「アイデア」とは?

関連ニュース

ちょっとしたアイデアと発想でNintendo Switchの遊び方が無限に広がる「Toy-Conガレージ」 - 04月21日(土)21:30 

任天堂がNintendo Switch向けに発表した「Nintendo Labo」は、「つくる」「あそぶ」「わかる」の3つを基礎にした新しい遊びの発明です。Nintendo Laboの第1弾として登場したVariety KitおよびRobot Kitを使い、自分の手で『つくった』コントローラーでゲームを『あそんでみた』わけですが、「わかる」の部分に相当する「自分だけのあそびが発明できる」という秘密の発明室「Toy-Conガレージ」では一体どんなことができるのかを確かめてみました。続きを読む...
カテゴリー:

川村元気氏が手掛けるこども番組 RADWIMPS、森山未來ら参加 - 04月21日(土)18:46 

 NHK・Eテレでこの4月から放送が始まった『オドモTV』(毎週土曜 後7:45~7:15)。番組名は、「オトナ」と「コドモ」をかけ合わせた造語。何にも縛られないこどもの“自由すぎる”アイデアに、おとなが本気で向き合い“表現”していく番組だ。たった10分の枠に、さまざまな分野のエンターテイナーが参加しており、大化けしそうな予感大だ。 【写真】総合指導の川村元気氏  そもそもの発端は、アニメ映画『君の名は。』などのプロデューサーとして知られ、大ヒット上映中の『映画ドラえもん のび太の宝島』の脚本を手掛けるなど文筆業でも活躍している川村元気氏の「こども番組をEテレで作ってみたい」という思いから。  番組開発の経緯について、番組のエグゼクティブプロデューサー・河瀬大作氏(NHKエンタープライズ)は次のように明かす。「川村さんと出会うきっかけがあり、こども番組を作ってみたいということで、去年になって『ブレインストーミングをさせてほしい』と川村さんからお話がありました。ブレストをしたら、ものすごい人たちが集まって、『どんなことをやろうか?』となったんです。コンセプトメーキングから、クリエーターの皆さんと1から作った番組です。もともとコンセプトがあって人が集まって来たのではなくて、初期メンバーに関しては『この番組をどう作るか』というところから一緒に作ってきました」。  その結果、テーマ...more
カテゴリー:

日本企業が難民の雇用に乗り出す「難民は有用な人材」 - 04月21日(土)14:21  news

http://www.afpbb.com/articles/-/3169672 【4月21日 AFP】この春、東京都内でとある就職説明会が開催された。日本企業3社の人事担当者がプレゼンを行っ たのは、リクルートスーツに身を包んだ就活生ではない。履歴書を手に熱心に耳を傾けていたのは、さまざま な理由から母国を離れ日本に逃れてきた難民申請者たちだ。  日本が毎年受け入れている難民の数はごくわずか。その上、言語や文化的バリア、差別といったハードルは 高く、それらを乗り越え日本で職を得るのはほぼ不可能にすら思える。しかし日本経済の労働力不足を背...
»続きを読む
カテゴリー:

中村優一、ほろ酔いシーンは「どこまでもリアルです(笑)」 - 04月21日(土)09:31 

BS12 トゥエルビにて放送中の「居酒屋ぼったくり」(毎週土曜夜9:00-9:30)。美音(片山萌美)が店主を務める居酒屋「ぼったくり」を舞台に、訪れる人々の温かな交流や、思わず“ほっこり”する料理や銘酒の数々が描かれる。 【写真を見る】手こずるカメラマンを、笑顔で励ましてくれる中村優一 そんな本作で、4月21日(土)にオンエアされる第2話から、中村優一演じる会社員・要が登場する。要は閉店間際に「ぼったくり」にやって来る謎多き男性。そんな手掛かりの少ない難役を務めた中村だが、撮影期間については「とにかく幸せでした」と振り返る。 中村優一に、撮影現場でのエピソードや、本作の見逃せないポイントを聞いた。 ■ 登場する料理は“吹き替え”無し! ──見ているだけでお腹が減ってしまう、まさに“飯テロ”ドラマですよね。 そうなんです(笑)。全ての料理に一手間加えられていて、食べたことのあるものだけど、食べたことのない、アレンジのきいている料理ばかりが登場します。 それから、これは監督の一番のこだわりだと思うのですが、劇中に登場する料理は全て、片山さん演じる美音さんが一から作っているんです。揚げ物を食べるシーンも、具材を揚げるところから長回しで撮影していますし、魚料理はさばくところから始まります(笑)。普通、ドラマの撮影では完成したものを用意しておいて使うことが多いので、「居酒屋ぼったくり」な...more
カテゴリー:

星野源、歌詞付き「半分、青い。」オープニング映像Web限定で公開 - 04月21日(土)08:15 

星野源が歌う主題歌「アイデア」が使用された、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のWeb限定オープニングタイトル映像が公開された。
カテゴリー:

志尊淳、小越勇輝にメロメロ!「撮影の合間に抱き寄せて…」チュート徳井が暴露 - 04月21日(土)19:00 

 高木ユーナ氏の人気漫画を、志尊淳主演で映画化した「劇場版ドルメンX」が4月21日、沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」でプレミア上映され、志尊と共演の浅香航大、小越勇輝、玉城ティナ、堀井新太、徳井義実(チュートリアル)、音楽をプロデュースしたくっきー(野性爆弾)が、那覇・桜坂劇場で行われた舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  映画は、小学館のコミック誌「ヒバナ」で連載された“スポ根系アイドル青春コメディ”が原作。3月10~31日に日本テレビ系で放送された全4話のドラマ版に、追加シーンを盛り込んで製作した完全版となっている。地球に降り立った宇宙人の隊長(志尊)、イチイ(浅香)、ニイ(小越)、サイ(堀井)、ヨイ(玉城)が、地球一のアイドルになることで地球を汚さず、戦争もせず、気づかれることもなく地球を侵略するという大胆なアイデアを思いつき、「ドルメンX」として活動するさまを描いた。  志尊は、撮影現場の雰囲気を「この空気を見てもらえればわかると思うのですが、おのおのが好きなことをやってバランスが取れていました」と述壊。一方の堀井は、「ダンス練習がきつかった。1日8時間。疲れ切って満員電車でみんなで帰るんです。その後飯食いに行って、熱い風呂に入るみたいな、部活感覚というか。それで明日またみんなで練習するのが...more
カテゴリー:

白濱亜嵐、E-girls藤井夏恋の情熱的な自己紹介に「かわいいな」 - 04月21日(土)18:12 

4月22日(日)に放送される「GENERATIONS高校TV」(AbemaSPECIAL)に、E-girlsが登場する。 【写真を見る】白濱亜嵐も絶賛!? E-girlsのかわいい自己紹介って/(C)AbemaTV 今回はGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが、東京・聖蹟桜ヶ丘駅にあるショッピングモールを訪れ、「最近『GENE高』がたるんでるんじゃないかと思って」と、番組に乱入してきた“私立E高”と名乗るE-girlsのメンバーと、視聴者プレゼント対決を行うことに。 2人1組に分かれ、1人2000円以内というルールの下、ショッピングモール内にあるさまざまな商品を物色するGENERATIONS from EXILE TRIBEとE-girlsのメンバーたち。 買い物中には、佐野玲於と片寄涼太がシールコーナーを訪れ、「こういうシールって面白いよね」と会話をしていると、少し離れた場所から「今どきシールっていうのも違うよね」というE-girlsメンバーのからの声が。 これを聞いた佐野と片寄は、ゆっくりとその場を離れ「若い子が言ってるから」「俺らはおじちゃんか」とぼやく一面も。 そして「GENE高」恒例の自己紹介コーナーでは、E-girlsのメンバーも“情熱的な自己紹介”に挑戦。 少し恥ずかしがる様子を見せながらも披露した藤井夏恋の自己紹介には、白濱亜嵐が思わず...more
カテゴリー:

【人材確保】「難民は有用な人材」 日本企業に雇用の動き - 04月21日(土)09:37  newsplus

【4月21日 AFP】この春、東京都内でとある就職説明会が開催された。日本企業3社の人事担当者がプレゼンを行ったのは、リクルートスーツに身を包んだ就活生ではない。履歴書を手に熱心に耳を傾けていたのは、さまざまな理由から母国を離れ日本に逃れてきた難民申請者たちだ。  日本が毎年受け入れている難民の数はごくわずか。その上、言語や文化的バリア、差別といったハードルは高く、それらを乗り越え日本で職を得るのはほぼ不可能にすら思える。しかし日本経済の労働力不足を背景に、一握りではあるがいくつかの企業が難民の雇用に...
»続きを読む
カテゴリー:

「オドモTV」で本気を出した大人げない大人対自由過ぎる子どもの真剣勝負を目撃せよ! - 04月21日(土)09:00 

“Eテレ”には、一瞬で目を奪われ、頭から離れなくなるようなインパクトを残す番組が数多く存在する。 【写真を見る】インタビュー中、前野健太の発言に森山未來、岩井秀人が苦笑 川村元気が総合指導を務めている「オドモTV」(毎週土曜夜7:45-7:55、NHK Eテレ)もその1つであろう。 同番組では、子どもの発想に大人が本気で向き合い、いろんな形で表現する3~5つのコーナーが放送されている。 例えば、子どもの“動き”をELEVEN PLAYがダンスにするコーナー「オドモおどり」。くるくると表情を変えながら自由に動く子どもを、そっくりそのままキレッキレのダンスに変化させる様子は、何だか目が離せなくなるのである。 はたまた、真鍋大度が手掛ける「オドモテック」もすごい。最新技術で子どもの動きを捉え、大人のキャラクターでその動きを表現するコーナーだが、違和感のある(少し)気持ち悪い映像になっている。 そんな中の1コーナー「オドモものがたり」に登場する森山未來、岩井秀人、前野健太の取材会が先日行われた。 3人は同コーナーで、子どもが考えた“お話”に動きをつけて表現している。 森山は、3人での番組出演に至ったきっかけについて「3人で子どもとワークショップをして、そこから舞台上でやるパフォーマンスにしていく、(コドモ発射プロジェクト)『なむはむだはむ』というものをやっていたんです。それを、この番組の総...more
カテゴリー:

宇宙人志尊淳が消滅の危機!?「劇場版ドルメンX」予告編公開 - 04月21日(土)07:00 

 高木ユーナ氏の人気漫画を、志尊淳の主演で映画化する「劇場版ドルメンX」の予告編と新場面写真2点が、このほどお披露目された。 ・【動画】「劇場版ドルメンX」予告編  小学館のコミック誌「ヒバナ」で連載された“スポ根系アイドル青春コメディ”が原作。地球に降り立った宇宙人の隊長(志尊)、イチイ(浅香航大)、ニイ(小越勇輝)、サイ(堀井新太)、ヨイ(玉城ティナ)の目的は、緑と水が豊富な地球を「汚さず、戦争もせず、気づかれることもなく侵略する」こと。ある日、男性アイドルグループのライブを見学した隊長たちは、「地球一のアイドルになって、地球を侵略する」という大胆なアイデアを思いつき「ドルメンX」を結成する。  本作は、3月10日~31日に日本テレビ系で放送された全4話のドラマ版に、追加シーンを盛り込んで製作した完全版だ。場面写真では、ドラマ版で描かれなかった15年後のライブシーンを活写。カラフルな衣装を身にまとった隊長らがトップアイドルになれたのかどうか気になる1枚だ。そのほか、記者役の「AKB48」横山由依がほほ笑みながら拍手を送る姿をとらえたカットも公開された。  予告編では、「ドルメンX」のキレキレのダンスや歌唱シーンのほか、彼らがアイドル業界の厳しさに直面する様子を収録。アイドルを本気で目指していくなかで、それぞれ葛藤していく隊長らの姿をとらえている。また、芸能事務所社長・羽...more
カテゴリー:

もっと見る

「アイデア」の画像

もっと見る

「アイデア」の動画

Wikipedia

  • 転送 発想...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる