「アルビノ」とは?

関連ニュース

金子雅和特集開催 乙一、「失はれる物語」映画化に「本当にうつくしい作品」 - 04月15日(日)17:00 

海外映画祭で計10冠を獲得した映画「アルビノの木」が4月21日より凱旋上映されることに先駆けて、金子雅和監督の過去作品を紹介する特集上映が4月14日、東京・池袋のシネマ・ロサでスタート。その上映...
カテゴリー:

金子雅和特集開催 乙一、「失はれる物語」映画化に「本当にうつくしい作品」 - 04月15日(日)17:00 

 海外映画祭で計10冠を獲得した映画「アルビノの木」が4月21日より凱旋上映されることに先駆けて、金子雅和監督の過去作品を紹介する特集上映が4月14日、東京・池袋のシネマ・ロサでスタート。その上映を記念して、金子監督と作家の乙一によるトークショーが行われた。  害獣駆除に携わる若者の苦悩を通じて浮かび上がる、人間のエゴイズムや現代日本社会への疑問を独自の映像美で映し出した「アルビノの木」は2016年7月に劇場公開。その後も、昨年12月に行われたフォルモサ台湾国際映画賞2017で3冠に輝いたのをはじめ、海外映画祭で計10冠を獲得している。その「アルビノの木」凱旋上映を記念して行われた今回の特集上映では、そんな金子監督の軌跡をたどるべく、過去作9本を3プログラムに分けて上映する。  特集上映初日となった14日には、「ショウタロウの涙」(2000)、「水の足跡」(2013)、そして乙一原作の「失はれる物語」(2009)の3本を上映。そして上映後には、金子監督と作家の乙一がゲストとして来場した。事故で右手以外の全感覚を失った全身不随の夫とピアノ教師の妻、肌の感触のみで交わされる夫婦の心を静寂でストイックな映像美とともに描き出した「失はれる物語」について「本当に美しい映画でした」と感想を述べた乙一は、「よくあの小説からここまでイメージをふくらませましたね。すごいなと思いました」と感心した...more
カテゴリー:

「アルビノ」の画像

もっと見る

「アルビノ」の動画

Wikipedia

アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニン生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。

は元はスペイン語ないしポルトガル語リーダーズ英和辞典1984、albo(白)の語幹 alb- に in(指小辞)+ o(男性形名詞語尾) をつけた語である。正確には、疾患それ自体はアルビニズム () というICD-10。ヒトの個体のことも、政治的正しさからは「アルビノ」より「アルビニズムの人 ()」の方が好ましいという主張もあるNOAH &8212; What is Albinism?。アルビニズムの対義語(メラニン沈着症)は である。

この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のこと...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる