「アベンジャーズ」とは?

関連ニュース

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ナイスな新キャラ「マンティス」を好演! 秋元才加インタビュー - 05月26日(金)18:00 

『アベンジャーズ』シリーズのマーベル・スタジオ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が現在大ヒット上映中。映画を観た人からは「思い切り笑えて思い切り泣ける!」と絶賛の声多数の超絶クール&ハッピーな作品となっています。 本作の魅力はたくさんあれど、なんといっても注目なのが個性的なキャラクターたち。本作から登場する「マンティス」は相手に触れただけで感情が分かる能力がある新キャラクター。天然で不思議ちゃんという新たな個性がガーディアンズの世界観をさらに盛り上げます。 マンティスの日本語吹き替えを担当したのは、女優の秋元才加さん。クールでキリッとした印象の強い秋元さんですが、ふんわり天然ちゃんのマンティスの声を見事に演じきっていて筆者も大感激! 本当に素晴らしいのでぜひ聴いていただきたいです。 ―日本語吹き替え版、ものすごく楽しかったです! 秋元:ありがとうございます! ―マンティスの声の演技は難しくなかったですか? 秋元:ナレーションとか少しづつやらせていただいていたのですが、今回マーベル作品では初めてで。いつかやってみたいと憧れはありました。本業の声優さんである、山寺さんの職人技にとても感激して、すごさを学べましたし、声をあてるだけでキャラクターの印象が変わったり、本当に命を吹き込む作業なんだなって。お芝居をする仕事に携わらせていただく身として、とても成長させていた...more
カテゴリー:

『ガーディアンズ』ベビー・グルートの吹替が好評! 遠藤憲一が役への熱すぎる思いを語る - 05月26日(金)14:00 

 『アイアンマン』や『アベンジャーズ』シリーズを生んだマーベル・スタジオの最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で「カワイイ!」と話題になっている身長25cmの無邪“木”な最終兵“木”ベビー・グルート。本作の日本語吹替え版でベビー・グルート役を演じた遠藤憲一が役への熱すぎる思いを語る動画がネット上で話題になっている。【関連】遠藤憲一がベビー・グルートになりきって登場!プレミアイベントの様子 正義の為に戦う<アベンジャーズ>を尻目に、偶然であった仲間たちとノリで戦うありえないヒーローチーム<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。“永遠の思春期リーダー”ピーター・クイル、銀河一凶暴な“毒舌アライグマ”ロケットなど超個性的な<ガーディアンズ>のメンバーの中でも一際目立つ存在なのが、身長25cmの小さな木、ベビー・グルート。見た目は木の妖精のようにカワイイが、ならず者のガーディアンズ達も手を焼くほどのトラブルメーカーだ。 そんなベビー・グルートを身長182cmの遠藤はどのように演じたのか?役作りの工夫について動画内で、「子供心を学ぼうと思って、近所の公演のベンチに座って子供達をジーッと観察して…3時間ぐらいで職質されちゃった」と真顔で語っている。これは銀河でもかなり“ヤバい”。 さらに、第二弾では顔面フルメイクでベビー・グルートになりきった姿で登場すると「ベビー・グルート...more
カテゴリー:

アメコミヒーローも自撮りする時代に 『スパイダーマン:ホームカミング』新予告 - 05月24日(水)22:38 

 スパイダーマン映画新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)の最新予告映像が解禁され、新スパイダーマン(トム・ホランド)がヒーローデビューを果たした『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)で隠された衝撃映像が挿入されており、マーベルファンの楽しみがまた一つ増えることとなった。 【動画】映画『スパイダーマン:ホームカミング』新予告編  スパイダーマンとアイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)が競演することでも話題の本作。一人前のヒーロー気取りの15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになっていく成長と奮闘が描かれる。  新予告では、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、人類の平和を守るはずの最強チーム、アベンジャーズが<チーム・キャプテン・アメリカ>と<チーム・アイアンマン>に分かれ、禁断の戦い(空港での大げんか)を繰り広げている様子を、スパイダーマンによる<自撮り&実況>という形で伝え、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)への本格参戦をアピール。  物陰から禁断の戦いを撮影していたスパイダーマンは、興奮を抑えられない様子で「キャプテン・アメリカだ! アイアンマンもいる! あれは誰だ?」と実況し、その姿はヒーローというよりも15歳のやんちゃな少年そのもの。そんな中、憧れの師とも言うべきアイアン...more
カテゴリー:

アベンジャーズを盗撮&実況!?「スパイダーマン」、初出シーン満載の予告編公開 - 05月24日(水)20:30 

「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」に続き、トム・ホランドがスパイダーマンを演じる単独映画「スパイダーマン ホームカミング」の新たな予告編と新ポスターが、公開された。ヒーロー気取りの15歳の...
カテゴリー:

カンバーバッチが壁ドン!? 『ドクター・ストレンジ』アクションシーンの舞台裏 - 05月23日(火)21:03 

『アベンジャーズ』シリーズのマーベル・スタジオが贈る、ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作『ドクター・ストレンジ』。
カテゴリー:

ドクター・ストレンジが活躍している時、ソーはいったい何してた? - 05月26日(金)14:39 

ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作『ドクター・ストレンジ』は、突然の事故で、天才外科医としての華麗なる人生を奪われたドクター・ストレンジが、魔術を武器に世界を滅亡から救うため“闇の魔術”との戦いに身を投じる話題作だ。この作品のMovieNEX(4000円+税)の6月2日リリースを前に(デジタルは先行配信中)、MovieNEXに収録されるボーナス映像の中から、知られざるソーの生活を描いた「帰ってきた“チーム・ソー”」映像の一部が解禁となった。 マーベル作品ではおなじみ、エンドロール後に収められた“おまけシーン”。本作『ドクター・ストレンジ』でも、ドクター・ストレンジと、あのアベンジャーズのメンバーで、神の国アスガルドからやってきた最強の戦士ソー(クリス・ヘムズワース)による会話シーンが“おまけ”として流れ話題を呼んだが、ではソーは、ストレンジが世界を救うために魔術による壮絶なバトルを繰り広げていた時、何をしていたのだろうか? 解禁となった映像は、そんなソーの知られざる一面を描いたもの。前作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、アベンジャーズが国連の管理下におかれることをめぐって、アイアンマンとキャプテン・アメリカが対立。そうした中、アイアンマンのチームにも、キャプテン・アメリカのチームにも属さなかったソーは、なんと一般人男性のダリルと2人で“チーム・ソー”を結成していた...more
カテゴリー:

爆笑必至「帰ってきた“チーム・ソー”」 - 05月26日(金)12:04 

「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオが贈る、ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作「ドクター・ストレンジ」。そのMovieNEXが6月2日に発売されるが、このたびMovieNEXに収録される盛りだくさんのボーナス映像の中から、知られざるソーの生活を描いた「帰ってきた“チーム・ソー”」の一部が解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=ktlT-rtl7zM)。
カテゴリー:

アベンジャーズを盗撮&実況!?「スパイダーマン」、初出シーン満載の予告編公開 - 05月24日(水)20:30 

 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」に続き、トム・ホランドがスパイダーマンを演じる単独映画「スパイダーマン ホームカミング」の新たな予告編と新ポスターが、公開された。 ・「スパイダーマン ホームカミング」最新予告編はこちら!  ヒーロー気取りの15歳の高校生ピーター・パーカー(ホランド)がスパイダーマンとなり、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)に導かれて真のヒーローになっていく。「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「スポットライト」の名優マイケル・キートンが敵(ビラン)のバルチャーに扮する。  予告編は、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のスパイダーマン登場シーンの直前から始まる。アベンジャーズを盗撮しつつ実況していたピーターは、スタークに呼ばれると自撮りで「呼ばれた」と参戦。自宅に戻ってからも「最高だったよ! スタークさんに呼ばれてそれで慌てて行って……」とカメラに向かって興奮気味に語る。これまでのスパイダーマンとはまた違った今時の若者として描かれており、独断専行が過ぎてスタークに「失望したよ」としっ責される姿も描かれる。スタークの運転手であるハッピー・ホーガン(ジョン・ファブロー)など、ファンならニヤリとするキャラクターも登場している。  アイアンマンに恨みを持つバルチャーの登場シーンも盛り込まれ、地球外生命体の...more
カテゴリー:

【動画】今度のスパイダーマンは現代っ子 『シビル・ウォー』激闘の裏側で自撮りの実況動画を撮影していた! - 05月24日(水)17:40 

スパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)より、新たな予告映像が世界同時解禁されました。2016年公開の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスクリーンデビューを飾ったトム・ホランド版スパイディですが、実はあの激闘の裏側で驚きの行動をとっていたことが明らかになりました! 映画『スパイダーマン:ホームカミング』新予告(YouTube) https://youtu.be/COL51h66MZU キャプテン・アメリカ陣営とアイアンマン陣営に二分されたアベンジャーズ。アイアンマンに「Underoos!(下着くん!)」と呼ばれて登場したスパイディが、キャプテン・アメリカのシールドを奪い取った場面は記憶に新しいでしょう。 このたび公開された映像では、対峙する両陣営の姿をスパイディが密かに撮影しており、「呼ばれた」と飛び出していく様子が映し出されています。『シビル・ウォー』ではアイアンマンが声をかけてから一瞬でクモ糸が飛び出してきたのですが、その裏でこんなことになっていたとは。 その後、「キャプテン・アメリカと戦ってシールドを……」「最高だったよ!」と自撮りコメントを連発するピーター・パーカーくん。ヒーローに大興奮する姿に、「お前は俺か!」と言いたくなります。そして、トニー・スタークの運転手ハッピーの姿も。やったぜ! 今作のピーターは高校生活を送る15...more
カテゴリー:

カンバーバッチが壁ドン!? 『ドクター・ストレンジ』アクションシーンの舞台裏 - 05月23日(火)15:51 

『アベンジャーズ』シリーズのマーベル・スタジオが贈る、ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作『ドクター・ストレンジ』。神秘的な魔術により、時間と空間の概念を超えた世界を表現するビジュアルに加え、人の命を救う立場にある医師としての葛藤も描いた本作のMovieNEX(4000円+税)が、いよいよ6月2日に発売されるが(現在デジタル配信中)、これを記念しMovieNEXのブルーレイ特典ディスクに収録されるボーナス映像の中から、驚異的なワイヤーアクションの舞台裏を紹介した映像がムビコレ独占で解禁となった。 解禁となった映像は、メインキャストの華麗なワイヤーアクション・シーンの撮影の様子が収められたもの。ドクター・ストレンジの先輩魔術師モルド役を演じるキウェテル・イジョフォーは、ワイヤーを使った撮影に「とてもワクワクしたよ」と楽しそうに語る。 ドクター・ストレンジ役のカンバーバッチは、ワイヤーで飛ばされたり宙づりのまま落とされたりなど、ハードな撮影で肉体を酷使させられた撮影を振り返り、「スーパーヒーローだとはとても言えないよ」と苦笑い。彼がワイヤーで壁に打ち付けられる、正真正銘の“壁ドン”映像も見ることができる。 また、悪役カエシリウス役を演じたマッツ・ミケルセンは「ガラスを毎日割っても弁償しなくていいんだ」と、クールな二枚目のイメージとは違ったお茶目な一面を披露。 ほかにもグリーン...more
カテゴリー:

もっと見る

「アベンジャーズ」の画像

もっと見る

「アベンジャーズ」の動画

Wikipedia

アベンジャーズ英語: , )

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる