「アップリケ」とは?

関連ニュース

佐々木希、大切な贈り物は夫ではなく兄へ「よく実家に帰るので」 - 12月07日(木)16:03 

 女優の佐々木希が7日、都内で行われた『minne ハンドメイド大賞2017』授賞式にゲストとして参加。「大切な人への贈り物」のプレゼント相手に、今年結婚した夫の渡部建(アンジャッシュ)ではなく、自分の兄を指名した。 【全身ショット】くびれがキュッ!ワンピースで登壇した佐々木希  今年で3回目となる同賞は、ハンドメイドマーケット『minne』が作家の活動支援の一環として、まだ世に出ていない作品を発掘・スポットを当てるために開催。1万7000点ものなかからグランプリ1人や各賞のほか、佐々木希賞1人が表彰された。  佐々木希賞のテーマは「大切な人への贈り物」で、佐々木は千葉功さんの「Urushi_Tumbler」を選出し、「重厚感があって、このタンブラーでお酒などを飲むと、すごく幸せな気分になりそう」と講評。タンブラーが食器洗浄機で洗えることを知ると「普段使いができますね。全色ほしい」と目を輝かせたが、贈る相手について「私、よく実家に帰るんですけど、兄が2人いてプレゼントしたいなって思った」と話し、渡部の名前を期待していた報道陣は肩透かしとなった。  同社のCMにも出演する佐々木は、クリスマスカラーを意識したCM衣装で登場。CGを一切使用せず、コマ撮りで動きを表現CMについて「たくさんの作家さんの作品に囲まれて、絵本の中にいるような気分になる撮影でした。すごく幸せでした」とにっ...more
カテゴリー:

「アップリケ」の画像

もっと見る

「アップリケ」の動画

Wikipedia

アップリケアプリケ (仏: appliqué) とは、土台となるの上に、別の布や皮などの小片を縫い留めたり、貼り付ける手芸を指す。また、そのようにして作った作品や模様。機能優先のものから、美しくデザインされた装飾のものまで様々である。アップリケの語源はラテン語の「貼る・付ける」という意味に由来する。「ワッペン」ともいう。

概要

アップリケの歴史は古く古代エジプトの頃から、衣服の補強のために用いられていた手芸とされる。東ローマ帝国が栄える4世紀の頃になると、衣類や室内の装飾的意義を持って大いに応用され、中世以降は高度な技法へと発展し、ヨーロッパへ普及していった「世界大百科事典(アップリケ)」 2006年 平凡社。

ヨーロッパのアップリケは日本には20世紀初頭には伝来していたが、それ以前から「切付け」「切嵌(きりばめ)」など同様の手法が存在し、和服への補強・装飾や布細工に施されていた。また、アイヌ衣装である...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる