「アート作品」とは?

関連ニュース

これを見逃すと次は3年後!フォトジェニックスポットも満載「札幌国際芸術祭 2017」 - 07月25日(火)18:00 

「札幌国際芸術祭 2017」は、3年に一度、札幌市で行なわれる国際的なアートフェスティバル。2回目の開催となる2017年は、NHKの朝の連続テレビ「あまちゃん」の音楽を手掛けレコード大賞作曲賞を受賞した大友良英氏をゲストディレクターにむかえ、大友氏が様々なアーティストと、札幌市を舞台に市全体をアート作品に変えていく。著名な作品が数多く出展される他の芸術祭とは違い、すすきのの街やキャバレーなど、市内のあらゆる場所、施設が100組以上のアーティストによって芸術作品に様変わりし、57日間変化し続ける札幌ならではの芸術祭となっている。 【写真を見る】モエレ沼公園は札幌有数の“フォトジェニック”なスポット ■ 芸術祭だけじゃない!モエレ沼公園は札幌有数の“フォトジェニック”なスポット 今年の「札幌国際芸術祭 2017」のサブテーマである「ガラクタの星座たち」の舞台となるメイン会場の「モエレ沼公園」は、ごみ捨て場がイサム・ノグチ氏の手により蘇った“アートパーク”となっている。モエレ沼公園最大の造形物であるモエレ山の山頂からは札幌市内全体を見渡せる展望台となっているほか、写真映えすること間違いなしのモニュメントやプログラムも楽しめる。ぜひカメラを片手に足を運んでみて。 ■ 「水の彫刻」と呼ぶにふさわしい「海の噴水」 40分のロングプログラムと15分のショートプログラムがあり、1日に3~4回運転し...more
カテゴリー:

オトナ女子のための水彩パステルを発売 インスタ映えする手描きアートも気軽に - 07月25日(火)10:00 

[ぺんてる株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/2857/107/resize/d2857-107-219996-0.jpg ] 昨今、大人向けぬり絵本人気のみならず、インスタグラムなどSNS上では、自分で描いたアート作品を写真画像で投稿する30代~40代の大人...
カテゴリー:

渋谷で光のアートに包まれる体験型展覧会「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」 - 07月23日(日)00:00 

プログラマーやエンジニア、CGアニメーターなど、デジタル分野のさまざまなスペシャリストが集まった「チームラボ」。今回は、光に触れることで音楽が奏でられる参加没入型のミュージックフェスティバル「チームラボジャングル」と、最新のデジタルテクノロジーを使ったチームラボの知育プロジェクト「学ぶ!未来の遊園地」による大規模な展覧会を行うそう。光と音楽に包まれて参加できる展覧会って?◆光のアートに包まれる音楽フェスとデジタルで創造する学びの空間が広がる展覧会チームラボは、2017年7月28日(金)から9月10日(日)まで、渋谷ヒカリエ開業5周年記念企画「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」を渋谷ヒカリエ9階のヒカリエホールで開催。「チームラボジャングル」では、昼の時間帯には親子で楽しむ「 Kids Noon(キッズヌーン)」、夜は大人だけの「Art Night(アートナイト)」と、昼と夜で違った2つのプログラムが展開され、「学ぶ!未来の遊園地」は昼と夜どちらの時間帯も参加することができる。例えば夜のアートナイトで行われる「Light Vortex(ライト ボルテックス)」は、建築で使われる柱の構造を光で再現した作品。集まった光の線がデジタルで制御されることによって、ダイナミックな空間が生まれ、体ごと光に包まれる不思議体験ができる。「Light Vortex」t...more
カテゴリー:

この夏、アート作品「檸檬ホテル」で働けるらしい - 07月22日(土)11:10 

私は体験型のアートが好きだ。かつては瀬戸内国際芸術祭でこえび隊(ボランティアサポーターの総称)をやったこともある。だけど、いつもどこか物足りなかった。それは、自分はやっぱり「鑑賞者」側で、「作品」側には立てない、と思っていたからだ。だから「檸檬ホテル」で夏限定のインターンを募集しているという話を聞いた時、ああ、羨ましいなあ、と思わずにはいられなかった。ひと夏の「檸檬」体験「檸檬ホテル」は、豊島・唐櫃岡にある体験型のアート作品兼宿泊施設だ。「瀬戸内国際芸術祭 2016」で発表された作品だが、会期が終わった今でも楽しむことができる。建物の中には、豊島産のレモンの枝葉で染めた布が使われており、レモン色の空間でアートを体験できる。「鑑賞者」としても充分に楽しめるのは、わかっている。だけど私が憧れていたのは、作品の手入れをしたり、作品と鑑賞者とつなぐ手伝いをしたりしながら、「作品」側に立ってみるということだった。そんな時間の中で、その作品にどんなふうに朝日が差すのか、夕暮れの中でどんな表情をするのか、みんなが家に帰ってひとりぼっちになるとやっぱり寂しいのかな、なんて思いながら、「鑑賞者」が知らない一面を見てみたいと思っていた。もしあなたが「作品」側に立ちたい人なら社会人となった私にはもう、「作品」側に立つ機会はそう訪れないだろう。インターン募集の応募ボタンをクリックできない自分が歯がゆいけれ...more
カテゴリー:

御船山楽園でデジタルアート 庭園に幻想の世界 - 07月22日(土)07:00 

武雄市武雄町の御船山楽園で、自然の中で壮大なデジタルアートが楽しめる「かみさまがすまう森のアート展」が開かれている。池や森、巨石などの舞台で、光のコイや鳥が遊び、滝が流れ、森が明滅している。 CGを駆使したデジタルアート作品で知られる「チームラボ」(猪子寿之代表)のプロジェクト。2015年から3年目で、これまでの池を舞台にした水面ドローイングに加え、庭園全体の自然を使ってさまざなな光の芸術を...
カテゴリー:

ベッキー、大地の芸術祭グラビアで大人っぽい表情を披露 - 07月25日(火)12:39 

 タレントで女優のベッキー(33)が、25日発売の『月刊新潟Komachi』9月号(ニューズ・ライン)に登場。国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の作品を舞台にしたグラビア撮影で大人っぽい表情を見せ、今の自分について語った。 【画像】表紙を飾るベッキー  巻頭特集のテーマは「週末プチトリップ」。大自然とアート作品に包まれる芸術祭の魅力をベッキーを起用して表現する。同誌のインタビューでは休日の過ごし方や今の自分について次のように語っている。「2つあります。まず、心が疲れたときは人に会うこと。くだらない話で笑ったり、みんなが集合してから何をするか考えて登山をしたり、海の家へ行ったりもします。頭を使って考えすぎたときは一人で過ごします。ひたすらゲームとか、家でまったりとか。20代の頃と違って、きちんと自分の心に耳を傾けて、リフレッシュするようにしています」。  また、「夏が大好きです。というか、どの季節もそれぞれの驚きと発見があって楽しいと感じるんです。ちょっとしたことだけど、砂浜を裸足で歩くとか、芝生も靴を脱いで走り回ったり。子どもの頃に両親がいろいろな経験をさせてくれたんですよ。冬はスノーモービル、夏はヨットみたいな。だから、大人になった今でも自然が怖くなかったりするかな。私って野生児なんです(笑)」と、山里での撮影時には意外な一面も見せる。  最近は、ア...more
カテゴリー:

テーマは「しゅわしゅわ」。人口240人の佐久島で映画を見ませんか? - 07月24日(月)06:06 

「森の映画祭2017」のテーマは、しゅわしゅわ。気泡のように、現れては消えてゆく、儚くて切ない世界。夏祭り、学校帰りの夕暮れ、こっそり好きな人と待ち合わせる夜のドキドキ。上映される作品はどれも、いつか味わったような、そして憧れていたようなシチュエーションをコンセプトに選ばれていて、まるで自分自身の思い出の中に入っていくような体験。今年は、愛知の「佐久島」2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県北杜市で開催し、一晩で2,700人が参加。そして今年の会場に選ばれたのが、人口240人ながらも年間10万人以上の観光客が訪れる「佐久島」。三河湾に浮く離島です。佐久島行きの船乗り場「一色港」から、市営渡船でおよそ20分。ゆったりした雰囲気と、島の至る所に設営されたアート作品が人気の秘密。コンビニや信号機がない、どこか懐かしい日本の原風景と現代的なアート作品を同時に楽しむことができて、まるでこの島自体が映画の舞台のよう。そんな自然溢れる島でどの映画、見る?上映作品の第一弾ラインナップでは、『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督の、『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』をはじめ、『水戸黄門Z』『しまこと小豆島』『DEPARTURE』『stomach ache』『サ...more
カテゴリー:

まるでアート作品のような愛らしい街 サン・ミゲル・デ・アジェンデの色香 - 07月22日(土)12:00 

近年、欧米人の移住先として人気が高く、外国人旅行者も増加していることから、おしゃれなショップやカフェが続々と誕生し、モダンに進化しているサン・ミゲル・デ・アジェンデ。このメキシコの都市の魅力を、五感で満喫したい。
カテゴリー:

芸術と音楽、食の祭典開幕=被災地盛り上げ-宮城・石巻 - 07月22日(土)10:54 

 東日本大震災の被災地を芸術や音楽、食で盛り上げようと企画されたイベント「リボーンアート・フェスティバル」が22日、宮城県石巻市で始まった。現代アート作品が牡鹿半島などで展示されるほか、コンサートも開かれる。期間は9月10日までの51日間で、主催者側は20万人の来場を見込む。 イベントは、音楽プロデューサーの小林武史さんと、亀山紘石巻市長が実行委員長を務める。開幕セレモニーが22日、市役所で開かれ、亀山市長は「多くの人に復興の今と未来に向かって飛躍する石巻を感じてもらいたい」とあいさつした。 小林さんはセレモニー終了後、「震災でどう生きていったらいいのか考えさせられ、『出会う』ことが必要だと思った。(イベントに訪れた人には)多くの出会いにより、それぞれの自分に巡り合ってほしい」と話した。 イベントには、前衛芸術家の草間彌生さんら国内外のアーティストが参加。大きな白い鹿のオブジェや花をモチーフにした作品など約70点が展示される。地域の食材を使った料理を提供する期間限定のレストランも開設。28日から30日には、同県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園で、ミスターチルドレンなど人気ミュージシャンが参加するコンサートが行われる。 【時事通信社】
カテゴリー:

自撮りに夢中になりすぎて2000万円以上の価値のあるアート作品をドミノ倒しにしてしまうドジっ娘現る - 07月22日(土)07:00 

カリフォルニア州ロサンゼルスにある「The 14th Factory」は、香港に拠点を置くイギリス人アーティストであるサイモン・バーチ氏による作品を展示するスペースです。ここに訪問したひとりの女性が、作品と共に自撮りしようとしたところ、展示しているアート作品をドミノ倒しで複数壊してしまい、なんと20万ドル(約2200万円)相当の損害を出しました。続きを読む...
カテゴリー:

もっと見る

「アート作品」の画像

もっと見る

「アート作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる