「アンソロジー」とは?

関連ニュース

『GIRLS』あのカップルが『MAD MEN』クリエイターが手掛ける新作ドラマに出演! - 09月20日(水)19:10 

ニューヨークに暮らす20代の女子4人組のライフスタイルを赤裸々に描いた『GIRLS/ガールズ』でイライジャ役を演じたアンドリュー・ラネルズと彼の恋人役を演じたコリー・ストールが、『MAD MEN マッドメン』のクリエイター、マシュー・ワイナーが手掛けるAmazonの新作ドラマ『Romanoffs(原題)』に出演することが分かった。米Varietyが報じている。8話構成で1話完結となるアンソロジーシリーズ『Romanoffs』は、1613年から1917年のロシア革命までロシアを統治した、ロマノフ家の子孫だと信じる現代の人々を描く作品。『ハウス・オブ・カード 野望への階段』の落ちぶれた政治家ピーター・ルッソ役でも知られるコリーが、アンドリューと同じエピソードで再共演を果たすのかどうか、二人がどのような役を演じるのかといった詳細は明かされていない。このほかに、1990年代に人気を博したコメディドラマ『あなたにムチュー』に主演したポール・ライザーも新キャストとして名を連ねている。すでに、『MAD MEN』のジョン・スラッテリーとクリスティナ・ヘンドリックス、アーロン・エッカート(『ダークナイト』)、『エル ELLE』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたイザベル・ユペールとジャック・ヒューストン(『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』)、アマンダ・ピート(『トゥゲザーネス』)とマルト...more
カテゴリー:

なもり、伊藤ハチ、竹宮ジンらが描くおねロリ百合アンソロ「パルフェ」発売 - 09月15日(金)20:44 

「パルフェ おねロリ百合アンソロジー」が、本日9月15日に発売された。
カテゴリー:

【V.A.(映画)】ジョン・カーペンター、代表作のスコアを自らリメイク - 09月13日(水)16:23 

ジョン・カーペンター監督作のサウンドトラックをコンパイルしたアンソロジー・アルバム『アンソロジー - ムービー・シームズ 1974-1998』が、11月8日(水...
カテゴリー:

監督&脚本家が全て女性のホラードラマ企画が米CWで始動、製作総指揮にはドリュー・バリモアも - 09月12日(火)19:10 

女性の脚本家や監督に与えられる機会が男性に比べて少ないと、よく指摘されるハリウッド。そんな中、脚本や監督を全て女性が担当するホラー・アンソロジーシリーズの企画が、米CWにおいて始動したことを、米Deadlineが報じた。『Black Rose Anthology(原題)』と題された本企画は、罪の意識や嫉妬、抑圧、偏執症、狂気、性的な強迫観念、サバイバルなどをテーマに、現代的かつ女性的な視点を通して、人間の深層に横たわる恐怖を描く作品とのこと。パイロットの脚本を担当するのは、TVドラマ版『スクリーム』の製作総指揮を務めたジル・ブロートヴォーゲル。製作総指揮には、ブロートヴォーゲルのほか、女優・プロデューサーとして活躍するドリュー・バリモアや、『新チャーリーズ・エンジェル』のナンシー・ジュヴォネンなどが名を連ねている。なおドリューはこれまでにも、『そんな彼なら捨てちゃえば?』『ローラーガールズ・ダイアリー』『ワタシが私を見つけるまで』といった女性視点の作品を手掛けている。女性の視点で描かれたホラーとしては、CWではすでに『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(放送終了)や『iゾンビ』(シーズン4制作決定)といった作品が有名。さらに、人気番組『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のスピンオフとして、女性の登場人物が中心となる『Wayward Sisters(原題)』のパイロットが『スパ...more
カテゴリー:

『ウォーキング・デッド』製作者の新作ホラードラマは『ショーン・オブ・ザ・デッド』風コメディ? - 09月11日(月)21:10 

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』で、特殊効果メイクや監督を務めるほか、製作総指揮にも名を連ねるグレッグ・ニコテロ。彼は同作を放送する米AMCに向けて、一話完結型の新作SFホラー・アンソロジードラマを制作することになっている。この新作がどんなテイストの番組になるのかを、本人が明かした。米Entertainment Weeklyのインタビューでニコテロが話したところによると、『Shock Theatre(原題)』と題されたこの新作ドラマは、1950年代のホラー映画へのオマージュであるとのこと。東西冷戦や宇宙飛行、放射線など、当時の人々が恐れていた題材を扱った突飛なSFモンスター映画が、ニコテロは以前から大好きだったという。「だから『Shock Theatre』も、今日の題材を取り上げて、『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年の英国ホラーコメディ映画/監督エドガー・ライト/主演サイモン・ペッグ)みたいに楽しいひねりを加えた作品にしたい。作品のトーンは『ショーン・オブ・ザ・デッド』に一番近いんじゃないかと思う。可笑しくてスリリングで、愛すべき登場人物がいて、なおかつ怖くて、すごい場面があって、全体的に娯楽性に富んだ映画だったから、そういう作品にするのが目標なんだ」と話すニコテロ。ニコテロはさらに、『狼男アメリカン』(1981年/監督ジョン・ランディス/主演デヴィ...more
カテゴリー:

「おそ松さん」アンソロが6タイトル同発、いろんな角度から6つ子を堪能 - 09月15日(金)21:32 

テレビアニメ「おそ松さん」をさまざまな作家が描く「おそ松さん 公式アンソロジーコミック」シリーズの最新作が、本日9月15日にKADOKAWAより「ケモケモ」「呑んだくれ」などの6タイトルが同時発売された。
カテゴリー:

『おそ松さん』フェア、全国アニメイトで開催決定!非売品商品のデザインがめちゃかわ - 09月15日(金)07:00 

 松野家の“6つ子”が大人になった姿を描いたテレビアニメ『おそ松さん』。10月からの第2期放映を待ちわびる声も多い中、15日から、全国のアニメイトで「『おそ松さん』フェア」が順次開催されることが発表された。【関連】『おそ松さん』フェアグッズギャラリー テレビアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿をコミカルに描いた作品。第1期は2015年10月から翌年3月まで放送され、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由ら人気男性声優が6つ子を演じた。 今回行われる「『おそ松さん』フェア」では、時期に応じて2種類のイベントを開催。 9月15日から10月9日まで開催する『KADO松さんフェア2nd』では、さまざまな装いに身を包んだ6つ子のイラストも賑やかな「マスクケース3種セット」をプレゼント。フェア開始日から発売される『おそ松さん公式アンソロジーコミック』の購入者へ、対象商品に応じた6種類の「お」「そ」「ま」「つ」「さ」「ん」レシートを配布し、全てのレシートを集めた方に「マスクケース3種セット」がプレセントされる。 さらに、10月12日から11月5日まで開催の『お帰りなさい、「おそ松さん」!熱い2期が始まるぞ!!フェア』では、映像商品やキャラクターグッズ・書籍・ゲームなどすべての『...more
カテゴリー:

オーランド・ブルーム、米アマゾンの新ドラマに主演 - 09月12日(火)22:00 

 オーランド・ブルームが、米アマゾンの新ドラマ「Carnival Row(原題)」に主演することがわかった。米Deadlineによれば、すでにシリーズ化が決定しており、シーズン1は8話構成となる。  本作は以前、ギレルモ・デル・トロが制作総指揮を務めると伝えられていたファンタジードラマで、「パシフィック・リム」原案・共同脚本のトラビス・ビーチャムの映画企画「A Killing on Carnival Row」をもとにしている。ネオ・ビクトリア朝の街を舞台に、戦争で故郷を失い移民となって流れ着いたクリーチャーたちと人間たちの緊張感が高まるなか、連続殺人事件が発生。ブルームが演じるのは犯人を追う刑事役で、妖精のショーガールが殺害されたカーニバル・ロウ事件を調査するうち、個人的にも大きな犠牲を強いられることになる。  ブルームは、Netflixのアンソロジードラマ「easy イージー」に出演しているが、テレビシリーズに主演するのはこれが初めて。デル・トロはスケジュールの都合により降板したが、パイロット版の脚本を執筆したレネ・エシェバリア、ビーチャム、ブルームが制作総指揮を手がける。 【作品情報】 ・パシフィック・リム 【関連記事】 ・【人物情報】オーランド・ブルーム ・ケイティ・ペリーとオーランド・ブルームが破局 ・オーランド・ブルーム、上海が舞台のアクションスリラーに出演 P...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】アクチャルな未来の質感、テクノロジーと人間の新しい共生 - 09月12日(火)13:07 

 多くのSFが描いてきたシンギュラリティは、AIが人間と同等の知性・意識を獲得し、さらにそれを凌駕してしまう臨界点だった。人間が生みだしたテクノロジーが人間の理解を超えた存在へと進化し、世界のありようすら塗りかえてしまう。それはいっけん斬新なヴィジョンのように見えるが、物語のかたちとしては人形が命を獲得するギリシア神話(ピグマリオン)の発展形であり、後継世代が先行世代の想像すら及ばない存在へ変容するテーマならばすでにアーサー・C・クラーク『幼年期の終り』(さらに遡ればオラフ・ステープルドン『最後にして最初の人類』)で示されている。  しかし、そういう意味でのシンギュラリティは、実際の情報技術や認知科学の現場にいるひとからみれば、たぶんに空想的というかロマンチックに映るだろう。人間らしくふるまうAIはそれほど遠くない未来に実現するだろうが、人間のような意識(内的状態)の発生はそれとはまったく別の問題だ。おそらく、実際のシンギュラリティはAIが人間的な知性・意識などを経由せず、思いもよらないかたちで起こるだろうし、起こったことすら私たちは気づけない。たとえば、人間のような個に内在する意識ではなく、ネットワーク全体に分散した機能が自律的に環境に適合し、自らに都合良く環境をつくりかえていく。そうした超存在にとっては、人間もまた環境の一部にすぎない。それどころかネットワークに組みこまれたパ...more
カテゴリー:

アントニオ・バンデラス、『ジーニアス』シーズン2でピカソを演じる - 09月11日(月)09:00 

日本も含む世界171ヵ国で視聴されているナショナル・ジオグラフィック・チャンネルが手掛ける『ジーニアス』のシーズン2に、アントニオ・バンデラス(『スパイキッズ』)が出演することが分かった。米TVLineが報じている。本作は毎シーズンで異なる革新者に焦点を当てるアンソロジードラマで、シーズン1にはアインシュタインを取り上げ、ジェフリー・ラッシュ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)が同役を演じた。想像力に富んだ特許局職員が、原子と宇宙の謎を解き明かす過程を描いた同シーズンは、エミー賞4部門にノミネートされるなど、好調な滑り出しを見せている。そして待望のシーズン2は、スペインが生んだ天才画家パブロ・ピカソの人生と、彼の画家としての歩みを全10話構成で描くことに。アントニオは、20世紀で最も影響力のある画家ピカソに扮することになる。製作総指揮にはブライアン・グレイザー(『Empire 成功の代償』)、ロン・ハワード(『アポロ13』)、ケネス・ビラー(『ヤング・スーパーマン』)らが名を連ねた。アントニオは出演に向け、「僕は長年ピカソの人生に魅了されていて、僕と同じマラガ出身の彼を本当に尊敬しています。ナショナル・ジオグラフィック、そして『ジーニアス』のチームと共に、世界で最も革新的な、画家の本当の物語を伝えていくことがとても楽しみです」と、コメントを発表している。『ジーニアス』シーズン2は、...more
カテゴリー:

もっと見る

「アンソロジー」の画像

もっと見る

「アンソロジー」の動画

Wikipedia

アンソロジー(英:、仏:)は、異なる作者による詩文などの作品を集めたもの。詩撰歌撰詞華集

概要

通例、特定のジャンル(文学分野)から複数の作品をひとつの作品集としてまとめたものを指す。多くの場合、主題や時代など特定の基準に沿ったものが複数の作家の作品から集められる。俳句短歌を集めた句集や歌集・詩集のみならず、小説漫画などの同人による作品を収めた同人誌、更には卒業文集もアンソロジーである。また、同一著者個人の作品集を指すこともある。

より広義には、映画歌曲絵画など文学以外の芸術作品のでも、一つの作品集としてまとめられアンソロジーと呼ばれることがある。そのため発表形態は書籍とは限らない。ただし、音楽作品をレコードやCDにまとめた場合は「コンピレーション」と表現されることが多くなってい...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる