「でんでん」とは?

関連ニュース

東京オリンピックは朝ドラでどう描かれてきたのか「オリンピックのどこがすばらしいと思うんや?」 - 04月23日(日)10:00 

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」(岡田惠和脚本)は、1964年の東京オリンピック開催直前の茨城の片田舎を舞台に始まった。先週放送分では、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)が高校の同級生たちと、オリンピックの聖火が茨城県内を通るのとあわせて、自分たちの村でも独自に聖火リレーを実現させた。木俣冬さんの記事にあったように、これは実話をもとにしたエピソードだとか。それにしても、「ひよっこ」の劇中、肝心のオリンピックはテレビのモノクロの画面の向こう側で、あっけなく終わってしまった。それがかえって「田舎」と「東京」の遠さを表していたようにも思う。これまでの朝ドラでも、東京オリンピックはたびたびとりあげられてきた。戦後日本におけるビッグイベントだけに、女の一代記の多い朝ドラに登場するのは当然といえる。ただ、それは50年以上にわたる朝ドラの歴史のなかでも、じつはごく最近の傾向かもしれない。朝ドラで東京オリンピックが重要な題材に扱われ、その前後の時代が舞台となったのはおそらく、早くとも1989~90年放送の「和っこの金メダル」(重森孝子脚本)がその先駆けではないだろうか(ただし、細かく調べたわけではないので、もしそれ以前に東京オリンピックをとりあげた作品があるなら、ご存知の方にぜひご指摘いただきたい)。この記事では、「和っこの金メダル」以降、歴代の朝ドラにおいて東京オリンピックがどんなふうにとりあげ...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】天海祐希主演「緊急取調室」(第2シーズン)が17.9%の好発進 今期の民放連ドラ最高記録 - 04月21日(金)10:19 

女優の天海祐希さんが主演を務める刑事ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2シーズン初回が20日、 15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は17.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。 平均14.5%を獲得した「警視庁・捜査一課長」(同局系、木曜午後8時)の初回2時間スペシャルを超え、 今期の民放連続ドラマ最高の数字で好スタートを切った。瞬間最高視聴率は午後10時8分に20.4%を記録。 関西地区(ABC)では平均21.4%と20%の大台超えた。 「緊急取調室」は、天海さん演じる“落としのプロ”である...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

天海祐希主演ドラマ『緊急取調室』初回視聴率17.9% 民放春ドラマ最高スタート - 04月21日(金)09:23 

 女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)の初回が20日に15分拡大で放送され、番組平均視聴率が17.9%を記録したことが21日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【写真】第1話のゲストは三田佳子、ほぼスッピンで老婆役  この日、天海は早朝から同局のニュース情報番組に出続け、放送直前にも『フィギュアスケート国別対抗戦2017』の会場から生出演し、ドラマをPR。フィギュアスケート日本代表の宇野昌磨選手がショート1位の演技を披露した『フィギュア』(平均視聴率は13.2%)の流れを受け、『緊急取調室』は最低が16.4%(後9:08)、最高が20.4%(後10:08)と後半に向けて右肩上がりを示した。  同ドラマは、2014年1~3月に連続ドラマとして放送され、井上由美子氏が手掛ける脚本、そして天海をはじめとする実力派俳優たちの演技で話題を呼び、15年9月27日にスペシャルドラマを放送。天海が演じる取調官・真壁有希子を中心に、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーが、可視化設備の整った特別取調室で手強い被疑者たちと対峙していく、言葉の“銃撃戦”ともいえる鬼気迫るせりふの応酬が見どころの刑事ドラマ。第2シリーズにも、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、でんでん、大杉漣、小日向文世が集結した。  ...more
in English
カテゴリー:

天海祐希「おじさまたちも楽しみながら演じられていると思います(笑)」 - 04月19日(水)18:00 

――たたき上げの取調官・真壁有希子率いる「キントリ(緊急取調室)」メンバーが帰ってくる! 黒髪ショートボブが特徴的な有希子を演じるため、美髪を25cmカットした天海祐希は、その意気込みを語る。 【写真を見る】「第2シーズンを期待していたキントリのおじさまたち(田中哲司、でんでん、大杉漣、小日向文世ら)も本当に楽しみながら演じられていると思います」と語る天海/撮影=佐藤友昭 天海:第1シリーズからのファンの方、お待たせしました! そして、今回からご覧になる方、乗り遅れたということはありません! 一話完結のこのドラマが他の刑事ドラマと違うのは、一番の大詰めが取り調べということです。私たちキントリメンバーが、密室で被疑者と言葉の戦いを繰り広げ、いかに落とすかということが大きな見どころになっています。私自身、第1シーズンで良かった部分をそのまま引き継ぎ、改良できるところはしていきたいと思っています。 ――そんなキントリメンバーが落としていく被疑者を演じる豪華なゲストにも注目したい。 天海:台本にはある程度の設計図が載っていますが、毎回ゲストの方がどんな色に塗ってくるかは、実際にお会いして、対面してみないと分からない。そこで、私の受け方や投げ方も考えますし、お芝居をする上でのコミュニケーションを取っていく。言葉で打ち合わせするより、とにかくリハーサルをやってみるんですが、これが毎回大変(笑)...more
in English
カテゴリー:

天海祐希再び「緊急取調室」3年前から次作へ意欲 - 04月11日(火)07:48 

 天海祐希(49)が10日、都内でテレビ朝日系主演連続ドラマ「緊急取調室」(20日スタート、木曜午後9時)の制作発表に出席した。  3年ぶりのシリーズ2作目。共演は小日向文世(63)大杉漣(65)でんでん(67)ら。天海は「3年前から続…
in English
カテゴリー:

【芸能】天海祐希「緊急取調室」が絶好調!「世界フィギュア」にも視聴率で圧勝 - 04月21日(金)22:18 

天海祐希主演ドラマ「緊急取調室-season2-」(テレビ朝日系)4月20日スタートし、初回の平均視聴率は17.9%と高視聴率をマークした。 同ドラマは、天海演じる取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別室で取り調べを行う専門チーム 「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)のメンバーとともに、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げながら難事件を解決していくというもの。 この日は、ドラマ放送直前に「世界フィギュアスケート国別対抗戦」があり、こちらの平均視聴率は16.3%。 それを上回る数字を叩き出したことで、いかに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

天海祐希テレ朝「緊急取調室」が17・9%好発進! - 04月21日(金)10:14 

 テレビ朝日系の天海祐希(49)主演の連続ドラマ「緊急取調室」(木曜午後9時)の20日初回の平均視聴率が17・9%(関東地区)だったことが21日、ビデオリサーチの調べでわかった。    3年ぶりの第2シーズンで、田中哲司、でんでん、大杉…
in English
カテゴリー:

【試写室】「緊急取調室」三田佳子の一言に背筋が凍る - 04月20日(木)06:00 

この仕事をしていると、朝イチの電話ほど嫌なものはない。夜型の生活をしているが故、朝は弱いということもあるが、それを承知しているはず(?)の仕事関係の方々が電話をかけてくるなんて、よっぽどの“緊急事案”だからだ。 【写真を見る】個性豊かなキントリメンバーは健在! 独特の空気は一見の価値ありだ/(C)テレビ朝日 「記事が間違っているから直してくれ」とか、「取材時間が早まって今すぐ来てくれ」とか、「後輩が廊下の隅っこで座りながら電話しているから何とかしてくれ」(実話)とか…。やっぱりいい話だった試しがない。最初のやつは自業自得でもあるのだが。 それもあって「緊急」というワードが苦手で、メールの件名に「緊急」という文字があるだけで「うっ…」としてしまうのだが、「緊急」から始まるタイトルにもかかわらず、このドラマの主人公だけは、見るだけで“うっとり”してしまう。 またも毎回前置きが長過ぎたが、各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は4月20日(木)夜9時からスタートする、天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)を取り上げる。 本作は、天海扮(ふん)する取調官・有希子が緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進...more
in English
カテゴリー:

天海祐希、宝塚初舞台から30年「体力と気力の続く限り」進み続ける決意 - 04月16日(日)08:40 

 これまで、ドラマ『BOSS』(フジテレビ系)や『女王の教室』(日本テレビ系)など、数々のヒットドラマで“強い女”を演じてきた女優の天海祐希。頼れる女性として周囲を引っ張りながら、時にはコミカルな部分を覗かせたりと、ベテラン女優の貫禄と余裕は視聴者へも安心感を与える。そんな天海だが、シーズン2となるドラマ『緊急取調室』(4月20日スタート テレビ朝日系)では、共演の“おじさまたち”に囲まれ、教えられることも多いという。1987年に宝塚の舞台を踏んでから30年。謙虚に、まだまだ進化を続ける天海祐希の歩みは止まらない。 【写真】頼れる女・天海祐希が新人アナに囲まれて「清められる…」 ◆自分を選んでくれた仕事に対し「期待に応えられる人間でいたい」 ――2014年の放送でも人気だったドラマ『緊急取調室』。シーズン1からの共演者である田中哲司さん、速水もこみちさん、鈴木浩介さん、大倉孝二さん、でんでんさん、大杉漣さん、小日向文世さんとひと癖もふた癖もある俳優ばかり。 【天海祐希】本当に頼もしい先輩方です。前シーズンでも素なのか役作りなのか、わからないときがあったほどです。「あれ、こんなところに熱を入れるの?」というシーンも、つながった映像を見ると納得することが何度もあって。もう、悔しくなるぐらいステキなお芝居をしているんですね。おじさまたちのお芝居は見ていて飽きないし、勉強になります。...more
in English
カテゴリー:

コスプレイイベントでレイヤーより派手なカメラマンwwww - 03月19日(日)20:55 

ストフェスで見かけた重装備カメラマンさん、ガチ過ぎてモビルスーツみたいだった (撮影許可いただいてます) https://twitter.com/docuwo/status/843284689548853249 大阪にコスプレイヤー大集結「日本橋ストリートフェスタ」 大阪市浪速区の日本橋でんでんタウンで19日、恒例の「日本橋ストリートフェスタ2017」が行われ、朝から多くのコスプレーヤーが集結。同タウンを走る堺筋が歩行者天国になるなど、朝から多くの人でにぎわいをみせている。 このイベントのため会場周辺の堺筋(恵比須入路~日本橋3南)は午後3時...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「でんでん」の画像

もっと見る

「でんでん」の動画

Wikipedia

でんでん(1950年1月23日 - )は、日本俳優、元・お笑い芸人である。本名、緒方 義博(おがた よしひろ)。福岡県筑紫野市生まれ、中間市育ち。アルファエージェンシー所属。

来歴

高校卒業後、19歳の時に渥美清に憧れ、弟子入り志願のために上京するが、本人には会えず断念。丸井に就職して4年ほどサラリーマンとして働くも、退社して劇団ひまわりに入団し、エキストラとして3か月ほど活動。1980年、30歳の時に素人としてお笑いスター誕生!!へ出演して8週勝ち抜き、金賞を獲得したのを機に芸能界デビュー。

お笑い芸人時代はスタンダップ・コメディ調の芸風で知られ、「ようみんなぁー、ハッピーかい?」「どうだい? 美しいだろぉー?」「今日はみんなにオ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる