「アウクスブルク」とは?

関連ニュース

ドルトムント名物“黄色い壁”が空席に…?ファンがボイコットを示唆した理由とは - 01月14日(日)14:04 

 2月26日に行われるアウクスブルクとの試合で、ドルトムント名物の“黄色い壁”が空席となる可能性があるようだ。1月12日のドイツメディア『スカイ』が伝えている。  ドルトムントのホームゲームでは、サポ
カテゴリー:

【サッカー】<宇佐美貴史が語る日本代表>「海外組から見下されている気がした」 ★2 - 01月11日(木)17:54  mnewsplus

現地で直撃取材、第3回目のテーマは「招集外が続く日本代表とロシアW杯」 日本では得られない刺激を求めて再びドイツへと渡ったデュッセルドルフのFW宇佐美貴史だが、思うように出場機会を得られずに苦戦を強いられている。そうした影響もあり、2015年3月に約2年半ぶりに復帰を果たした日本代表からは、17年3月のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ戦(4-0)以来、遠ざかっている状況だ。  バヒド・ハリルホジッチ監督の初陣となった15年3月のチュニジア戦(2-0)で途中出場を果たした宇佐美は、同年のラストマッチ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<宇佐美貴史が語る海外挑戦>「サッカー人生で初めて不安を感じている」 - 01月07日(日)20:52  mnewsplus

焦りたい気持ちがあるのは、ロシア・ワールドカップが開催されるのも理由の一つではある。そこを見据えて、公式戦のピッチに立つ自分を意識して決断したデュッセルドルフへの期限付き移籍でもあったしね。  というのも、公式戦でしか得られない体力、走りきれる自信や感覚があるから。もちろんアウクスブルクでの昨シーズンにおいて、試合に出られないながらも自分なりに試行錯誤を繰り返し、いろんなチャレンジを課して成長を求めてきたことが無駄だったとは思わない。 「海外に来たことには微塵も後悔はない」  けど所詮、練習...
»続きを読む
カテゴリー:

武藤が今季4点目=長谷部はフル出場-ドイツ・サッカー - 01月14日(日)08:23 

 【フランクフルト(ドイツ)時事】サッカーのドイツ1部リーグは13日、各地で行われ、マインツの武藤嘉紀は敵地でのハノーバー戦に先発し、前半26分に先制ゴールを決めた。今季4点目。武藤は後半37分に退いた。チームは2-3で逆転負けした。 長谷部誠と鎌田大地のフランクフルトはホームでフライブルクと1-1で引き分けた。長谷部はフル出場し、鎌田はベンチ外だった。 伊藤達哉と酒井高徳のハンブルガーSVは敵地でアウクスブルクに0-1で敗れた。伊藤は後半29分から出場。酒井高はベンチ入りしたが出番がなかった。 浅野拓磨のシュツットガルトはホームで原口元気のヘルタに1-0で勝利。ともにベンチ入りしなかった。 [時事通信社]
カテゴリー:

【サッカー】<宇佐美貴史が語る日本代表>「海外組から見下されている気がした」 - 01月11日(木)12:21  mnewsplus

現地で直撃取材、第3回目のテーマは「招集外が続く日本代表とロシアW杯」 日本では得られない刺激を求めて再びドイツへと渡ったデュッセルドルフのFW宇佐美貴史だが、思うように出場機会を得られずに苦戦を強いられている。そうした影響もあり、2015年3月に約2年半ぶりに復帰を果たした日本代表からは、17年3月のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ戦(4-0)以来、遠ざかっている状況だ。  バヒド・ハリルホジッチ監督の初陣となった15年3月のチュニジア戦(2-0)で途中出場を果たした宇佐美は、同年のラストマッチ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<宇佐美貴史(デュッセルドルフ)>ドイツでの現状を独占告白!「本音を言えば、焦りたい気持ちはある」 - 01月04日(木)23:30  mnewsplus

旧知のライターが現地の宇佐美を直撃取材、第1回目のテーマ「デュッセルドルフでの今」   MF宇佐美貴史がアウクスブルクへ移籍したのが2016年6月。そこから1シーズンを通して思うように公式戦に絡めない状況を踏まえ、 2017年8月にブンデスリーガ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフへの期限付き移籍を決断した。 新天地デビュー戦となった9月10日のウニオン・ベルリン戦(3-2)で移籍後初ゴールを叩き込むと、初先発を飾った同23日のザンクトパウリ戦(2-1)でも1ゴールを決める。 幸先の良いスタートを切ったにもかかわらず、以...
»続きを読む
カテゴリー:

「アウクスブルク」の画像

もっと見る

「アウクスブルク」の動画

Wikipedia

アウクスブルク(, アレマン語:(アウクシュブルク))は、ドイツ連邦共和国バイエルン州南西部に位置する郡独立市である。

概要

シュヴァーベン郡市連合シュヴァーベン行政管区およびアウクスブルク郡の本部所在地であり、大学都市としても知られる。

アウクスブルクは1909年に大都市となり、26万人強の人口を有するこの街はミュンヘンニュルンベルクに次ぐバイエルン州第3の都市である。アウクスブルク都市圏はその人口、経済力ともに、やはりバイエルン州で3番目の規模であり、約83万人が住むアウクスブルク開発地域の一部である。

都市名はローマ属州時代のアウグスタ・ヴィンデリコルム (Augusta Vindelicorum) に由来し、紀元前15年に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる