「ふかわりょう」とは?

関連ニュース

『わにとかげぎず』本田翼の大胆発言が話題 興奮する男性も - 07月27日(木)16:30 

(画像はYouTubeのスクリーンショット)お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平主演のドラマ『わにとかげぎず』(TBS系)が26日に第二話の放送を迎えた。しらべぇドラマ班では先週の第一話レビューも行い、そこでヒロインを務める女優・本田翼のセクシーさにじみ出る演技を紹介したが、第二話も同様の結果に。全国の男性ばっさーファンが歓喜する事態となっている。■第二話はこんな感じ警備員として働く富岡ゆうじ(有田)が家に戻ると、たまたま知り合ったホームレスのオヤジ(光石研)がヤクザ風な男たち(福山翔太・ACE)に暴行を受けた後だった。彼らはオヤジに金を貸している闇金業者で、オヤジの身を案じた富岡は、友達として借金を肩代わりすることに。その後も、富岡のもとに「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」と書かれた怪文書が届き続ける。犯人を突き止めようと思った富岡は、勤務先のスーパーの入り口付近で段ボールの中に入って待機。結果、文書の主はオタク風な男子・雨村勇(吉村界人)で、富岡は彼を走って捕まえるのだった。■本田翼のユルさがたまらなくかわいいそんな中、視聴者の注目を集めたのが本田演じる羽田のかわいさだ。富岡に好意を持っている彼女は、富岡が玄関先で眠ってしまうとベッドまで運ぶと、ひとり興奮。「超絶かっこいい」「初めて見たときからわかってたけど、目がくらむほどかっこいい」と、ひとり床の上でバタバタ。そ...more
カテゴリー:

マツコが「突然の電話を避ける人」に呆れ 「急にかかってくるものでしょ?」 - 07月25日(火)17:30 

©sirabee.comインターネットの普及により、電話ではなくメッセージアプリやSNSを通じて連絡をとる人が増えてきた。中には「電話がキライ」という人もいるだろう。24日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)でのマツコ・デラックス(44)の発言が話題に。■電話に肯定的なマツコ番組では、メールやメッセージアプリなどの普及により、ビジネス現場での電話に戸惑う人たちについての記事をとりあげた。記事によれば、「いきなり電話をすると強制的に先方の時間を奪いかねない」との理由から、電話を避けてメールなどで会話をするようだ。マツコはこれについて、「『いまから電話してよろしいですか?』ってメールするじゃない? それに対して答えなきゃいけないほうがよっぽど相手の時間を奪ってない?」と否定的な様子。「電話して出なかったら忙しいんだな、で終わりじゃない」とし、電話の受け手側も、よっぽどの状況ならマナーモードなどにしているはずと指摘した。■「心の準備をしてからかける」の声も一方、MCのふかわりょう(42)は記事に共感のようで、マツコに「(電話が)急にかかってきたらビックリしませんか?」と質問。マツコは「電話って急にかかってくるもんでしょ?」と反論。ふかわによれば、時代とともに電話の距離感が違うとのこと。自身はメールなどでワンクッション置きたいという。また、若林史江氏もふかわと同意見のようで...more
カテゴリー:

【テレビ】美保純「笑っていいとも!」で大失態の過去 そのときタモリがした対応は? - 07月19日(水)21:16  mnewsplus

19日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、女優・美保純が「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に出演したときの大失態を明かした。 番組では、視聴者に「お酒で大失敗したこと」を募集し、美保も過去に酒で失敗したエピソードを披露した。美保は20代のとき、昼に生放送されていた番組「笑っていいとも!」のトークコーナー「テレフォンショッキング」に出演したという。 ところが、当日の朝まで飲んでいたため、酔っ払ったまま出演したというのだ。この話にスタジオからは驚きの声が上がり、司会のふかわりょうも「よく飲めましたね...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】 元テレビ朝日アナウンサーの南美希子が枕営業をしていた女性の末路を語る - 07月12日(水)12:22  mnewsplus

11日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、元テレビ朝日アナウンサーで現在はコメンテーターやエッセイストとして活動する南美希子が、業界内での枕営業に言及した。 番組序盤の「視聴者生投票」のコーナーでは、「『悪女』がのし上がるのを見たことありますか?」というテーマを発表した。 このテーマについてコメントを求められた、ゲストコメンテーターの南は「私の周りで知ってるのはやっぱり、男の人と寝て利益を得た人ですけど」と、 周囲で枕営業をしていた女性がいたことを明かす。 続けて「ただそういうおじさんって『オ...
»続きを読む
カテゴリー:

欲求不満な女性は「炙りサーモン」寿司が好き? 意外な新説に視聴者も驚愕 - 07月26日(水)10:00 

25日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、「欲求不満の女性は声が大きい」かどうかを検証。その結果、欲求不満の女性が好きな寿司が「炙りサーモン」だという新たな共通点が発覚し、視聴者も驚愕している。(C)ぱくたそ■欲求不満女性は声が大きい?番組では「大声でしゃべる女性は快楽に飢えている」という記事を受け、それが真実かどうかを調査。インタビュー時の声の大きさをマイクで測定する。まず新婚なのに遠距離で生活する、欲求不満の番組アシスタント・上田まりえ(30)にインタビュー。室内の女性は平均65デシベルの声量だが、上田は100デシベルと説を立証する結果に。■「声の大きさ」実際は…続いて夏の逗子海岸を楽しむ肉食女性で検証開始。海岸での平均声量は85~90デシベルだが、新婚なのに「旦那が仕事で疲れてご無沙汰」という女性は103デシベルを記録。3年ほど彼氏がいない女性は108デシベルと欲求不満と声の大きさが比例する可能性を示す。しかし、最終的に39名の欲求不満女性に声をかけ平均声量は約89デシベル。これは成人女性の平均90デシベルとほぼ同じで、欲求不満と声の大きさが関連しない結果となった。■共通点は「炙りサーモン」?声の大きさが欲求不満に関連しなかったが、インタビューによって、欲求不満女性に共通する事実が判明。それは好きな寿司ネタが「炙りサーモン」という点。VTR中、少なくとも...more
カテゴリー:

【テレビ】<マツコ・デラックス>「お色気や下ネタを見たからといって、全員が性犯罪者になるわけではない」 - 07月24日(月)21:22  mnewsplus

24日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが、テレビ番組における規制について持論を展開した。 番組の「夕刊ベスト8」のコーナーでは、日刊ゲンダイに連載されている落語家・笑福亭鶴光のコラムを取り上げた。 かつて鶴光は、下ネタを連発するラジオ番組のパーソナリティを務めており、当時の中高生が「メチャメチャ聞いてた」そうで、学校では校長が朝礼で「鶴光のラジオは絶対に聞かないように」と禁止するほどだったとか。 当時「聞くな」と言われて聞いていた子どもが、今では校長を務めているという。 こ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<北斗晶>浦和レッズをやゆした上西小百合に不快感「サポーターのみなさん、こういう人の言うことは何も気にしなくていい」 - 07月19日(水)07:53  mnewsplus

タレントの北斗晶(50)が、J1浦和レッズをやゆした上西小百合衆院議員(34)に不快感を示し、浦和サポーターに「相手にしない方がいいよ」と呼びかけた。 上西議員は15日の浦和とドルトムントとの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などとツイッターで批判。サポーターらの反発を買うと、 「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」などとやり合い、炎上騒ぎとなった。 北斗は18日放送のTOKYO MX「5時に...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<美保純>年齢を気にする男性に対して怒り露わ!「なんかムカつく」 - 07月06日(木)08:47  mnewsplus

5日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、女優の美保純が、年齢を気にする男性に対し、怒りを露わにする場面があった。 番組の視聴者生投票のコーナーでは「『手のひら返し』をされたことがありますか?」というテーマで意見を募った。番組中盤の途中経過では、女性視聴者からの投稿を紹介した。 投稿によると、その女性は合コンで知り合った男性と仲良くなったそうで、相手の男性は、女性のことを勝手に20代後半だと思っていたという。 相手の男性に年齢を告げていなかったという女性は、あるとき「37歳だよ」と実年齢を告白した...
»続きを読む
カテゴリー:

「ふかわりょう」の画像

もっと見る

「ふかわりょう」の動画

Wikipedia

ryo fukawa(リョウ・フカワ)は、日本のミュージシャン、DJ、作曲家。1998年よりROCKETMAN名義で活動を開始し、2013年からryo fukawa名義での活動を開始DJとしての出演などにおいては引き続きROCKETMAN名義を使用するケースもある。DJとしては、2000年からクラブ三宿Webのイベント「ROCKETMAN DELUXE」に毎月第3金曜日の23:00〜29:00に出演。

来歴

小学3年生の頃からピアノを習い始める。デビュー前は鼓笛隊の中太鼓を経て、慶應義塾大学ラテンアメリカ研究会(南米音楽サークル)に所属。

スネークマンショーのような音楽コントが共存するCDを作る企画として、1998年に小西康陽とユニットROCKETMANを結成し、アルバムフライング・ロケットマンを発売。この時点では小西が音楽担当でふかわがコント担当と役割分担されていた。

2000年よりROCKETMANはふかわのソロユニットに移行し、アルバムロケットマン・デラックスを発売。前作と同様に「音楽とコント」の路線で制作。この作品を以って「音楽とコント」のスタイルは一旦終了する。この頃からDJとしての活動も開始。日本中のクラブでプレイし、日本中のクラブをほぼ制覇していると...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる