「アプリケーション」とは?

関連ニュース

YouTubeによる、友人たちとビデオを同時視聴するための実験アプリUptimeが、誰でも使えるようになった - 06月27日(火)14:49 

友達と一緒にビデオを見ながらリアクションしたりコメントをしたりすることのできる、YouTubeの実験的アプリUptimeが、全てのユーザーに開放された。このアプリは、よりインタラクティブでソーシャルなYouTubeの視聴方法をテストする手段として、今年3月にGoogleの内部インキュベーターであるArea 120から公開されていた。 しかし、それを使用するためには招待状が必要だった。その要件が数日前に無くなったのだ。 自分だけでYouTubeのビデオを見たあと、お気に入りのリンクをチャットやソーシャルネットワークで共有する代わりに、Uptimeを使えば友だちとビデオを、アプリの中で直接視聴することができる。友人たちはリアルタイムであなたと一緒に鑑賞することができる。あるいは後ほど参加しても、ビデオに対するそのときのリアクションも一緒に再生されるので、たとえ1人だけで視ているときにも、Uptimeは生き生きとしてインタラクティブな感覚を与えてくれる。 ビデオを見ながらタップする絵文字による反応は、例えばFacebook LiveやTwitterのPeriscopeといった、他のライブストリーミングビデオサービスからインスピレーションを受けている。笑った顔、驚いた顔、目がハートになった顔、怒っている顔、しかめっ面、泣き顔が用意されている。また、ビデオをタップして「キラキラ」を表示するこ...more
カテゴリー:

米Appleもオリジナル番組制作に本格参入 米ソニーの重役を登用 - 06月27日(火)11:00 

 米ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンで社長を務めていたジェイミー・エールリヒとザック・バン・アムバーグが、米Appleのオリジナル番組を統括することになったと、米Deadlineが報じた。  Appleは現在、リアリティ番組「Planet of the Apps アプリケーションの世界」をApple Musicで配信中。ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンで「ブレイキング・バッド」や「ブラックリスト」といった番組制作を統括してきた2人を招へいすることで、オリジナルの動画コンテンツ配信を加速させることになりそうだ。エールリヒとバン・アムバーグは、2005年にソニー・ピクチャーズ・テレビジョンの社長に就任して以降、「ブレイキング・バッド」や「ブラックリスト」をはじめ、「ダメージ」「アウトランダー」「ゲットダウン」といった話題作を放ち、制作本数を3倍に増やすことに成功した実績がある。  Appleでインターネット関連のソフトウェアとサービスを担当するエディ・キュー上級副社長は、「ジェイミーとザックは、世界でもっとも才能のあるテレビ業界の重役であり、現在のテレビ黄金時代の立役者です」とコメントを発表。「我々は顧客のためのエキサイティングな計画を準備中で、彼らの経験をAppleに取り入れるのが楽しみです」と述べている。同社は2年ほど前から業界幹部らと面接を行っていたようだが、エールリヒと...more
カテゴリー:

AppleがAR/VRに欠かせない視標追跡技術のSensoMotoric Instruments(SMI)を買収 - 06月27日(火)10:01 

拡張現実と仮想現実の技術をめぐるAppleの今後の動きに関して、噂の火に油を注ぐかのように、同社は指標追跡(eye-tracking)技術のSensoMotoric Instruments(SMI)を買収した、とMacRumorsが報じている。 1991年ドイツ生まれの同社はこれまで、視標追跡の研究で重要な業績を上げ、特殊な単眼鏡ハードウェアを開発したり、仮想現実のための視標追跡など消費者アプリケーションの研究もしている。昨年同社は、VRヘッドセットHTC Viveのための視標追跡開発キットを発表している。 問い合わせに対してAppleは、昔から変わらぬワンパターンで答えてきた: “Appleは小規模な技術企業をときどき買収し、一般的にそのとき、弊社の目的や計画を明らかにすることはない”。 買収の条件は現時点で不明だが、今後分かり次第お伝えしよう。 VRやARの重要なユースケースのひとつが、ユーザーが今見つめている場所の位置を調べてその領域を最高の解像度で描画し、周辺はやや手抜きをして処理負荷を軽減する、中心窩レンダリング(foveated rendering, 視線追跡型レンダリング)と呼ばれる技術だ。VRやARのヘッドセットで超高解像度な視界を実現するためには、欠かせない技術と言われている。 ヘッドセットを用いるARやVRでは、視標追跡技術のユースケー...more
カテゴリー:

連結会計のディーバ、グループ税務領域に本格参入 - 06月26日(月)14:00 

[アバント] 同日から提供開始する“BEPS Cloud” は、国際税務の最も大きなテーマであるBEPS(税源浸食と利益移転)対応専用の、国産クラウド型アプリケーションです。 【何故 “連結会計のディーバ”...
カテゴリー:

アプリケーションごとにネットワークのポリシーを切り替える、RiverbedがSD-WANを解説 - 06月26日(月)11:00 

[PR]WAN高速化装置を中核とする米Riverbed TechnologyのPaul O'Farrell氏は、6月7~9日に開催されたネットワーク技術の展示会「Interop Tokyo 2017」で講演し、立ち上がり始めたSD-WAN市場の背景と同社のSD-WAN製品「SteelConnect」の特徴を解説した。
カテゴリー:

AmazonがAWS上のユーザープロダクトに翻訳サービスを提供、アプリケーションの多言語化を推進 - 06月27日(火)14:38 

CNBCの報道によると、デベロッパーがAWSを使ってアプリケーションやWebサイトを作るとき、そのコンテンツを複数の言語に翻訳できる機能を提供しようとしている。クライアントのプロダクトを複数の言語で提供するために使用されるその機械翻訳技術は、Amazonが自社のプロダクト全域で使っている技術がベースだ、とその記事は述べている。 翻訳サービスはクラウドサービスでAmazonと競合するAlphabetやMicrosoftが、Amazonに負けていないと主張できる重要な要素のひとつであり、Googleは最近、ニューラルネットワークで強化した翻訳機能のデベロッパー向け実装を提供開始した。Amazonは2年近く前に機械翻訳のスタートアップSafabaを買収し、それによって実装した翻訳機能でAmazon.comなどのサイトを多言語化している。 最近Amazonは競争力強化のためドイツのハイデルベルク大学と提携して、翻訳結果に対する誤訳の指摘など、ユーザーフィードバックに対応できる機械翻訳プラットホームの開発を進めている。 この件に関し本誌は今、Amazonのコメントを求めている。 [原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))
カテゴリー:

SAPジャパン、「SuccessFactors Mobile」の改良版を発表 - 06月27日(火)10:16 

SAPジャパンは6月23日、設計を刷新したiOS向けアプリケーション「SAP SuccessFactors Mobile」を発表した。Apple App Storeで6月下旬から提供を開始する。
カテゴリー:

Ryzen対応パッチで「Rise of the Tomb Raider」のフレームレートが最大約30%向上――AMDがRyzenへのアプリ最適化情報を公開 - 06月26日(月)16:09 

 北米時間2017年6月23日,AMDは同社公式blogで,Ryzenにおけるアプリケーションの性能についての新情報を公開した。それによると,「RiseoftheTombRaider」にパッチを導入することで,CPUにRyzen,GPUにGeForceを搭載するPC上において,ゲームのフレームレートが最大で約30%向上したという。
カテゴリー:

「高級Pinterest」のHouzzが評価額40億ドルで4億ドルを調達 - 06月26日(月)11:14 

シリコンバレーの投資家たちに、アプリHouzz(とんでもなく豪奢な家を見学しつつ、興味深いインテリアデザインのアイデアをチェックできるアプリ)について尋ねたなら、彼らは単に自分たちのビジネスを拡大しているだけさ、という答が返ってくるだろう。私たちがHouzzのビジネスについて聞くことはほとんどなかった。 そんなHouzzが、4億ドルにものぼる資金調達を発表した。このラウンドはIconiq Capitalが主導したもので、Sequoia、Zeev Ventures、そしてGGVも参加している。ブルームバーグによれば、新しい資金調達ラウンドでは、このスタートアップの評価額は40億ドルとされたということだ。これは消費者向けスタートアップとしても高額で、家庭装飾まわりの企業としては並ぶものがない。同社は米国外14カ国でローカライズ版を発売していて、Houzzマーケットプレイスには2万以上の売り手から900万点以上の製品が出荷されている。 Houzzはプロダクトサイドでもまだ機能拡張を続けている。同社は5月に基本ARモードを開始した。今後リリースされるiOS向けのARkitが入れば、こうした機能が今後数カ月の内にもっと進化し、より堅牢になるところを見ることになるだろう。これらの大型機能が、既に家庭関連のコンテンツを検索しているユーザーの手に渡れば、会社にとっては新たなきっかけを与えるものにな...more
カテゴリー:

SAPジャパン、HCM製品のiOS向けアプリケーションを全面改良 | IT Leaders - 06月26日(月)10:30 

SAPジャパンは2017年6月23日、HCM(Human Capital Management)製品「SAP SuccessFactors」で、設計を刷新したiOS向けのアプリケーション「SAP SuccessFactors Mobile」を発表した。提供はApple App Storeで2017年6月下旬に開始する。
カテゴリー:

もっと見る

「アプリケーション」の画像

もっと見る

「アプリケーション」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる