「アディーレ」とは?

関連ニュース

こんな会社はアブない!「しくじる会社」を見極めるポイントとは? - 12月11日(月)22:30 

2017年は、企業の不祥事が相次いだ。大企業では、日産自動車、スバル、神戸製鋼所、三菱マテリアル、東レなどの不祥事が発覚。また、てるみくらぶの破綻劇、アディーレ法律事務所の景品表示法違反、その他あらゆる業種で長時間労働問題が明るみに出るなど、多くの企業が「しくじった」1年だと言えるだろう。『しくじる会社の法則』(高嶋健夫著、日本経済新聞出版社刊)は、そんな「しくじる会社」と「信頼できる会社」の見極めに役立つ一冊だ。本書を読めば、自分が勤める会社はもちろん、取引先や営業先、就職先などが「しくじりそう」かどうかの判断に役立つだろう。■「しくじる会社」の社長はメガネが汚い?本書では、1000人近い経営者へ取材した経験から著者が導き出した「しくじる会社の法則」が挙げられている。まず、「社長の身だしなみ」は要チェックポイントだ。たとえば、「アルマーニのスーツを着て、ロレックスの時計をつけているようなタイプの経営者に限って、いつもメガネが汚れている」という。いくら高級ブランドに身を包んでいても、細かいところに社長の「心がけ」が垣間見える。身だしなみの悪さから、社長としての資質や経営姿勢が透けて見えてしまうのだ。そうした「心がけ」はトークにもあらわれる。やたらとIT用語や経済用語、話題の経営書の言葉を使う「自分の言葉で話さない社長」。話の端々に著名人、有名人の名前を出す「有名人病にかかっている社...more
カテゴリー:

アディーレが業務再開 弁護士退職、一部は開けず - 12月11日(月)12:09 

 景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が11日、停止期間の終了に伴い業務を再開した。弁護士の退職などで、再開は全国86の本店・支…
カテゴリー:

「アディーレ」業務再開=契約解除、9万件以上 - 12月11日(月)12:04 

 過払い金返還請求の着手金をめぐり、事実と異なる広告を行ったとして、東京弁護士会から2カ月間の業務停止処分を受けた弁護士法人「アディーレ法律事務所」(東京都豊島区)が11日、停止期間終了に伴い業務を再開した。 同事務所によると、処分を受けて解除した委任契約は9万件以上で、大半は各地の弁護士会を通じて別の弁護士に引き継ぐなどした。期間中に所属弁護士約20人が退所したという。 【時事通信社】
カテゴリー:

【アディーレ法律事務所】処分1カ月、やまぬ問い合わせ 86万件 日に9万件を超える日も 顧客9万人の2割、訴訟方針未定 - 11月16日(木)15:00  newsplus

 弁護士法人「アディーレ法律事務所」が業務停止処分を受けて1カ月が経過した。9万人いる顧客のうち2割は今後の訴訟などの方針が決まらない。処分をめぐって事務所と東京弁護士会は対立し、債務整理で知名度を上げた法律事務所の混乱はなお続いている。  10月11日の処分の翌日、アディーレの全国の86本支店に計3万4千件の電話があり、契約解除通知の送付後は1日に9万件を超えることもあった。これまでに寄せられた問…※続く 配信2017/11/16付朝刊 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikke...
»続きを読む
カテゴリー:

過払い金広告で業務停止処分になってたアディーレ法律事務所が業務再開 - 12月11日(月)12:44  news

景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が11日、停止期間の終了に伴い業務を再開した。 弁護士の退職などで、再開は全国86の本店・支店のうち78カ所。同事務所は「全店での再開を目指す。今まで通りの規模を維持したい」としている。 同事務所は今年10月11日、実際には着手金を継続して値引きしていたのに、広告で期間限定とうたっていたのが景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして処分を受けた。 直後から各地の弁護士会に問い合わせが殺到...
»続きを読む
カテゴリー:

東京弁護士会から業務停止処分受けていた「アディーレ法律事務所」が業務再開 - 12月11日(月)12:09 

 弁護士法人「アディーレ法律事務所」の広告が景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして東京弁護士会(東弁)が法人と元代表の石丸幸人弁護士を業務停止とした問題で、法人が11日、業務を再開した。
カテゴリー:

【懲戒処分】アディーレが業務再開 2カ月の処分期間終える - 12月11日(月)11:18  newsplus

 東京弁護士会から懲戒処分を受けた弁護士法人「アディーレ法律事務所」が11日、2カ月間の業務停止処分期間を終えて業務を再開した。アディーレは「依頼者や取引先に多大なご心配、ご迷惑をおかけしたことを改めて深くおわびする」と謝罪。委任契約が解除になった顧客への対応を最優先で進めるという。  処分対象となったのはアディーレのインターネット広告。過払い金返還請求の着手金無料キャンペーンを「1カ月限定」とうたったのが景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして、2016年に消費者庁が措置命令を出した。東京弁護士会...
»続きを読む
カテゴリー:

「アディーレ」の画像

もっと見る

「アディーレ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる