「アンバランス」とは?

関連ニュース

天木じゅん、体当たりでネオグラビア提唱 水着を上下逆に体に巻きつけ… - 04月25日(火)11:30 

 グラビアアイドルの天木じゅん(21)が、24日発売の『週刊プレイボーイ』19&20号(集英社)のグラビアに登場。撮影方法や身にまとうアイテムなど、常に進化を続けるグラビアシーンにおいて、2017年のトレンド最前線を体当たりで提唱した。 【別カット】ダイナマイトボディを披露した天木じゅん  身長148・バスト95(Iカップ)・ウエスト57・ヒップ84センチというメリハリのあるダイナマイトボディと、幼さの残るロリフェイスという“最強アンバランス”を誇る天木。バラエティ番組の出演も増えており、次世代のグラビア界をリードする筆頭候補として呼び声も高い。  今回のグラビアは、武田久美子の貝殻ビキニに始まり、さまざまなブレイクスルーが起こってきたグラビアの歴史への挑戦。「進化形競泳水着」「童貞を殺すセーター」「天地返し」など、最前線にして最高峰のグラビアを見事に表現している。  なお、今回のグラビアの全貌は26日発売の『週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊2017GW号』で明らかになる。本誌に掲載しきれなかったアザーカット数十点で構成する電子写真集「週プレnet EX」(税込み1080円・閲覧可能期間7日間)も24日に発売された。  同号にはそのほか、女優の逢沢りな(25)、アイドルグループ・SUPER☆GiRLSの浅川梨奈(18)、レースクイーンの藤木由貴(24)、モデル・タ...more
in English
カテゴリー:

桐谷美玲主演の新木10ドラマ「人は見た目が100パーセント」、ネットからの評価は上々か - 04月16日(日)23:00 

4月13日(木)から始まった新ドラマ『人は見た目が100パーセント』。原作は大久保ヒロミの漫画で、マンネリの日々を打開するために「美」を追求するアラサー女性3人が描かれている。 今回主人公の城之内純を演じているのは桐谷美玲(27)。脇を飾るのは前田満子役の水川あさみ(33)と、お笑い芸人ながらその芸風が若者の間でブームになっている佐藤聖良役のブルゾンちえみ(26)だ。 桐谷、水川の怪演とブルゾンの連ドラ大抜擢で前評判も上々だった本作。どうやら出だしも好調だったようだ。 ◆ブルゾンちえみの演技が好評 旬のお笑い芸人が無理矢理ドラマに出演するとどうしてもドラマの世界観が崩れてしまうもの。しかし、もともとこのドラマの役はブルゾンのキャラから大きく外れた役柄ではなく、違和感なく観られた視聴者が多かったよう。放送前は不安もあったブルゾンの演技も蓋を開けてみると安定しており、女優としても充分に通用するレベルだった。 ガールズちゃんねるにはドラマの視聴者がブルゾンの演技を絶賛するコメントが多く残されていた。 「ブルゾン、声の通りがかなり良くて、綺麗な声!聞き取りやすい」 「共感できること多くて面白かった!ブルゾンちえみの演技良かった」 「ブルゾンの演技。思ってたより良かった!」 もともとブルゾンには地元である岡山の劇団で活動していた過去があるそう。初めてのドラマ出演にも関わらず桐谷と水川の隣...more
in English
カテゴリー:

桐谷美玲主演の新木10ドラマ「人は見た目が100パーセント」、ネットからの評価は上々か - 04月15日(土)23:00 

4月13日(木)から始まった新ドラマ『人は見た目が100パーセント』。原作は大久保ヒロミの漫画で、マンネリの日々を打開するために「美」を追求するアラサー女性3人が描かれている。 今回主人公の城之内純を演じているのは桐谷美玲(27)。脇を飾るのは前田満子役の水川あさみ(33)と、お笑い芸人ながらその芸風が若者の間でブームになっている佐藤聖良役のブルゾンちえみ(26)だ。 桐谷、水川の怪演とブルゾンの連ドラ大抜擢で前評判も上々だった本作。どうやら出だしも好調だったようだ。 ◆ブルゾンちえみの演技が好評 旬のお笑い芸人が無理矢理ドラマに出演するとどうしてもドラマの世界観が崩れてしまうもの。しかし、もともとこのドラマの役はブルゾンのキャラから大きく外れた役柄ではなく、違和感なく観られた視聴者が多かったよう。放送前は不安もあったブルゾンの演技も蓋を開けてみると安定しており、女優としても充分に通用するレベルだった。 ガールズちゃんねるにはドラマの視聴者がブルゾンの演技を絶賛するコメントが多く残されていた。 「ブルゾン、声の通りがかなり良くて、綺麗な声!聞き取りやすい」 「共感できること多くて面白かった!ブルゾンちえみの演技良かった」 「ブルゾンの演技。思ってたより良かった!」 もともとブルゾンには地元である岡山の劇団で活動していた過去があるそう。初めてのドラマ出演にも関わらず桐谷と水川の隣...more
in English
カテゴリー:

【農業】いま、日本の農業は深刻な状況にある。 - 04月07日(金)22:13 

66.8歳。 日本で農業に携わっている人の平均年齢だ。 高齢化が進む日本の中でも、農業は特に高齢化が著しく、65歳以上の人が65%を占め、40代以下は11%と、アンバランスな状態になっている。 人数も192万人と、20年前の半数に減った。 高齢になった農業者の引退、労働力の不足などで、耕されなくなった田畑も増えており、全国で42万ヘクタールに達している。 これは東京都二つ分とほぼ同じ広さにあたる。特に平地が少ない中山間地域に多い。 このままでは、次世代が育たず、農業技術が受け継がれず、農業用水...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】相葉“月9”に意外な前評判!?「春の新ドラマ」注目作ランキング - 04月17日(月)11:36 

4月スタートの新ドラマは、亀梨和也(31)と山下智久(31)が12年ぶりに共演する『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)や30周年を迎える「フジ月9」、 世界最大の国際映像コンテンツ見本市「MIPTV」での上映が決まった『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)など、気になる話題作がめじろ押しです。 そこで、今回は「一番注目している春の新ドラマ」を、20代から60代までの男女100人に聞いてみました。 見事、第1位(14%)に輝いたのは、『釣りバカ日誌Season2 新米社員 浜崎...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

春の恋がキケンってホント!?その4つの理由 - 04月16日(日)07:21 

ふんわりとあたたかな陽射しに、新しい季節を感じる今日この頃。寒い冬を乗り越えやってきた春は、なんだか新しい「恋」がしたくなっちゃう季節ですね。ひょっとして、もう新しい出会いを手に入れて恋に発展しそうな女子もいるのでは?でも、ちょっと待ってください!実は、春の恋は「キケン」というウワサがあるのです。今回は、その理由を4つご紹介します。1.春に出会う異性は、みんなステキ!?春は何かとスタートの時期。男女ともに浮かれていて冷静さを欠いている傾向にあり、出会う人みんなが魅力的に見えてしまうことも。いつもならパスするような相手も、春特有のノリで許容範囲が広まって受け入れてしまっていませんか?お酒を飲む場面も多いこの季節、勢いだけで恋愛に発展させてしまわないよう注意が必要です。一晩エッチしただけでサヨナラ、なんて目にも遭いかねませんよ。2.春は人間関係を清算する季節でもある春は、入学、入社、お花見、歓送迎会などイベントが多い時期。出会いと別れが繰り返される季節です。友人、恋人などの、今ある人間関係をすべてリセットしてしまおう!というちょっとした気まぐれで、付き合っていたのに突然別れをつげてくる男子もいます。そうでなくても新しい出会いの連続の季節ですので、彼氏の浮気防止策もきっちりとっておきましょう。また、もう「離れてしまう」というさみしさや勢いから、恋愛関係に発展しやすいのですが、冷静になれば...more
in English
カテゴリー:

菅野結以ちゃんが手掛けるCrayme,の新作アイテムを一足先に大公開♡ - 04月13日(木)20:30 

雑誌LARMEなどで活躍し、女の子たちのファッションアイコンとして絶大な人気を誇る菅野結以ちゃん。そんな結以ちゃんが手がけるアパレルブランド「Crayme,」の新作展示会に編集部がお邪魔してきました♡春夏の新作アイテムや、おすすめのデートコーデについてたっぷりお届けしちゃいます♡2017 Summer Collectionのテーマは「DECADENCE」今季の「Crayme,」のテーマは退廃という意味を持つ「DECADENCE」。”既成の価値観や道徳に反する美を追い求めた芸術”というテーマのもと、完全ではないものが持つ美しさにフォーカスを当てたアイテムたちを作成したのだそう。なぜこのテーマにしたのかを結以ちゃん本人にお伺いしてみました。「退廃美は昔から変わらぬ自分のテーマとしてあって、原点的なものを作りたいという思いで今回のこのテーマを選びました。私は人の欠点が好きで、欠点と言われる部分が実はその人の個性や魅力的な部分でもあると考えているんです。正しいだけじゃ色気がないし、完璧なんてつまらない。どこか欠けていたり、いびつな部分があるからこそ人と人は繋がり合えるし、そんな部分こそスウィートスポット。なので、今季のCrayme,ではそんなスピリットを随所にこめています」アンバランスだからこそかわいい♡ 新作アイテムにきゅんそんな「DECADENCE」のテーマのもと作られた今季のお洋服も...more
in English
カテゴリー:

【ビジネス】電車でもたれかかってくる男は”デキる男” - 03月21日(火)14:57 

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/031600243/ 川西:実は私が「結構もたれかかるタイプ」なんです(笑)。電車で移動する時に座ってしまうと段々眠くなり、時には、右へ左へゆらゆらと、 「起き上がりコボシ」のようになってしまい、隣の人に押し返されることもしばしばです。もたれないようにしてはいるのですが。気が付くと目的地、ということもよくあります どうなんでしょう。「電車で中ほどまで進まない人」については、「“脳の回路”にある種の欠陥があり、気を利かせる力が低い」 などの仮説が並び...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「アンバランス」の画像

もっと見る

「アンバランス」の動画

Wikipedia

アンバランスunbalance)は、英語で釣り合い・調和がとれていないこと。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる