「アベンジャーズ」とは?

関連ニュース

『エージェント・オブ・シールド』のあの人、マーベル美女エージェントの共闘に乗り気! - 11月17日(金)19:10 

マーベル制作の人気TVドラマ『エージェント・オブ・シールド』のシーズン2からシーズン3の半ばまで、秘密機関シールドのエージェント、ボビー・モース(通称モッキンバード)を演じていたエイドリアンヌ・パリッキ。その彼女が、有名掲示板Redditで催されたQ&Aセッションで、ボビーを再び演じることに乗り気であることを明かした。【関連記事】DCやマーベルの登場人物の多さと各作品のクロスオーバーで人間関係がゴチャゴチャになってない⁉ これでスッキリ!キャラクター相関図掲示板に寄せられた質問に有名人が答えるこのセッションで、"モッキンバードが映画で脚光を浴びる可能性はありますか? 映画館の大スクリーンで、モッキンバードがブラック・ウィドウと一緒に戦うシーンを見たいです"という質問を受けたエイドリアンヌは、次のように答えている。「ブラック・ウィドウとぜひ一緒に戦いたい! 強い女が結束するのっていいわね。(配役の)連絡を待つことにするわ」と、興奮を交えて答えたエイドリアンヌ。マーベルの映画作品とTVシリーズのクロスオーバーは今のところあまり実現していないが、『アイアンマン』や『アベンジャーズ』シリーズに登場するブラック・ウィドウ(演じるのはスカーレット・ヨハンソン)と共にエイドリアンヌ演じるモッキンバードが戦う姿を見たら、確かに大きな反響を集めそうだ。このほか、"『エージェント・オブ・シールド』への...more
カテゴリー:

【映画】アベンジャーズとはどう違う?「ジャスティス・リーグ」は、痛快な現代の神話! - 11月17日(金)13:52  mnewsplus

映画『ジャスティス・リーグ』(11月23日公開)はバットマンやワンダーウーマンといったアメコミヒーローたちが結集し、チームを組んで戦うスーパーエンタテインメントです。 「あれ? それって、“アベンジャーズ”とどう違うの?」と思う方もいるかもしれませんが、アベンジャーズは、マーベルというアイアンマンやスパイダーマンを所有するアメコミブランドのチームで、このジャスティス・リーグはDCというスーパーマンたちが所属するアメコミのグループです。 大雑把に言うと、ヒーローというタレントを抱える芸能事務所が2つあっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【連載/ウワサの映画 Vol.9】スーパーヒーロー大集合の元祖。待望のDCユニバース! - 11月17日(金)07:00 

アメコミ界の2大巨頭にして永遠のライバル、DCコミックスとマーベル・コミック。マーベルの「アベンジャーズ」に続き、老舗中の老舗であるDCがようやく腰を上げ、自社のスーパーヒーローたちをスクリーンに集結させました!ずいぶんと待たされましたが、待った甲斐があった…、満を持してのDCEU(DCエクステンデット・ユニバース)の幕開けです。 「フラッシュ役のエズラ・ミラーがイチオシ!」その➀。チームのムードメーカーとなるフラッシュ。エネルギー過剰でテンション高すぎの学生です。ミラーの素朴な存在感に癒されます/©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC 映画ではマーベルに先を越されましたが、コミックにおいては、1960年に発表された「ジャスティス・リーグ」こそが”ヒーロー集結もの”の元祖です。「ヒーローが集うとウケるじゃ~ん」とマーベルがパクった感は否めず、やっぱりDCに肩入れしちゃいます。5年前の「アベンジャーズ」公開時に書いた「ジャスティス・リーグと競演する日を待ってます」という個人的念願も募るばかりで、2社のキャラ(この際、誰でもいい!)を同一スクリーンで観ずには死ねない…。コミック上では何度かクロスしてるわけだし、映画も、そろそろ…?...more
カテゴリー:

ヒーローたちがカム・トゥゲザー! 『ジャスティス・リーグ』LAプレミアが開催 - 11月15日(水)21:30 

11月13日(現地時間)、DCコミックスのスーパーヒーロー大集結映画『ジャスティス・リーグ』のLAワールドプレミアが開催されました。 会場となるロサンゼルスのザ・ドルビーシアターの前には長いレッドカーペットが敷かれ、原寸大の最新型バットモービルもお披露目。 本作の主題歌でビートルズのカバー曲『カム・トゥゲザー』が鳴り響く中、「クール以外に言葉が出ないよ!」と語るエズラ・ミラー(フラッシュ)に、「今日のドレスは“真実の縄”のモチーフよ(笑)」と金色のドレスで登場したガル・ガドット(ワンダーウーマン)。 ベン・アフレック(バットマン)は「バットマンは歴史的に色々な俳優によって長年に渡って作り上げられてきたキャラクターだからね、ファンの方々の興奮を感じられてうれしいよ!」とDCコミックスのアイコンを演じた喜びを表現。 さらにジェイソン・モモア(アクアマン)が、「共演キャストたちがふざけている中で真剣な顔をし続けるのはチャレンジだったね。レイは常に真面目だったよ。レイを笑わせるのが一番難しかった」と撮影の様子を明かすと、レイ・フィッシャー(サイボーグ)は、「ここまで来るのは長い道のりだったけど、子ども時代の夢が叶ったよ」と大興奮。 彼らジャスティス・リーグのメンバーに加え、ダイアン・レイン(マーサ・ケント)、コニー・ニールセン(ヒッポリタ)、J・K・シモンズ(ジェームズ・ゴード...more
カテゴリー:

「ハルクはプロレスラーとして夢の体」真壁刀義が語る、衰えないプロレスへの熱い思い - 11月11日(土)11:45 

 アベンジャーズで“最もアツい”雷神ソーの活躍を描くマーベル・スタジオの最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』が全国公開中だ。ド迫力のバトルと個性豊かなキャラクターたちが繰り広げるコミカルなストーリー展開が魅力の本作について、映画好きプロレスラーとしても知られる新日本プロレスの真壁刀義にインタビューを実施。バトルシーンの見どころ、キャラクターやストーリーに感じた自身との繋がり、そして“ヒール”としてブレイクするまでに抱いたプロレスラーとしての葛藤などについて話を聞いた。【関連】『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した新日本プロレスの真壁刀義にインタビュー<フォトギャラリー> “最強の敵”死の女神・ヘラにムジョルニアと呼ばれる究極のハンマーを破壊され、故郷アスガルドを奪われたソーは、義弟であるロキ、盟友のハルク、新キャラクターの女戦士ヴァルキリーと型破りなチーム“リベンジャーズ”を結成し、故郷を取り戻すため極限の戦いに挑む。本作では、闘技が“娯楽”として描かれていたり、自身の入場曲であるレッド・ツェッペリンの『移民の歌』が使用されていたり、何かと繋がりを見出すことが多かったという真壁は、キャラクターの中ではハルクに親しみを感じたそうで、「プロレスラーそのものだよな。怪力で相手をねじ伏せるという、プロレスラーにとって夢のまた夢の体をしている。こんなパンチを食らったらアウトだろうな...more
カテゴリー:

「シンプルに楽しめて最高に燃える!」寺中友将&八木優樹(KEYTALK)が種村有菜とマーベルを語る - 11月17日(金)15:00 

マーベルのヒーローたちを愛する人気漫画家の種村有菜さん(『神風怪盗ジャンヌ』ほか)が、注目の男性たちとマーベルの魅力を語り合う好評連載。第4回のゲストは、人気バンド「KEYTALK」の寺中友将さんと八木優樹さんのふたり。初のアリーナ公演を果たし、波に乗る彼ら。実は映画鑑賞にハマり始めたところだとか。種村さんがレクチャーするマーベルの映像作品についても、興味津々。楽しいトークが展開しました。 【種村有菜】プロフィール 漫画家。「りぼん」掲載の『2番目の恋のかたち』でデビュー。主な作品に『イ・オ・ン』、『神風怪盗ジャンヌ』、『満月をさがして』、『紳士同盟クロス』がある。現在は『31☆アイドリーム』を「MELODY」で連載中。アニメ化された作品も多く、『アイドリッシュセブン』アニメ版ではキャラクター原案を手がける 【KEYTALK】プロフィール 2009年に小野武正(ギター)、首藤義勝(ボーカル&ベース)、寺中友将(ボーカル&ギター)、八木優樹(ドラム&コーラス)が結成した4人組バンド。2010年にシングル「KTEP」でCDデビュー。2015年には初の日本武道館単独公演を成功させる。最新シングル「セツナユメミシ」はNHK Eテレのアニメ「境界のRINNE」第3シリーズのオープニングテーマ。 ―種村さん、KEYTALKの寺中さん、八木さんは初対面ですね。自己紹介からお願いします。...more
カテゴリー:

『デッドウッド』リバイバル、2018年秋に製作開始か - 11月17日(金)11:10 

西部開拓時代のアメリカを舞台に、ガンマンや無法者、娼婦たちが繰り広げる物語を描いた『デッドウッド ~銃とSEXとワイルドタウン』。今夏からリバイバル版製作の可能性が浮上していたが、来年秋の製作開始に向けて企画が本格的に動き始めたことが関係者の話で分かった。米TVLineが報じている。【関連記事】『デッドウッド』あの人、『グッド・ワイフ』ジュリアナ・マルグリーズと新作ドラマで共演そもそもリバイバル版の話が浮上したのは、TCA(TV批評家協会)の夏のプレスツアーで米HBOの番組編成局長ケイシー・ブロイズがこの企画について認めたことがきっかけだった。彼はこのことについて、「私が懸念していることの一つは「『デッドウッド』のファンとそうでない人たち、それぞれの立場に立てる脚本が作れるのか、ということです」とコメント。続けて「私たちにとって理にかなった予算内で、かつ前と同じキャストでできるならば、リバイバル版を製作する可能性はあるでしょう」と語っている。このニュースを報じたTVLineによれば、放送局であるHBOは今回のリバイバル版についてコメントを控えているという。トリクシー役のポーラ・マルコムソンも最近のインタビューの中で、復活版の可能性について「本当に起こると思っているの」と述べており、「いつもはこんなこと言わないのよ。普段は、こういうことについては誰よりもシニカルなんだから」と、本作へ...more
カテゴリー:

セバスチャン・スタン&タチアナ・マズラニー、N・キッドマン主演スリラーに参戦 - 11月17日(金)05:00 

 米俳優のセバスチャン・スタンと女優タチアナ・マズラニーが、ニコール・キッドマン主演の新作クライムスリラー「Destroyer(原題)」の出演交渉を進めていることがわかった。  映画は、現代のロサンゼルスを舞台に、ロサンゼルス市警の刑事エリン・ベル(キッドマン)がモラルと存在意義を探求する物語。新人警官時代にカルトじみたギャングへの潜入捜査で悲惨な経験したベルは、ギャングのリーダーが再び姿を現したことで残党と対峙し、過去に決着をつける。スタンとマズラニーの出演交渉は、米ハリウッド・レポーターとDeadlineが報じているが、2人の役どころは明かされていない。  メガホンをとるのは、「ガールファイト」「ジェニファーズ・ボディ」などで知られる日系人女性監督カリン・クサマ。クサマ監督の夫フィル・ヘイと、マット・マンフレディが「インビテーション」に続き、コンビでオリジナル脚本を執筆した。  スタンは、賞レースの有力候補として期待されている伝記映画「I, Tonya(原題)」(12月8日全米公開)で、マーゴット・ロビー演じる元フィギュアスケーターのトーニャ・ハーディングの夫役を演じた。その他、出演作の「ローガン・ラッキー」が11月18日、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」が2018年4月27日に日本公開される。一方のマズラニーは、出世作となった主演ドラマ「オーファン・ブラック ...more
カテゴリー:

スター・ウォーズとマーベル「東京コミコン2017」初参加を発表 - 11月13日(月)15:00 

[ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社] 12月15日(金)に新作映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開を控え、盛り上がるスター・ウォーズと、「アイアンマン」「アベンジャーズ」など数多くの人気キャラクターとヒット作を持つマーベルのコン...
カテゴリー:

ディズニーの本気でマーベルキッズ急増中!? 子ども向けマーベルアニメ9番組放送スタート - 11月11日(土)06:30 

え、これのどこがディズニーなの!?……なんて声が聞こえてきそうですが、いまディズニーはマーベルを、子どもたち向けに次世代ファン育成プロジェクトを立ち上げてまで猛プッシュ。 【画像】マーベル男子必見!マーベルのヒーロー大集合 実はマーベルは、2009年8月にウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下となっています。 ミッキーフレンズでもディズニープリンセスでもない、マーベルのヒーローたちですが、広い意味でディズニーキャラクターの一員なのです。 「日本よ、これが映画だ。」で物議! 映画『アベンジャーズ』を覚えてる? マーベルってなんぞや、という方は、2012年に公開された映画『アベンジャーズ』のキャッチコピー、「日本よ、これが映画だ。」を覚えているでしょうか。 当時、上から目線すぎる、と一部で物議を醸した、あの『アベンジャーズ』がマーベルです。 ちなみに『アベンジャーズ』は、世界興行収入15億ドル以上という、歴代SFアクション映画の中でも最高傑作のひとつ。 これほどまでに評価されるのには、理由があります。 全映画がリンクするマーベル・シネマティック・ユニバース マーベルの映画の最大の特長は、2008年『アイアンマン』から最新2017年11月3日公開『マイティ・ソー バトルロイヤル』まで、すべてが “一つの世界の物語” として描かれている点です。 マーベル・ヒーローたち...more
カテゴリー:

もっと見る

「アベンジャーズ」の画像

もっと見る

「アベンジャーズ」の動画

Wikipedia

アベンジャーズ英語: , )

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる