「たかしよいち」とは?

関連ニュース

児童文学作家のたかしよいち氏死去 - 01月11日(木)17:53 

 たかし よいち氏(本名高士与市=児童文学作家)7日午後1時4分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため福岡市の病院で死去、89歳。熊本市出身。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男太郎(たろう)氏。 65年にノンフィクション「埋もれた日本」で日本児童文学者協会賞を受賞。他の著作に長編小説「竜のいる島」など。鹿児島女子短大、久留米信愛女学院短大名誉教授。 【時事通信社】
カテゴリー:

たかしよいちさん死去、89歳 児童文学「埋もれた日本」 - 01月11日(木)06:00 

考古学や古生物学に基づくノンフィクション作品を数多く手掛け、児童文学に新たな分野を開拓した作家のたかしよいち(本名...
カテゴリー:

「たかしよいち」の画像

もっと見る

「たかしよいち」の動画

訃報

たかしよいち氏が死去 児童文学作家 (日本経済新聞)

たかし よいち氏(本名=高士与市、児童文学作家)1月7日、誤えん性肺炎のため死去、89歳。告別式は近親者で行った。しのぶ会を行うが日取りなどは未定。喪主は長男、太郎氏。 1965年にノンフィクション「埋もれた日本」で日本児童文学者協会賞を受賞した。   日本経済新聞

Wikipedia

たかし よいち(高士 与市、1928年11月10日 - )は、日本児童文学作家鹿児島女子短期大学名誉教授、久留米信愛女学院短期大学教授・図書館長。

来歴

熊本県出身。福岡県久留米市在住。東洋語学専門学校(現在の熊本学園大学)卒業。

1962年狩人タロの冒険を処女出版。1964年埋もれた日本で日本児童文学者協会賞、1977年竜のいる島で国際アンデルセン賞優良作品賞サンケイ児童出版文化賞、2008年天狗で赤い鳥文学賞受賞。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる