「アサド政権」とは?

関連ニュース

イランからシリアへ貨物機、武器搬入か 米・イスラエルが警戒 - 04月25日(水)17:35 

米情報当局が最近、イランとシリアの間で確認された複数の貨物便に注目しているとの情報をCNNが入手した。シリアでアサド政権軍やイラン軍部隊が使うための武器を運んでいた可能性があるとして、米国とイスラエルが懸念を示している。 航空機追跡サイトによると、イランとシリアの間では今週、シリア空軍の貨物機が少なくとも2回飛んだ記録がある。米当局はこのほかにも、イランの貨物機少なくとも1機の飛行などを確認し...
カテゴリー:

G7外相、北朝鮮で外交解決促す=ロシアへの懸念共有 - 04月24日(火)07:00 

 【トロント時事】先進7カ国(G7)外相会合は23日、カナダ東部トロントで2日目の討議を行った後、議長国カナダのフリーランド外相が記者会見し、閉幕した。フリーランド氏は北朝鮮の核問題について「平和的、外交的解決は必要不可欠であり、可能だ」と訴えた。 河野太郎外相は記者団に「北朝鮮(への対応)に関してはG7で異論はない」と指摘。北朝鮮に圧力をかけて、完全な非核化を目指す方針で一致していると強調した。 また、フリーランド氏はロシアについて、元ロシア情報員暗殺未遂事件への関与やシリアのアサド政権支援、ウクライナ南部クリミア半島併合などを列挙して非難。「(G7は)ロシアの容認できない行動に対して深い懸念を共有している」と語った。 【時事通信社】
カテゴリー:

シリア攻撃1週間:米、対露強硬姿勢続く - 04月22日(日)22:02 

 シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして、米国が英国、フランスとともにシリアの関連施設を攻撃してから21日(日本時間)で1週間が過ぎた。アサド政権の後ろ盾のロシアが化学兵器の使用そのものを否定する中、米国はロシアへの強硬姿勢を強めており、米露の関係修復は極めて難しくなっている。【トロント高本耕
カテゴリー:

OPCW、東グータで試料採取=シリア政権の化学兵器使用疑惑 - 04月22日(日)00:58 

 【カイロ時事】化学兵器禁止機関(OPCW)は21日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したと疑われる首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマを訪れ、試料を採取したことを明らかにした。検査機関で分析を進め、結果判明まで数週間かかる見込み。OPCWは加害者の特定は行わない。 【時事通信社】
カテゴリー:

米、OPCW調査遅れ「ロシアとアサド政権が妨害」 - 04月20日(金)12:52 

 シリアでの化学兵器使用の疑惑を調べる国際機関の調査団の現地入りが遅れていることをめぐって、アメリカは「ロシアとシリアが妨害し、化学兵器使用の痕跡を消そうとしている」と非難しました。
カテゴリー:

【G7外相会合】“核武装した北朝鮮認めない” 最大限の圧力を維持 G7外相が会合終え共同声明 - 04月24日(火)08:19  newsplus

カナダで開かれたG7=主要7か国外相会合が閉幕し、共同声明が発表されました。G7各国は、核武装した北朝鮮を決して認めないとして、大量破壊兵器と弾道ミサイルの廃棄を目標に最大限の圧力を維持する方針を確認し、北朝鮮との首脳会談を予定しているアメリカと韓国への支援のために連帯するとしています。 それによりますと、G7の外相は「核武装した北朝鮮は決して認めない」という認識を共有したうえで、北朝鮮が核実験の中止などを表明したことは、「完全な非核化に向けた第一歩として認める」としています。 そして、「生...
»続きを読む
カテゴリー:

【G7外相会合】北朝鮮問題を討議 「すべての射程のミサイル破棄を目標」で一致 最大限の圧力維持 - 04月23日(月)12:22  newsplus

【トロント=上塚真由】先進7カ国(G7)外相会合はカナダ・トロントで22日開幕し、北朝鮮の非核化への対応や、シリア情勢などをめぐり討議した。河野太郎外相は会合で、北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験の中止を表明したことに「一歩前進であって前向きな動きとして歓迎する」と述べる一方、「核武装した北朝鮮は決して容認できない」と指摘。G7外相と、こうした認識で一致したことを明らかにした。  河野氏によると、G7外相は、北朝鮮に関し「完全で検証可能かつ不可逆的な方法による生物・化学兵...
»続きを読む
カテゴリー:

化学兵器禁止機関の調査チーム、シリアの空爆現場に - 04月22日(日)08:34 

 化学兵器禁止機関(OPCW)は21日、シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑を確認するため、調査チームが首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマに入ったと発表した。調査は当初、16日からの予定だっ…
カテゴリー:

シリア攻撃と「火垂るの墓」で考える、メディアのあり方 - 04月21日(土)02:37 

米英仏がシリア攻撃に踏み切った際、異例だったことは、本来なら極秘である攻撃の詳細がメディア上で「公開」されたことでした。メルマガ 『ジャーナリスティックなやさしい未来』の著者でジャーナリストの引地達也さんは、先日亡くなられた映画監督、高畑勲さんのアニメ映画の代表作「火垂るの墓」を引き合いに出しながら、平和実現に向けたメディアの役割について記しています。 シリア攻撃と「火垂るの墓」に見る、メディアのあり方 先日、米英仏がシリア攻撃に踏み切った。105発ものミサイルを「化学兵器工場」3か所に打ち込み破壊したという(アサド政権側は「ほとんど迎撃した」と発表している)。国連決議を経ないまま「人道的介入」(英国)を理由に攻撃を正当化しているが、今回は攻撃の詳細を「公開」する異例な対応が行われている。攻撃の正当性を示し、国際世論を味方につけようとの意図だが、メディアの役割という観点からは、熟慮が必要なケースとなりそうだ。 米国防総省は4月13日(米国時間)の攻撃直後とその翌日に記者会見を行い、105発の内訳を米85発、英仏20発と明らかにし、標的施設の状況などを、画像を示して説明。同省ホームページにはシリア攻撃に関する「特設ページ」で、巡航ミサイルの発射映像や標的の衛星写真などを公開した。 米国がイラク攻撃に踏み切った湾岸戦争では、米国による「攻撃の正確性」を映像で伝えることに成功するなど情報...more
カテゴリー:

化学兵器「シリアとロシアが証拠隠滅を画策」 米が指摘 - 04月20日(金)10:28 

 シリア・アサド政権による化学兵器使用疑惑をめぐり、化学兵器禁止期間(OPCW)の現地調査の延期が続いている問題について、米国務省のナウアート報道官は19日、「ロシアがアサド政権と協力し、(調査団が)…
カテゴリー:

もっと見る

「アサド政権」の画像

もっと見る

「アサド政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる