「ふかわりょう」とは?

関連ニュース

【芸能】マツコ・デラックスが友人と遊ぶときカラオケに行く流れがなくなったと指摘 - 09月18日(月)23:26  mnewsplus

18日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、コラムニストのマツコ・デラックスが、カラオケについての変化を指摘した。 番組では、カラオケでノリが悪いと言われるという投稿者の悩みに、落語家の立川談四楼がアドバイスを送っている毎日新聞の記事を取り上げた。談四楼いわく、カラオケではトップバッターで歌うことで、ノルマを果たせるし次の人も歌いやすくなるという。 番組MCのふかわりょうからコメントを求められたマツコは「(自分のキャラでもないのに)スゴい無理してやってるのもキツくない?」と指摘した。そんなマツコは...
»続きを読む
カテゴリー:

『ニュースキャスター』でSNS映えビジネスを紹介 ビートたけし「いいねの逆はないのか」 - 09月17日(日)06:30 

©sirabee.com16日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』では、インスタグラムやFacebookなど、SNSがテーマに。その中で、「いいね」が欲しくて必死な一部の若者向けに生まれたビジネスが取り上げられ、ビートたけしの発言に共感が集まっている。■お金を払ってまで…スマホ市場が過熱し急激に定着を見せた「SNS」。若者に爆発的な人気を誇るインスタグラムは「インスタ映え」という言葉が生まれるほど。投稿した写真に「いいね!」が欲しくて、必死になる人もいるようだ。そこで生まれたのが「サクラ」を用意し友達と盛り上がってるように見せ、インスタ映えしそうな写真を撮る「いいね獲得ビジネス」。サービスを利用した女性は「お金を払う形になるんですけど『いいね』を増やしたいという気持ちもある」と語った。今やSNSの「いいね」はお金を払ってでも欲しいものになっているようだ。番組でMCを務めるビートたけしは「いいねの逆はないの? バカ野郎とかくだらねぇとかはないのか?」と疑問を呈した。■ネット民も「いいねの逆がほしい」ネットでは、「いいねの逆が欲しい」との声が目立つ。たけしがTVで言ってたけどほんとSNSに「いいね」だけじゃなくて「バカヤロウ」ボタンほしいよね— せみえく (@maroon_6015) September 16, 201...more
カテゴリー:

中瀬ゆかり氏「ブスは共に行動してはいけない」発言がネットで物議 - 09月15日(金)21:00 

2017年9月14日に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)での、新潮社出版部長の中瀬ゆかり氏(53)の発言が話題になっている。 番組では「あなたは美男美女の友だちがいて得したことはありますか?」というテーマで出演者らが議論することに。 司会のふかわりょう(43)からコメントを求められた中瀬氏は、美人というだけですごく大事にしているとして「ブスの友だちと集まっていても周囲からはハリケーンブス、集団のブスの塊だと思われるだけ」と持論を展開。美人の友だちで周囲をかためることで、中央にひとりだけブスが混じっていても「すごい美人ばっかり。真ん中のひとも違う形の美人なのかな?」と、美女軍団だと錯覚させることができるとして、この方法で数々の合コンに参加してきたと経験を明かした。 さらに「ブスは手を結びやすい方程式があって、結合しちゃう」と力説して、カメラを見据えて「ブス同士は共に行動してはいけません!これ言っておきます」と締めた。 ふかわから「粗が目立ってしまうのでは?」と質問を受けると「アクセントなんです!ビューティーアクセントという名で活躍できる」と自信たっぷりに答えた。 中瀬氏が番組で「ブスは共に行動してはいけない」と語ったことに、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。 ◆わかる!ブスが集まっているとダメ! ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている...more
カテゴリー:

【テレビ】新潮社・中瀬ゆかり氏が「ブス同士は共に行動してはいけない」と持論を展開 - 09月15日(金)11:21  mnewsplus

14日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、新潮社・出版部部長の中瀬ゆかり氏が「ブス同士は共に行動してはいけない」という持論を展開した。 番組序盤の視聴者生投票のコーナーでは「あなたは美男美女の友だちがいて得したことはありますか?」というテーマを発表した。 このテーマについて、司会のふかわりょうからコメントを求められた中瀬氏は「私は美人というだけでスゴく大事にして、組織しているんです」と語りはじめる。 中瀬氏いわく、ブスの友だちと集まっていると、周囲からは「ハリケーンブス」「集団のブスの塊」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】北斗晶、トイレで大きい方を流していない“先客”に激怒「隠すようにフタしやがってよ」 - 09月12日(火)18:23  mnewsplus

タレントの北斗晶(50)が12日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。 最近、トイレに入った際、“大きい方”が流されておらず、激怒した経験を明かした。 番組中、「外出した時にお気に入りのトイレはあるか」という話題で盛り上がった際、 北斗は「この間、トイレ入って、フタを開けたら、ウンコが流されてないで、そのままあってさ。オエーッってなって。 本当、頭来たぜ。隠すようにフタしやがってよ」と絶叫した。 しかし、言い過ぎたと思ったのか、しばらくたつと、「夕食前にすみませんで...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<マツコ・デラックス>友人と遊ぶときカラオケに行く流れがなくなったと指摘!「(今は)みんなどうしてんの?」 - 09月18日(月)23:13  mnewsplus

18日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、コラムニストのマツコ・デラックスが、カラオケについての変化を指摘した。 番組では、カラオケでノリが悪いと言われるという投稿者の悩みに、落語家の立川談四楼がアドバイスを送っている毎日新聞の記事を取り上げた。談四楼いわく、カラオケではトップバッターで歌うことで、ノルマを果たせるし次の人も歌いやすくなるという。 番組MCのふかわりょうからコメントを求められたマツコは「(自分のキャラでもないのに)スゴい無理してやってるのもキツくない?」と指摘した。そんなマツコは...
»続きを読む
カテゴリー:

「ブスはブスと一緒に行動しちゃダメ!」強烈すぎる理由に、賛否殺到! - 09月16日(土)16:58 

平日の17時から放送しているニュースバラエティ『5時に夢中!』(MX)。MCを芸人のふかわりょうさんが務め、個性豊かな曜日コメンテーターがニュースに対して持論を展開する番組です。 2017年9月14日に放送された回の視聴 […]
カテゴリー:

【芸能】北斗晶「子供の部活ガイドライン」に異論も母親から大ブーイング - 09月15日(金)16:33  mnewsplus

9月12日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で中学校の部活動が取り上げられた。 静岡市の教育委員会が部活動の上限を週4日に定めるという案を提出したという東京新聞の記事を中心に、司会のふかわりょう、北斗晶が議論を交わしている。 2人の息子を育て上げた北斗は、上限を設けることについて良いとも悪いとも言えないが矛盾を感じるとしたうえで、「(部活を)やるんだったら頑張ってほしい。 頑張らないといけないのに少なくしたり甘やかすのはいいこととは思えない」と語った。 これに対して中学生の子供を持つ母親から批判の声...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】北斗晶 中学校の部活動「週4上限」を定める静岡市教育委員会の案に疑問 - 09月13日(水)11:11  mnewsplus

12日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、元女子プロレスラーでタレントの北斗晶が、中学校の部活動に上限を設ける案に対して疑問を呈した。 番組では、「中学部活『週4上限に』静岡市教委が指針案」と題し、東京新聞の記事を取り上げた。記事によると、静岡市教育委員会は、市立中学校の部活動の上限を週4日に定めるガイドラインの案を公表したという。 学期中は原則、火、水、金の3日と土日のいずれかを活動日に定め、1ヵ月の平均活動時間の上限も45時間と設定している。学生の地域活動への参加や家族と過ごす時間を増やすのが狙...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<マツコ・デラックス> 昨今の不倫疑惑追及に苦言!「人殺しを楽しんでいるよう」 - 09月11日(月)19:42  mnewsplus

11日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターのマツコ・デラックスが、スキャンダルを徹底的に追及する風潮に苦言を呈した。 番組では「密会愛報道 山尾志桜里氏 説明責任は不要?」と題して、夕刊フジの記事を取り上げた。記事によると、ダブル不倫疑惑を報じられた衆議院議員の山尾志桜里氏に対して、説明責任を果たしていないとの批判の声が高まる一方で、動画サイトの生放送に出演した漫画家の小林よしのり氏は「イメージ商売のタレントと違い、政治家の不倫に説明責任は必要ない」と持論を展開したことを伝えて...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ふかわりょう」の画像

もっと見る

「ふかわりょう」の動画

Wikipedia

ryo fukawa(リョウ・フカワ)は、日本のミュージシャン、DJ、作曲家。1998年よりROCKETMAN名義で活動を開始し、2013年からryo fukawa名義での活動を開始DJとしての出演などにおいては引き続きROCKETMAN名義を使用するケースもある。DJとしては、2000年からクラブ三宿Webのイベント「ROCKETMAN DELUXE」に毎月第3金曜日の23:00〜29:00に出演。

来歴

小学3年生の頃からピアノを習い始める。デビュー前は鼓笛隊の中太鼓を経て、慶應義塾大学ラテンアメリカ研究会(南米音楽サークル)に所属。

スネークマンショーのような音楽コントが共存するCDを作る企画として、1998年に小西康陽とユニットROCKETMANを結成し、アルバムフライング・ロケットマンを発売。この時点では小西が音楽担当でふかわがコント担当と役割分担されていた。

2000年よりROCKETMANはふかわのソロユニットに移行し、アルバムロケットマン・デラックスを発売。前作と同様に「音楽とコント」の路線で制作。この作品を以って「音楽とコント」のスタイルは一旦終了する。この頃からDJとしての活動も開始。日本中のクラブでプレイし、日本中のクラブをほぼ制覇していると...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる