「もののけ姫」とは?

関連ニュース

『金ロー』夏に向け恐竜祭り 5・25『ロスト・ワールド』放送 - 04月17日(火)21:04 

 映画『ジュラシック・パーク』シリーズ第2作『ロスト・ワールド』(1997年公開)が5月25日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)で放送されることがわかった。 【劇中カット】迫力たっぷりの恐竜たちが登場  今夏にはシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の公開を記念して『ジュラシック・パークIII』と『ジュラシック・ワールド』の放送も予定。同局が企画・制作するアリーナショー『世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏』も開催され、まさに今回の『ロスト・ワールド』で「恐竜の夏」へと狼煙(のろし)を上げる。  編成局編成センター編成部・谷生俊治氏は「今回、あらためて放送作品『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』を見直してみました。次から次へと恐竜が登場し、登場人物たちを圧倒していくストーリー展開と、迫力がアップした恐竜映像が怒涛のように展開し、見る者たちをドキドキとワクワクの連続に包み込む、超エンターテインメント映画であることを再確認しました。これぞ、スピルバーグ監督!!と言いたくなるような『魔法」をみなさまでお楽しみいただければ幸いです」と呼びかけている。 【関連記事】 高畑監督追悼の『火垂るの墓』視聴率は6.7% 13回目の放送 (18年04月16日) 【動画】『ジュラシック・ワールド』続編 予告&クリプラのメッセージ映像...more
カテゴリー:

『火垂るの墓』放送に合わせて読みたい!藤津亮太が高畑勲監督のアニメ演出を分析 - 04月13日(金)13:15 

高畑勲監督が4月5日に肺がんで亡くなって一週間。国内外から哀悼のメッセージが発信され、今夜21:00からの「金曜ロードSHOW!」では急遽、監督の代表作『火垂るの墓』(88)が放送される。日本アニメーション・映画界に多大な影響を、そして感動を与えてくれた高畑監督は、ほかにも偉大な作品を多く遺してくれた。そうした作品群について知ることで、高畑監督の理解もより深まるはずだ。アニメ評論家・藤津亮太氏に「高畑勲監督が貫いた、アニメ演出におけるルポルタージュ性」をテーマに独自の視点で寄稿してもらった。 【写真を見る】在りし日の高畑勲監督/撮影/山崎伸子 ■ 普通の人を普通に描き、社会をも映しだす 「母をたずねて三千里」(76)『かぐや姫の物語』(13)などで知られるアニメーション監督の高畑勲が5日、死去した。 高畑監督は英雄を描かなかった。 例えば『平成狸合戦ぽんぽこ』(94)。タヌキたちが、自分たちの生活の場を守ろうとする闘争を描いたこの作品は、ヒロイックに描こうと思えばいくらでも描ける要素が揃っている。でも、英雄は登場しない。どのタヌキも、長所と欠点が裏表一体の“人間くさい”存在ばかりで、その“人間くささ”故に敗れていく。高畑作品が描いたのはいつも普通の人ばかりだった。 普通の人を普通に描く――ということは、“私”や“私の隣人”にカメラを向けるということである。そこには“私の人生”があり...more
カテゴリー:

【芸能/声優】ナウシカ役の声優・島本須美、高畑勲監督さんの思い出に涙[18/04/07] - 04月07日(土)21:45  mnewsplus

ナウシカ役の声優・島本須美、高畑勲監督さんの思い出に涙 2018年4月7日21時6分 スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180407-OHT1T50231.html 高畑勲監督 ジブリ作品で使われた名曲の数々をオーケストラで演奏するコンサート「ジブリの思い出がいっぱい」が7日、東京・府中の森芸術劇場で行われ、特別ゲストで登場した声優・島本須美が涙ながらに5日に亡くなった高畑勲監督との思い出を語った。 島本は「風の谷のナウシカ」のナウシカ役、「となりのトトロ」のサツキとメイの母親役、「もののけ姫」のトキ...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】高畑勲監督の訃報から半日で「名探偵コナン」から「火垂るの墓」へ即断変更 日テレPの決意「不朽の名作、今こそ」 ★2 - 04月13日(金)23:47  mnewsplus

訃報から半日で「コナン」から「火垂るの墓」即断変更 日テレプロデューサーの決意「不朽の名作、今こそ」 4/12(木) 7:00配信 withnews https://withnews.jp/article/f0180412003qq000000000000000G00110401qq000017167A https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000002-withnews-movi 急きょ、放送が決まった「火垂るの墓」=(c) 野坂昭如/新潮社,1988 高畑勲監督=2013年 日本アニメ界の巨匠、高畑勲監督が4月5日、亡くなりました。高畑監督の訃報(ふほう)を受け、日本テレビのレギュラー映画枠 「金曜ロ...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】高畑勲監督の訃報から半日で「コナン」から「火垂るの墓」へ即断変更 日テレプロデューサーの決意「不朽の名作、今こそ」 - 04月12日(木)19:59  mnewsplus

訃報から半日で「コナン」から「火垂るの墓」即断変更 日テレプロデューサーの決意「不朽の名作、今こそ」 4/12(木) 7:00配信 withnews https://withnews.jp/article/f0180412003qq000000000000000G00110401qq000017167A https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000002-withnews-movi 急きょ、放送が決まった「火垂るの墓」=(c) 野坂昭如/新潮社,1988 高畑勲監督=2013年 日本アニメ界の巨匠、高畑勲監督が4月5日、亡くなりました。高畑監督の訃報(ふほう)を受け、日本テレビのレギュラー映画枠 「金曜ロ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】アニメ制作現場「脱ブラック」へ 経産省、描画ソフトに共通規格で作業負担軽減 - 03月23日(金)10:17  newsplus

経済産業省がアニメ業界の劣悪な労働環境を改善するため描画ソフトに共通規格を導入した。責任者の“感性”に左右されやすい非効率的なアニメ制作の現場はブラック化しており、アニメーターの作業負担の軽減が大きな課題となっているからだ。しかも映像化に欠かせない動画作成は多くの人手を必要とするため中国や韓国などの安価なアニメ業者に委託するケースが多い。共通規格による生産性向上で他国に頼らない環境も実現すれば、日本が誇るアニメ技術の流出も防ぐことができる。  ◆原画、動画手渡し  2月20日、経産省の地下2階の...
»続きを読む
カテゴリー:

「もののけ姫」の画像

もっと見る

「もののけ姫」の動画

Wikipedia

もののけ姫(もののけひめ)は、宮崎駿によるスタジオジブリの長編アニメーション映画作品。1997年(平成9年)7月12日公開。宮崎が構想16年、制作に3年をかけた大作であり、興行収入193億円を記録し当時の日本映画の興行記録を塗り替えた。

映画のキャッチコピーは「生きろ」。主題歌「もののけ姫」(作詞 - 宮崎駿 / 作曲・編曲 - 久石譲)を歌う米良美一は、女性のような高い声で歌うカウンターテナーが話題になり、この作品によって広く認知されるようになった。声優は平成狸合戦ぽんぽこのおキヨの石田ゆり子紅の豚のマンマユート・ボスの上條恒彦風の谷のナウシカのナウシカの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる