「みちのくプロレス」とは?

関連ニュース

<わたしの道しるべ>プロレスで元気を発信 - 01月14日(日)10:25 

宮城農高3年 古越彰さん(18)=仙台市宮城野区 ボクシング部に所属し、昨年8月まで主将を務めました。卒業後の今年4月にプロレスラーになります。みちのくプロレスの一員として東北の皆さんを勇気づけ、全国
カテゴリー:

元めちゃイケメンバーの三中のコンビ『dボタン』1月末で解散 相方はレギュラー決定 三中って健常者? - 01月05日(金)04:31  news

元めちゃイケメンバーだった三中元克のお笑いコンビ『dボタン』が1月末で解散すると、相方の臼杵寛の Twitterにて4日に発表された。 Twitterには「この度お笑いコンビ『dボタン』は2018年1月末を持ちまして『解散』致します。 めちゃイケを始め関わってくださった皆様お世話になりました!!」と投稿されている。 三中は2016年2月に『めちゃイケ』のレギュラーを賭けて残留オーディションを行った。 その際に三中と臼杵とでネタを披露するも、国民投票により番組降板が決定。 その後のネット配信番組で『サンプライズ』から『d...
»続きを読む
カテゴリー:

「みちのくプロレス」の画像

もっと見る

「みちのくプロレス」の動画

Wikipedia

みちのくプロレスは、東北地方を中心に活動するプロレス団体

概要

1992年10月1日、ユニバーサル・プロレスリングを退団したザ・グレート・サスケが設立。地域密着型プロレス団体を標榜して東北地方を中心に活動している。

日本では初のローカルプロレス団体であるが、これは「地方の小会場であれば会場使用料が安い」、「地方では娯楽が少ない為潜在的な客層がある」という経営戦略の一部でもある。また試合の宣伝、試合会場の設営と撤収は所属選手とスタッフが自ら行う「手作りプロレス」をコンセプトとし支出を抑えている。他にも初期の事務所と道場はサスケの実家の納屋を利用するなどし徹底した支出抑制策をとった結果、1回の興行の集客が200人から300人規模でも利益を上げる事に成功している(普段の興行で試合会場が満員になる事は少ないがプロレス団体としてのコンセプトとして観客数は水増しせず実数を公表している)。

サスケの個人的信条として経営者としての職務中もマスクをつけているが他企業(プロレス団体を含む)を訪問したり経理で金融機関を訪れ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる