「やくみつる」とは?

関連ニュース

【テレビ】やくみつる氏、稀勢の里「先行き心配です」 奇跡の逆転Vも素直に喜べず - 03月27日(月)18:40 

サンケイスポーツ 3/27(月) 18:32配信  漫画家のやくみつる氏(58)がフジテレビ系「みんなのニュース」(月~金曜後4・50)に生出演。大相撲春場所で奇跡の逆転新横綱優勝を果たした稀勢の里(30)について語った。  やく氏は、13日目に左肩付近を負傷しながらも強行出場し、痛みに打ち克って優勝を遂げた稀勢の里について、「出場に踏み切ったことは、横綱の責任感が成せる技という解釈がみられたが、もう一歩踏み込んで。私は、稀勢の里は今場所は『自分でもっている、みんなが自分を見るためにチケットを買っている』...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

爆笑・太田、5年間で「10kgくらい太りました」原因は… - 03月22日(水)05:00 

爆笑問題(太田光、田中裕二)がMCを務める、雑学ブームを作った伝説の番組『雑学王』(テレビ朝日系列)が、5年の時を経て復活。4月3日(月)の19時から3時間SP『芸能人雑学王最強No.1決定戦2017 5年ぶり大復活SP』と題して放送されるが、この収録の合間に行われた囲み会見で太田は、この5年で「10kgくらい太った」と告白し、意外な理由についても言及した。2007年10月に23時台のネオバラ枠でレギュラー放送を開始し、翌年1月にはゴールデンタイムへ昇格。爆笑問題の司会のもと、芸能人たちが雑学クイズに挑む番組『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』は、視聴者の知識欲をくすぐり続け、世の中に“雑学ブーム”を巻き起こした。その後、2012年9月まで続いた『雑学王』シリーズが、ふたたび爆笑問題をMCに迎え、約5年ぶりに復活する。久々の『雑学王』に、田中は「レギュラー放送の頃から、すごく楽しんでやっていたんです。僕はもともとクイズが大好きなんですよ。だから、打ち合わせのときも答えを見ないで、正解を考えちゃうくらいで」とコメントすると、すかさず太田が「それで打ち合わせの時間が延びて、大変なんですよ(笑)!」と。しかし、太田も「僕もすごく楽しみでした」と語っており、「なにせ『雑学王』は生きがいでしたから! だから、この5年間は抜け殻のような生活を送ってたんですよ」とジョークを飛ばすと、今度は田中か...more
in English
カテゴリー:

ロザン宇治原、カズレーザーと進退を懸けて最終決戦! - 03月20日(月)06:00 

昨年4月から今年3月までの成績を、正解率と順位点を元にランク付けしてきた「Qさま!!ペナントレース」も、3月20日(月・祝)夜7時からの「Qさま!! 3時間SP」(テレビ朝日系)でいよいよ最終決戦を迎える。 【写真を見る】果たして宇治原史規とカズレーザーの激闘の行方は!?/(C)テレビ朝日 ペナントレースに際し、番組のエースに君臨してきた京大卒インテリ芸人のロザン・宇治原史規が、この1年で急成長し、新たなエースの座を狙うメイプル超合金・カズレーザーに年間成績で負けた場合、「『Qさま!!』を引退する」と自ら宣言した。 これまで激しいデッドヒートを展開してきたが、その戦いにもついに終止符が打たれる。果たして宇治原は日の出の勢いのカズレーザーを打ち負かしてレギュラーの座を死守することができるのか、あるいは敗れてクビになってしまうのか…、ファンならずとも注目の戦いとなる。 ちなみに前回までの「Qさま!!」終了時点でのペナントレースの順位は、宇治原が3位、カズレーザーは4位。その差は46点と宇治原がリードしているものの、一度優勝すれば50点獲得することになるため、カズレーザーが逆転する可能性も大いに残されている。 優勝を逃したとしても、積極的にボタンを押して正解を積み重ねれば、正解率がアップし、順位が入れ替わることもあるので、宇治原は最後まで全く気の抜けない戦況だ。 最終決戦前、「今日、優勝...more
in English
カテゴリー:

ロザン宇治原、負けたら『Qさま!!』引退? カズレーザーと決着つける - 03月20日(月)06:00 

 京大出身のインテリ芸人として、テレビ朝日系『Qさま!!』のエースに君臨してきたお笑いコンビ・ロザンの宇治原史規がピンチだ。同番組では、昨年4月から今年3月までの成績を、正解率と順位点をもとにランク付けする「Qさま!!ペナントレース」を実施しているのだが、宇治原はこの1年で急成長し、新たなエースの座を狙うメイプル超合金のカズレーザーに年間成績で負けた場合、「『Qさま!!』を引退する」と宣言していたのだ。2人は期待どおり激しいデッドヒートを展開し、きょう20日放送の3時間スペシャル(後7:00~9:48)で天王山を迎える。 「Qさま!!ペナントレース」暫定1位の天明麻衣子  きょうの放送は「現役東大生・京大生が選んだ日本のスゴイ建造物vs世界のスゴイ建造物から出題! ペナントレース最終決戦!宇治原はクビになるのか!?スペシャル」。宇治原は日の出の勢いのカズレーザーに敗れ、クビになってしまうのか? それとも、エースとしての実力を見せつけ、レギュラーの座を死守するのか?  前回までの『Qさま!!』終了時点でのペナントレースの順位は、宇治原が3位、カズレーザーは4位。その差は46点と宇治原がリードしているが、優勝すれば50点を獲得できるため、カズレーザーが逆転する可能性も大いに残されている。優勝を逃したとしても、積極的にボタンを押して正解を積み重ねれば、正解率がアップし順位が入れ替わ...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】伝説のクイズ番組「タイムショック」3年ぶり復活 “タイマン”シート登場 - 03月15日(水)06:04 

 1969年1月に誕生した伝説のクイズ番組「タイムショック」の流れをくむ『ザ・タイムショック 新クイズ王決定戦SP 2017春』が、30日(後7:00~9:48)にテレビ朝日系で放送される。2014年9月以来、約3年ぶりの復活。司会は、21世紀以降の「タイムショック」を率いる中山秀征と、初タッグの大下容子アナウンサー(テレビ朝日)が務める。  1分間に12問、何問正解できるかを競うクイズ番組。時計と昇降する解答席のおなじみのセットに、今回、2人同時に椅子が上がる新セットが登場。1分間という時間&孤独との戦いに一騎打ちという新...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

テレ朝『雑学王』5年ぶり復活 ピコ太郎にからむ雑学とは? - 03月22日(水)06:17 

 爆笑問題(太田光、田中裕二)の司会のもと、芸能人たちが雑学クイズに挑むテレビ朝日の番組『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』が、約5年ぶりに復活。4月3日に『芸能人雑学王最強No.1決定戦2017 5年ぶり大復活SP』(後7:00~9:48)が同局系で放送される。 ゲストのピコ太郎と大はしゃぎの太田光  2007年10月より午後11時台でレギュラー放送を開始し、翌年1月にはゴールデンタイムへ昇格。世の中に“雑学ブーム”を巻き起こし、12年9月まで続いた「雑学王」シリーズ。実は、いまをときめくピコ太郎のプロデューサー・古坂大魔王が、“伸び悩み芸人“扱いで同番組に多数出演していたという“雑学”もある。  今回、太田が仕切る敗者復活戦のコーナーに、ピコ太郎がゲスト出演。古坂を通して深いつながりを持つピコ太郎を迎えた太田は大喜びで、一緒に「PPAP」を歌いながらダンスも披露。さらに、大はしゃぎでボケまくっては、次々とピコ太郎の手厳しいツッコミで制され、太田がピコ太郎に「2人で営業に回ろう!」と提案する一幕も。  太田は「なにせ『雑学王』は生きがいでしたから! だから、この5年間は抜け殻のような生活を送ってたんですよ」と口から出まかせを言いつつ、「ぜひレギュラーで、半年に1回のペースでもいいから、復活してほしい」というのは、本音か。  田中は、この5年間に「僕はガラリと生活が変わり...more
in English
カテゴリー:

爆笑・太田、5年間で「10kgくらい太りました」原因は… - 03月22日(水)01:31 

爆笑問題(太田光、田中裕二)がMCを務める、雑学ブームを作った伝説の番組『雑学王』(テレビ朝日系列)が、5年の時を経て復活。4月3日(月)の19時から3時間SP『芸能人雑学王最強No.1決定戦2017 5年ぶり大復活SP』と題して放送されるが、この収録の合間に行われた囲み会見で太田は、この5年で「10kgくらい太った」と告白し、意外な理由についても言及した。2007年10月に23時台のネオバラ枠でレギュラー放送を開始し、翌年1月にはゴールデンタイムへ昇格。爆笑問題の司会のもと、芸能人たちが雑学クイズに挑む番組『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』は、視聴者の知識欲をくすぐり続け、世の中に“雑学ブーム”を巻き起こした。その後、2012年9月まで続いた『雑学王』シリーズが、ふたたび爆笑問題をMCに迎え、約5年ぶりに復活する。久々の『雑学王』に、田中は「レギュラー放送の頃から、すごく楽しんでやっていたんです。僕はもともとクイズが大好きなんですよ。だから、打ち合わせのときも答えを見ないで、正解を考えちゃうくらいで」とコメントすると、すかさず太田が「それで打ち合わせの時間が延びて、大変なんですよ(笑)!」と。しかし、太田も「僕もすごく楽しみでした」と語っており、「なにせ『雑学王』は生きがいでしたから! だから、この5年間は抜け殻のような生活を送ってたんですよ」とジョークを飛ばすと、今度は田中か...more
in English
カテゴリー:

ロザン・宇治原、カズレーザーとライバル対決で負けたら『Qさま!!』引退!? - 03月20日(月)06:00 

昨年4月から今年3月までの成績を、正解率と順位点をもとにランク付けしてきた『Qさま!!ペナントレース』(テレビ朝日系列)。番組のエースに君臨してきた京大卒のインテリ芸人、ロザン・宇治原史規が、この1年で急成長し、新たなエースの座を狙うメイプル超合金のカズレーザーに年間成績で負けた場合は「『Qさま!!』を引退する」と自ら宣言し、これまで激しいデッドヒートを展開してきたが、今夜3月20日(月)の19時から放送の3時間SPでいよいよ決着する。前回までの『Qさま!!』終了時点でのペナントレースの順位は、宇治原が3位、カズレーザーは4位だった。その差は46点と宇治原がリードしているが、一度優勝すれば50点獲得するため、カズレーザーが逆転する可能性も高い。優勝を逃したとしても、積極的にボタンを押して正解を積み重ねれば、正解率がアップし順位が入れ替わるため、宇治原にとって全く気の抜けない戦況なのだ。最終決戦前に「今日、優勝すれば問題ない。タイトルを“宇治原は優勝するのか!? スペシャル”にしてもいいぐらい」と強気のコメントをした宇治原だが、見届け人のアンタッチャブル・山崎弘也は「なかなか番組で引退なんてない。ここはカズレーザーに頑張ってもらって(宇治原を)引退に追い込んでもらいたい」と言い、過去に熱戦を繰り広げた相手・三浦奈保子からも「宇治原さんとは今生の別れになるかも。カズレーザーさんが頑張っ...more
in English
カテゴリー:

ロザン・宇治原、カズレーザーとライバル対決で負けたら『Qさま!!』引退!? - 03月20日(月)01:08 

昨年4月から今年3月までの成績を、正解率と順位点をもとにランク付けしてきた『Qさま!!ペナントレース』(テレビ朝日系列)。番組のエースに君臨してきた京大卒のインテリ芸人、ロザン・宇治原史規が、この1年で急成長し、新たなエースの座を狙うメイプル超合金のカズレーザーに年間成績で負けた場合は「『Qさま!!』を引退する」と自ら宣言し、これまで激しいデッドヒートを展開してきたが、今夜3月20日(月)の19時から放送の3時間SPでいよいよ決着する。前回までの『Qさま!!』終了時点でのペナントレースの順位は、宇治原が3位、カズレーザーは4位だった。その差は46点と宇治原がリードしているが、一度優勝すれば50点獲得するため、カズレーザーが逆転する可能性も高い。優勝を逃したとしても、積極的にボタンを押して正解を積み重ねれば、正解率がアップし順位が入れ替わるため、宇治原にとって全く気の抜けない戦況なのだ。最終決戦前に「今日、優勝すれば問題ない。タイトルを“宇治原は優勝するのか!? スペシャル”にしてもいいぐらい」と強気のコメントをした宇治原だが、見届け人のアンタッチャブル・山崎弘也は「なかなか番組で引退なんてない。ここはカズレーザーに頑張ってもらって(宇治原を)引退に追い込んでもらいたい」と言い、過去に熱戦を繰り広げた相手・三浦奈保子からも「宇治原さんとは今生の別れになるかも。カズレーザーさんが頑張っ...more
in English
カテゴリー:

「ザ・タイムショック」が復活! 新クイズ登場で波乱の展開!? - 03月15日(水)06:00 

3月30日(木)夜7時から「ザ・タイムショック 新クイズ王決定戦SP2017春」(テレビ朝日系)が放送される。 【写真を見る】カズレーザーら新世代のクイズ猛者が宮崎美子ら“レジェンド”たちに挑む!/(C)テレビ朝日 1969年1月に誕生し、ほぼ半世紀にわたって愛されてきた同番組が、2014年9月以来約3年ぶりに復活。MCはおなじみの中山秀征に加え、大下容子アナウンサーが“新相棒”に就任した。 中山は「今回、大下さんと初めてご一緒させていただきましたが、どんな場面でも見事に収めていただける。さすがの安定感、皆さんに愛されている理由がよく分かりました」と絶賛。 一方、大下アナは「中山さんが全てを包み込んで盛り上げていただき、クイズの大黒柱としてグイグイ引っ張ってくださいました。今世紀に入っての『タイムショック』は全て中山さんが率いていらっしゃるので、私も安心して収録させていただきました」と明かした。 また、今回からタイムショックセットを使った新クイズが登場。孤独な戦いが代名詞となっていた「タイムショック」だが、2人同時に椅子が上がる新セットで、ガチンコのタイマン勝負要素を追加し、1分という時間&孤独との戦いに一騎打ちという緊張感が新たに加わった。 大下アナは「対戦型のタイムショックは初めてで、見ていてワクワクしました。小さい頃からの正統派クイズ番組が『タイムショック』ですが、その良さを...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「やくみつる」の画像

もっと見る

「やくみつる」の動画

Wikipedia

やく みつる(本名:畠山 秀樹(はたけやま ひでき)、1959年3月12日 - )は、日本漫画家タレントスポーツライター好角家東京都世田谷区桜新町出身。「やくみつる」の名は麻雀の「役満」からもじったと言われている。

桐蔭学園中学校、同校高等学校男子部、早稲田大学商学部卒業学位は商学士(早稲田大学)。現在漫画家だけではなく、テレビ番組コメンテーターなどのタレント活動もしている。4コマ漫画誌を普及させた。野球4コマ漫画などの一部作品でははた山 ハッチ(はたやまハッチ、''Hatc...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる