「わらび座」とは?

関連ニュース

「ブッダ」公演、500人が鑑賞、仙北市わらび座 - 04月15日(日)07:33 

 秋田県仙北市の劇団わらび座のミュージカル「ブッダ」が14日、同市田沢湖のあきた芸術村わらび劇場で始まり、生きることの意味を問い掛ける舞台に約500人が拍手を送った。手塚治虫さんの同名漫画を2013年…
カテゴリー:

<わらび座ミュージカル>北前船の歴史たどる 来月、酒田から全国公演 - 04月12日(木)09:24 

江戸時代から明治時代にかけ日本海や瀬戸内海を巡って交易した「北前船」の文化を伝えようと、劇団わらび座(秋田県仙北市)が、ミュージカル「北前ザンブリコ」の全国公演をスタートする。5月13日の山形県酒田市
カテゴリー:

「わらび座」の画像

もっと見る

「わらび座」の動画

Wikipedia

わらび座(わらびざ)は日本劇団のひとつ。日本の伝統芸能を基盤とした演目に特色がある。

概要

1948年7月、日本共産党党員芸術家会議の席上での要請に基づき原太郎により同年8月に東京で創立された海つばめ(第一次)が淵源西嶋一泰「一九五〇年代における文化運動のなかの民俗芸能―原太郎と「わらび座」の活動をめぐって―」Core Ethicsvol.6立命館大学大学院先端総合学術研究科。1950年原が帰還者楽団に参加することとなり一旦解散したが、1951年に海つばめ(第二次)が日本共産党の文化工作隊として再結成された。翌1952年にはポプラ座と改名し北海道を回るが、秋田県に拠点を移した1953年からは「黄に紅に花は咲かねどわらびは根っ子を誇るもの」ということにちなんで、現在のわらび座と名称を改めたわらび座HP。1971年には「株式会社わらび座」として株式会社化。1990年代には日本共産党の文化工作隊としての側面はなくなっており、以後は劇団・劇場経営のほか、温泉ホテル事業、地ビール「田沢湖ビール」の製造販売など多角的な経営を行なっている。

2006年4月時点で、秋田県...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる