「わらび座」とは?

関連ニュース

ジパング青春記、仙台公演始まる 被災者も鑑賞、わらび座 - 01月21日(日)16:32 

 劇団わらび座(仙北市)によるミュージカル「ジパング青春記~慶長遣欧使節団出帆」の仙台公演が20日、仙台市青葉区の電力ホールで始まった。昨年11月までのわらび劇場公演に続くもので、約400年前の大地震…
カテゴリー:

西馬音内盆踊り、心一つに 羽後高生とわらび座、3月共演 - 01月14日(日)13:26 

西馬音内盆踊り、心一つに 羽後高生とわらび座、3月共演
カテゴリー:

<劇団わらび座>遣欧使節団、思い熱く「ジパング青春記」仙台公演開幕 - 01月21日(日)15:07 

劇団わらび座(秋田県仙北市)のミュージカル「ジパング青春記−慶長遣欧使節団出帆−」の仙台公演が20日、仙台市青葉区の電力ホールで開幕した。 仙台藩祖伊達政宗が使節船を新造して支倉常長らを派遣したのは、
カテゴリー:

「わらび座」の画像

もっと見る

「わらび座」の動画

Wikipedia

わらび座(わらびざ)は日本劇団のひとつ。日本の伝統芸能を基盤とした演目に特色がある。

概要

1948年7月、日本共産党党員芸術家会議の席上での要請に基づき原太郎により同年8月に東京で創立された海つばめ(第一次)が淵源西嶋一泰「一九五〇年代における文化運動のなかの民俗芸能―原太郎と「わらび座」の活動をめぐって―」Core Ethicsvol.6立命館大学大学院先端総合学術研究科。1950年原が帰還者楽団に参加することとなり一旦解散したが、1951年に海つばめ(第二次)が日本共産党の文化工作隊として再結成された。翌1952年にはポプラ座と改名し北海道を回るが、秋田県に拠点を移した1953年からは「黄に紅に花は咲かねどわらびは根っ子を誇るもの」ということにちなんで、現在のわらび座と名称を改めたわらび座HP。1971年には「株式会社わらび座」として株式会社化。1990年代には日本共産党の文化工作隊としての側面はなくなっており、以後は劇団・劇場経営のほか、温泉ホテル事業、地ビール「田沢湖ビール」の製造販売など多角的な経営を行なっている。

2006年4月時点で、秋田県...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる