「ふたり」とは?

関連ニュース

愛が枯れて、終わるのは、こういうとき。 - 02月25日(日)19:00 

今は想いが一方通行だけど、そのうち両想いになる可能性を秘めるのは、楽しい片想い。けれど、付き合ってるのに「片想い」しているように感じるのは、恋愛において最も苦しいことのひとつ。離婚から立ち直る方法をコーチングするBrenda Deschampsさんが、「Your Tango」に綴る4つのサインに共感してしまったのなら、もう恋の終わりを、認めないといけないのかも。01.相手から連絡をしてこない連絡をとり始めるのはどっち?電話もメールもあなたから?返信がくるのは数時間後、もはや全く返ってこなかったり…なんてことになっていない?本来好きな人とは、自然と連絡を取りたくなるもの。とくに中身がなくても、電話で声が聞きたかったり。それぞれの性格もあるので、一概には言えませんが、お互いに連絡頻度が同じくらいなのがやっぱりベスト。電話でもメッセージでも、何かしらの連絡を安心して取りあえてこそ、絆は深まるものです。02.私に興味ないのかな?と思うことがある彼はあなたにどう愛情を注いでいますか?恋愛とは、一緒に時間を過ごすことで相手のニーズを掴んでいくプロセス。愛情とはセックスのみならず、肌と肌の触れ方、言葉遣い、些細な気配り、そしてやさしさから滲み出るものです。彼から感じる愛情が薄れてきている、もしくは完全に失われているように感じてしまった時点で、本当は赤信号だと思います。03.一緒にい...more
カテゴリー:

高橋一生×齋藤工「ライバルはユーチューバー!?」静かに語った家族&映画のこと - 02月25日(日)14:00 

映画『blank13』は、これまでも“齊藤工”名義で写真家、短編映画の監督、クレイアニメの原案・企画・制作・声の出演、映画情報番組のMCなどマルチな活動を続けてきた俳優の斎藤工の長編監督デビュー作。 【写真21枚】高橋一生、齋藤工の撮り下ろし、『blank13』の場面写真をさらに見る 放送作家・はしもとこうじの実話をベースにした本作は、13年前に蒸発した父親(リリー・フランキー)が、ガンで余命わずか3ヶ月の状態で見つかったことから再び動き出す家族の物語を描くもの。第20回上海国際映画祭「アジア新人賞部門」最優秀新人監督賞をはじめ、すでに国内外の映画祭で高い評価を得ています。 そこで今回は、そんな話題作のメガホンをとった齋藤工さん(俳優として、長男・ヨシユキ役も兼任)と、現金輸送車の警備員の仕事をしている次男の主人公・コウジを演じた高橋一生さんにインタビュー。 出会いからお互いの印象、本作に向かう姿勢やそこに込めた思いなどを伺いました。 自分にしか撮ることができない映画を目指した(齋藤) ――『blank13』は放送作家・はしもとこうじさんの実体験がベースになっていますが、長編初監督作品になぜその題材を選ばれたんですか? 齋藤:最初は映画ではなく、完成した作品の後半の葬儀場のシーンにあたるコント映像の企画で、そこがはしもとさんの実話に基づいたものだったんです。 それが...more
カテゴリー:

「隠し事なしの関係」って、そんなにいいもんじゃないよ - 02月25日(日)12:18 

「なんでも言い合える関係になろう」こんなスローガンを掲げて意気揚々と次からのデートに臨むも、仲良くなるどころか逆に関係にヒビが入ってしまったなんていうのは、この仕事をしているとよく聞く相談だったりします。こういうのは、「彼氏に本当に伝えたいことを伝えられていない気がする。だから、相手も私に対して心を開いてくれないんだ」みたいな悩みから端を発することが多いように思います。たしかに、伝えたいことがあるのに、本当はもっとビシッと伝えたいはずなのに、彼の前に出るといい顔ばかりしてしまうというのはそれなりに問題かもしれませんが、なんでもかんでもとりあえず伝え合うっていう関係は、「素直」とか「対等」っていうんじゃなくて、なんか窮屈な関係なんじゃないかという気がします。■「伝えない」ことで保たれるバランス冒頭であんなふうに書いておきながら、実は他ならぬ私自身がこの体験者です。大学1年生のときに付き合っていた彼がいましたが、そのとき先輩から「お互いになんでも伝え合うことが長続きの秘訣だよ」って聞いたので、早速実践してみたんです。そしたら・・・・・・。まあうまくいかないこと。頻繁に「女子と遊び行くわ」みたいなことを言われたり、「正直、ごちそうしてもらってお礼言わないとかどうかと思うわ」とか不満もたくさん伝えられました。「お互いの将来のために、小さなことでも我慢せずに言い合お?」って私から提案したくせ...more
カテゴリー:

【芸能】辺見えみり&松田賢二が離婚「お互い前へ進む為の選択」 - 02月25日(日)12:09  mnewsplus

 タレントの辺見えみり(41)と俳優・松田賢二(46)が離婚したことが25日、わかった。それぞれのブログで報告した。  辺見は自身のブログで「このたび私たち夫婦は離婚することとなり、先日届け出をすませました。結婚の際に祝福してくださった皆様。このような結果に なってしまい…本当に申し訳ありません」と報告し「良い方向に行くようにと、この何年かふたりで何度も話し合い、いろんな形を模索してみましたが、 別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました」と説明。    松田も「このたび僕たち夫婦は...
»続きを読む
カテゴリー:

辺見えみり、松田賢二との離婚を報告「別々の道を歩むことが最良の選択」 - 02月25日(日)10:45 

タレントの辺見えみりが25日に更新したアメブロで、俳優・松田賢二と離婚したことを発表した。 辺見と松田は2011年に結婚。2013年には第1子となる女児が誕生している。辺見はブログで「私事で恐縮ですが、ご報告申し上げます。このたび私たち夫婦は離婚することとなり、先日届け出をすませました」とすでに離婚が成立していることを報告。「良い方向に行くようにと、この何年かふたりで何度も話し合い、いろんな形を模索してみましたが、別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました」と離婚に至った経緯を説明した。 1人娘に対しては「本当に申し訳なく思っており」とし、「これからもふたりで協力し合いながら子育てしていきたいと思っています」と松田と協力しながらやっていくとしている。続けて「この7年間一緒に過ごした時間は、私にとって大切なものです」と思いを述べ、ファンや娘の学校の先生方などに向かって「これからも、よろしくお願い致します」と呼びかけている。 また、松田も「ご報告」と題したブログを更新。離婚したことを報告するとともに、「えみりさんには感謝しています。結婚してよかった」と辺見に謝辞を述べた。続けて「娘は宝物。これまでの思い出も宝物です。父として母として共に、これまで以上に娘を大切にしていきます」とつづっている。 【関連記事】 ・ご報告があります(辺見えみりオフィシャルブログ) ・ご...more
カテゴリー:

【音楽】リアム・ギャラガー、前歯を失った2002年ミュンヘンでの大乱闘を語る。「ドイツの警察にペンチで抜かれた」 - 02月25日(日)14:09  mnewsplus

リアム・ギャラガー、前歯を失った2002年ミュンヘンでの大乱闘を語る。「ドイツの警察にペンチで抜かれた」 リアム・ギャラガーがオアシスとして2002年に訪れたドイツでの乱闘事件の詳細を明らかにしている。 リアムは「BRIT Awards 2018」出演や最近の心境について「The Guardian」紙の取材を受けており、記者としてはリアムが崇拝する60年代のアーティストの話を聞けたらと思い、取材に臨んでいたという。 取材ではリアムの不屈の自信について話がおよび、その源泉は何なのかという問いにリアムは次のように答えていたという。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

元AKB大和田南那&よしもと芸人の大阪デートが話題 - 02月25日(日)12:45 

AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』のシーズン3『真冬のオオカミくんには騙されない』(毎週日曜よる10時~)に出演中のお笑いコンビ・いなかのくるまの木佐凌一朗が23日、自身のオフィシャルブログを更新。 元AKB48メンバーで現在女優として活躍する大和田南那との“大阪デート”を振り返り、反響を呼んでいる。 同番組は、本気で恋愛をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー番組。ただし、男子の中には嘘をついたり、好きでもないのに好きなフリをして恋を邪魔する「オオカミくん」が最低でも1人混ざっており、よりリアルな恋愛模様を引き起こすことが見どころの1つとなっている。 シーズン3に出演するのは、女性4名、男性5名。女性メンバーは大和田のほか、シリーズ初のファッション誌『Seventeen』からの出演となるモデル・マーシュ彩、劇団4ドル50セントに所属し、女優・石原さとみ似としてネットで注目を集める安倍乙、アーティスト・ラッパーとして活動し「りんねラップ」で話題を呼んだ吉田凜音。男性メンバーは木佐のほか、モデル・若槇太志郎、ファッション誌『Popteen』メンズモデルのバンダリ亜砂也、2017年『JPSAプロサーフィンツアー第6戦サーフアイランド種子島プロ』での優勝実績を持つプロサ...more
カテゴリー:

若いうちから知っておきたい「人に任せるということ」 - 02月25日(日)12:18 

高校生くらいだと、自分の代わりに友達に告白してもらう、というパターンがあるのかもしれません。オトナになるともう少しやり方がこなれてきて、好きな彼が参加する飲み会をチェックして自分もかならず参加する、というやり方になるのかもしれません。なんの話かと言えば、「人に任せること」がうまくなれば、自然と彼氏ができるようになる、というお話です。■ほんの10年前の恋愛ハウツーが通用しない時代「片思いの彼にどうやって告白すればいいのでしょうか」という恋愛相談って、わりと多くて、その答えはつねに「自分から告白するのは二流です。一流は相手に告白させるように仕向けます」というものです。がしかし、自分から告白する勇気のない男子が増えたからか、この答えがなかなか通用しなくなりました。むかしは、と言っても、ほんの10年前くらいは、男子に告白させるように仕向ける女子が非常に多かった印象があります。ふたりで飲みに行って、なんだかんだ言い訳を述べて彼の部屋に上がり込んで、ソファに並んで座って彼の肩に頭をちょこんと乗せて、彼が手を出してくるのを待っていた女子って、むかしはそれなりにいたと思うんです。今は、彼女と並んでソファに座っても、手を出してこないどころか、「終電がなくなるから、早く帰りなよ」なんて、空気が読めない男子が増えたのか、このテクがマイナーなものになっているように感じますが、いかがでしょうか?■人をうまく...more
カテゴリー:

辺見えみりがブログで離婚報告 2度目の結婚生活にピリオド - 02月25日(日)12:00 

タレントの辺見えみり(41)が2月25日、ブログを更新。夫で俳優の俳優の松田賢二(46)との離婚を報告した。 辺見は「ご報告があります」と題し冒頭で「私事で恐縮ですが、ご報告申し上げます。このたび私たち夫婦は離婚することとなり、先日届け出をすませました」と、すでに離婚届を提出したと明かした。 辺見は2011年に“仮面ライダー” 俳優の松田と再婚。結婚当初は「すごく幸せ」と報道陣に笑顔を見せることもあった。辺見は「結婚の際に祝福してくださった皆様。このような結果になってしまい…本当に申し訳ありません」とお詫びの気持ちを示した。 離婚に至る経緯については「良い方向に行くようにと、この何年かふたりで何度も話し合い、いろんな形を模索してみましたが、別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました」とつづった。 第1子となる4歳の娘についても言及。「私達の勝手な選択に巻き込んでしまった娘に対しては本当に申し訳なく思っており、子供に関しては、これからもふたりで協力し合いながら子育てしていきたいと思っています」と、今後に向けての姿勢を明かしている。 そして辺見は「この7年間一緒に過ごした時間は、私にとって大切なものです」と、自身にとって2度目となる結婚生活を振り返った。 2人の離婚は本誌がスクープ。近日離婚を発表すると、25日付で報じて...more
カテゴリー:

辺見えみり&松田賢二が離婚 - 02月25日(日)10:10 

 タレントの辺見えみり(41)と俳優・松田賢二(46)が離婚したことが25日、わかった。それぞれのブログで報告した。 <写真>2015年に雑誌で初ツーショット公開  辺見は自身のブログで「このたび私たち夫婦は離婚することとなり、先日届け出をすませました。結婚の際に祝福してくださった皆様。このような結果になってしまい…本当に申し訳ありません」と報告。「良い方向に行くようにと、この何年かふたりで何度も話し合い、いろんな形を模索してみましたが、別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました」と説明。  松田も「このたび僕たち夫婦は離婚いたしましたことをご報告させていただきます。お互い前へ進む為の選択です」とつづった。 【関連記事】 夫で俳優・松田賢二の写真付きプロフィール 辺見えみり、初の夫婦ツーショット披露 (15年02月06日) 辺見えみり&松田賢二、第1子誕生に歓喜 ブログで報告 (13年06月14日) 辺見えみり、がん再発の父・西郷輝彦と電話「元気な声だった」 (17年12月14日) 辺見えみり・松田賢二夫妻が挙式報告 コメント全文(11年06月09日)
カテゴリー:

もっと見る

「ふたり」の画像

もっと見る

「ふたり」の動画

Wikipedia

ふたりは、赤川次郎の小説。1989年1月新潮社刊。事故死してしまったしっかり者の姉と、姉に頼ってばかりいた妹との、奇妙な共同生活を温かくつづる。大島弓子がカバーイラストを手がけた。

発行部数は2003年時点で約230万部。赤川次郎の代表的作品であり、本人も名刺代わりの作品であると述べている。本作の後半では父親の不倫話も扱っているが、子どもの読者層に配慮して書かない方がいいのではないかという意見もあったという。しかし子どもだからファンタジーというのは間違いであり、実際に子どもの身にも起こりうることは小説の中で経験しておいてほしいという赤川の思いからそのまま執筆された。

あらすじ

北尾実加が中学2年の時、高校2年の姉・千津子は、成績優秀でピアノが上手くスポーツも得意で、高校の演劇でヒロインを務め、教師や同級生からも慕われていて、実加も憧れていた。しかし、ある日の登校中に交通事故に巻き込まれ、突然この世を去ってしまう。ところがその後、死んだはずの姉の声が実加の頭の中に聞こえてくるようになった。姉の声は自分にしか聞こえないけれど、自分を確実に見守ってくれていた。

千津子の死で精神的に不安定になった母、突然単身赴任する父、親友の父の死や心中騒動など、実加の周りでは様々な事件が起こる。姉が得意だったピアノやマラソン、演劇での活躍、そして、恋と友情。姉のアドバイスもあり実加はそれらの困難を乗り越えて次第に精神的にも成長していく。様々な経験を通じていつしか実加が姉の年齢に近づいたとき、父の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる