「アルビノ」とは?

関連ニュース

【話題】全身が真っ白のタヌキ、捕獲され動物園に仲間入り/長野(画像あり) - 03月16日(木)15:01 

 長野県飯田市扇町の市立動物園に、全身が真っ白な毛に包まれた雄タヌキ「リュウ」が仲間入りした。  生まれつき体内の色素が欠乏した「アルビノ」で、1月下旬に市内で捕獲された。  同園によると、飯田市周辺や木曽地方では、アルビノのタヌキの生息が確認されているという。飼育を担当する松本歩さん(37)は「普通のタヌキと比較できるように展示しているので、比べてみてほしい」と話している。 2017年03月16日 14時44分 カキソースです|ω・) http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170315-OYT1T50139.html ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「アルビノ」の画像

もっと見る

「アルビノ」の動画

Wikipedia

アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニン生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。

は元はスペイン語ないしポルトガル語リーダーズ英和辞典1984、albo(白)の語幹 alb- に in(指小辞)+ o(男性形名詞語尾) をつけた語である。正確には、疾患それ自体はアルビニズム () というICD-10。ヒトの個体のことも、政治的正しさからは「アルビノ」より「アルビニズムの人 ()」の方が好ましいという主張もあるNOAH &8212; What is Albinism?。アルビニズムの対義語(メラニン沈着症)は である。

この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のこと...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる