「ふかわりょう」とは?

関連ニュース

【テレビ】<マツコ・デラックス>地元の千葉を酷評!「つまらないベッドタウン」「本当に千葉ってつまらないの」 - 05月22日(月)22:29 

22日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターのマツコ・デラックスが、地元の千葉県を酷評した。 番組序盤の「視聴者生投票」のコーナーで、「官民一体で取り組み 足立区 防犯対策」と題した、夕刊フジの記事を取り上げた。 この記事について番組では、庶民的な街として知られる東京・足立区が、東京23区の刑法犯認知件数において、今年1月~4月までの累計でワースト1に返り咲いたと伝えたうえで、「アナタの地元、治安は良いですか?悪いですか?」という視聴者アンケートのテーマを発表した。 そして、スタジオ...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<マツコ・デラックスと武井壮>「幕の内弁当を選ぶヤツ」について意見が一致!「だいたいフィジカルが弱い」 - 05月22日(月)19:57 

 コラムニストのマツコ・デラックス(44)とタレントの武井壮(44)が「幕の内弁当を選ぶヤツ」について意見が一致した。  22日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に、元陸上十種競技日本記録保持者の武井がゲスト出演。「幕の内弁当を頼むヤツはだいたいフィジカルが弱い」と持論を展開。「がっちり下半身を鍛え混んだヤツは“肉とニンニクの芽”とかこだわったメニューにいきがち。ボンヤリしたメニューにいくヤツはだいたい下半身が弱い」と断言した。  マツコも「運動に限らず幕の内を頼む人っ...
»続きを読む
カテゴリー:

芸名かと思ったら本名だった!意外な芸能人ランキング 1位スガシカオ 菅止戈男 - 05月17日(水)11:50 

1位スガシカオ 菅止戈男 100票 2位オダギリジョー 小田切譲 90票 3位剛力彩芽 67票 4位本仮屋ユイカ 63票 5位土屋太鳳 58票 5位下條アトム 58票 5位河相我聞 58票 8位えなりかずき 江成和己 45票 9位松坂桃李 41票 10位二階堂ふみ 40票 11位もたいまさこ 罇真佐子 38票 12位布袋寅泰 36票 13位竹脇無我(故) 35票 14位宇多田ヒカル 宇多田光 34票 14位神田うの ※旧姓 34票 16位ふかわりょう 府川亮 33票 16位武井咲 33票 18位京本政樹 32票 19位観月ありさ ※旧姓 27票 19位貫地谷しほ...
»続きを読む
カテゴリー:

第17回「IPPONグランプリ」徹底解説。サンシャイン池崎健闘、大喜利を愛し、大喜利に愛される男たち - 05月14日(日)10:00 

空前絶後の大喜利王決定戦『IPPONグランプリ』(5月13日放送 フジテレビ系列)。17回目を迎える今回は、ベテラン・木村祐一とルーキー・サンシャイン池崎が初参戦。大喜利を愛し、大喜利に愛される男は、一体誰なのか?Aブロック:前回決勝進出者、またも激しくぶつかるAブロックの回答者は、バカリズム、ふかわりょう、博多大吉、サンシャイン池崎、川島明(麒麟)の5人。ふかわりょうとサンシャイン池崎は同じ事務所の先輩後輩(ワタナベエンターテイメント)。「前世から呼吸するように大喜利やってましたッ!」と目を剥く池崎を、ふかわ先輩は「持久力に疑問が」と心配する。しかし、第1問第2問とふかわは絶不調。0点を4つも取ってしまい「後輩の心配するのやめました」と前言撤回。司会進行の榎波アナに「サンシャインさん」と呼ばれる池崎も低空飛行が続き、0点を取っても「キタキタキタ!」と逆に興奮してしまう事態に。そんななか気を吐いたのは、前回決勝戦で戦ったバカリズムと川島の二人。第3問「寝相が悪いことで有名な田所さんの伝説に残るエピソードを教えて下さい」では、2人合わせて5つも1本を取った。・(食事しながらテレビを見ている絵)もう起きてるとしか思えない(バカリ)・(絵回答)電車でうたた寝しててつり革に全身入ってた(川島)・田所が寝相でむちゃくちゃにしたブドウ畑のブドウをなんとかしようとしたのが始まりです。ボジョレー・...more
カテゴリー:

矢口真里 楽屋でメイク落とし中のふかわ激写「貴重な一枚」 - 05月09日(火)17:30 

タレントの矢口真里(34)が、自身のブログで、AbemaTV「AbemaPrime」に出演したことを報告した。 「AbemaPrime」は、AbemaTVが放送するニュース番組。テレビ朝日の小松靖アナウンサー(42)を中心に、日替わりのMCとしてウーマンラッシュアワー・村本大輔(36)や、タレントの池澤あやか(25)ら、多種多様な芸能人が務めている。 今回矢口が出演したのは木曜日の放送で、この日の出演者はタレントのふかわりょう(42)と元SKE48のメンバーでフリーアナウンサーの柴田阿弥(24)。矢口は 「木曜日は 信頼できる小松アナ柴田アナと 大好きなふかわさんがMCだったので 私も安心して出演できました」 と振り返り、とても楽しかった様子だ。さらにふかわと小松アナに関しては、 「お二人の笑顔がツボでした お兄さんのような温かい雰囲気で 癒されました いつもありがとうございます」 と安心していられる空間をつくってくれることに感謝。またふかわの控え室では、 「おきまりの、 ふかわさんのワンショット 今回は 『メイク落とし中のふかわさん』 貴重な一枚 ありがとうございました」 と、コットンでメイクを落としているところのふかわを激写。矢口の呼びかけに目線をあげた瞬間といった表情の、ふかわのショットを公開した。 【関連記事】 ・「アベプラさん☆」(矢口真里オフィシャル...more
カテゴリー:

【芸能】マツコ・デラックスが地元の千葉を酷評「つまらないベッドタウン」 - 05月22日(月)22:28 

2017年5月22日 19時50分 トピックニュース 22日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターのマツコ・デラックスが、地元の千葉県を酷評した。 番組序盤の「視聴者生投票」のコーナーで、「官民一体で取り組み 足立区 防犯対策」と題した、夕刊フジの記事を取り上げた。この記事について番組では、庶民的な街として知られる東京・足立区が、東京23区の刑法犯認知件数において、今年1月~4月までの累計でワースト1に返り咲いたと伝えたうえで、「アナタの地元、治安は良いですか?悪いですか?」という視聴者アンケー...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<お笑い芸人のコメンテーター「あり?なし?」>作家の岩井志麻子氏「専門家同士で話すよりも意見が多様化して議論が深まる」 - 05月19日(金)02:02 

18日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組MCのふかわりょうが、コメンテーターとして「ひるおび!」(TBS系)に出演していることについて、自虐発言を連発した。 番組序盤の「視聴者生投票」のコーナーでは、同日発売の「女性セブン」(小学館)内のコラム記事を取り上げた。 記事では「お笑い芸人がMCやコメンテーターを務めたり、専門外のタレントが時事ネタを語ることに違和感を覚える」「一般論ばかりでがっかりする」といった苦言が綴られているのだという。そんな記事を紹介したうえで、番組では「ワイドショーのコメン...
»続きを読む
カテゴリー:

高速道路のソウルフード 「アメリカンドッグ」 - 05月14日(日)11:56 

◆「絶品のソフトクリームがあるサービスエリア」 ~お笑い芸人 ふかわりょうさん ── 高速道路のドライブがお好きだと伺いましたが。 最近、高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)がすごく発展しています。 私はクルマの免許を取って最初にやったのがSA巡りでした。 当時は「え、SAってトイレでしょ? つまりトイレ巡り?」なんて言われたりもしましたが、今ならSAにしかないグルメもたくさんあります。 一番わかりやすいのはソフトクリーム。 SAのソフトクリームはとてもクオリティが高いのですが、それ...
»続きを読む
カテゴリー:

交差点も違法駐車もない高速道路が渋滞する理由 - 05月13日(土)11:00 

近年は道路の整備や渋滞情報の充実、ETCの普及などもあって、昔と比べれば渋滞は減ったと言われています。それでもGWやお盆、お正月などは、ある程度の渋滞は避けようがありません。そこで今回は、「渋滞」を少しでも快適に過ごす工夫を、TOKYO FMの番組の中で、運転や道路事情に詳しい方々に教えてもらいました。 (TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」5月6日放送より) 交差点も違法駐車もない高速道路が渋滞する理由 ◆「ほんの些細な理由で高速の渋滞は起こります」 ~「渋滞学」著者 西成括裕さん ── なぜ高速道路が渋滞するのでしょう? 一般道の渋滞なら、原因の1位が交差点で、2位が違法駐車で道路が狭くなっているところ。ところが高速道路には交差点も違法駐車もありません。そんな高速道路が事故でもないのに渋滞するのは不思議ですよね。実は高速道路で渋滞する一番の原因は登り坂。それも分度器で測ったら1度とか2度くらいしかない登り坂です。 微妙な登り坂は運転手も気付かないので、アクセルをそのまま運転していると、ちょっとだけスピードが落ちます。すると後ろのクルマとの距離が詰まり、後ろのクルマが軽くブレーキを踏む。そのランプを見たさらに後ろのクルマもブレーキを……こんなブレーキのバトンがどんどん後ろに伝わっていき、十数台後には止まってしまうのが高速道路の自然渋滞です。 ── そんな微妙...more
カテゴリー:

【芸能】ピコ太郎以外も! ガチで音楽活動している芸人たち - 05月06日(土)19:34 

いまだに世界中を席巻しているピコ太郎ブーム。仕掛け人である古坂大魔王(43)は、大ヒット曲『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)のプロデュースを担当し、 一般人のみならず、さまざまなミュージシャンからもその才能を絶賛されているが、 もともとテクノユニットを組んだり、鈴木亜美(35)の楽曲リミックスを手がけるなど、ミュージシャンとしての活動も行っている。 このように、ガチで音楽活動している芸人は意外と多いのだ。 ふかわりょう(42)は90年代後半から『ROCKETMAN』という名前でミュー...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ふかわりょう」の画像

もっと見る

「ふかわりょう」の動画

Wikipedia

ryo fukawa(リョウ・フカワ)は、日本のミュージシャン、DJ、作曲家。1998年よりROCKETMAN名義で活動を開始し、2013年からryo fukawa名義での活動を開始DJとしての出演などにおいては引き続きROCKETMAN名義を使用するケースもある。DJとしては、2000年からクラブ三宿Webのイベント「ROCKETMAN DELUXE」に毎月第3金曜日の23:00〜29:00に出演。

来歴

小学3年生の頃からピアノを習い始める。デビュー前は鼓笛隊の中太鼓を経て、慶應義塾大学ラテンアメリカ研究会(南米音楽サークル)に所属。

スネークマンショーのような音楽コントが共存するCDを作る企画として、1998年に小西康陽とユニットROCKETMANを結成し、アルバムフライング・ロケットマンを発売。この時点では小西が音楽担当でふかわがコント担当と役割分担されていた。

2000年よりROCKETMANはふかわのソロユニットに移行し、アルバムロケットマン・デラックスを発売。前作と同様に「音楽とコント」の路線で制作。この作品を以って「音楽とコント」のスタイルは一旦終了する。この頃からDJとしての活動も開始。日本中のクラブでプレイし、日本中のクラブをほぼ制覇していると...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる