「アニメーション制作会社」とは?

関連ニュース

【舞台『ジョーカー・ゲーム』】待望の新作上演決定!! - 11月18日(土)17:00 

[マーベラス] 原案小説は吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞をダブル受賞した小説『ジョーカー・ゲーム(柳広司著)』。 2016年4月、アニメーション制作会社Production I.GによってTVアニメ化され、好評を博し、2017年春...
カテゴリー:

【芸能コラム】集結!21世紀によみがえる1970年代ジャパニーズヒーロー 『BRAVE STORM ブレイブストーム』「Infini-T Force(インフィニティフォース)」 - 11月10日(金)17:40 

 『マイティ・ソー バトルロイヤル』(公開中)、『ジャスティス・リーグ』(11月23日公開)など、スーパーヒーロー共演のアメコミ映画が人気を集める昨今。だが、スーパーヒーローを生んだのはアメリカばかりではない。「ウルトラマン」、「仮面ライダー」、「スーパー戦隊」の3大シリーズが人気の日本にも、1970年代にはより多彩なスーパーヒーローが活躍した時代があった。そんなジャパニーズヒーローたちを集結させた作品が最近、続々と誕生しつつある。  まずは、現在公開中の映画『BRAVE STORM ブレイブストーム』。「シルバー仮面」(71~72)と「スーパーロボット レッドバロン」(73~74)が共演した実写特撮アクションだ。  「シルバー仮面」(第11話から「シルバー仮面ジャイアント」に改題)では、父が残した光子ロケットの秘密を探し求める春日五兄弟の次男・光二が、シルバー仮面に変身して襲い来る宇宙人と戦った。もう一方の主役である「スーパーロボット レッドバロン」は、その名の通り、地球征服をたくらむ悪の組織と戦う巨大ロボット“レッドバロン”の活躍を描いた。  等身大ヒーローと巨大ロボットという個性が大きく異なるキャラクターを共演させるため、本作ではタイムトラベルSFの要素を盛り込み、物語を大きくアレンジ。両者の持ち味を生かした新たな作品に仕上がっている。  見どころは、ハリウッド大作『パシフィ...more
カテゴリー:

「つうかあ」第6話の先行カットが到着。双子ペアのが抱える悩みとは? - 11月11日(土)13:38 

テレビアニメ「つうかあ」第6話の先行カットとあらすじが到着しました。 第6話「Dual Purpose」より/ (C)にこいち/「つうかあ」製作委員会 <第6話「Dual Purpose」あらすじ>レーシングサイドカーは、ドライバーとパッセンジャーの関係が深いペアは速いと言われている。親子ペア、夫婦ペア、恋人ペア、兄妹ペアには、速いチームが多い。茂木女子高等学校のドライバー宍戸まりあと、パッセンジャーの宍戸ゆりあは、一心同体の双子ペア。両親が見ても間違えるほどそっくりの2人は、絶妙のコンビネーションでマシンを操る凄腕レーサーだった。しかし、そんな2人には、ある悩みがあった。[脚本:高山カツヒコ、絵コンテ:西田正義、演出:伊部勇志、作画監督:高橋瑞紀・水崎健太] 第6話「Dual Purpose」は11月11日(土)24時からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MX・サンテレビ・KBS京都・BSフジで放送。また、毎週月曜24時30分からのAbemaTV(新作TVアニメch)などで配信されます。 テレビアニメ「つうかあ」は、アニメーション制作会社シルバーリンクの10周年を記念したオリジナル作品。東京都立三宅女子高等学校の側車部に所属する宮田ゆり&目黒めぐみを始め、全国の女子高生レーサーたちが、サイドカーレース全国大会の優勝をかけて競い合います。 【関連記事】 ・「つうかあ」第4話の先行...more
カテゴリー:

「アニメーション制作会社」の画像

もっと見る

「アニメーション制作会社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる