「アリソン」とは?

関連ニュース

『ゴシップガール』のあの人、『プリティ・リトル・ライアーズ』のスピンオフに出演! - 05月22日(火)18:00 

大人気青春ドラマ『ゴシップガール』で、ブレイク・ライヴリー演じるセリーナの母親リリーを演じたケリー・ラザフォードが、人気ミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』のスピンオフ『The Perfectionists(原題)』に出演することが分かった。米Entertainment Weeklyが報じている。【関連記事】『ゴシップ・ガール』『ヴェロニカ・マーズ』『スーパーナチュラル』...あなたはどのオトコがお好み?ビーコン・ハイツという架空の町が舞台となるスピンオフは、オリジナルに登場したアリソン(サーシャ・ピーターズ)とモナ(ジャネル・パリッシュ)が主人公。その町の大学は一流で、住民も完璧に見えるが、常に完璧さを求められる彼らのストレスが最初の殺人事件を引き起こすことになる...というストーリー。ケリーが演じるのは、ホッチキス企業とビーコン・ハイツ大学を創設したファミリーの主、クレア・ホッチキス。完璧でいることは可能だと信じ、望んだ物を手に入れるために影で糸を引く人物のようだ。そのほかのキャストの役どころも明らかになっている。『ウォーキング・デッド』のシドニー・パークが扮するのは、プレッシャーに強く、野心あふれる賢い女性ケイトリン。『ディセンダント』のソフィア・カーソンは、最新の流行を発信するブロガー/プログラマーで、ファッション・アイコンでもあるエヴァを演じる。同性愛者で音楽...more
カテゴリー:

【サッカー】<ブラジル>ロシアW杯に挑む登録メンバー23人を発表! 故障明けの「至宝」ネイマールら選出 - 05月15日(火)05:38  mnewsplus

W杯欠場のD・アウベスの代役に選ばれたのは? 写真  ブラジル・サッカー連盟は、5月14日、6月14日にロシアで開幕するワールドカップに臨む登録メンバー23名を発表した。  2016年6月に発足したチッチ体制下で、完成度を高めてきたチームには、順当なメンバーが選出された。  今年2月25日のマルセイユ戦(リーグ・アン27節)で右足の第五中足骨を骨折し、シーズンのラスト3か月を棒に振った「セレソンの至宝」ネイマールも当然のメンバー入り。その他にもコウチーニョ、ガブリエウ・ジェズス、パウリーニョ、マルセロと...
»続きを読む
カテゴリー:

毒母を描いたブラックコメディ? ただただ金のために娘に酷い仕打ちを…… - 05月11日(金)07:07 

ラブコメ、アクション、ホラー……。どんな映画でも、ついつい“子育て”に結びつけて見てしまうママさんライターが、話題作をママ目線で取り上げます! 【ついついママ目線】 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』前編 フィギュアスケート史の黒歴史を映画化! 今年2月の平昌オリンピックでは日本を歓喜で沸かせたフィギュアスケートだが、華やかなイメージと違ってフィギュアスケート界の黒歴史と呼びたくなる実際にあった事件をもとに描いたのが『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』だ。 題材となったのは「ナンシー・ケリガン襲撃事件」。1994年リレハンメル・オリンピックの出場権を得るために、フィギュアスケート選手のトーニャ・ハーディングが元夫たちにライバルであるナンシー・ケリガン選手を襲撃させたと疑惑の目を向けられた事件だ。スキャンダラスな内容だけに当時は報道がエスカレートし、マスコミの格好のネタとなった。 映画は、大きく言い分が食い違っていたという実際の関係者たちのインタビューをもとに構成されており、事件の真実を追い求めようというのが目的ではない。ましてライバルとの攻防をドラマチックに描くスポーツ映画でもない。 シニカルなブラックコメディの臭いを放ちつつ描かれるのは、アメリカ女性として初めてトリプルアクセルを成功させたスター選手でありながら一瞬にして世界的な嫌われ者となったトーニャ・ハ...more
カテゴリー:

『プリティ・リトル・ライアーズ』スピンオフでアリソンとモナが同盟を結ぶ!? - 05月20日(日)17:00 

新感覚サスペンスドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)のスピンオフとなる『The Perfectionists(原題)』が、米Freeformにて正式にシリーズ化されることが明らかとなった。米TV Lineが報じている。【関連記事】『プリティ・リトル・ライアーズ』から見る"ガールズ"スタイル!『PLL』原作者サラ・シェパードの同名小説を原作とするスピンオフで主役を務めるのは、本家でアリソンを演じたサーシャ・ピーターズとモナを演じたジャネル・パリッシュ。物語はビーコン・ハイツという町が舞台となり、その町の大学は一流で住民も完璧に見えるが、常に完璧さを求められる彼らのストレスが最初の殺人事件を引き起こすことになる...というストーリー。『PLL』でのアリソンとモナは決して仲が良いとは言えなかったが、二人を主人公とするスピンオフはどんな展開になるのだろうか。気になる二人の関係についてサーシャがインタビューで次のように語っている。「スピンオフの脚本を読んだ時に、二人を結びつける過程がおかしくて笑ってしまったわ。私たちは一種の同盟を結ぶんだけど、アリソンはモナを信じられるかどうか半信半疑だから、すごく興味深いダイナミズムが生まれるの。だってモナを信用できる? 新しい町にやって来た彼女の理由がミステリアスであると同時に、その疑問を強引にかわす彼女がまた愉快なのよ」とコメント。...more
カテゴリー:

毒母の呪縛からは逃れられない! あの悲劇はこの母親から始まった - 05月11日(金)07:08 

() 【ついついママ目線】 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』後編 毒母の暴力を受けた主人公は夫のDVも許してしまう 「ナンシー・ケリガン襲撃事件」で有名な元フィギュアスケート選手のトーニャ・ハーディングを描いた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』。本作で第90回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリソン・ジャネイが怪演する母親が強烈な毒母だ! 1970年にアメリカのオレゴン州ポートランドに生まれたトーニャの家庭は、俗に“ホワイト・トラッシュ”や“プアホワイト”と呼ばれる白人の低所得者層。母ラヴォナはトーニャをスケート選手にすることが貧困脱出の鍵になるとにらみ、スケートレッスンに通わせる。ラヴォナはトーニャを褒めて伸ばすなんてことはせず、ことあるごとに罵倒し、平気で手もあげる。トーニャは言葉と肉体的な暴力を日常的に浴びながら育ったのだ。 ブラックコメディ仕立てだから、まだ見ていられるけれども、実際にあったことかもしれないと思うと痛ましい。 ティーンエイジャーとなったトーニャは後に結婚するジェフと恋に落ちるが、これがまたとんでもなくDV男だ。しかし、トーニャはジェフに謝罪されるとすぐによりを戻すということを繰り返す。トーニャ自身も悟っているが、幼い頃から母親からの暴力の中で育った彼女は暴力を振るわれることに疑問を抱かず受け入れてしまうのだ。 母親から直接受ける...more
カテゴリー:

「アリソン」の画像

もっと見る

「アリソン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる