「ほくろ」とは?

関連ニュース

『コウノドリ』星野源が四宮先生になる瞬間 「知らなかった」の声も - 09月14日(木)07:00 

(画像はInstagramのスクリーンショット)音楽家、俳優、文筆家などさまざまな顔を持つマルチな人、星野源。10月開始のドラマ『コウノドリ』(TBS系)では、前シーズンに続き医師・四宮春樹役を演じる。そんな中、『コウノドリ』公式SNSが彼に関するとある写真を投稿し、話題に。■星野源が四宮春樹になる瞬間とは【四宮役 星野源さんクランクイン❗️】本日コウノドリは絶賛撮影中です。そして、ペルソナの皆さんがぞくぞくクランクインしております。まずは四宮先生!星野さんがホクロを描いて四宮先生になる瞬間をお届けします! #tbs #コウノドリ #10月13日スタート pic.twitter.com/y8pnWfRkBn— 「コウノドリ」2017年10月スタート! (@kounodori_tbs) September 11, 201711日の投稿。星野が目元にほくろを描かれている瞬間を写した写真だ。「ほくろを描くことってあるんだな…」と思うと同時に、彼のカメラ目線がなんだかクセになる1枚である。■ファン「知らなかった」「カッコイイ!」この投稿に対し、ファンからは以下のような声が寄せられることに。・うっっ。カッコイイ⋯・もう、カッコよすぎてしんどい・あああ! しのりんのほくろになりたい!・そのカメラ視線で気絶・こ、これは…この表情は…星野源から四宮春...more
カテゴリー:

「ほくろ」の画像

もっと見る

「ほくろ」の動画

Wikipedia

ほくろ黒子、英語:mole)は、メラニン色素を含む細胞、即ちメラノサイトが、皮膚の一部に周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。

メラノサイトが一層に並んでいるものを、狭義の黒子(こくし、lentigo)と言い、メラノサイトが重層し、しばしば持ち上げられた表皮が盛り上がって見えるものを色素性母斑(pigmented nevus)あるいは母斑細胞性母斑(nevus cell nevus/nevocellular nevus)と言う。また、この場合、母斑を形成するメラノサイトを特に母斑細胞(nevus cell/nevocyte)と呼ぶ。

体表からは、黒く見えるのが一般的であるが、皮膚の深い部分でのメラノサイトの増殖の場合、青く見えることもある(青色母斑という)。一般には過誤腫的なものと考えられているが、WHO分類では色素性母斑に限っては良性腫瘍として扱い、組織型のICD-Oコード付けが成されている(8720/0など)。

語源

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる