駅北口すぐのところに特設されたレストラン「TREE by NAKED tajimi」(岐阜県多治見市)で開催される。そんな「SWEETS by NAKED」の報道陣・関係者向けの内覧会が4月27日に行われたので、一足先に体験してきたぞ! 【写真を見る】入り口には大きな本のオブジェが設置される ■ 幻想的なプロジェクションマッピングを体感しよう! 館内ではプロジェクションマッピングを駆使したさまざまな仕掛けが楽しめる。会場入り口には、大きな本のオブジェが展示され、たくさんのスイーツが飛び出してくるような映像で出迎えてくれるぞ。幻想的な空間が広がるメインフロアは、思いもよらないコンテンツが盛りだくさんだ。自分の動きに合わせて変化するプロジェクションマッピングや、会場に設置された「電話ボックス」の受話器をとれば甘い言葉をささやいてくれる。ほかにも「綿菓子のワゴン」が置いてあり、実際に綿菓子を販売。カラフルな「Cotton Candy」と、光る「Flash Cotton Candy」の2種類の綿菓子をそれぞれ600円で買うことができる。味わって楽しむのはもちろん、撮影用の小道具としても楽しめるぞ。 ■ 体験型スイーツショップに寄ってみよう! 今回...more
in English
カテゴリー:

天才バカボン50周年記念!赤塚不二夫氏の世界観を新たな視点で紐解く企画展「春のビチュツ展」 - 04月27日(木)09:45 

「春のビチュツ展」 2017年4月27日(木)から5月14日(日)まで、GALLERY X BY PARCOにて「春のビチュツ展」が開催される。赤塚不二夫氏(1935~2008年)の作品である「天才バカボン」や「もーれつア太郎」の50周年を記念して開催される展覧会。オマージュ作品や複製原画の展示に加え、物販コーナーにはイベントのために企画された商品や初披露の絵柄のグッズも登場する。入場無料で、時間は11:00~20:00。 2015年から赤塚不二夫氏の生誕80年企画として開催された「ビチュツ展」では、同氏に影響を受けた村上隆氏や五木田智央氏などのアーティストが、パロディ・オマージュ作品を展示して大きな話題となった。今回の「春のビチュツ展」では、「ビチュツ展」でも展示されたオマージュアートをはじめ、赤塚不二夫氏へのトリビュート作品も紹介。オマージュ作品には、赤塚りえ子氏 / 伊藤桂司氏 / 五木田智央氏 / 白根ゆたんぽ氏 / スージー甘金氏が参加している。 そのほか、会場には「おそ松くん」や「ひみつのアッコちゃん」などの希少な複製原画も展示。2017年に50周年を迎えた「天才バカボン」と「もーれつア太郎」は、ストーリー仕立てでの複製原画の展示に加え、コミックの読書コーナーも用意された。両作品のこれまでの歩みを中心に、さまざまな視点で赤塚不二夫氏の世界を体験できる。 ■期間:2017...more
in English
カテゴリー:

写真撮影もペンライトやルーペを使った鑑賞もOKな「オルセー美術館 至宝のリマスターアート展」 - 04月26日(水)09:45 

ピエール=オーギュスト・ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 2017年4月26日(水)から5月8日(月)まで、大丸札幌店 7F ホールにて「オルセー美術館 至宝のリマスターアート展」が開催される。フランス国立オルセー美術館の公式認定のもとで開催される展覧会。ジャン=フランソワ・ミレー(1814~1875年)の三大名画(落穂拾い / 晩鐘 / 羊飼いの少女)をはじめ、教科書で見るような有名絵画など約60点の傑作の復原画が展示される。 「リマスターアート」は、3D画像解析技術で原画を直接解析し、ダイナミックな筆さばきや絵の具のタッチまでも忠実に再現した復原画のこと。本展に展示される作品では、色相 / 彩度 / 明度に3Dの質感表現を含めた統合的な画像処理のほか、オルセー美術館内での学芸員との綿密な検討も経て、限りなく原画に忠実な色彩が実現された。ペンライトで照らしながらルーペで細部まで鑑賞したり、写真撮影をしたりと、名画を身近に感じられるような「リマスターアート」ならではの楽しみ方もできる。 入場料は一般1000円 / 小・中学生800円で、小学生未満は無料。開場時間は10:00~20:00で、最終日は17:00閉場、4月28日(金)~4月29日(土・祝)と5月3日(水・祝)~5月6日(土)は20:30閉場となる(いずれも入場は閉場30分前まで)。 ジャン=フランソワ・...more
in English
カテゴリー:

「この世界の片隅に」などで知られる漫画家こうの史代氏の作品展がスタート - 04月26日(水)09:45 

「この世界の片隅に」 (C)こうの史代/双葉社 2017年4月26日(水)から5月9日(火)まで、近鉄百貨店 上本町店 9F 催会場にて「こうの史代 作品展」が開催される。漫画家 / イラストレーターとして活躍する こうの史代氏にフィーチャーした展覧会。アニメーション映画「この世界の片隅に」の原作となった同名の漫画作品をはじめ、話題作の数々を原画や複製原画などで紹介する。時間は10:00~19:00(最終日は15:00閉場 / 入場は閉場30分前まで)で、入場料は大人500円 / 学生300円 / 未就学児無料。 こうの史代氏の作品は、繊細な線で描きこまれた温かな絵柄が特徴で、多くの人々から支持されている。何度も読み返したくなる物語展開も魅力の1つだ。同氏の「この世界の片隅に」を原作としたアニメーション映画は、2016年に公開され、第40回日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞を受賞。原作の漫画も2009年に第13回 文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝くなど、高く評価されている。 本展では「この世界の片隅に」はもちろん、デビュー作の「街角花だより」や、第8回 文化庁メディア芸術祭でマンガ部門大賞を受賞した「夕凪の街 桜の国」、ロマン溢れる絵物語で日本の歴史を描いた「ぼおるぺん古事記」、復興に向けて歩む東日本をニワトリの視点で描く「日の鳥」、「ぴっぴら帳」「長い道」「さん...more
in English
カテゴリー:

増田の蔵で移動企画展 まんが美術館、改修中も魅力発信 - 04月22日(土)18:06 

 秋田県横手市の増田まんが美術館の移動企画展「マンガアート展~蔵とマンガ、異文化交流序章」が22日、地元増田町の国重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)で始まった。まんが館は大規模改修のため休館中で、市…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「アート展」の画像

もっと見る

「アート展」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる