「ふるさと納税」とは?

関連ニュース

返礼品にキャンピングカー?寄付殺到の背景 5/22 19:11更新 - 05月22日(月)19:11 

過熱する“ふるさと納税”の返礼品競争に対し、国は趣旨にあわない高い返礼品をやめるよう求めているが、見直し前の今、“駆け込み寄付”が増えている。こうした中、ある自治体では返礼品に高額のキャンピングカーを用意する所も。背景には何があるのか。
カテゴリー:

【ZOOM東北】ふるさと納税返礼沈静化に戸惑い 「街おこしに水を差しかねない」 問われる地方創生の仕組み作り - 05月22日(月)13:55 

 応援したい自治体に寄付すると住民税などが軽減される「ふるさと納税」で、受け取る返礼品の価格を寄付額の「3割以下」とするよう総務省が各自治体に出した要請に波紋が広がっている。豪華な返礼品をめぐり過熱した競争を沈静化する狙いだが、東北からも「街おこしに水を差しかねない」と戸惑いの声が出ている。制度をきっかけとした地方創生の仕組み作りが問われている。
カテゴリー:

「セカオワ」ら著名人も支援、犬殺処分ゼロでふるさと納税を集めるNPOの偽善 - 05月22日(月)08:00 

■犬「殺処分ゼロ」でふるさと納税をかき集める「NPO」偽善の履歴書(上)  犬の殺処分――。いやな言葉である。なくなるに越したことはない。だが、「ゼロ」という数字を看板に掲げて資金を得るために、ただ生かされているだけだとしたら。そんな団体が、名立たる日本人大リーガーやロックバンドを広告塔に伸しているとしたら……。  ***  戦争で無辜の民が命を奪われるのはいたたまれないが、多くの人にとって“家族”でもある犬が、無益な殺生の対象になるとしたら、やはり、いたたまれないと感じる人が多いだろう。  昨今、ネット上にかわいい犬の動画があふれ、それが連日、バラエティ番組などで紹介され、視聴者はほっこりしている。だが、その一方で、いまも猫をふくめて年間10万頭近くが全国で殺処分の対象になっていると聞かされれば、なんとかして救えないか、と思うのが人情というものだ。  そこに犬の救世主のごとく現れたのが「ピースワンコ・ジャパン」だった。災害時などに人道支援をするNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(以下、PW)が、東日本大震災後に始めたものだ。  その後、PWの所在地が広島県神石高原町に置かれたのには理由がある。地元の記者の説明によれば、 「人口1万人未満の神石高原町が町おこしにNPOを誘致したのが始まりで、折しも広島県の犬猫の殺処分数は、2011年度が8340頭、12年度が7350頭と全国...more
カテゴリー:

福井県の自治体の「ふるさと納税」返礼品ベスト3! 総務省の「返礼率規制」の通知に異議を唱えている 福井県は、カニ・エビ・フグなど海産物が超充実! - 最新記事 - 05月21日(日)08:00 

「ふるさと納税の返礼品がショボくなるって聞いたけど…」という人は多いのでは? 4月1日に「ふるさと納税の寄付金に対して返礼品の調達価格は3割以下」などの内容の総務相通知が出たことで、多くの自治体はふるさと納税の内容の見直しを迫られている。でもご心配なく! 変わらずお得な品がまだまだたくさんあるからだ!ダイヤモンド・ザイ7月号では、「ふるさと納税ベスト55」を特集し、総務相の通知後でも変わらずお得&ふるさと納税を新設&リニューアルした自治体を厳選して掲載している。今回はそのなかから、総務相の通知に意義を唱えたことで話題の福井県のおすすめ返礼品ベスト3を紹介しよう!
カテゴリー:

肺がんステージ4だった大林宣彦監督 構想40年の新作 - 05月21日(日)05:58 

 4月末、大林宣彦監督(79)の最新作のスタッフ向け試写会が都内で行われた。 「戦前の佐賀県唐津市を舞台にした青春群像劇で『花筐(はなかたみ)』という3時間もの大作なんですが、上映前に大林監督が挨拶に立ったんです。すると“昨年8月のロケ開始直前に、肺がんのステージ4で余命6カ月と宣告された”と言うので驚きました。少しやつれて見えたけど、元気そうでしたからね」(関係者)  すでに医者の言う寿命は過ぎている。だが、この新作にかける思いは並々ならぬものだったようなのだ。  事情通が語る。 「同名の原作は檀一雄(1912~76)が37年に発表した初期作で、三島由紀夫が絶賛した作品としても知られています。舞台は架空の町とされていますが、実は唐津をイメージしていたと確認したのが大林監督。まだ自主映画やCM監督として活動していた頃に、この作品の映画化を思いつき、福岡の能古島(のこのしま)で晩年を過ごす檀さんを訪ねて許可をもらい、唐津を巡り、シナリオも書き上げていたのです」  監督は劇場デビュー作としてこの作品を考えていた。が、77年に公開されたのは、池上季実子のヌードも拝めるコメディホラー「HOUSE ハウス」だった。  その後「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」といわゆる尾道三部作でファンを増やし、近年は古里映画と称して地域に根ざした作品を発表していた。 「その集大成と言えるのが『花筐...more
カテゴリー:

鹿児島県曽於市、ふるさと納税返礼にキャンピングカー 総務省通達に「知名度上がった。続けたいが...」 - 05月22日(月)17:09 

鹿児島県曽於(そお)市が、ふるさと納税500万円以上の寄付者を対象に1台約300万円のキャンピングカー5台を用意し、2017年5月1日から受け付けていたが、19日までに5件の申し込みがあり終了した。
カテゴリー:

犬殺処分ゼロを掲げるNPO、保護犬に不妊・去勢手術せず 杉本彩も「動物愛護ではない」 - 05月22日(月)08:01 

■犬「殺処分ゼロ」でふるさと納税をかき集める「NPO」偽善の履歴書(下)  広島県神石高原町に所在地を置くNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」が始めた「ピースワンコ・ジャパン」は、“県内の犬の殺処分ゼロ”を看板に掲げる団体である。その活動は日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」などメディアでも取り上げられ、人気バンドSEKAI NO OWARIは支援ソングを発表。神石高原町へのふるさと納税の形でもPWは活動資金を得ている。  ところが、今年3月に30を超える動物愛護や福祉関係の団体がピースワンコの代表者ら宛てに公開質問状を提出。その内容は、「ゼロ」と謳っていながら52頭が殺処分されている点や、保護犬に不妊去勢手術を行わずに譲渡を行っている現状について質すものである。  ***  質問状への回答によれば、ピースワンコの施設が収容する犬は1166頭で、不妊・去勢手術を施したのは27頭。また、施設での犬たちの暮らしぶりについて「犬の頭数に対してスタッフが少なすぎる」とピースワンコでのインターンを経験した女性は指摘する。  調布市のつつじヶ丘動物病院の菅井龍院長は、 「一般論ですが、不妊手術をしていない1000頭以上の犬に対し、数十人で繁殖制限をするのは非常に難しいと思います」  と、こう続ける。 「動物病院と愛護団体は一概に比較できませんが、目安にはなると思う。私たちの病院では獣医師や...more
カテゴリー:

「ネットマネー」7月号好評発売中 - 05月22日(月)05:00 

 月刊『ネットマネー』7月号(特別定価750円)が好評発売中です。特集は「150銘柄を独自調査!10万円株で10倍高攻略」。サラリーマンが少額資金で資産倍増が狙える割安成長&高配当株を網羅しました。大好評の別冊付録は、優待品の到着めどを全銘柄掲載した「株主優待110銘柄ランキング」。他に「IPO株で大儲けする超簡単テク入門!」「まだ間に合う!あなたの老後を救う新アパート投資術」「緊急特集どうなる?『ふるさと納税』豪華返礼品」も。発行・産経新聞出版。
カテゴリー:

【ふるさと納税】返礼品に軽キャンピングカー5台…申し込み5件 - 05月21日(日)06:03 

2017年05月20日 18時04分 返礼品と同型の軽キャンピングカー(鹿児島県曽於市で)=金堀雄樹撮影 (ソースに画像あり)  鹿児島県曽於そお市が、500万円以上のふるさと納税の返礼品として軽キャンピングカー(300万円相当)5台を用意したところ、 19日までに5件の申し込みがあった。  資産性の高い返礼品などを自粛するよう総務省が4月に通知したばかりだが、市は「以前から準備を進めてきた。問題はないと認識している」としている。  市内の自動車改装会社が軽トラックを改造した軽キャンピングカーは、荷台部...
»続きを読む
カテゴリー:

【ふるさと納税】返礼品に軽キャンピングカー5台…申し込み5件 - 05月20日(土)20:42 

 鹿児島県曽於そお市が、500万円以上のふるさと納税の返礼品として軽キャンピングカー(300万円相当)5台を用意したところ、19日までに5件の申し込みがあった。  資産性の高い返礼品などを自粛するよう総務省が4月に通知したばかりだが、市は「以前から準備を進めてきた。問題はないと認識している」としている。  市内の自動車改装会社が軽トラックを改造した軽キャンピングカーは、荷台部分にベッドや冷蔵庫などを備えている。愛好家らに人気で、2012年の「ものづくり日本大賞」で九州経済産業局長賞を受賞した...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ふるさと納税」の画像

もっと見る

「ふるさと納税」の動画

Wikipedia

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、日本個人住民税の制度の一つで、日本国内の任意の地方自治体都道府県市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるものである(ただし一定の制限や限度がある)。「ふるさと寄附金」とも呼ばれる。

概要

ふるさと納税の法源は地方税法第37条の2にある。これは2008年4月30日に公布された「地方税法等の一部を改正する法律」(平成20年法律第21号)地方税法等の一部を改正する法律による。第37条の3中「前2条」を「前3条」に改め、同条を第37条の4とし、第37条の2中「前条」を「前2条」に改め、同条を第37条の3とし、第37条の次に次の1条を加える、と定め、従前の地方税法に「(寄附金税額控除)」、第37条の2を挿入した。第37条の2はその後平成23年法律第83号により改正され現在に至っている地方税法(法庫)。

ふるさと納税は、個人住民税の寄附金税制が拡充されたものである。地方自治体に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分(所得税は2009年分まで寄附金の5,000円を超える部分、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる