「アルファード」とは?

「アルファード」の画像

もっと見る

「アルファード」の動画

Wikipedia

迷走神経(めいそうしんけい、英:Vagus nerve、羅:Nervus vagus)は、12対ある脳神経の一つであり、第X脳神経とも呼ばれる。頸部胸部内臓、一部は腹部内臓に分布する。

概要

延髄における迷走神経の起始部。迷走神経背側核、class="" href="/pk/%E5%AD%A4%E6%9D%9F%E6%A0%B8">孤束核を含む。] 迷走神経は脳神経の中で唯一腹部にまで到達する神経である。迷走神経の「Vagus」とは中世ラテン語で、放浪している事を意味する。

迷走神経は下部延髄に起こり(終わり)、各臓器に広く分布する多数の枝を延ばす。から腹(消化器における下端は横行結腸右1/3)までのほとんど全ての内臓の運動神経と副交感性の知覚神経...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる