「でんぷん」とは?

関連ニュース

「甘いものは別腹」は本当? 嘘?? - 理由と併せて医師に聞いてみた - 09月26日(火)10:00 

8月のうだるようなある日の昼下がり、マイナビニュースの読者から編集部にある質問が届いた。 「デザートは本当に別腹なのか」 食べることが大好きな人ならば、必ず一度はこの「甘いものは別腹」なる趣旨のフレーズを見聞きしたことがあるはずだ。この言葉を字面のまま解釈するならば、「デザートやスイーツは別の腹(胃袋)で消化する=胃袋が2つある」ということになるのだが、そんな人間がいるという話は聞いたことがない。 満腹状態において「〆にスイーツを食べよう」という衝動に駆られた経験がない筆者は、「甘いものは別腹」を身をもって体験したことがない(最後のスイーツで満腹になるように食事量を調整しているためであり、スイーツが嫌いというわけではない)。 この言葉について深く考えてこなかった筆者は理路整然とした回答を読者に返せなかったため、その真相を探るべく消化器内科が専門の渡辺由紀子医師に話をうかがった。 ――そもそもの質問で恐縮ですが、食べ物の消化の仕組みをあらためて教えてもらえますでしょうか。 口から入った食べ物は、食道・胃を通り消化され、小腸・大腸を経て便となり、肛門から排泄されていきます。この通り道の要所要所で、段階ごとに消化がされています。なお、この経路を総称して消化管と呼びます。 まず、食べ物は口に入った際、口腔内で咀嚼(そしゃく)され、唾液とよく混ざりあいます。唾液にはアミラーゼと...more
カテゴリー:

からあげを最強にウマくする『からあげ三種の神器』2017年秋版 - 09月18日(月)11:48 

ランチやお弁当の定番でもある『鶏のからあげ』は、自宅で作ると揚げ油などを用意しなければならないため、やや面倒くさい。でも作りたてのからあげは、本当に美味しい。でも、やっぱりめんどくさいので、できることなら普段のからあげより数倍美味しく仕上げたいもの。■からあげ三種の神器2017年秋版©sirabee.comそんな悩めるからあげファンたちに、2017年の秋に購入できる『からあげ三種の神器』をお教えしたいと思う。これさえあればいつものからあげを“究極”レベルに美味しく仕上げることができるので、ぜひ試してみてほしい。(1)『お肉やわらかの素』©sirabee.comまずひとつめに使いたいのは、味の素から発売されている『お肉やわらかの素』だ。©sirabee.comこれを鶏肉にもみ込むことでやわらかさがアップし、下味もつけることができる。あとは片栗粉か小麦粉でコロモをつければよい。(2)ラード©sirabee.comふたつめは、揚げ油に雪印などから発売している『ラード』を使いたい。©sirabee.comすべてラードにするとお金もかかりしつこくなってしまうので、サラダ油1:ラード1ぐらいの割合で使うと、揚げあがりにコクが出る。(3)『ステーキしょうゆ トリュフ&ポルチーニ風味』©sirabee.comみっつめは、キッコーマンから発...more
カテゴリー:

【低カロリーレシピ】肉も野菜も少ししかない…! そんなときこそ「豚とはるさめの甘辛炒め」 - 09月21日(木)16:30 

買い物に行けず、冷蔵庫には少量の肉と野菜だけ……! そんなときこそ、はるさめの出番です。少量の食材をぐんとカサ増ししてくれて、なおかつおいしく低カロリー。こんなうれしい食材、なかなか見つからないような? はるさめは、しっかりと歯ごたえを感じたいなら緑豆はるさめを。もっちりとした食感がお好みなら、じゃがいもなどのでんぷんを原料にした春雨を選んで。 ほかにも「はるさめ」を使ったレシピをチェック!   ■ 【豚とはるさめの甘辛炒め】 <材料>(2人分) 豚こま切れ肉100g、にんじん1/2本、にら1/4わ、玉ねぎ1/4個、緑豆はるさめ30g、合わせ調味料(おろしにんにく1/2片分、おろししょうが1/2かけ分、白いりごま大さじ1、酒大さじ3、しょうゆ大さじ2、砂糖大さじ1)、ごま油、塩、粗びき黒こしょう <作り方> (1)にんじんは縦細切りに、にらは4~5cm長さに、玉ねぎは縦薄切りにする。 (2)フライパンにごま油大さじ1を熱し、豚肉と玉ねぎを炒めて、塩、こしょう各少々をふる。玉ねぎがしんなりしてきたらにんじんを加えてさっと炒め、合わせ調味料を回し入れてさっと炒め合わせ、水1カップを加える。 (3)はるさめは長いものは食べやすい長さに折って加え、ほぐしながら2~3分煮る。はるさめがやわらかくなったら、にらを加えてさっと混ぜる。 (330kcal、塩分3.0g) 【関連記事】 ・ちょっと...more
カテゴリー:

秋の味覚「栗」は果物という衝撃の事実。それ以上に驚きの真実も - 09月14日(木)20:00 

前回掲載の記事「秋刀魚くちばし、梨は色。美味しい『秋の味覚』の見分け方とは」では、美味しい秋刀魚(さんま)と梨を見抜く方法を伝えてくれた、無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』著者の須田將昭さん。今回はもう一つの秋の味覚、栗の知る人ぞ知る「真実」を記しています。 味覚の秋 栗の巻 栗はその実のなり方が不思議な果物です。 果物? そうです。栗は果物です。農林水産省が作物を分類する時に、樹木になるのを果物としているので、栗は果物っぽくないように思いますが果物です。イチゴなどは逆に草花ですから、野菜に分類されます(これまたびっくり?)。 閑話休題。栗は秋に実が成熟するとイガが自然に割れて、中から堅い殻に覆われた果実が現れます。 果実? 皮じゃないの? そうですね。堅い方を鬼皮、その下の薄い方を渋皮と呼んでいますよね。でも、実はその「皮」だと思っていたところが「果実」なんです。 じゃああの食べている「実」はなんなの? というと、あれは「種子」です。 なんともややこしいのですが、 堅い皮・薄い皮 → 果実 食べている実  → 種子 ということで、「秋刀魚くちばし、梨は色。美味しい『秋の味覚』の見分け方とは」でとりあげた梨とはえらい違いですね。梨は果実を食べて種子を捨てますが、栗は果実を捨てて種子を食べます。 じゃあ皮は? そう。あのイガが皮だったのです。面白いですね。 さて、栗は、いわゆる...more
カテゴリー:

「でんぷん」の画像

もっと見る

「でんぷん」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT デンプン...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる