「アパレル企業」とは?

関連ニュース

アパレル業界の闇。経営不振を隠すために使う「隠れ在庫」の手口 - 08月17日(木)04:45 

表向きは華やかなアパレル業界ですが、その裏では大量の在庫を抱え、経営不振に喘ぐ企業も多いのが現実のようです。アパレル業界の知られざる裏側を紹介するメルマガ『j-fashion journal』では、著者でファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さんが、経営不振のアパレル企業が「在庫」を隠す巧妙な手口と、M&Aによる生き残り術について記しています。 アパレルM&Aの課題と対策 1.在庫評価の不思議 ファッション商品は、鮮度が命。仕入れた直後の新鮮な商品は売れやすいし、長期間店頭で売れ残った商品には魅力がない。トレンドは常に変化するし、長期間見ていれば、それだけで顧客は飽きてしまう。 ファッション商品の価値は、時間と共に劣化するもの。そこで、アパレル企業では、棚卸評価をする。たとえば、1000円の小売価格の商品を3000円で仕入れた場合、棚卸は3000円で計算する。しかし、売れ残った商品が半額でしか売れそうにない場合、3000円で仕入れた商品を2000円に評価しなおし、1000円は損金として計上する。販売価格5000円の商品を5掛けで卸せば、2500円となり、500円の粗利が出る。もし、3000円評価のままだと、これができない。 もちろん、販売する前に1000円の損を出すのだから、実際には何も変わらない。経理的に赤字を出したくない場合は、評価損を出すことができない。...more
カテゴリー:

アッシュ・ペー・フランスの名前の由来は?代表取締役・村松孝尚に聞く成功の要因 - 08月09日(水)21:00 

「青参道」の仕掛け人 NYと日本に約80店舗を展開するアパレル企業も、スタートはラフォーレ原宿の地下の1店舗からであった。当時の会社名は「原宿プロジェクト」。実は、その名前はイニシャルとなって現在の会社名に引き継がれている。今回は、そんなオモハラと切っても切れない関係性を持つH.P.FRANCE(アッシュ・ペー・フランス)株式会社の代表取締役・村松孝尚氏に"オモハラ観"をうかがった。 【プロフィ...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

500 Startups 22期のスタートアップ36社一挙紹介――デモデーは10月24日 - 08月09日(水)08:28 

立ち上げ直後のスタートアップを支援、育成する500 Startupsの22回目のデモデーは10月24日に予定されている。36チームがこの22期のバッチに選ばれている。 500 Startupsではこのアクセラレーター・プログラムに参加するスタートアップは「グロースとマーケティングに関する総合的な支援が受けられる」としている。参加する各社はみなこの主張に沿ったものとなっている。業種は金融からデジタル・ヘルスまでさまざまだが、いずれも大きくスケールする可能性があり、かつそのためには有力な支援者を必要とするスタートアップだ。 ただし今回のデモデーはやや微妙なものになりそうだ。500 Startupsの顔だったデイブ・マクルーアが女性に対するセクハラを繰り返したことを認めて辞任した後だからだ。マクルーアはデモデーではいつも奇抜なコスチュームを身に着けて走り回っていることで知られていた。10月のデモデーにはマクルーアの姿はないはずだ―しかしある種の亡霊のようにつきまとうことになる。 しかしタイムマシンを作動させて現在のバッチに選ばれた36社を簡単に紹介しておこう(ABC順)。 Agentbong — アジア発のマーケットプレイスで、家庭における介護、家事補助などのサービスを希望する家庭と資格をもった信頼できる人材との間を仲介する Botsociety — 会話的なイン...more
カテゴリー:

ファッション業界のライフスタイル提案、フードから音楽へ拡大中? - 08月13日(日)15:00 

2012年の東日本大震災が転換期として、人々のマインドや生活スタイルが大きく変わった。衣=ファッションから、生活全体を取り巻くライフスタイル=ファッションとして変化し、百貨店だけでなくセレクトショップなど多くのアパレル企業が、ライフスタイル提案という方向に舵を切ったことは、すでにファッション業界について少しかじったことがある人であれば、小耳にしたことがあるのではないか。 関連記事:【REPORT】...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

ライザップ傘下ジーンズメイト、元ファストリの敏腕パタンナーと共同で新ブランド立ち上げ - 08月09日(水)09:00 

 今年2月にライザップ(RIZAP)グループの資本傘下に入り再スタートを切ったジーンズメイトが、リブランディングの一環としてコレクションライン「メイト(mate)」を立ち上げた。ファーストリテイリングなど数々のアパレル企業で実績を積んだ敏腕パタンナー 宇山敦と高橋慎二の2人と共同開発し、8月末からジーンズメイト全店舗で販売を予定している。 このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

【トップインタビュー】「服は必需品ではない」ライザップがアパレル企業を買収するワケ - 08月08日(火)12:40 

 ライザップグループが今年、新たにジーンズメイトと堀田丸正を買収し、傘下の3分の1以上がアパレル関連会社となった。自社ブランドを立ち上げるなど新規事業が目立つが、市場規模が縮小しているアパレル業界への参入に勝算はあるのか。創業者でグループトップの瀬戸健社長に聞くと、従来とは異なる考え方が見えてきた。 このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

「アパレル企業」の画像

もっと見る

「アパレル企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる