「アサギマダラ」とは?

関連ニュース

アサギマダラの楽園に 観音寺・有明浜 子どもたちが好物手植え - 04月23日(月)09:29 

長距離を渡る“旅するチョウ”として知られるアサギマダラの「楽園」にしようと、日本ボーイスカウト香川連盟観音寺第5団(秋山庫一団委員長)が22日、観音寺市の有明浜で、チョウの好物とされる海浜植物・スナビ…
カテゴリー:

チョウ:アサギマダラ雄、蜜が交尾を刺激 ユニークな生態 - 04月17日(火)12:54 

広島大・玉川大研究チーム発表  海を渡って旅するチョウとして知られる「アサギマダラ」の雄は、植物の蜜や汁から特定の化学物質を摂取しないと交尾しないことを発見したと、広島大と玉川大(東京都)の研究チームが発表した。物質は中枢神経に働きかけ、刺激薬のような役割を果たす。交尾に不可欠な物質を外から得る動物
カテゴリー:

「アサギマダラ」の画像

もっと見る

「アサギマダラ」の動画

Wikipedia

アサギマダラ(浅葱斑、学名:)は、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種。翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動する。

特徴

成虫の前翅長は5 - 6 cmほど。翅の内側が白っぽく、黒い翅脈が走る。この白っぽい部分は厳密には半透明の水色で、鱗粉が少ない。和名にある「浅葱」とは青緑色の古称で、この部分の色に由来する。翅の外側は前翅は黒、後翅は褐色で、ここにも半透明水色の斑点が並ぶ。

オスとメスの区別はつけにくいが、オスは腹部先端にフェロモンを分泌するヘアペンシルという器官を持つ。また翅を閉じたときに、尾に当たる部分に濃い褐色斑がある場合があるが、これは性票で雌にはない。これで雌雄の同定が可能である。

アゲハチョウ科の様に細かく羽ばたかずにふわふわと飛翔し、また、人をあまり恐れずよく目に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる