「アルファード」とは?

関連ニュース

セレナにも「e-POWER」投入! デカくて重いミニバンに搭載した結果は? - 04月25日(水)15:00 

蒙古襲来に神風! 日本テニス界に大坂なおみ! 救世主は意外なところからやって来るもんだけど、そのクルマ版がコイツかも? 日産流新ハイブリッド魔球第2弾、セレナe-POWERがそれだ! ちなみに日産流新ハイブリッド魔球第1弾はコンパクトカーのノートe-POWERで、2016年11月に登場した日産待望のFF用2モーターハイブリッドシステムである。とはいえ、さほど本格的に造られたものじゃなく、EV(電気自動車)のリーフのモーターとインバーターを流用し、コンパクトカー用の高効率1.2リットル直3エンジンと組み合わせたシンプルシステム。専用開発というより日産の“まかない飯”的な感じ。 実際、トヨタハイブリッドのごとき複雑なギア機構は存在せず、エンジンを発電用と割り切り、加速をモーターのみで行なうEV風の走り味がご自慢なのである。 結果、日産も普通にハイブリッドとは呼ばず、e-POWERとEV風に売ったわけだがコイツが奇跡のバカウケ! 第1弾のノートe-POWERは、なんと日産車としては1986年9月のサニー以来実に30年ぶりに国内全モデルの中でトップに立つ、歴史的快挙を達成! おそらくハイブリッドならではの低燃費と、エンジンパワーを直接加速に使うトヨタ方式と違う滑らかなEV加速、そして日産...more
カテゴリー:

デビューしてから世界累計販売台数は1400万台超、新型ポロの最強モデルを先行試乗! - 04月18日(水)06:00 

初代ポロが1975年にデビューしてからの世界累計販売台数は1400万台超! まさにベストセラーカーだが、昨年6月に約8年ぶりに刷新、6代目となった。新型ポロは今月2日から日本での発売も始まっているが、その最強モデルであるポロGTIにフランスのニースで試乗したのでレポートしたい。と、その前に言いたいのは、ポロの新型、実はノーマルモデルもスゴい。 ポロといえばセグメント的にはBセグメントに属する。日本のコンパクトカーでいうと、ヴィッツやフィット、スイフトなどと同クラス。だが、新型ポロの完成度の高さは、1クラス上と比べるべきでは?と思えるほどの出来なのだ。 というのも、新型ポロはVW(フォルクスワーゲン)の新世代アーキテクチャーである「MQB(モジュラー・トランスバース・マトリックス)」を用いており、ありとあらゆる部分の完成度が非常に高い。例えば内外装は写真のとおりで、外装は精緻なキャラクターラインが多数入り、いかに高い技術でパネルが造られたかがわかる。そしてインテリアでは、ダッシュボードには上級車と同じソフトパッドが奢(おご)られるほか、細かいメッキパーツまでもが徹底して高品質なのだ。 そして走りだすとこれが圧巻! 乗り心地がとても良く、上級クラスを彷彿(ほうふつ)とさせる。落ち着きすら感じるレベルだ。加えて...more
カテゴリー:

【あわや交通事故】渋谷のスクランブル交差点で人混み突っ切りオラついた黒いアルファードが逃走中 - 04月08日(日)13:38  news

人混みの中を突っ切り逃走した。 7日午後6時前の渋谷・スクランブル交差点の映像には、歩行者であふれるスクランブル交差点が映っている 。すると、信号を無視した黒のワンボックスカーが歩行者の中を突っ切る。車が通過した直後、1人の警察官が走って追いかけていく様子も映っている。 警視庁によると、この車は停車中に警察官から職務質問を受けたところ逃走し、スクランブル交差点を信号を無視して突っ切ったという。車には2人が乗っていたとみられ現在も逃走している。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=2...
»続きを読む
カテゴリー:

オラオラ度増量! 史上最強のゴツ顔、新型・アルファード&ヴェルファイアがなぜこんなに売れるのか? - 04月19日(木)06:00 

アルファードとヴェルファイアは、顔と名前以外はほぼ同じの兄弟車。 今回の一部改良によって、この兄弟が空前絶後のゴツ顔に大変身し、絶賛爆売れ中ーーその人気の秘密に迫った! * * * トヨタが誇る超高級ミニバン兄弟「アルファード」と「ヴェルファイア」(以下、アル・ヴェル)が爆売れ中だ。一部改良を施して、今年1月に発売されるや、300万円以上する価格ながら、約1ヵ月でアルファードは約1万4000台、ヴェルファイアは約1万1千台を受注したのだ! そもそも現行のアル・ヴェルは2015年に登場した。アルファードは3代目、ヴェルファイアは2代目だ。今年2月までの累計販売台数は、02年登場のアルファードが約78万9千台、08年登場のヴェルファイアが約47万5千台という人気車である。 また、自販連(日本自動車販売協会連合会)の新車販売ランキング(軽自動車、輸入車を除く)では、昨年、ヴェルファイアは約4万7千台で22位、アルファードは約4万2千台で25位。兄弟の販売台数を合計すると実は9位に躍り出る。最大のライバルである日産のエルグランドが約8千台で49位だったことを踏まえると、今や高級ミニバン市場はアル・ヴェルの独走状態なのだ。 しかも、今回の...more
カテゴリー:

【自動車】クラウンからアルファードへ代替増加 ファミリーだけではなく法人利用も - 04月17日(火)16:02  newsplus

国内では未だ人気のミニバン市場、しかし変化も?  ミニバンは多人数が乗ることのできる乗用車として、現在も国内市場では人気を誇っています。特に最近、ファミリーのパターンが核家族から、 夫婦どちらかの実家の近所に住むという「近居」が定着し三世代が一緒に移動する手段としても重宝されています。 トヨタ アルファードや新型クラウンなど写真で見る(13枚)  国内のミニバン市場の主流派は、スライドドア・7人乗りで、前席から2人、2人、3人の3列シートとなっています。 サイズ的には車高は180cm前後、全幅は170cm未満...
»続きを読む
カテゴリー:

「アルファード」の画像

もっと見る

「アルファード」の動画

Wikipedia

迷走神経(めいそうしんけい、英:Vagus nerve、羅:Nervus vagus)は、12対ある脳神経の一つであり、第X脳神経とも呼ばれる。頸部胸部内臓、一部は腹部内臓に分布する。

概要

延髄における迷走神経の起始部。迷走神経背側核、class="" href="/pk/%E5%AD%A4%E6%9D%9F%E6%A0%B8">孤束核を含む。] 迷走神経は脳神経の中で唯一腹部にまで到達する神経である。迷走神経の「Vagus」とは中世ラテン語で、放浪している事を意味する。

迷走神経は下部延髄に起こり(終わり)、各臓器に広く分布する多数の枝を延ばす。から腹(消化器における下端は横行結腸右1/3)までのほとんど全ての内臓の運動神経と副交感性の知覚神経...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる