「なすなかにし」とは?

関連ニュース

松井玲奈、漫才師役で出演した映画『笑う招き猫』を振り返る「動物園でカンガルーにもなったよ」 - 11月08日(水)19:22 

女優の松井玲奈が7日アメブロを更新。今年4月に公開された自身が主演を務める映画『笑う招き猫』のBlu-ray、DVDの発売にあたり、撮影当時を振り返り思いをつづった。 本作は若手漫才コンビ“アカコとヒトミ”がお笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情のもと夢を追いかける青春物語。原作は小説すばる新人賞を受賞した山本幸久氏の同名小説。高城ヒトミ役を女優・千眼美子(本名・清水富美加)が演じ、相方の本田アカコ役を松井が演じている。 松井は「明日、11/8は『笑う招き猫』の映画、ドラマのBlu-ray&DVDの発売日。アカコとヒトミにいつでも会えます」と劇中のワンシーンの写真を公開。 続けて「去年の12月、突っ走るように撮影していたのが懐かしい。人生の中でも特に特別で大切な時間でした。毎日が課題の山積みで、その日々が楽しくて、始めて挑戦した漫才も、なすなかにしさんや、相方の彼女がいたからやり遂げられたんだとおもいます」とつづった。 また「ディスクにはメイキングもたっぷり。スタッフさんの愛が詰まっていました。漫才シーンはほぼノーカット、ラストの漫才や、間の漫才もしっかりと収録されています」と説明。「この間、飯塚監督に会った時一緒にメイキングを見ながら懐かしさに浸っていました。楽しいことも、成長のための辛さも詰まってた」と振り返った。 さらに「ヒトミにありがとうって気持...more
カテゴリー:

「なすなかにし」の画像

もっと見る

「なすなかにし」の動画

Wikipedia

なすなかにしは、松竹芸能所属のお笑いコンビ。那須の母と中西の父が姉弟のため、互いにいとこ関係にある。略称は「なすなか」。一時期「いまぶーむ」というコンビ名だったことがある。

メンバー
  • 那須 晃行(なす あきゆき、 - )
    • 大阪府枚方市出身。京都府八幡市生まれ。ツッコミ担当。立ち位置は上手(右)。ガラガラ声。
    • 趣味はボウリング
    • ヘルニア鞭打ち症が持病。
    • 子供のころヤンキーに憧れ、小学校4年生で剃り込みを入れていた。中学・高校時代もやんちゃだった。当時身に着けていた金のネックレスと和柄のスカジャンは大切に机の引き出しにしまってある。
    • 祖父はお寺の住職。父は駐車場経営者。
    • 大阪の遊園地ひらパーでアルバイトしていた頃のあだ名は「ナッシュ」。中西も一緒にバイトしていた。
    • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる