「アベンジャーズ」とは?

関連ニュース

ジョス・ウェドン監督、映画「バットガール」のキャスティングを語る - 04月22日(土)17:53 

ビッグネームにはならない? 「アベンジャーズ」のジョス・ウェドン監督は、バットガールにビッグネームを起用しようとはしていないようだ。
in English
カテゴリー:

【芸能】ローラがインスタに意味深投稿?あの世界的プロジェクトに参加か - 04月21日(金)22:26 

モデルで女優のローラ(27)が自身のInstagramに意味深な写真とコメントを投稿しました。ローラといえばモデルやハーフタレントとして人気を博している一方、 女優として『バイオハザード: ザ・ファイナル』に出演し、日本でも大きな話題となりました。役者としてさらなる活躍に期待が高まっていますが、 ここにきて次回作への期待を予感させる写真を投稿。ファンを中心に話題になっています。 ローラが20日に投稿したのは、ニューヨークのマーベル・エンターテイメントをバックに映した自身の写真と、「Secret Project with @MARVE...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「アベンジャーズ」第4弾にスパイダーマン - 04月21日(金)09:16 

トム・ホランド演じるスパイダーマンが、「アベンジャーズ」第4弾にも登場するようだ。
in English
カテゴリー:

『SHERLOCK』クリエイター、キャストを変えて継続の可能性は?! - 04月19日(水)21:10 

今夏、日本でもシーズン4の放送が決まった英BBCの大ヒットミステリーシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』。新シリーズの製作は未だ決まっておらず、先行きが不透明な状態でファンの心配は募る一方だが、このほどイベントに登場した本作のクリエイターが今後についてコメントした。英Telegraphが伝えている。ロンドンで開催されたBFI and Radio Times Television Festivalに出席した『SHERLOCK』のクリエイター、スティーヴン・モファットは、新作の製作が決まらないのは、関係者のみんなが疲れてしまっているからではなく、むしろベネディクト・カンバーバッチ(シャーロック役)やマーティン・フリーマン(ジョン役)、そして共同クリエイターのマーク・ゲイティスらが良いドラマを作りたいと思うが故にだと説明した。「ベネディクトもマークもマーティンも、『SHERLOCK』を続けていくことに反対などしていないんだ。撮影ではとても素晴らしい時間を過ごすことができたし、みんな本当に素敵な人たちで僕らは再会を楽しんでいる。でも、以前と同じような作品作りができないなら、やりたいとは思わない。つまり、僕らが良いアイディアだと思えるものがあれば、その時は帰ってくるということだ。しばらくは離れることになるかもしれない。でも『SHERLOCK』を終わらせようとは思っていないよ」ベネディク...more
in English
カテゴリー:

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3」にジェームズ・ガンが続投 - 04月19日(水)12:00 

 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ第1&2作を手がけてきたジェームズ・ガン監督が、第3作も続投することが決定した。  クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタらが出演する本シリーズは、宇宙一不運なトレジャーハンターのピーター・クイル(プラット)と刑務所で偶然出会った無法者たちが、銀河の危機を救うため戦う姿を描いたアクションアドベンチャーで、第2作は新たにカート・ラッセルとシルベスター・スタローンが参戦している。  第2作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」の全米公開を5月5日に控えるガン監督は自身のフェイスブックで、アメリカでのプレスツアーに先駆けて記者たちの質問を予測し、最も聞かれるであろう第3作についてまず最初にファンたちに報告したいと、引き続き監督・脚本を務めることを正式に発表した。  また、カート・ラッセルやシルベスター・スタローンとの仕事についても聞かれることを推測し、幼い頃に裏庭でスネーク・プリスキンやジョン・ランボーのふりをして遊んでいた自分としては、身の引き締まる思いとともに胸がいっぱいになったと告白。そして、第3作は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(原題)」の後を描く設定で、マーベルの新旧キャラクターを10年先まで送り出すような作品になるだろうと明かした。  「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミッ...more
in English
カテゴリー:

ハリウッド映画のヒーローコスチュームデザインの巨匠・Ironhead Studioのホセ・フェルナンデス氏がデザインを語る - 04月21日(金)23:00 

バットマンやアベンジャーズなど、数々のハリウッド映画のヒーローのコスチュームデザインを手がけるIronhead Studioのホセ・フェルナンデス氏が、特殊メイクの作品展Monsterpalooza 2017で、自らデザインした作品を前にして、デザインについて語っています。続きを読む...
in English
カテゴリー:

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、ポストクレジット・シーンは5つと監督が発言 - 04月21日(金)10:00 

ジェームズ・ガン監督によれば、大ヒットが期待されているクリス・プラット主演の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』には、5つのポストクレジット・シーン(作品の最後に流れるクレジットの合間に挟むシーン)があるという。 ガンは4月17日のプレス試写に参加した後、Screen Rantが本作に4つのポストクレジット・シーンがあると報じた記事に対して、「実際には5つだね」と返信した。 マーベルは製作した映画にポストクレジット・シーンを含めるようになっている。2008年の映画『アイアンマン』ではサミュエル・L・ジャクソンがニック・フューリー役であることを明かし、最近では映画『ドクター・ストレンジ』のラストで、映画『Thor: Ragnarok(原題)』の一部を明かした。2012年の映画『アベンジャーズ』以降の作品には2つのポスト・クレジットシーンがあり、さらに近年の作品のほとんどは、2つ以上のポスト・クレジットシーンを含む。 インフィニティ・ストーンをめぐり、マーベルのスーパーヒーローが多数集結して巨悪サノスと戦う映画『Avengers:Infinity War(原題)』の公開が近づくにつれ、世界観のつながりを広げ、つなぎ目を無くすために、より多くのポスト・クレジットシーンが活用されるだろう。 プレス向けに先行上映された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のクレ...more
in English
カテゴリー:

『キングコング』、TVシリーズ化が決定 - 04月20日(木)11:05 

1933年に大ヒットしたパニック映画『キングコング』。現在まで、リメイク版やリブート版作品が数多く製作され今でも多くのファンに愛されているが、実写版テレビシリーズの製作が進んでいることが明らかになった。米Deadlineらが報じている。テレビシリーズは、先月日本でも公開となったばかりの映画『キングコング:轆轤島の巨神』を元に、ジョナサン・ペナー(『CSI:ニューヨーク』)とステイシー・タイトル(『ギャング・オブ・ホラー』)がペンを取る。このテレビ版では女性が主役となり、様々な人種や国籍の仲間たちと髑髏島での恐ろしい出来事の数々、そしてその起源について探っていくというストーリーになるという。独立系製作スタジオのMarVista Entertainment社CEOのフェルナンド・スジュー(『ビヨンド・ザ・ブレイク』『ザ・スイッチ』)は、「ペナーとタイトルは、何年もの間様々な形で視聴者を魅了する作品を描き続けてきた。今回は女性が主役という今の時代にふさわしいアレンジをなされた同作で、世界を虜にするだろう」と述べた。また、同じく製作に加わるIM Global Television社代表のマーク・スターン(『トワイライト・ゾーン』『アセンション』)も「『キングコング』の脚本は、時代を問わない普遍的な深みがある。我々は、ペナーとタイトルの新しい試みを気に入っており、MarVista社とパートナ...more
in English
カテゴリー:

クリス・プラット「日本に住み着きたい!」『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』アジア合同記者会見 - 04月19日(水)15:00 

銀河の愛されヤンキー・ヒーロー・チーム “ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー” が、東京にやって来た! 【動画あり】シルベスター・スタローン出演決定!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』予告編&ポスター公開 過激な個性がぶつかり合う、ノリで結成されたありえないヒーロー・チーム、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のメンバーと監督が都内で記者会見を開催し、今作にかける想いや裏話をノリノリで語ってくれました。 この日登場したのは、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル役)、ゾーイ・サルダナ(ガモーラ役)、デイヴ・バウティスタ(ドラックス役)、そして脚本・監督のジェームズ・ガン。 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、日本のファンの熱気におどろき! 「日本の皆さんに本当にあたたかく迎えていただいて、ものすごく感激しています!」と語ったのは、ジェームズ・ガン監督。 「今回の来日で、ファンの熱狂と愛を全身で感じて、昨晩は興奮のあまり眠れなかったくらいです。 日本のファンの皆さんは、本当にいつも熱心にサポートしてくださいますね。 ありがとうございます!」 ガモーラを演じたゾーイ・サルダナは、「コンニチハー、ニッポン!」と日本語であいさつ。 「日本に来るたび、いつも素晴らしい思いをしています。 特に今作は、私たちにとっても特別な作品。 ...more
in English
カテゴリー:

ヒーローじゃないのが魅力? 監督が語る『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』人気の理由 - 04月19日(水)10:00 

 2014年に公開されたマーベル・スタジオ作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(5月12日公開)。宇宙のならず者たちで結成された“ガーディアンズ”たちが世界的な人気を集める理由を、前作に続きメガホンをとったジェームズ・ガン監督が明かした。 【写真】来日記者会見でじゃれ合うジェームズ・ガン監督&主役のクリス・プラット  身長25センチの無邪“木”な最終兵“木”ベビー・グルートや、銀河一凶暴な毒舌アライグマのロケット、リーダーなのにお調子者でテキトーなピーター・クイルなど、ガーディアンズは個性的なメンバーばかり。正義の為に戦うアベンジャーズを尻目に、お金のために戦っている。  ガン監督は「このチームをすばらしいものにしているのは、彼らが必ずしも特別なヒーローではないということなんだ。彼らにはスーパーマンのような特技はない。飛んだり、目から光線は出せないんだ。それがガーディアンズを特別なものにしているんだよ!」と語り、“ヒーローらしくない”ことが人気の理由の一つだと説明する。  さらに、「僕はグループを描くのが好きなんだ。そしてグループを描くには、それぞれのキャラクターのストーリーがなくてはいけない。今は山ほどキャラクターが登場する映画がたくさんあるが、絶対にそれを忘れてはいけないんだ」と、チームを描くうえでの大事なポ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「アベンジャーズ」の画像

もっと見る

「アベンジャーズ」の動画

Wikipedia

アベンジャーズ英語: , )

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる