「アイスホッケー女子」とは?

関連ニュース

南北合同チームの連敗止まらず、GKの孤軍奮闘もむなしく - 02月18日(日)18:50 

【2月18日 AFP】平昌冬季五輪は18日、アイスホッケー女子の5~8位決定予備戦が行われ、韓国と北朝鮮の代表が結成した南北合同チーム「コリア」は、GKシン・ソジョンが51本のセーブを記録する奮闘を見せたが、チームはスイスに0-2で敗れ、今大会の連敗は4に伸びた。≫続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】「五輪傭兵」帰化選手の人数 ホスト国としては韓国が史上最多 - 02月16日(金)20:27  mnewsplus

平昌冬季五輪に参加する各国選手のなかで、国籍を変えて出場する選手が178人にも上っている。 米歴史家はこれら帰化選手について、国家がメダル獲得のためスカウトした「五輪傭兵」などと揶揄。  韓国の朝鮮日報(電子版)によれば、五輪出場のために国籍を変えて出場する選手は米国が37人と最も多く、 次いでカナダ21人、ロシア19人などと続く。 開催国として帰化させた例としては、今大会の韓国が史上最も多いとみられるという。 出場選手145人を擁する韓国は15人。 韓国世論はこの15人を“特別帰化選手”など...
»続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】 チケット販売率「約9割」達成 好調強調するも目立つ空席…ダフ屋横行、無料チケット動員も - 02月15日(木)20:55  mnewsplus

 平昌五輪組織委員会は14日、前日までのチケット販売率が目標値の約9割に達したと発表した。ただ、チケットを高額に販売するダフ屋が介在し、空席が目立つケースもある。また、無料チケットを配布して観客を動員する例もみられる。発表された販売率は好調だが、「観客席の現実」とは異なるのが実情だ。  聯合ニュース(電子版)によると、93万4千枚が売れ、目標値の106万8千枚の87・45%に達した。組織委の関係者からは、旧正月の連休で帰省ラッシュが始まる15日から販売が低下する可能性を指摘する声もあがるが、ス...
»続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】金正恩氏のそっくりさん、北朝鮮「美女応援団」に接近し退場に ★2 - 02月15日(木)20:27  mnewsplus

【2月14日 AFP】平昌冬季五輪の開会式会場に姿を現して話題を呼んだ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長のそっくりさんが14日、韓国と北朝鮮の代表が結成したアイスホッケー女子の南北合同チームの応援に派遣された北朝鮮の「美女軍団」に接近し、大会関係者らによって退場させられた。   南北合同チーム「コリア」はこの日、予選ラウンドで日本と対戦。そして金委員長のそっくりさんは、全身黒づくめの服装で会場に現れると、「美女軍団」の前で手を振り、北朝鮮の警備員によって連れ出された。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

筋肉ムキムキ、28歳アイホ女子 優勝候補の米FW主軸 - 02月15日(木)14:50 

 「強さは美しさ。筋肉はフェミニン(女性らしい)って示したい」。そう語り、アイスホッケー女子の米国代表FWヒラリー・ナイトはスケート靴だけを身につけたヌードを披露した。4年前、米スポーツ専門局ESPN…
カテゴリー:

[平昌五輪]南北合同チーム スイスに惜敗=7~8位決定戦へ - 02月18日(日)15:24 

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪第10日の18日、アイスホッケー女子の5~8位決定予備戦が行われ、南北合同チーム「コリア」はスイスに0―2で敗れた。  南北合同チームは1次リーグ初
カテゴリー:

五輪アイスホッケー:カナダ女子全勝 1次リーグA組 - 02月16日(金)01:06 

 平昌五輪のアイスホッケー女子1次リーグでA組の最終戦が行われ、5連覇を狙うカナダが米国に2-1で競り勝った。カナダが3戦全勝で1位、米国は通算2勝1敗の2位で準決勝に進む。
カテゴリー:

南北合同チームは「ラフプレー」? 視聴者戸惑うも...ファン「あの程度は普通」 - 02月15日(木)20:55 

平昌五輪のアイスホッケー女子1次リーグ第3戦、日本対韓国・北朝鮮(南北)合同チームの試合は、プレーの激しさも含めて大きな注目を集めた。試合は第2ピリオドからいっそう白熱し、日本選手が後ろから倒されるシーンも。インターネット上では「ラフすぎね?」という声が続出したが、アイスホッケーファンからは「あの程度だったら普通」との声も少なくない。
カテゴリー:

[平昌五輪]南北チームの初ゴールに使われたパック IIHF名誉の殿堂へ - 02月15日(木)16:28 

【江陵聯合ニュース】五輪で初めて結成された韓国と北朝鮮の合同チーム、アイスホッケー女子の「コリア」の歴史的な初ゴールに使われたパックが、カナダのトロントにある国際アイスホッケー連盟(IIHF)の「名誉の殿堂(Hall of Fame)」に展示される見通しだ。平昌冬季五輪の大会組織委員会でアイスホッケーのスタッフを務めるヒョン・ジョンボム(ドイツ名:マーティン・ヒョン)氏が15日、聯合ニュースに明らかにした。
カテゴリー:

スポーツジュニアの最適食は? 元五輪スタッフ栄養士がメニュー指南 - 02月15日(木)13:41 

 平昌オリンピックで話題の韓国・北朝鮮合同チームと対戦し、五輪初勝利を挙げた日本アイスホッケー女子。攻守の切り替えの速さとともに、激しいぶつかり合いも見応えがあった。“氷上の格闘技”といわれるのもうなずける。 オリンピックに出場する選手の大半は、周囲に才能を認められた幼き時から、4年に1回の頂点目指して練習を繰り返してきた少年少女たちだろう。 五輪までの長い道のりには、監督、コーチはもちろん、肉体・精神面をケアするトレーナー、食事を管理する管理栄養士など大勢の専門スタッフが関わっている。なかでも育ち盛りの少年少女の体をつくる毎日の食事をどうするかは最重要だ。栄養学の知見に基づき科学的に考え抜かれた食事メニューが数多く考案されてきたに違いない。 このような一流アスリート用の食事メニューは、ふつうのスポーツ少年少女にも大いに参考になるはずだ。成長目覚ましいスポーツ少年少女にどんなものを食べさせたらよいか日々悩んでいる保護者は少なくないだろう。 そんな悩める保護者を対象にした「スポーツジュニア応援企画!スポーツ栄養料理教室」(東京ガス主催)が3月8日午前10時30分から、東京ガス「Studio +G GINZA」(スタジオプラスジーギンザ、東京都中央区銀座7-9-15 GINZA CUBE 5F・6F、銀座駅徒歩5分)で開かれる。 講師は、日本セーリング連盟の強化スタッフとして北京オリン...more
カテゴリー:

もっと見る

「アイスホッケー女子」の画像

もっと見る

「アイスホッケー女子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる