「みずほ証券」とは?

関連ニュース

みずほ証券、資産承継ニーズへ対応強化 シニアコンサルタント増員 - 04月24日(火)06:00 

 みずほ証券の飯田浩一社長は23日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、主に80歳以上の高齢顧客を担当する「シニアコンサルタント」を今後1年で約6倍に増員する方針を明らかにした。社会の高齢化が進み資産承継ニーズが強まるのに対応し、態勢充実を図る。
カテゴリー:

みずほ証券:預かり資産「2兆円増」 飯田社長が目標 - 04月24日(火)00:00 

 4月1日付で就任したみずほ証券の飯田浩一社長(55)が毎日新聞のインタビューに応じ、グループのみずほ銀行やみずほ信託と連携を強化し、今年度の預かり資産を前年度比で2兆円増やす目標を明らかにした。
カテゴリー:

【悲報】容量減で「こっそり値上げ」 、消費者に見破られてしまう - 03月26日(月)00:50  news

2018年の春季労使交渉で賃金引き上げの明るい兆しが見え、消費拡大に期待が膨らむ春。ただ原料や物流コストなどの高騰が暗 い影を落とす。価格に上乗せしにくい企業は、価格は 据え置いて内容量を減らす苦肉の策で対応するが、消費者の間では買い控えが始まりつつある。 森永乳業は3月1日出荷分から粉末クリーム「クリープ」の実質値上げに踏み切った。明治は4月3日発売分からヨーグルト2商品の容量を450グラムから400グラムに減らし、 希望小売価格を10円下げる。一瞬、値下げか値上げか迷うが、 1グラムあたりの単価は0....
»続きを読む
カテゴリー:

「シニアコンサルタント」1年で6倍に増員へ みずほ証券の飯田浩一社長 - 04月24日(火)00:12 

 みずほ証券の飯田浩一社長は23日までに産経新聞のインタビューに応じ、主に80歳以上の高齢顧客を担当する「シニアコンサルタント」を今後1年で約6倍に増員する方針を明らかにした。社会の高齢化が進み資産承継ニーズが強まるのに対応し、態勢充実を図る。
カテゴリー:

あすの株価見通しは? 三浦豊氏が解説 4/16 15:21更新 - 04月16日(月)15:21 

16日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は先週末比56円79銭高の2万1835円53銭だった。17日の株価見通しについて、みずほ証券の三浦豊氏が解説する。
カテゴリー:

「みずほ証券」の画像

もっと見る

「みずほ証券」の動画

Wikipedia

みずほ証券株式会社(みずほしょうけん、英:''Mizuho Securities Co., Ltd.'')は、みずほフィナンシャルグループ傘下の大手証券会社である。

2009年5月7日に、上場企業の新光証券を存続会社として、ホールセール専業の(旧)みずほ証券と合併、いわゆるフルライン型とも称される総合証券会社となった。2013年1月4日に、主にリテール向けを手掛けてきたみずほインベスターズ証券を吸収合併し、みずほグループの証券部門を統一した。

概要 (旧)みずほ証券

前身は、みずほフィナンシャルグループ傘下である銀行の証券子会社であった第一勧業証券および富士証券と興銀証券であり、2000年9月29日の銀行持株会社であるみずほホールディングス(現・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる