「アルビノ」とは?

関連ニュース

タンザニアの「闇」と戦い続けるフォトグラファー - 08月19日(土)11:00 

「タンザニアでは、アルビノ(※)の人たちは”悪”だと考えられています。中には、彼らを殺害すると幸運が訪れると信じる人まで。そのため、捕まえたら報奨金が支払われるという闇取引が存在するのも事実。出産したばかりの女性は、子どもがアルビノであったら、命を絶つように言われます。拒否したら、子どもと母親は社会から隔離されるのです」あまりにショッキングな内容を信じたくはないけれど、これらは同国で代々受け継がれてきた迷信であり、それを信じるがゆえ存在する現実だと、フォトグラファーMarinka Masséus氏。だからこそ、自身の写真を通して社会に一石を投じているのだと言います。※先天性の遺伝子疾患。白い皮膚・体毛をしているのが特徴明けても暮れても屋内に引きこもらなければいけないそもそも、非常に敏感な肌であるがゆえ、極力太陽光を避ける必要があるというアルビノの人たち。そうした理由があるとはいえ、タンザニアでは冒頭で述べた通り、誘拐や暴行のリスクがあるため、部屋にこもるしかないという現状があるようです。彼らを保護するためのシェルターはあります。が、Marinka氏によると、基本的なインフラが整っていないこともあり、社会との交流を断ち切るため、ほぼ隔離状態で暮らさなければいけないのだとか。澄み切った彼らの「美」は社会の闇を浄化する現状を知ったMarinka氏は、...more
カテゴリー:

【青森】白いカエル の~んびり 警察犬訓練所の池で発見/おいらせ - 08月17日(木)15:17  newsplus

8/17(木) 10:57配信 デーリー東北新聞社  青森県おいらせ町上前田の会社役員小山田松男さん(64)が今夏、自身が手掛ける警察犬おいらせ訓練所=同町向坂=の池で白いカエルを発見した。ひときわ異彩を放っているが、外敵に補食されることもなく、15日も元気な姿を見せた。  小山田さんは運送会社を経営する傍ら、青森県警の嘱託警察犬も指導している。6月下旬、池のほとりに、ちょこんとたたずんでいるカエルを見掛けた。  体色は白いが目は黒く、小山田さんは「色素欠乏のアルビノとは違うのでは」と話す。  白いカエルは...
»続きを読む
カテゴリー:

【北海道】「真っ白」のヒグマ目撃相次ぐ 危険性は普通のクマと同じ - 08月11日(金)20:59  newsplus

真っ白のヒグマ     北海道の下川町で、全身が真っ白のヒグマが目撃された。専門家は普通のヒグマと危険性は変わらないとして注意を呼びかけている。  9日朝、全身が真っ白のクマが北海道・下川町の中学校で撮影された。この日の夕方には、ジャンプ台などが設置されたスキー場近くの牧草地でも再び目撃されている。  なぜ体が真っ白なのか?ヒグマの生態に詳しい専門家は─  佐藤喜和教授「いわゆる“アルビノ”と言われる、メラニンをまったく合成できないような遺伝子を持つのだと思う。道内でここまで真っ白い”アルビノ”...
»続きを読む
カテゴリー:

【動物】白いヤマアラシ誕生 まだら模様なく「珍しい」 市原ぞうの国 - 07月31日(月)12:11  newsplus

 千葉県市原市山小川の動物園「市原ぞうの国」で、白い体色のインドタテガミヤマアラシが誕生した=写真。体を覆う針が通常の白と黒のまだら模様になっていない赤ちゃんで、スタッフの間で「珍しい」と話題になっている。  同園によると、インドタテガミヤマアラシはインドやスリランカ、西アジアの岩石地などに分布。夜行性で、昼間は岩間などに潜んでおり、群れで生活する。  赤ちゃんは7月7日に誕生した。インドタテガミヤマアラシの出産は同園で2例目だが、白い体色の赤ちゃんが生まれたのは初めて。「目が赤くないため、アル...
»続きを読む
カテゴリー:

ヒグマ:全身白い個体数回目撃 アルビノか 北海道・下川 - 08月17日(木)22:46 

 北海道下川町の中心部近くにある中学校付近などで今月、全身の毛が白いヒグマが数回にわたり目撃された。町は遺伝子の突然変異で体の色素が欠乏した「アルビノ」の可能性が高いとみており、始業式を前にした18、19日には学校敷地の一部に電気柵を設置する。
カテゴリー:

【動画あり】中学校に白いヒグマ 色素欠乏の「アルビノ」の個体か 北海道下川町 - 08月14日(月)15:16 

 北海道北部の下川町で「白いヒグマ」が目撃された。同町役場によると、目撃された9日から6日目の朝となった14日午前も逃走中という。同町は「猟友会や研究者の方とも話したが、突然変異で色素が欠乏した『アルビノ』の個体とみられる」(森林総合産業推進課)と話している。
カテゴリー:

【それって白熊ではないの?】“真っ白”のヒグマ目撃相次ぐ・・危険なので見つけ次第射殺へ 北海道 - 08月11日(金)19:42  news

北海道の下川町で、全身が真っ白のヒグマが目撃された。専門家は普通のヒグマと危険性は変わらないとして注意を呼びかけている。  9日朝、全身が真っ白のクマが北海道・下川町の中学校で撮影された。この日の夕方には、ジャンプ台などが設置されたスキー場近くの牧草地でも再び目撃されている。  なぜ体が真っ白なのか?ヒグマの生態に詳しい専門家は─  佐藤喜和教授「いわゆる“アルビノ”と言われる、メラニンをまったく合成できないような遺伝子を持つのだと思う。道内でここまで真っ白い”アルビノ”は、2012年以来初め...
»続きを読む
カテゴリー:

【アメリカ】ポテトチップ容器からキングコブラ、密輸図った男を逮捕 - 07月27日(木)07:02  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/usa/35104848.html (リンク先に動画あり) (CNN) 米カリフォルニア州のロサンゼルス地検は26日までに、香港から米カリフォルニア州南部へ郵送された小包から筒形のポテトチップ容器に押し込んだ毒ヘビのキングコブラ3匹が見つかったとして、受取人の男を密輸容疑で逮捕したと明らかにした。 CNNが入手した情報によると、逮捕されたのはロサンゼルス郊外のモントレーパークに住むロドリゴ・フランコ容疑者(34)。キングコブラは、絶滅の恐れがある野生生物を保護するためのワシントン条約で輸...
»続きを読む
カテゴリー:

「アルビノ」の画像

もっと見る

「アルビノ」の動画

Wikipedia

アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニン生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。

は元はスペイン語ないしポルトガル語リーダーズ英和辞典1984、albo(白)の語幹 alb- に in(指小辞)+ o(男性形名詞語尾) をつけた語である。正確には、疾患それ自体はアルビニズム () というICD-10。ヒトの個体のことも、政治的正しさからは「アルビノ」より「アルビニズムの人 ()」の方が好ましいという主張もあるNOAH &8212; What is Albinism?。アルビニズムの対義語(メラニン沈着症)は である。

この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のこと...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる