「アスカネット」とは?

関連ニュース

アスカネット:AIエアリアルイメージング事業ブランド『ASKA3D』に統一 - 01月17日(水)11:28 

■日本語版サイトもリニューアル アスカネット(東マ)は、エアリアルイメージング事業のサービスブランドについて、従来海外向けでは「ASKA3D」を使用してきたが、このたび国内も含め国内外で「ASKA3D」に統一することを決めた。
カテゴリー:

アスカネット:AIプレート活用の焼香台、導入相次ぐ - 01月11日(木)16:20 

■葬儀社から高い評価~空中結像、葬儀の新しい演出法に アスカネット(東マ)が展開するフューネラル事業部が商品化したAIプレート組み込みの焼香台が、葬儀の新しい演出法として注目され、全国の葬儀社からの導入が相次いでいるという。
カテゴリー:

遺影を立体的に映し出す焼香台 - アスカネットが商品化 - 01月15日(月)12:26 

アスカネットは1月11日、同社独自技術AIプレートを活用して、写真が空中で結像する焼香台「空中結像焼香台(飛鳥焼香台)」を開発し、導入したと発表した。同技術により、写真加工した故人の遺影や映像が立体的に映し出すことが可能になる。
カテゴリー:

「アスカネット」の画像

もっと見る

「アスカネット」の動画

Wikipedia

株式会社アスカネット()は、デジタル写真加工サービス、及びフォトブックデザイン・作成サービス及び光学表示用ディバイスの製造販売を行う企業である。

飛鳥写真工芸社として創業、1983年に株式会社飛鳥写真館として法人化した後、事業部より独立し株式会社アスカネット設立。デジタル写真の加工サービスを軸としたオンライン遺影写真作成のサービス、及びフォトブックサービスを展開、その後空中表示が可能な光学ディバイスを製造開始現在に至る。

本社は、広島県広島市安佐南区に所在する。

事業内容 フューネラル事業

オンラインを利用した遺影写真のデジタル加工、プリントアウト、更には葬儀演出に利用するマルチメディアコンテンツの提供などの業務を主とする。また、上記サービスに付随するシステム機器、サプライ用品等の販売・サポートを行う。 オンライン遺影写真作成サービスにおいてはトップクラスの品質と国内トップのシェアを誇る。

フォトパブリッシング事業

フォトブックのデザイン・製本のサービス業務を主とする。プロの写真館、写真愛好家をターゲットとしたハイエンドアマチュア、一般コンシューマといった多岐に渡るターゲット層の市場向けに、1冊からの受注に対応した写真集の製造、販売及び付随するシステム・ソフトウェアの開発、販売、サポートを行う。

プロ向けでは「ASUKABOOK」ブランドとして海外へも展開。その品質はHot One Awardsを四年連続受賞するなど評価が高い。2009年1月には、国内プロ向けサービスであるプロフォトブッ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる