「とんねるず」とは?

関連ニュース

【テレビ】ダウンタウン&とんねるずの共演実現?出川哲朗の提案に松本人志が要望「ガキの使い特別版」24日放送 - 09月23日(土)14:33  mnewsplus

https://mdpr.jp/news/detail/1716170 2017.09.23 13:00 今年3月の放送で反響を呼んだ企画「50代レジェンド芸人大集合」が、1時間スペシャル「ガキの使い特別版! 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」と題して24日よる11時より日本テレビ系にて放送される。 登場するのはダウンタウンのほか、前回に引き続きヒロミ、恵俊彰、ダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広。さらに今回は出川哲朗も参戦する。 番組では多くの芸人たちにレジェンド芸人に聞きたい質問を調査。質問の回答者に指名されたレジェンド芸...
»続きを読む
カテゴリー:

出川哲朗、引退は「考えたことがない」 『ガキ使』レジェンド芸人SP - 09月23日(土)13:00 

 お笑いタレントの出川哲朗が、24日放送の日本テレビ系『ガキの使い 特別版 絶対に答えなくてはいけない!レジェンド芸人に聞きたいことSP』(後11:00)でダウンタウン、ヒロミ、肥後克広、恵俊彰とともに出演。それぞれが“引退”ついて語るなかで、出川は「1回も引退を考えたことがない」とキッパリ。リアクション芸人の先輩でもあるダチョウ倶楽部・上島と語り会ったという理想の引き際について意気揚々と語る。 【写真】わさび寿司にチャレンジ  番組に多くの芸人から寄せられたレジェンド芸人に聞きたい質問に6人が回答。なお質問の回答者に指名されたレジェンド芸人は5秒以内でその質問に答えなければならないというルールが設けられている。寄せられた質問は「6人で飲みに行ったら誰が支払いをするのか?」「欠かさず見るテレビ番組は?」「芸能界の親友は?」など。「支払い」の話になると“個人事務所”“帯番組”“CM本数”などのキーワードかから互いの腹を探り合う。  劇団ひとりから寄せられた「引退」に関する質問では、10年間芸能界から遠ざかっていたヒロミがその当時の心情を告白する。出川から「(コンビ・トリオの)解散」について質問されると、相方のデビ伊藤、ミスターちんとのやりとりについて明かす場面も。また、ほぼピンで活動しているホンジャマカについて恵は、なぜ今のような状況になったのか、若手時代のとある出来事を回想す...more
カテゴリー:

「タモリのいいところは、ネタをすぐ自分のモノにする」喜劇人・小松政夫が明かす、大御所スターの知られざる伝説 - 09月22日(金)15:57 

 先日行われた「第10回したまちコメディ映画祭in台東」で、コメディ栄誉賞を受賞したことも記憶に新しい、喜劇人・小松政夫。そんな小松氏が芸能生活50年を振り返り、綴った著書『時代とフザケた男 ~エノケンからAKB48までを笑わせ続ける喜劇人』が話題だ。  本書について小松氏は「AKB48からエノケン先生までバリバリ現役で絡んだのはアタシだけじゃないのかなあ。これはひとつの貴重な日本芸能史ではないか!?」と、執筆の動機を語っている。  確かに本書では、高倉健、森光子、吉永小百合、キャンディーズなどと小松氏との交友録や、昭和を代表するスターたちの素顔が明かされている。なかでも印象的なのが名優・勝新太郎の章だ。 ◆ピッカピカのジャガーで弔問にやってきた勝新太郎  ’82年に52歳の若さで亡くなったコメディアン、三波伸介。その通夜の席での勝新太郎の振る舞いを小松氏はこう述懐する。 「弔問のお客さんもそろそろはけて、明日も早いからアタシもここらへんで……みたいなときに。家の前にピッカピカのジャガーがやってきた。それがキッと停まって、ヌッと降りてくる男の影。モーゼの十戒みたいにさ、男が歩き出すと海が割れるみたいに人並みが分かれる。『遅くなりました……勝です』。  勝新太郎さんですよ。映画のワンシーンみたいにね、絶妙の間をとってねぇ……絵になるんだ。スターって独特のオーラがあるんだよ...more
カテゴリー:

【芸能】<週刊文春>「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!★2 - 09月21日(木)21:38  mnewsplus

「週刊文春」史上初のアンケート企画「好きな芸人」「嫌いな芸人」のランキングが確定した。 アンケートは8月8日から8月31日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、回答総数は3700票超にのぼった。 「好きな芸人部門」では1位が明石家さんま(62)、2位がタモリ(72)、3位がダウンタウン(浜田雅功〔54〕・松本人志〔54〕)。 「嫌いな芸人部門」では1位がダウンタウン、2位が明石家さんま、3位がとんねるず(石橋貴明〔55〕・木梨憲武〔55〕)という結果になった。 「好きな芸人部門」で注目すべきは、ビートたけし(70)と同...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<週刊文春>「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表! - 09月20日(水)18:05  mnewsplus

「週刊文春」史上初のアンケート企画「好きな芸人」「嫌いな芸人」のランキングが確定した。 アンケートは8月8日から8月31日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、回答総数は3700票超にのぼった。 「好きな芸人部門」では1位が明石家さんま(62)、2位がタモリ(72)、3位がダウンタウン(浜田雅功〔54〕・松本人志〔54〕)。 「嫌いな芸人部門」では1位がダウンタウン、2位が明石家さんま、3位がとんねるず(石橋貴明〔55〕・木梨憲武〔55〕)という結果になった。 「好きな芸人部門」で注目すべきは、ビートたけし(70)と同...
»続きを読む
カテゴリー:

「ガキ使SP」で松本人志がとんねるずへの思いを明かす!? - 09月23日(土)13:02 

毎週日曜、日本テレビ系にて放送中の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」。同番組の人気企画のスペシャル版「ガキの使い 特別版 絶対に答えなくてはいけない!レジェンド芸人に聞きたいことSP」が、9月24日(日)夜11時より放送される。 【写真を見る】レジェンド芸人たちの中で、最も笑いの神に愛されているのは?/(C)NTV ことし3月の放送で大反響を呼んだ企画「50代レジェンド芸人大集合」が、このたび1時間スペシャルとして復活。多くの芸人たちに「“レジェンド芸人”に聞きたい質問」を取材し、その中から選ばれた質問をレジェンド芸人たちにぶつけていく。回答者に指名されたレジェンド芸人は、5秒以内でそれらの質問に答えなければならない。 レジェンド芸人として登場するのは、ダウンタウンの他、前回の同企画にも出演したヒロミ、恵俊彰、ダチョウ倶楽部・肥後克広という面々。さらに今回は、「リアクション界のレジェンド」出川哲朗も初参戦する。 寄せられた質問は「6人で飲みに行ったら誰が支払いをするのか?」「欠かさず見るテレビ番組は?」「芸能界の親友は?」などさまざま。「支払い」の話になると、“個人事務所”“帯番組”“CM本数”などのキーワードから、6人がお互い腹の探り合いを展開。 「親友」というテーマでは、ヒロミが仲の良いとんねるずの話を切り出す。一同が遠慮がちに(?)話す中、出川がダウンタウンに「一緒に...more
カテゴリー:

出川哲朗がダウンタウンに提案、とんねるずと「一緒に番組やるしかない!」 - 09月23日(土)13:00 

日本テレビ系バラエティ特番『ガキの使い 特別版 絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP』が、あす24日(23:00~23:55)に放送。ダウンタウンに加え、ヒロミ、恵俊彰、ダチョウ倶楽部の肥後克広、出川哲朗の6人が、芸人たちの質問に答えていく。
カテゴリー:

TOKIOがDASH島を開拓する心境を吐露 「俺たちどうするんだろう?」 - 09月22日(金)05:30 

©sirabee.comTOKIOの名物番組『ザ!鉄腕DASH!』(日本テレビ系)の人気コーナー「DASH島」。無人島を開拓するTOKIOの姿に感動した人も少なくないだろう。しかし、大掛かりな企画にTOKIOメンバーはどのような心境で臨んでいるのだろうか。20日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、メンバーたちが思いを語った。■TOKIOにも終わりが見えないDASH島同番組に出演した女優・吉高由里子(29)。「毎週録画している番組は?」との質問に『鉄腕DASH』と答え、ファンであることを明かした。そして、「終わりがないじゃないですか、あの島って」とコメントした。すると、TOKIO・松岡昌宏(40)は「終わりがないのよ。俺たちは一体どこへ向かってるんだ」としみじみ。同企画を長年やっていながらも、未だに完成形が見えないようだ。■往復で自問自答さらに吉高が「どうするんですか? 最後…」と質問すると、松岡は「わかんない」と回答。島へは漁船で向かうそうだが、行きの漁船では「今日は俺たちどうするんだろう?」と思い、帰りの船では「俺たちは一体何だったんだろう?」と自問自答しているようだ。TOKIO・国分太一(43)が「体だけは疲れてるもんね」と言うと、松岡はDASH島ロケも最初の3回こそはメンバー同士で会話しながら帰っていたが、その後は皆ガクッと疲れ切って寝落ちして...more
カテゴリー:

恋愛マスター・芸人くじら カップル間のNGワードを解説、愛される方法も - 09月21日(木)16:51 

「恋愛マスター」として話題のお笑い芸人・くじらがブログで、夫婦やカップル間のNGワードを指南した。 「「もう別れる!」 これは夫婦やカップルのNGワードだ」 と切り出すと、 「ホントに綺麗さっぱり別れるならいい でもこれを言うことによって相手の出方を伺って愛情の確認をしたりするのは絶対にNGだ あくまでも一緒にやっていくという前提があるからどんなことでも乗り越えようという気力が湧いてくるのだ それが正しく愛の力だ」 といい、更に、 「このNGワードはそれを全て無力化する 恋愛におけるルール違反の武器を使ってるようなものだ 自分の弱さを盾に相手を傷つけている こういう人は自分が不幸なら不幸なほど愛されると勘違いしている 心配されることを愛されていると勘違いしている 「そうではなくむしろ逆なことに気づかないといけない 【あなたが幸せなら幸せなほど愛されるのだ】 「かわいそうな私を見てー!」 ではなく 「こんなに幸せな私を見てー!」 だ 幸せな人ほど人を惹きつけるのだ」 と解説。“心の底から幸せだと感じられるようになればどんどん愛される”法則があるというくじらはさらに、自分にはすでに「沢山の愛される要素があるはず」だといい、「むしろその要素を沢山愛してくれている人達がすでに周りにいる」ことに気が付かないといけないと指摘した。 くじらは、マニアックなモノマネを武器に『とんねる...more
カテゴリー:

【芸能】事務所独立騒動で転落……加勢大周の現在 - 09月17日(日)05:13  mnewsplus

加勢大周……。そういえば今から10年ほど前、バラエティ番組『くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン』(日本テレビ系)でやっていた「ベタドラマ」に出ていました。 あの作品から加勢の存在を知った人にとって、おそらく彼は少し古臭い顔をしたイケメンにしか見えないはず。 ちょうど、笠置シヅ子をカネヨンのおばさん、定岡正二をとんねるずに罵倒されるおじさんと最初に認識した場合と同様、まさか昔はすごい人だったなんて思いもしないことでしょう。 しかし実際、彼はすごい人だったのです。 かつては、吉田栄作・織田裕二と並び称...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「とんねるず」の画像

もっと見る

「とんねるず」の動画

Wikipedia

とんねるず は、石橋貴明木梨憲武の2人からなる日本のお笑いコンビ、音楽デュオ。所属事務所はアライバル。ダウンタウンウッチャンナンチャンとともに、お笑い第三世代の代表格として数えられる。デビュー当時から2017年現在に至るまで、第一線で活躍し続けている、関東お笑い界を代表するタレントの1組である。

概要

1980年に高校の同級生同士である石橋と木梨により結成。1982年にお笑いスター誕生でグランプリを獲得。1980年代半ばオールナイトフジ夕やけニャンニャンなどの出演によって、人気を獲得。1988年にはとんねるずのみなさんのおかげですのレ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる