「アルツハイマー病」とは?

関連ニュース

認知症サポーター、広がる輪 国際会議で報告へ 京都 - 04月26日(水)22:47 

 認知症を正しく理解し、本人やその家族を支える「認知症サポーター」。12年前に日本で始まったこの取り組みが計11カ国、約1200万人に広がっている。京都市で26日から始まった国際アルツハイマー病協会国…
in English
カテゴリー:

【医療】炭酸飲料の飲み過ぎ、アルツハイマー病と関連か-米国で最新研究 - 04月23日(日)00:26 

炭酸飲料を含む砂糖入りの飲料を日常的に飲むことの危険性については、科学的にはっきりしている。 虫歯、肥満、糖尿病や心臓発作、脳卒中のリスクを高める。その他にも発症する可能性のある病気は枚挙にいとまがない。   ダイエットの炭酸飲料についての科学的知見は、そこまで確かでない。コーラからダイエットコーラに切り替えれば、 砂糖の消費量は減らせるが、他の問題を引き起こすかもしれない。人工甘味料は、必ずしも原因だとはされていないものの、 体重増や糖尿病、心臓病との関連が指摘されている。   20日に同じ研...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【研究】若い血で脳は若返る? 高齢マウスの認知機能向上 研究 - 04月20日(木)17:11 

http://www.afpbb.com/articles/-/3125771?act=all 【4月20日 AFP】ヒトの臍帯(さいたい)血に含まれるタンパク質を高齢のマウスに投与した実験の結果、高齢者の脳の健康維持に効果をもたらす新薬を開発するための「標的」が明らかになったとする研究論文が19日、英科学誌ネイチャー(Nature)で発表された。  注目を集めているタンパク質「TIMP2」には、これまでの研究で、記憶の処理や空間認知能力に関わる海馬の働きを向上させる働きがあることが分かっている。  米カリフォルニア(California)州スタンフォード大学(Stanf...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

61歳・升毅、芸能生活42年で初主演に大喜び 座長の立場に「葛藤あった」 - 04月19日(水)16:45 

 俳優の升毅(61)が19日、都内で行われた主演映画『八重子のハミング』プレミア試写会イベントに登壇。42年にわたる芸能生活の中で、長編映画の主演は自身初の経験となったが「監督からお話をいただいた時は、役者の個人的な部分では『やったぜ!』っていう思いでした」と絶叫しながら喜びをかみしめた。  撮影がスタートするまでの2ヶ月間は、脚本を読みながら葛藤する日々が続いていたといい「カチッとしたプランができていないまま、撮影当日を迎えたのですが、始まった瞬間に自分じゃないというか、そこに主人公の石崎誠吾がいた感じで、自然に入っていけた」としみじみ。「こんな感覚は初めてだったんですけど、それで『こんな風にいたら、いいんだ』ってちょっと安心しました」と当時を振り返った。  舞台などでは“座長”として共演者を引っ張る立場の升だが、映画の現場では勝手が違ったようで「監督がいて、それぞれのスタッフの中にボスがいて、雰囲気が出来上がっていたので、そこに僕が入っていって何ができるんだろうって不安や葛藤がありました」と率直な思いを吐露。自主的な活動で、上映までこぎつけた佐々部清監督(59)との歩みにも触れ「監督の思いに応えようと、一緒になって命がけで取り組みました。大きな映画会社がついているわけではないですが、たくさんの方に見ていただきたいです」と呼びかけていた。  同作は、4度のガン手術から生還し...more
in English
カテゴリー:

嗅覚の低下が死亡率を高める!? においと健康の大切な関係【耳鼻科医解説】 - 04月15日(土)19:00 

2017年3月22日(水)、スウェーデンで行われた嗅覚の最新研究によって、嗅覚の低下と健康リスクの関係性について発表されました。(参考) 普段あまり意識することのない嗅覚かもしれませんが、出来たら、若いうちから嗅覚が衰えないように「においを意識した生活」をおくりたいものですね。 今回は「嗅覚」について、最新研究結果をもとに、老化した場合のリスクや予防法などを耳鼻咽喉科の岡田先生に詳しく解説していただきました。 スウェーデンで行われた嗅覚の最新研究 研究内容 2017年3月22日(水)、スウェーデンのストックホルム大学で40代から90代を対象に、10年にわたって行われた嗅覚に関する研究が発表されました。 対象者は1800人弱にも及び、嗅覚の低下と死の危険性の関連性について述べられております。 研究結果 観察期間の10年間で全体の23%が死亡し、嗅覚が正常な人は、嗅覚の低下がみられた人よりも死亡率が8%も低かったことが示されました。 また逆に、嗅覚の低下がみられた人は、嗅覚が正常な方よりも19%も死の危険性が高かったことが示されました。 長谷川先生の考察 スウェーデンで行われた研究の他にも、嗅覚が低下した人の5年後の死亡率は高かった、死の危険性は3倍上がる、など嗅覚の低下と健康のリスクに関連した報告がみられています。 ...more
in English
カテゴリー:

脳細胞の死滅を止める薬を発見、アルツハイマー病など認知症の進行停止に光 - 04月24日(月)21:00 

2013年、イギリス医学研究評議会の研究チームが「動物の脳細胞が死ぬのを止めること」に世界で初めて成功し、世界中でニュースとなりました。しかし、この実験で使用された化合物は、副作用として臓器の損傷を引き起こしたため、人間に使用するのは不適切であると考えられました。あれから4年が経過して、同じように脳細胞の死滅を防ぐ効果を持ちながら、人間に安全に使用できると考えられる2つの薬が発見されています。続きを読む...
in English
カテゴリー:

【ベストセラー健康法】アルツハイマー病の原因に新説 入浴後の緑茶に認知症予防効果 - 04月21日(金)07:30 

厚生労働省の推計では、2025年には国内の認知症患者の数は700万人を超えるという。65歳以上の高齢者のうち「5人に1人」が認知症−。目の前に迫った認知症社会に…
in English
カテゴリー:

中村優一、佐々部清監督×主演・升毅による念願の出演作は「涙が止まらない」 - 04月19日(水)19:00 

 「陽はまた昇る」「半落ち」で知られる佐々部清監督が故郷・山口で撮影した映画「八重子のハミング」のプレミア試写会が4月19日、東京・渋谷の山野ホールで行われ、長編映画初主演を務めた升毅、共演の高橋洋子、文音、中村優一が、佐々部監督と共に舞台挨拶に立った。「御年配の方々から『自分たちが見たい日本映画があまりない』と言われることが度々あった」と語る佐々部監督は、「シニア層が中心になって見れる映画を目指した」と明かしていた。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  山口・萩在住の陽(みなみ)信孝氏が、4度のがん手術を受けながらも、若年性アルツハイマー病を発症した妻を約12年間にわたり介護した様子をつづった同名著書(小学館文庫刊)を映画化。佐々部監督自らが県内企業からの出資を募り、製作費・宣伝費を調達して完成させた入魂の作品で、2016年10月に山口で先行公開されると、2万5000人以上の動員数を記録した。  胃がんを発病した夫・石崎誠吾役を演じた升は、オファーをすぐに快諾しながらも「内容の深さ、重さを知って『これは大変な作品になるな』と責任感を感じました」と告白。妻・八重子役を演じて「パイレーツによろしく」以来約28年ぶりに銀幕復帰を果たした高橋との共演については「佐々部監督から撮影の期間だけでいいから、洋子さんのことを好きになってください」と助言を受けたようだ。やがて高橋...more
in English
カテゴリー:

焼鮭の皮やマグロのカマを食べ過ぎてはいけない理由 - 04月17日(月)07:00 

 好き嫌いが分かれるのが料理の奥深いところでもあり、面白いところ。ただ、体に良いとされている食材でも、“ある部分だけは食べないほうがいい”と言われるものがある。管理栄養士の梅原祥太氏が言う。 「魚が健康的とされる理由は良質なタンパク質に加えて、魚の皮の部分に多く含まれるオメガ3脂肪酸にあります。血液中の中性脂肪や余分なコレステロールを減少させる働きがあるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。  しかし、オメガ3脂肪酸は加熱すると過酸化脂質に変化します。これは逆に血液を凝固させる効果も持つ。カリッと香ばしく焼かれた焼鮭の皮は“ここが一番旨い”という人もいるほどですが、食べ過ぎるとかえって血液がドロドロになる要因です」  魚は海に流入した水銀を体内に蓄積させる。マグロなどの大型魚は食物連鎖の頂点に位置し、水銀を含んだ小魚を食べるうちに結果的に多くの水銀を体に溜めてしまう。 「蓄積量は部位によって違います。可食部(身の部分)や内臓にも含まれますが、もっとも多いのは頭部。水銀が人体に大量に入ると、脳や脊髄といった中枢神経に障害が出るとされています。重篤にならなくても集中力や記憶力低下などの健康障害につながります。マグロのカマはマグロ好きにとって醍醐味ですが、食べ過ぎに注意すべきです」(梅原氏)  高級食材として知られるフカヒレは美容や滋養強壮に良いとされているが、デメリットもあると...more
in English
カテゴリー:

ペットとは節度ある付き合いを... 犬から感染する病気もたくさんある - 04月13日(木)19:30 

2016年に米国で郵便配達中に犬に襲われた局員は6755人に達する――米郵政公社(USPS)が2017年4月6日(現地時間)、年次報告書で発表した。 コミカルな場面が思い浮かばなくもないが、襲われた側からすると笑いごとではない。怪我を負うだけでなく、感染症を発症するリスクもある。最近では妊婦が鳥由来感染症である「オウム病」で亡くなっていたことが話題となったが、犬ではどうだろうか。日本でも4000人以上が咬まれている CNNはUSPSの発表をとりあげつつ、全米での犬による咬みつき事故が約450万件発生しており、5人に1人が犬の持っている感染症に感染していると報道した。 日本国内で犬に襲われる件数は報告されているのか。咬みつき事故に限定されるが、環境省が毎年公表している「犬による咬傷事故状況」によると、2015年の咬みつき事故は4373件(人以外も含む)で、配達中の被害は724件とされている。 各自治体に報告された件数を集計したものだ。ちなみに咬まれているのは飼い主や家族が207人に対し、他人が4087人で、通行中にいきなり咬まれたという例が多いようだ。この中で何らかの動物由来感染症を発生した人がいるか環境省や自治体などに確認したが、残念ながらそこまでの調査は行われていないとのことだった。 動物から人間へうつる感染症「動物由来感染症(ズーノーシス)」は数多く存在しており、厚生労働省がウ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「アルツハイマー病」の画像

もっと見る

「アルツハイマー病」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる