「でんでん」とは?

関連ニュース

出演作が相次ぐ人気女優・池田エライザが語った恋愛観「人としての何かを忘れないまま楽しんでいる人はいいな」 - 02月18日(日)15:00 

古泉智浩の漫画原作を映画化した『チェリーボーイズ』が2月17日から全国で公開。とある地方都市で”脱童貞”を目指し明後日の方向に奮闘する3人組を描く”性”春コメディだ。 その中でセクシーなヒロイン「釈笛子」として出演し、エロい台詞も堂々と放つ熱演を見せているのが池田エライザちゃんだ。 13歳でモデルデビュー、『ニコラ』専属を経て、『CanCam』専属モデルに。女優としても『みんな!エスパーだよ!』ほか出演作も相次ぐが、前回のインタビューでも披露してくれた通り、かなりの読書好きとのことで、雑誌の書評まで手がけるなど活動の幅を広げている。 先日、『CanCam』卒業を発表し、ますます今後が気になるエライザちゃんに最新作の現場から今後の活動まで前編「エロい役でも理由があれば全然やります」に続き、直撃! ―ちなみに、もし付き合うとしたら誰がいい? 池田 えーっ、考えたこともなかった(笑)! うーん、強いて言えば高杉君はカワイいかな…。でも誰とも付き合いたくないですけどね! あの3人は女性を求めているようでいて、自分たちで女性が入る隙をなくしてるので、まずは解散しないと(笑)。彼らの共依存が終わったら仲良くしようって思えますけど。 ―可能性...more
カテゴリー:

岩田剛典×斎藤工「去年の冬、きみと別れ」謎が謎を呼ぶWEBスポット公開 - 02月16日(金)08:00 

 芥川賞作家・中村文則氏の小説を、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典主演で実写映画化した「去年の冬、きみと別れ」のWEBスポットが、公開された。 ・「去年の冬、きみと別れ」WEBスポットはこちら!  「教団X」「土の中の子供」で知られる中村氏の人気小説を、「犯人に告ぐ」の瀧本智行監督、「無限の住人」の大石哲也の脚本で映画化。結婚を間近に控えた野心あふれる記者・耶雲恭介(岩田)は、特ダネをものにしようと猟奇殺人事件の元容疑者で天才写真家・木原坂雄大(斎藤工)に近づいていく。木原坂に気に入られ、密着取材を取り付けた耶雲だったが、真相を追ううちに木原坂のわなにかかり、婚約者・百合子(山本美月)を危険にさらしてしまう。  WEBスポットは、「ダマされたくない人は、見ないでください」という挑発的なナレーションから始まる。その後、耶雲と百合子の仲むつまじい様子が収められているが、中盤から雰囲気が一変。耶雲と木原坂の「全部、でたらめだったとしたら」「まったくのでたらめだよ」という意味深なセリフに続き、人間が炎に包まれる様子、必死の形相で走る耶雲、「ウソだ!」と絶叫する木原坂の姿などが続けざまに描かれる。驚がくのどんでん返しが仕掛けられている本作のカラーを反映した内容だ。  「去年の冬、きみと別れ」は、上記キャストに加えて「羊の木」「今夜、ロマンス劇場で」の北...more
カテゴリー:

鈴木勝大、池波正太郎作品に出演「女の尻にしかれる男の悲劇は滑稽」 - 02月12日(月)18:37 

 BSジャパンで放送中の『池波正太郎時代劇 光と影』(第1・第2火曜 後8:00~8:54)。時代小説の巨匠で傑作を多数発表した池波正太郎(1923-90年)の選りすぐりの短編12編を一話完結で映像化するシリーズでは、あす13日に第10話「谷中・首ふり坂」が放送される。養子婿で妻に頭が上がらない男が、初めて連れていかれた谷中の出会い茶屋の女に魅せられてしまうストーリー。主人公の武士・三浦源太郎を演じる鈴木勝大が見どころを語った。 【場面場面】『ドクターX』女優デビューした是永瞳も出演  源太郎は、江戸城・本丸留守居番を務める旗本・三浦忠右衛門(浅雛拓)の養子婿。体も気も弱い源太郎に対し、妻の満寿子(安藤輪子)は気位が高い上に薙刀の名手。源太郎は日頃から妻に養子扱いされて頭が上がらず、それは夜の生活にまで及ぶのだった。面白くない源太郎が愚痴をこぼせるのは、幼なじみの金子辰之助(佐藤祐基)だけ。その辰之助にからかい半分で連れ出された出会い茶店で、源太郎は大女・おやす(是永瞳)を紹介される。初めて会った時、おやすは米俵を片手で軽々と持ち上げ、源太郎はあっけにとられるが…。  鈴木は「時代劇の主役には本来似つかわしくないような、臆病で意気地なしの源太郎が、自分の人生で初めて熱い思いを持って自ら行動を起こしていく姿が好きで、これを自分が現場で体現していけるのかと思うと純粋に楽しみになり...more
カテゴリー:

足フェチ映画でヒロインを演じた片山萌美、やっぱりその足はスゴかった! - 02月12日(月)05:57 

文豪・谷崎潤一郎の短編を映画化した『富美子の足』(公開中)でヒロイン、富美子を演じた片山萌美。ついついGカップの美乳に目が行ってしまうが、本作では男性陣ならノックアウト必至の“美脚”を披露。足フェチならずとも惚れ惚れしてしまう魔性の“足”を持つ彼女の本音を聞いた。 【写真を見る】男たちを狂わせていく魔性の足をもつ富美子/[c]2018「TANIZAKI TRIBUTE」製作委員会 ■ 足のせいで人を狂わせる役なのに本当に私でいいのって? 富美子は、富豪で足フェチの老人・塚越(でんでん)の愛人で“全財産を譲ってもいい”と言わしめるほどの美脚の持ち主。「足がキレイすぎて人を狂わせていくという話なので、本当に私でいいのかなと思いました」と本人は恐縮するものの、170cmという長身にスラリと伸びた足は塚越だけでなく、誰もが足フェチになってしまいそうな見事なもの。 「結構、アザもあるし、ケガをすることもよくあるので…」とこれまでは足のケアに無頓着だったとか。「でも、ボディクリームを塗るようになったし、塚越や甥の野田(淵上泰史)に足を舐められるシーンの撮影の前にはお風呂に入って、無添加で口に入れても大丈夫そうな石鹸で洗い、できるかぎり足を地面につけないように撮影現場まで行ってました(笑)」と本作への出演を機に足を大切にしようと思うようになったという。 とにかく足をさらけ出すシーンが多いが、その...more
カテゴリー:

片山萌美、谷崎の魔性の足再現に苦労「映画の半分以上足を舐められてる」 - 02月11日(日)12:30 

 文豪・谷崎潤一郎の短編小説を映画化した「富美子の足」が2月10日、東京・テアトル新宿で封切られ、主演の片山萌美、共演のでんでん、淵上泰史、福山翔大、ウエダアツシ監督が舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  谷崎の短編を3人の映画監督が現代劇として映像化するシリーズ「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」の1作。男たちを狂わせる足を持つ富美子(片山)、足の魅力に取りつかれた2人の男の姿を通して、フェティシズムの極致を描き出す。富豪の老人・塚越(でんでん)は、愛人・富美子の足に異常な執着を見せ、フィギュア作家の甥・野田(淵上)に、富美子の足の等身大フィギュアを作るよう依頼。だが完成品に満足できず、塚越は野田に「富美子の足を理解するために舐めてみろ」と常軌を逸した命令をする。  「撮影時の苦労」を問われた片山は、「映画の半分以上、足を舐められているシーンなので、ずっと緊張していました。足をフィーチャーして撮っていただくので、ネイルサロンに初めて行って爪をきれいにしていただいたり。足のマッサージを自分で毎日したり。傷も多かったので、治すようにしました」と告白。そうした手入れの末に作り上げた“魔性の足”を鑑賞する観客に向けて、「楽しんでください」と照れ笑いを浮かべながらアピールした。  一方のでんでんは、劇中で衝撃的な怪演を見せているが、撮影...more
カテゴリー:

池田エライザがチェリーな男子どものマドンナを熱演!「エロい役でも明確な理由があれば全然やります」 - 02月17日(土)17:00 

古泉智浩の漫画原作を映画化した『チェリーボーイズ』が2月17日から全国で公開。とある地方都市で”脱童貞”を目指し明後日の方向に奮闘する3人組を描く”性”春コメディだ。 その中でセクシーなヒロイン「釈笛子」として出演し、エロい台詞も堂々と放つ熱演を見せているのが池田エライザちゃんだ。 13歳でモデルデビュー、『ニコラ』専属を経て、『CanCam』専属モデルに。女優としても『みんな!エスパーだよ!』ほか出演作も相次ぐが、前回のインタビューでも披露してくれた通り、かなりの読書好きとのことで、雑誌の書評まで手がけるなど活動の幅を広げている。 先日、『CanCam』卒業を発表し、ますます今後が気になるエライザちゃんに最新作の現場から今後の活動まで直撃した!   ―今作は、夜中のファミレスで童貞男子が盛り上がったノリをそのまま映画化したような勢いのある作品です。 池田 そうですね。「ズッコケ“性”春大作戦」というキャッチの通り、男性目線の青春映画になっています。 ―演じられた「笛子」は、下ネタ系の台詞も多いですね。 池田 はい、夜遅くに外で叫ばせていただいて(苦...more
カテゴリー:

「バイプレイヤーズ」テレビ東京がボクたちの需要を分かりすぎてて不安だ。おじさんたちイチャイチャで1話 - 02月14日(水)09:45 

昨年1〜3月に放送され、特に老け専でもない視聴者のハートをもときめかせてしまったおじさんドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』の続編『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(テレビ東京・水曜21:54〜)がスタートした。確かに前作(全話レビュー)が終わった時には「もっとおじさんたちの生活を見続けていたかった! お願いだから続編やって!」とは思っていたけど、まさか1年も経たずに実現するとは……。しかも水曜22時台の1時間ドラマとして!ドラマなのか、ドキュメンタリーなのか、はたまたバラエティなのか、ハッキリとカテゴリー分けできない、とにかくバイプレイヤーのおじさんたちがキャッキャウフフとイチャついている姿を見ているだけで幸せな気分になってしまう不思議な番組。ある意味、深夜番組ならではの悪ノリ感も込みで成立していたと思うのだが、それをプライムタイムに昇格させたらどうなってしまうのか?バラエティ番組の場合、出演者は豪華になってるけど、企画がいちいち無難にアレンジされちゃってダメになってしまいがちなパターンだけど、『バイプレイヤーズ』は……今のところ、輪をかけて悪のりしていてサイコー!ドラマの主役となるバイプレイヤーの面々は前作から引き続き、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の5人。前作に出演していた寺島進は...more
カテゴリー:

実は誰もが顔を知っている?「再現ドラマ」3大女王の再現あるあるトーク! - 02月12日(月)11:00 

さんま御殿、金スマ、アンビリバボーなどなど、人気のバラエティ番組では定番コーナーの再現ドラマ。 そんな再現ドラマで「また、おまえか!」と登場回数の多い3大女王が“再現あるある”トークを大展開! * * * ―皆さん、よく人気バラエティ番組の再現ドラマでお顔を見ますけど、簡単に自己紹介をお願いしますっ! 片岡 いつも旦那に浮気をされ、DVされつつ、さらに余命宣告されがちな幸薄(さちうす)キャラの片岡明日香です。 芳野 浮気相手、DVをする側の役が多い芳野友美(ゆみ)です。 上村 そのどちらにも迷惑をかけているヤバイ人や鬼姑を演じる永遠のババア・上村依子で~す。 ―完全にトリオ芸が成立してるじゃないですか! つか、上村さんドラマに出てくる、まんま! 上村 私が1千本以上再現ドラマに出てて、明日香ちゃんで500本以上、一番若い友美ちゃんでも300本以上は出てて、共演も多いのよ。それはトリオでやれるわよ。 ―そもそも再現ドラマってどんなものなんですか? 上村 あのねー。これが話すと長いんだけどねー。ちょっといい? まず、これが私の30...more
カテゴリー:

【テレビの開拓者たち / 松居大悟】「バイプレイヤーズ」若きメイン監督の今後の展望 - 02月11日(日)22:00 

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という、今を時めく名脇役たちが本人役で出演。シェアハウスで共同生活をするという設定で繰り広げられる、オフビートな笑いに満ちた虚実皮膜のストーリーが好評を博したドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」(2017年テレビ東京系)、そして2月7日からスタートした待望の新作「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活をしたら~」で、メイン監督を務める松居大悟。弱冠32歳にして、ドラマの脚本・演出にとどまらず、「アフロ田中」(2012年)、3月3日(土)公開の「アイスと雨音」といった映画の監督や、舞台劇の作・演出、また俳優活動に至るまで、マルチに活躍する彼に、作品づくりにおける信条や今後の展望を語ってもらった。 5人が海の中から登場するオープニング映像も話題の「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(テレビ東京系)/(c)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会 ■ 僕が6人にやってほしいと思っていたことはほとんど実現できました ──「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」のメイン監督・脚本を担当されることは、どのような流れで決まったんでしょうか。 「プロデューサーであるドリマックス(制作会社)の浅野(敦也)さんからお話をいただいたんです...more
カテゴリー:

片山萌美、谷崎の“魔性の足”再現に苦労「映画の半分以上足を舐められてる」 - 02月11日(日)12:30 

文豪・谷崎潤一郎の短編小説を映画化した「富美子の足」が2月10日、東京・テアトル新宿で封切られ、主演の片山萌美、共演のでんでん、淵上泰史、福山翔大、ウエダアツシ監督が舞台挨拶に立った。谷崎の短編...
カテゴリー:

もっと見る

「でんでん」の画像

もっと見る

「でんでん」の動画

Wikipedia

でんでん(1950年1月23日 - )は、日本俳優、元・お笑い芸人である。本名、緒方 義博(おがた よしひろ)。福岡県筑紫野市生まれ、中間市育ち。アルファエージェンシー所属。

来歴

高校卒業後、19歳の時に渥美清に憧れ、弟子入り志願のために上京するが、本人には会えず断念。丸井に就職して4年ほどサラリーマンとして働くも、退社して劇団ひまわりに入団し、エキストラとして3か月ほど活動。1980年、30歳の時に素人としてお笑いスター誕生!!へ出演して8週勝ち抜き、金賞を獲得したのを機に芸能界デビュー。

お笑い芸人時代はスタンダップ・コメディ調の芸風で知られ、「ようみんなぁー、ハッピーかい?」「どうだい? 美しいだろぉー?」「今日はみんなにオ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる