「アルツハイマー病」とは?

関連ニュース

物忘れ外来ってどんなとこ?20代にも増える物忘れの原因と予防法 - 03月24日(金)18:00 

物や人の名前が出てこなかったり、財布や携帯などがなくなって慌ててしまうなどの経験をしたことある方もいらっしゃるかと思います。 20代の若い人でも物忘れがひどくなる場合がありますが、そんな物忘れに対し、医療機関では「物忘れ外来」といったものがあることをご存知でしょうか。 今回は20代に物忘れが増えた理由、物忘れの定義や原因となる疾患、物忘れ外来の概要、問診や検査内容、物忘れの防止方法などを医師に解説していただきました。 物忘れが20代で増えているのはなぜ? パソコンや携帯電話の普及で、手を使ってものを書く、暗算するということが少なくなったり、何でもすぐ調べてしまうので自分の頭で考えることが減ったことも影響しているかもしれません。 物忘れ・認知症・アルツハイマーの違い 物忘れ 年を取るとともに記憶力、判断力、適応力に衰えがみられることは病気ではありません。病的ではない物忘れは以下のようなケースです。 ・かけようとしていた電話番号を忘れてしまう ・財布をどこに入れたか忘れてしまう 認知症 脳細胞が何らかの原因で鈍くなったり死んでしまったために、記憶、理解や判断力、実行力などに障害が起き、日常生活に支障が出る症状のことを指します。 認知症では以下のような病的な物忘れのケースを引き起こします。 ・電話をかけよ...more
in English
カテゴリー:

アルツハイマー病の年齢別発症リスク、個人単位で予測可能に 研究 - 03月22日(水)12:57 

【3月22日 AFP】国際的な研究チームが21日、アルツハイマー病の年齢別発症率を本人の年齢と遺伝情報によって個別に調べる方法を発見したことを明らかにした。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

【科学】アルツハイマー進行抑制に成功=免疫細胞回復、マウス実験で-名古屋大 - 03月21日(火)06:53 

アルツハイマー病患者の脳内に蓄積するペプチドを分解する免疫細胞の能力を回復させ、 症状の進行を遅らせる実験にマウスで成功したと名古屋大大学院医学系研究科の門松健治教授と内村健治特任准教授らのグループが20日、発表した。 研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。 アルツハイマー病は、加齢と共に脳内でペプチドが凝集して毒性を持ち「老人斑」という構造体を作ることで、神経細胞をつなぐシナプスが脱落して発症する。 ペプチドは脳内の免疫細胞が分解処理することで除去されるが、症状が進行する...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ビールの苦み成分にアルツハイマー病予防の効果 東大が発表 ヤッター! - 03月19日(日)23:32 

ポリフェノールを含む赤ワインに認知症予防効果があることが報告されているが、 ビールについてもアルツハイマー病予防効果の可能性が示唆されている。東京大学、学習院大学、 キリンの研究グループは、ビールの原料ホップに含まれる苦み成分(イソα酸)がアルツハイマー病の 予防効果があることをマウスの実験で確認した。アルツハイマー病発症の原因については、 脳内に異常なたんぱく質(アミロイドβ)が脳内に蓄積することに起因するという「アミロイド仮説」が現在有力となっているが、 実験では、マウスにイソα酸を摂取させるこ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ハンター症候群:薬の効果、脳の「関門」突破 近く治験 - 03月19日(日)06:50 

 全身の細胞に不要になった物質がたまり、さまざまな症状が表れる難病「ハンター症候群」で、これまで治療法がなかった知的障害の改善を試みる薬の治験を、製薬会社JCRファーマ(兵庫県芦屋市)が3月末から始める。薬を点滴で投与し、脳の血管の「関門」を通過させて神経細胞に届ける技術を開発した成果で、今後、アルツハイマー病など他の脳神経疾患の治療薬への応用が期待できる。【藤野基文】
in English
カテゴリー:

認知症の国際会議、13年ぶり日本開催 京都で4月に - 03月22日(水)15:39 

 「第32回国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」は4月26~29日、京都市左京区の国立京都国際会館で開かれる。各国から医療・介護関係者、認知症患者や家族らが参加し、研究やケアなどの取り組みにつ…
in English
カテゴリー:

脳たんぱく質:分解酵素を特定…名古屋市大 治療薬に期待 - 03月22日(水)12:02 

 記憶力の増強など脳の機能を高めるたんぱく質「リーリン」を分解してしまう酵素を、名古屋市立大などの共同研究チームが22日までに特定した。リーリンの減少はアルツハイマー病や統合失調症の発症に関係するとされており、治療薬の開発が期待される。
in English
カテゴリー:

アルツハイマー進行抑制に成功=免疫細胞回復、マウス実験で-名古屋大 - 03月21日(火)06:39 

 アルツハイマー病患者の脳内に蓄積するペプチドを分解する免疫細胞の能力を回復させ、症状の進行を遅らせる実験にマウスで成功したと名古屋大大学院医学系研究科の門松健治教授と内村健治特任准教授らのグループが20日、発表した。研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。 アルツハイマー病は、加齢と共に脳内でペプチドが凝集して毒性を持ち「老人斑」という構造体を作ることで、神経細胞をつなぐシナプスが脱落して発症する。ペプチドは脳内の免疫細胞が分解処理することで除去されるが、症状が進行すると免疫細胞の表面に糖鎖が発生し分解能力を低下させる。 研究グループのマウスを使った実験で、免疫細胞に発生する糖鎖は「シアル酸修飾ケラタン硫酸糖鎖」であることが判明。この糖鎖が、免疫機能を調整する酵素によって合成されることも確認した。マウスからこの酵素を取り除くと糖鎖が消失し、免疫細胞のペプチド分解能力が回復した。 アルツハイマー病患者の脳でも免疫細胞表面の糖鎖と、糖鎖を合成する酵素の増殖が確認された。研究グループは今回の発見で、アルツハイマー病の治療法の確立や新薬開発が期待できるとしている。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

ビールの苦み成分にアルツハイマー病予防の効果 東大などが発表 - 03月19日(日)07:43 

ポリフェノールを含む赤ワインに認知症予防効果があることが報告されているが、ビールについてもアルツハイマー病予防効果の可能性が示唆されている。
in English
カテゴリー:

【健康】赤ワインだけじゃない=ビールの苦み成分にアルツハイマー病予防の効果!/東大などが発表 - 03月18日(土)21:18 

ポリフェノールを含む赤ワインに認知症予防効果があることが報告されているが、ビールについてもアルツハイマー病予防効果の可能性が示唆されている。東京大学、学習院大学、キリンの研究グループは、ビールの原料ホップに含まれる苦み成分(イソα酸)がアルツハイマー病の予防効果があることをマウスの実験で確認した。 ただし、アルコール摂取量は適量を維持することは重要で、一週間あたり300gを超える総エタノール量を摂取すると脳卒中のリスクが上がるほか、飲酒量が増えるほど口腔がん、咽頭がん、大腸がん、食道がん、乳がんな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「アルツハイマー病」の画像

もっと見る

「アルツハイマー病」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる