「アサヒドライゼロ」とは?

関連ニュース

【飲料】ビール会社にも「おいしい」…ノンアル激戦の裏側 - 04月18日(火)23:49 

http://sp.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170418-OYT8T50069.html?from=ytop_ymag&seq=01  健康志向の高まりや「アルハラ(アルコールハラスメント)」の社会問題化などで、若者を中心にビール離れ、アルコール離れが進んでいると言われる。そんな中、注目されるのがノンアルコールのビールテイスト飲料だ。アサヒ、サントリーの「2強」が席巻する市場に、4月、キリンが新商品を投入し、競争が一気に激化した。各社の戦略から、独特の風味の理由まで、ビール業界に精通するジャーナリストの永井隆氏が解説する。  春から...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「アサヒドライゼロ」の画像

もっと見る

「アサヒドライゼロ」の動画

Wikipedia

アサヒドライゼロ(Asahi DRY-ZERO)は、アサヒビール株式会社が製造販売しているノンアルコールの炭酸飲料(ビールテイスト清涼飲料。「NON-ALCOHOL BEVERAGE発売開始当初は「NON-ALCOHOLIC BEERTASTE BEVERAGE」と表記されていた。」とラベルに記載)。

概要

2012年2月21日にアサヒドライゼロを発売。350ml缶と334ml瓶が発売されたが、瓶製品は、スタイニーボトルの復旧を断念したため、小瓶で販売されることになった。2013年6月5日に500ml缶を加え3種類が発売。アサヒビールにおいてノンアルコール飲料で主力商品の一つである。

アサヒは以前、アサヒ飲料との共同開発でノンアルコールビールのアサヒポイントゼロを販売していたが、同業他社のキリンフリーサントリーオールフリーに売上など及ばず苦戦が続いていた。その売上低調の屈辱を晴らすため新たに開発したのがこの商品である松尾順「ドライゼロ」のヒットを導いた王道マーケティングリサーチ 」Biz誠。

2013年2月上旬製造分からリニューアルが実施され、原材料の使用比率を見直した。その際に、缶の右上には「さらにクリアな後味」と表記され、小瓶についてはネックラベルを銀色地から白地に変更...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる