「アルゼンチン」とは?

関連ニュース

奇跡の逆転目指すローマに不安…ストロートマンとペロッティが負傷 - 04月26日(木)12:00 

 ローマのオランダ代表MFケヴィン・ストロートマンとアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティが負傷し、セリエAの次節キエーヴォ戦を欠場する可能性が高いことが分かった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポ
カテゴリー:

ミランMFビリア、今季中の復帰が絶望的か…ロシアW杯出場にも暗雲 - 04月24日(火)13:11 

 ミランに所属するアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアが怪我のため、今シーズン中の復帰が絶望的となっていることが分かった。イタリア紙『ラ・スタンパ』が23日に報じた。  ビリアは、21日に行われ0-1
カテゴリー:

マラドーナ氏、古巣ナポリのユーヴェ撃破を祝福「我々は夢を持っている」 - 04月23日(月)12:47 

 元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏が、古巣ナポリのユヴェントス戦勝利を祝福した。  セリエA第34節、ナポリの劇的勝利にマラドーナ氏は「我々は夢を持っている。クリバリは見事だった! これか
カテゴリー:

ラグビーW杯日本大会 アルゼンチン代表のキャンプ地内定 - 04月23日(月)12:11 

ラグビーW杯日本大会 アルゼンチン代表のキャンプ地内定
カテゴリー:

【サッカー】<なでしこジャパンFW岩渕真奈>大会MVP受賞!“マナドーナ”を海外絶賛!「アジアで最も脅威のFW」 - 04月22日(日)06:04  mnewsplus

なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間20日、2019年女子ワールドカップ予選を兼ねたAFC女子アジアカップ決勝でオーストラリアと対戦し、1-0の勝利で見事に大会連覇を飾った。大会最優秀選手(MVP)には全5試合にフル出場したFW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)が選出され、海外メディアは「アジアで最も脅威のFW」と絶賛している。 【動画】「さすが」「マナドーナ」と反響! なでしこ25歳エースFW岩渕真奈…4人包囲網突破&高速フェイント弾 https://www.football-zone.net/archives/99386/3  グループリーグ最終戦で1-1と引...
»続きを読む
カテゴリー:

受け継がれる“バルサイズム”…イニエスタ退団時の新キャプテンはメッシか - 04月26日(木)11:07 

 バルセロナの次期キャプテンにアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが就任する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『SPORT』が25日付で報じている。  今シーズン限りでの退団が濃厚と見られているス
カテゴリー:

【現代ビジネス】アメリカが経済面では日本を「同盟国」とは見ていない現実を直視せよ - 04月24日(火)12:11  bizplus

現代ビジネス 2018.04.24 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55395 先週の火曜、水曜の両日に開催された安倍首相とトランプ大統領の日米首脳会談で、米国が仕掛ける貿易戦争においては、 安全保障と違い、アメリカは日本を同盟国とはみていないということがはっきりした。 折しも米中貿易戦争が激化して世界中が巻き込まれかねないリスクが高まる中で、日本はどう生き残りを 図るべきだろうか? 日米間の溝は隠しようがない 親密さを演出するための3度目のゴルフを交えた会談を終えて、安倍、トランプ両首脳が臨んだ記...
»続きを読む
カテゴリー:

表彰式の主役はイニエスタ…国王杯決勝、メッシが見せた気遣いとは? - 04月23日(月)12:38 

 21日に行われたコパ・デル・レイ決勝の表彰式で、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが見せた気遣いが話題になっている。22日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。  セビージャと対戦したバルセロナは5-
カテゴリー:

仮想通貨がピンチ? 「育成」から「規制」へ 金融行政を転換か(鷲尾香一) - 04月23日(月)07:00 

仮想通貨交換業の「コインチェック」による580億円の仮想通貨流出事件はあったものの、引き続き仮想通貨熱は冷めることがない。 しかし、仮想通貨はその最大の特長である「匿名性」について、ピンチを迎えつつある。仮想通貨は、投資家自身の保有残高や取引記録が他人に知られることがなく、プライバシーが保護される。その半面、違法取引にまつわるマネーロンダリング(資金洗浄)に利用されるなどの可能性がある。犯罪に使われるリスクを抑えようと、各国の金融当局だけではなく、国際機関が「規制」に乗り出した。仮想通貨業者の登録や本人確認作業がより厳しくなる 日本ではほとんど報道されなかったが、2017年7月、仮想通貨にとって大きな影響のある出来事が米国で起きた。米国の闇サイト「アルファベイ」が閉鎖に追い込まれたのだ。 アルファベイはインターネット上で最大の犯罪市場サイトといわれ、違法薬物や銃器、化学物質などを世界中に販売していた。その資金決額は10億ドル(1000億円)以上とみられ、仮想通貨を利用していた。この「アルファベイ」閉鎖には、世界各国の当局が連携した。 「これが、仮想通貨を規制するうえでの教訓となった」と、金融庁関係者は言う。その教訓とは、「消費者保護には、仮想通貨のようなデジタルの取引も、これまでのアナログな通常の取引と同じ規制が適用されるべきだ」ということ。 こうした考え方は、2018年3月19~...more
カテゴリー:

日銀・黒田総裁の続投は誰も後釜に座りたくなかっただけ? それでも絶望してはいけない…アベノミクス、恐怖のワーストシナリオ - 04月21日(土)11:00 

森友・加計問題、自衛隊の日報問題に続き、財務次官“セクハラ”辞任で安倍政権が末期状態だ。 窮地に立たされている政権の命綱は「アベノミクスによる経済成長」のはずだが、この経済政策の成果も「都合のいいデータ」によって築かれた砂上の楼閣だったとしたら──。 今、話題の一冊『アベノミクスによろしく』(インターナショナル新書)の著者・明石順平氏は「アベノミクスは大失敗だった」と断言。同書では政府や国際機関が発表した公式データを用いながら、アベノミクスの幻想を打ち破っている。 なぜ、大失敗だったのか? 菅義偉(すが・よしひで)官房長官への厳しい追及で一躍その名が知られた東京新聞社会部記者・望月衣塑子(いそこ)氏との対談で語る――。 前回は、“アベノミクスの罠”として裁量労働制に関する「不適切なデータ」騒動を挙げながら、この経済政策の根本的な間違いをズバリ指摘。この最終回では、アベノミクスの行き着く末路、恐怖のワーストシナリオを語る──。 *** 望月 日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁の「続投」が決まりました。ただ、これはアベノミクス開始当初からの目標であった「年2%の物価上昇」を6年連続で延期するなど経済政策がうまくいっていないので、結局「誰...more
カテゴリー:

もっと見る

「アルゼンチン」の画像

もっと見る

「アルゼンチン」の動画

Wikipedia

2005年におけるアルゼンチンの14の大都市圏 { class="wikitable" style="margin-right:60px"

順位!! 都市 !! 州人口!! 地域

|-

|align="center"| 1 || [[ブエノスアイレス | 市域 + [[ブエノスアイレス州 の24の管区 align="right"| 11,453,725 ||align="center"| パンパ

|-

|align="center"| 2 || |コルドバ | [[コルドバ州 align="right"| 1,513,200 ||align="center"| パンパ

|-

|align="center"| 3 || [[ロサリオ | [[サンタフェ州 align="right"| 1,295,100 ||align="center"| パンパ

|-

|align="center"| 4 || |ラ・プラタ | [[ブエノスアイレス州

|align="right"| 857,800 ||align=&quo

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる