「みずほ証券」とは?

関連ニュース

大人から子供まで、投資がより身近に――株価連動型のお買い物ポイント「STOCK POINT」が12月リリース - 11月20日(月)11:30 

金融ベンチャーのSTOCK POINTは11月20日、株価連動型ポイントサービス「STOCK POINT(以下、ストックポイント)」を12月20日に正式リリースすると発表した。また、同社はサイバーエージェントのポイントプラットフォーム「ドットマネー」との連携も併せて発表。ドットマネー上で交換ができるnanacoポイントやWAONポイントなどとSTOCK POINTを交換して運用できる「ポイント運用プログラム」を開始する。 ポイントを“運用”する ストックポイントは、企業の株価に所持ポイント数が連動するポイントサービスだ。同社が12月に開始する「ポイント運用プログラム」では、サーバーエージェントの「ドットマネー」が取り扱う60種類以上のポイントを自分の好きな企業のストックポイントに交換することができる。 ストックポイントは企業の株価に連動して所持ポイント数が毎日変化する。株価が上がって所持ポイント数が増えれば、そのストックポイントを元のポイント(例えばnanacoポイント)に交換しなおして消費することも可能だ。 また、STOCK POINTはSBI証券とみずほ証券との連携も開始する。ストックポイントを貯めたり運用したりして所持ポイント数がその企業の1株あたりの株価まで達すれば、それを実際の株式に変換することも可能だ。 ストックポイントを株式に交換する需要に備...more
カテゴリー:

スマホ証券One Tap BUYが25億円増資 ソフトバンクなど引き受け - 11月15日(水)21:51 

 スマートフォン専業証券One Tap BUY(東京)は15日、ソフトバンクなどを引受先とする総額25億円の第三者割当増資を実施したと発表した。調達資金で、新サービスに向けたシステム開発やマーケティング活動、サービスの利便性向上を推進する。増資に応じたのはソフトバンクのほかに、みずほ証券、ヤフー、ベンチャーキャピタルのモバイル・インターネットキャピタル。
カテゴリー:

スマホ証券One Tap BUYが、ソフトバンク、みずほ証券、ヤフー、MICを引受先とする総額25億円の第三者割当増資を実施 - 11月15日(水)15:00 

[株式会社One Tap BUY] One Tap BUYは、今回の調達資金を受けて、新サービスに向けたシステム開発や、マーケティング活動、サービスの利便性向上を推進する予定です。ソフトバンクとは、既存サービスとの連携などにより、決済機能などと...
カテゴリー:

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

ソフトウエアのバグは重過失か、みずほ証券・東証システム裁判の争点(システム裁判回顧録) - 11月14日(火)05:00 

 みずほ証券が東京証券取引所(東証)に対して約415億円の損害賠償を求める訴訟を起こしたのは、2006年10月27日のこと。証券会社が取引所を提訴した珍しい裁判となった。争点となったのは、「ソフトウエアのバグが重過失に当たるのか」という点だ。
カテゴリー:

スマホ証券のOne Tap BUY、ソフトバンクやみずほ証券、ヤフーから総額25億円を調達 - 11月16日(木)10:30 

One Tap BUYは11月15日、既存株主であるソフトバンク、みずほ証券、モバイル・インターネットキャピタルに加えて、新たにヤフーを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額25億円の資金調達を実施したと発表した。
カテゴリー:

スマホ証券One Tap BUYがソフトバンクやヤフーらから25億円を調達――アプリDLは60万件、口座開設数は7万件突破 - 11月15日(水)15:00 

1000円から株式を売買できるスマホ証券取引アプリ「One Tap BUY」。同アプリを提供するOne Tap BUYは11月15日、ソフトバンク、みずほ証券、モバイル・インターネットキャピタル、ヤフーを引受先とした第三者割当増資により、総額25億円を調達したことを明らかにした。 One Tap BUYは2016年7月にソフトバンクから10億円、2017年2月にみずほキャピタル、 モバイル・インターネットキャピタル、ソフトバンク、みずほ証券から15億円を調達。そのほかDBJキャピタルやオプトベンチャーズなども過去に出資していて、今回新たな株主としてヤフーも加わった。 One Tap BUYについてはTechCrunchでも何度か紹介してきたが、スマホから手軽に株式投資をできるアプリだ。スマホを3タップするだけで、1000円から株の取引が可能。株式投資のハードルを下げ、投資経験のないビギナーを中心にユーザーを拡大してきた。 2016年6月にアメリカ株の取引アプリとしてローンチし、2017年2月からは日本株の取り扱いも開始(7月からは日本株個別銘柄にも対応)。サービスの拡大に合わせてTVCM等も展開したことで、9月度の月間口座開設数が1.5万件と急増した。10月には累計アプリダウンロード数60万件、累計口座開設数が7万件を突破している。 2017年9月時点でのユーザー属性 O...more
カテゴリー:

みずほFGが構造改革 従業員1.9万人、100店舗削減へ - 11月14日(火)18:05 

みずほフィナンシャルグループ(FG)が、10年後の「将来」を見据えて抜本的な構造改革に乗り出す。2017年11月13日の記者会見で明らかにし、公式サイトでも資料を公開した。目指すべき方向として、「テクノロジーの活用」「他者連携等のオープンな取り組み」「グローバルな視点」を掲げる。 中間純利益は11.5%減、2年連続の減益 みずほFGの構造改革は、ITや人工知能(AI)などのテクノロジーを活用することで業務量を削減するのが柱。2026年度末までにグループの従業員数を約1万9000人減らす方針で、17年3月末時点で7万9000人いる従業員(臨時従業員含む)を6万人にスリム化する。 また、グループ傘下のみずほ銀行とみずほ信託銀行、みずほ証券の店舗の統廃合や共同店舗化を進め、24年度末までに現在約500ある国内拠点を約400拠点に減らす。 なお、11月13日に発表した17年4~9月期連結決算は、純利益が前年同期比11.5%減の3166億円だった。減益は2年連続。マイナス金利の影響で、銀行業務の収益力が悪化している。 【関連記事】「CPTPP」大筋合意 自動車など期待、農産品は不安 常勤医の「ブラック職場」 約8割が当直後に連続勤務 EVカーの充電、5分で完了! 中国で実用化へ 栃木のベンチャー企業が開発 ...more
カテゴリー:

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

【企業】みずほFG、100拠点削減へ 1.9万人縮小発表 「抜本改革必要」と佐藤康博社長 - 11月13日(月)17:50  newsplus

みずほFG、100拠点削減へ 1.9万人縮小発表 「抜本改革必要」と佐藤康博社長 2017.11.13 17:19 http://www.sankeibiz.jp/business/news/171113/bse1711131719001-n1.htm  みずほフィナンシャルグループ(FG)は13日、2024年度末までに国内拠点の約2割に当たる100拠点を削減して約400拠点にすると発表した。従業員は26年度末までに約1万9千人減らす。歴史的な低金利で貸し出し利ざやが縮小し、経営環境は厳しさを増しているため、経費削減などで収益性の向上を図る。佐藤康博みずほFG社長は東京都内で...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「みずほ証券」の画像

もっと見る

「みずほ証券」の動画

Wikipedia

みずほ証券株式会社(みずほしょうけん、英:''Mizuho Securities Co., Ltd.'')は、みずほフィナンシャルグループ傘下の大手証券会社である。

2009年5月7日に、上場企業の新光証券を存続会社として、ホールセール専業の(旧)みずほ証券と合併、いわゆるフルライン型とも称される総合証券会社となった。2013年1月4日に、主にリテール向けを手掛けてきたみずほインベスターズ証券を吸収合併し、みずほグループの証券部門を統一した。

概要 (旧)みずほ証券

前身は、みずほフィナンシャルグループ傘下である銀行の証券子会社であった第一勧業証券および富士証券と興銀証券であり、2000年9月29日の銀行持株会社であるみずほホールディングス(現・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる