「ぴったんこカン・カン」とは?

関連ニュース

たっぷりの九条ねぎがおいしいねぎ焼き - 09月19日(火)12:10 

9月15日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、午後19時56分~)では、女性歌手をゲストに迎え、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の脚本家の自宅に訪問するツアーの中で、「お好み焼 鉄板焼 よっちゃん」(東京都港区)が紹介された。 同店は、都営大江戸線「麻布十番駅」7番出口から徒歩2分のところにあるお好み焼き・鉄板焼きの専門店だ。こちらのお店の「とん平焼」(1,000円)と「京都九条ねぎ焼 よっちゃんスペシャル」(2,000円)をいただいた。 「とん平焼」はたっぷりの豚バラとキャベツを炒め、ふわふわの薄焼き玉子で包み、山盛りの九条ねぎを盛り付けていただくのが特徴。 「京都九条ねぎ焼・よっちゃんスペシャル」は、薄くのばした生地とたっぷりの九条ねぎの上に、鉄板で焼いた豚・イカ・スジを載せる。それを玉子でとじ、さらに九条ねぎを豪快に載せた一品だ。使用する九条ねぎは毎朝京都から仕入れているのだという。 「とん平焼」を一口食べた天童よしみさんは「おいしい!これちょっとすごいね。これでいい声が出る」と嬉しそうだ。 安住紳一郎さんも「おいしいですね。ねぎをこれだけ鉄板の上に置いておいても歯応え最後まで残ってるんですね」とコメント。 続いて「京都九条ねぎ焼 よっちゃんスペシャル」を一口食べた安住さんが「ねぎ焼き、おいしい…」としみじみと言うと、泉ピン子さんと天童さんも「おいしい」と口々に頷い...more
カテゴリー:

【芸能】慶応進学の「芦田愛菜」驚異の読書量 年間300冊 - 08月23日(水)06:54  mnewsplus

〈良書を読むことは、過去の最もすぐれた人々と会話を交わすようなものである〉とは哲学者・デカルトの言だが、さしずめ芦田愛菜ちゃんは13歳にして、年に300人の賢人と話をしているようなものか。彼女が通う慶応義塾中等部も今は夏休み。さて、その読書リストとは。  ***  この春、慶応義塾中等部に進学した愛菜ちゃんが、難関校に受かった理由のひとつに、驚異の読書量があるという。精神科医で受験指導にも長年の経験がある和田秀樹氏によると、 「彼女が合格した慶応中等部は受験で国語を重視している。子役を演じることで大...
»続きを読む
カテゴリー:

「ぴったんこカン・カン」の画像

もっと見る

「ぴったんこカン・カン」の動画

Wikipedia

ぴったんこカン・カンは、TBS系列で2003年4月15日から放送されているクイズトークバラエティ番組である。通称はぴったんこ。モノステレオ放送(2015年9月4日より)、文字多重放送(2007年4月17日から)を実施している。

概要

TBSアナウンサー時代の久米宏が司会を務めていたぴったし カン・カンのリニューアル版として、2003年4月15日から放送開始。元番組ぴったし カン・カンのタイトルが、当時番組を提供していた日立の登録商標であり、日立がスポンサーに付かなかったことからタイトルを変更したなお、一社提供枠から降格してからも日立は(グループ各社含め)提供していない。。

当初は「ぴったし」のテイストを引き継ぎ、クイズが主体となっていたが、安住らによるトーク・コントが主体となり、さらに2016年現在はロケーションVTRが番組のほぼ全編を占めている(クイズは通常1問、もしくは2問しか出題されず、従ってスタジオ部分はごくわずかとなっている)。

番組放送開始当初は、毎週火曜日の19:24 - 19:54(JST)の30分番組で、視聴者参加クイズ番組であったが...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる