「アンタッチャブル」とは?

関連ニュース

森三中・大島、会計士風の男装に「たけしさんですよね?」 - 05月21日(日)17:30 

AbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」にて、レギュラー番組「極楽とんぼ KAKERU TV」が5月18日に生放送された。 【写真を見る】森三中・大島美幸はもうビートたけしの例のキャラにしか見えない!?/(C)AbemaTV 同番組は、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱が、11年ぶりのコンビ活動復活後初となるテレビレギュラーバラエティー。 5月18日の放送では、「芸人の歌心にかける!女芸人男装歌合戦」と題し、椿鬼奴、森三中の大島美幸と黒沢かずこ、阿佐ヶ谷姉妹・木村美穂が登場。それぞれ男装をしてキャラになりきり、そのキャラが思い入れのある歌を熱唱した。 司会・進行を務めるのは、山本扮(ふん)する歌手・純翼で、スタジオに登場したとたん、代表曲である「わたしは踊り子」を生披露。 純翼の衣装について、加藤が「手袋の由来は何なんですか?」と質問すると、純翼は「マイケル・ジャクソン先生をずっと崇拝しておりまして、それで左手に白い手袋を」と明かす。 今回の企画である“女芸人男装歌合戦”は、今年3月に同番組の前身である極楽とんぼが24時間あらゆることに挑戦した生放送特別番組「極楽とんぼ『KAKERU TV』~24時間AbemaTV生JACK~」でも実施された企画で、加藤も「クオリティーがみんな高くて、本当に楽しみなんです」と期待が高かった。 最初に登場したのは、特別番組の時に男装歌合戦で...more
カテゴリー:

山本耕史、香取慎吾とのロケを振り返り「“つまらない顔”をしていた」 - 05月17日(水)12:54 

山本耕史と叶美香が、5月17日放送の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系列、毎週水曜19:00~)にゲスト出演。番組MCの香取慎吾、山崎弘也(アンタッチャブル)と共に、ありそうでなかった絶景を見ながら、絶品グルメを味わい楽しむ「レストランバスツアー」で新潟へ向かう。番組公式サイトに公開されている予告動画で、山崎と山本は、この日のロケについてコメント。テーブルやグラスホルダーなどを装備し、セレブ気分を味わえる日本に2台しかないというレストランバスについて山本は「何回か(番組で)行かせて貰っているバスツアーとはひと味違った」と振り返った。そして、ロケ中の香取の様子について山崎が「うちの主人公(香取)は飲み過ぎていましたね。結局、ビール1杯、ワインを7~8杯飲んでいた」と暴露。香取の親友でもある山本から「主人公(香取)の楽しそうな顔を見られると思って来ましたけど、“クソつまらない顔”をしていましたよ(笑)」という発言が飛び出し、山崎も「あれでウケると思っているんでしょうね」とイジるなど、楽しいロケだったことを感じさせた。今回のツアーは、レストランバスで地元産のワイン「シャルドネ」で乾杯からスタート。その後も佐渡島の黒豚を使った前菜や、新潟産の牛すね肉を使った料理、新潟産の自然栽培コシヒカリを使ったリゾットなど、絶品の数々を堪能していく。さらに、地元のワイナリーでは、新潟ならではのワインが続...more
カテゴリー:

「アンタッチャブル」ネス役の声、日下武史さん死去 86歳、誤嚥性肺炎のため - 05月17日(水)11:00 

米ドラマ「アンタッチャブル」で、主役のFBI捜査官、エリオット・ネス(ロバート・スタック)の吹き替えで知られる俳優、日下武史(くさか・たけし=本名・日下猛)さん…
カテゴリー:

劇団四季の創立メンバー、日下武史さん死去 舞台のほか、吹き替えやナレーションでも活躍 - 05月16日(火)18:13 

 劇団四季の創立メンバーの一人で、重厚な演技と知的な語り口で知られた俳優の日下武史(くさか・たけし、本名孟=たけし)さんが15日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため療養先のスペインで死去した。86歳。東京都出身。 1953年に浅利慶太氏らと劇団四季を結成。翻訳劇を中心に古典から現代劇まで幅広く出演した。外部出演も数多く、柔軟な物腰が醸し出す独特の存在感で高い評価を受けた。 舞台の代表作に「エクウス」「ハムレット」など。テレビの人気ドラマ「アンタッチャブル」のエリオット・ネス役の吹き替えや、数々のナレーションでも親しまれた。96年に紫綬褒章、2002年に旭日小綬章を受けた。
カテゴリー:

俳優・日下武史さん死去 86歳 劇団四季創設メンバー - 05月16日(火)17:49 

 劇団四季創設メンバーの一人として知られる俳優の日下武史(くさかたけし 本名=日下孟)さんが15日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため静養先のスペインで亡くなったことがわかった。86歳だった。 【画像】『ヴェニスの商人』など…舞台に立つ日下武史さん  日下さんは慶應義塾高校在学中より、浅利慶太氏らとともに劇作家・加藤道夫に師事し、同大学文学部仏文科在学中の1953年に9名の仲間たちと共に劇団四季を結成。翌54年に、旗揚げ公演として『アルデール又は聖女』を上演して以来、ストレートプレイ(台詞劇)からミュージカルまで、幅広く活躍した。  出演作品は、『エクウス』(マーティン・ダイサート役)、『ヴェニスの商人』(シャイロック役)、『スルース』(アンドリュー・ワイク役)、『鹿鳴館』(影山悠敏伯爵役)、『赤毛のアン』(マシュー・カスバート役)など。一方で、声優やナレーターとしても活躍し『アンタッチャブル』(エリオット・ネス役)、『アマデウス』(アントニオ・サリエリ)などの吹き替えを務めた。91年には芸術奨励文部大臣賞、96年に紫綬褒章、02年に勲四等旭日小綬章などを受章。  劇団四季によると、葬儀は近親者のみで執り行い、後日お別れの会を行う予定。 【関連記事】 俳優の井之上隆志さん死去 56歳 『ドクターX』『相棒』などに出演 (17年03月08日) 俳優・泉政行さんが死去 35歳 『仮...more
カテゴリー:

今田耕司、土田晃之、児嶋一哉らが戦々恐々…お笑い界の20年とは? - 05月21日(日)10:30 

5月20日(土)放送の「さんまの向上委員会」は、前々回より引き続き登場している古坂大魔王と、コンビを組む前から古坂の知り合いであるアンジャッシュの児嶋一哉が加わり、昔話をきっかけにお笑い業界の裏話が続出した。 【写真を見る】Wコウジとの初共演時、「なんにも喋らしてもらえない」という土田晃之 今田が「荒れ狂ってたときですよ、お笑い界が」と表現した約20年前、バラエティー番組を席巻したWコウジ(今田耕司と東野幸治)に、駆け出しの古坂は「(スタッフが)お前黙っとけみたいな感じ」になるほどやりこめられたという。土田晃之も「なんにも喋らしてもらえないくらい」とWコウジとの初共演を振り返り、テレビ進出の厳しさを語った。 こうしたせめぎあいは現在の東西芸人でも同様にあり、NON STYLEの石田明曰く、キングコングの西野亮廣、ピースの綾部祐二、南海キャンディースの山里亮太、そして相方の井上裕介ら、MCの座を狙う同期のツッコミ勢はお互いを意識し合っているという。大阪と東京の交流がなかった時代に頭角を現してきたアンタッチャブルの柴田英嗣も東西芸人の噂話に煽られ、会ったこともない同期のブラックマヨネーズとM-1で一触即発の初対面を迎えた過去を告白した。千原兄弟の千原ジュニアに至っては愛称“ジャックナイフ”が伝言ゲームのように混同し、“切れたナイフ”出川哲朗が「ポケットにナイフ入れてるんでしょー(汗)...more
カテゴリー:

山本耕史、香取慎吾とのロケを振り返り「つまらない顔をしていた」 - 05月17日(水)12:30 

山本耕史と叶美香が、5月17日放送の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系列、毎週水曜19:00~)にゲスト出演。番組MCの香取慎吾、山崎弘也(アンタッチャブル)と共に、ありそうでなかった絶景を見ながら、絶品グルメを味わい楽しむ「レストランバスツアー」で新潟へ向かう。番組公式サイトに公開されている予告動画で、山崎と山本は、この日のロケについてコメント。テーブルやグラスホルダーなどを装備し、セレブ気分を味わえる日本に2台しかないというレストランバスについて山本は「何回か(番組で)行かせて貰っているバスツアーとはひと味違った」と振り返った。そして、ロケ中の香取の様子について山崎が「うちの主人公(香取)は飲み過ぎていましたね。結局、ビール1杯、ワインを7~8杯飲んでいた」と暴露。香取の親友でもある山本から「主人公(香取)の楽しそうな顔を見られると思って来ましたけど、“クソつまらない顔”をしていましたよ(笑)」という発言が飛び出し、山崎も「あれでウケると思っているんでしょうね」とイジるなど、楽しいロケだったことを感じさせた。今回のツアーは、レストランバスで地元産のワイン「シャルドネ」で乾杯からスタート。その後も佐渡島の黒豚を使った前菜や、新潟産の牛すね肉を使った料理、新潟産の自然栽培コシヒカリを使ったリゾットなど、絶品の数々を堪能していく。さらに、地元のワイナリーでは、新潟ならではのワインが続...more
カテゴリー:

【訃報】日下武史さん、スペインで死去 86歳 劇団四季創立メンバー - 05月16日(火)19:00 

 俳優で、「劇団四季」の創立メンバーの日下武史(くさか・たけし=本名・日下孟)さんが15日、静養先のスペインで誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。86歳。東京都出身。  葬儀は親族のみで執り行い、後日お別れの会を行う。  慶大在学中に演劇活動を始め、1953年に浅利慶太らと劇団四季を結成。翌年の旗揚げ公演「アルデール又は聖女」で初舞台を踏んだ。以後、劇団の看板俳優として「エクウス」「ヴェニスの商人」「スルース」「鹿鳴館」「赤毛のアン」など翻訳劇を中心に古典から現代劇まで幅広く出演した。  声...
»続きを読む
カテゴリー:

【訃報】俳優の日下武史さん、スペインで死去 86歳 劇団四季創立メンバー - 05月16日(火)18:07 

俳優で、「劇団四季」の創立メンバーの日下武史(くさか・たけし=本名・日下孟)さんが15日、静養先のスペインで誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。86歳。東京都出身。 葬儀は親族のみで執り行い、後日お別れの会を行う。 慶大在学中に演劇活動を始め、1953年に浅利慶太らと劇団四季を結成。翌年の旗揚げ公演「アルデール又は聖女」で初舞台を踏んだ。 以後、劇団の看板俳優として「エクウス」「ヴェニスの商人」「スルース」「鹿鳴館」「赤毛のアン」など翻訳劇を中心に古典から現代劇まで幅広く出演した。 声優やナ...
»続きを読む
カテゴリー:

広瀬すず「トイレさえ面倒くさい」/菅田将暉に激似のイケメン【今週の見逃しニュース】 - 05月13日(土)16:11 

“ゲス不倫”の申し子、川谷絵音(28)率いるバンド「ゲスの極み乙女」が5月10日にZepp Tokyoでライブを開き、およそ5ヶ月ぶりに活動を再開。それに先立って川谷さんが出演した「ワイドナショー」(7日放送)も話題になりましたよね。  ちなみに10日のライブでは全国ツアー「丸三角ゲス」の開催も発表されたとのこと。こうなったらドサクサにまぎれて下衆ヤバ夫(アンタッチャブル山崎弘也の演じたキャラ)も復活しないかなぁ。   では今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。 ◆①広瀬すず、普段は“ダメ女”?「面倒くさくてトイレも我慢」 デイリースポーツ 5/10(水) 配信  女優の広瀬すず(18)が「レオパレス21」の新CM発表会に出席し、“意外な”一面を見せました。  かなりの面倒くさがりだという広瀬さん。理想の一人暮らし物件も、「駅まで行くのが面倒くさくて」と、ほどよく駅近を希望。  さらに普段もソファから一歩も動かないそうで、「トイレとかも我慢するんですよ、面倒くさくて」と語り、周囲を驚かせました。  そんな感じでトイレを我慢している広瀬さんに捧げます。  ♪夢中で がんばる君へ~ エールを♪ ◆②小倉優子「あさイチ」で涙 離婚と子育てテーマ 視聴者の励ましにも… スポニチアネックス 5/8(月) 配信  3月に美容師の男性(46)と離婚したタレント...more
カテゴリー:

もっと見る

「アンタッチャブル」の画像

もっと見る

「アンタッチャブル」の動画

Wikipedia

アンタッチャブル()

英語で「触ることができない、触ってはいけない」という意味の形容詞。またそこから転じて、触るのも汚らわしい人や賄賂の通じない真面目な人など「触ることのできない人」を意味する。

組織

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる