「せりふ」とは?

関連ニュース

【ご当地アイドル】神戸ちゃん、姫路ちゃん、東播磨ちゃん…兵庫県「炎上覚悟」の擬人化アイドルCM制作(写真あり) - 04月19日(木)19:59  mnewsplus

 「東播磨ちゃん」「神戸ちゃん」「姫路ちゃん」と、県南部の3地域を擬人化し、女性アイドルグループに見立てたPR動画を兵庫県東播磨県民局が製作した。東播磨ちゃんは、華のある2人に比べて魅力に乏しく、「押しが弱いのよ」などと叱られる。「ちょっと地味」「見せ方次第で輝くかも…」など自虐的なせりふも多いが、担当者は「(ネット上の)炎上は覚悟の上」と動画配信サイト「ユーチューブ」での公開を始めた。  動画は「弱さ編」「手応え編」などの短編5部作。女性アイドル3人グループ「HYOGO(兵庫)」のメンバー「...
»続きを読む
カテゴリー:

櫻井翔「友達との時間を大切に育んで」  広瀬すずとともに日大特別講義に出席 - 04月19日(木)15:57 

 映画『ラプラスの魔女』の地球科学科特別講義が19日、東京・世田谷区の日本大学 桜上水キャンパスで行われ、出演者の櫻井翔(嵐)と広瀬すずが出席した。  本作は、立証不可能な事件を調査する地球化学の教授・青江修介(櫻井)と、自然現象を予言するヒロイン・羽原円華(広瀬)の姿を描く東野圭吾ミステリー。二人は、同大学 文理学部 地球科学科と化学科の約500人の学生の前に、サプライズで登場。大歓声が巻き起こると、櫻井は「(教室に)入ってきた時の男子学生の『お~』に“広瀬すずだ~”感を感じました」と話して、会場を沸かせた。  また、二人は学生らと共に、作品内で描かれている現象を「地球科学」の観点から分析・考察していくという特別講義に参加。二人は、専門教授に「気象現象を利用した殺人は実際に可能なもの?」(櫻井)「竜巻の予測はできる?」(広瀬)などと作品にちなんだ質問をしたほか、装置を使って「竜巻を発生させる実験」の手伝いをするなど、講義を楽しんだ。  「学生時代に科学は得意だった?」と聞かれた櫻井は、「全くですね。理数系は本当にダメだったので、勉強されてる皆さんを尊敬します。(本作は)せりふとはいえ、聞きなじみのない言葉を覚えるのは本当に難しかったです」と明かした。広瀬は「櫻井さんみたいな教授がいたら、授業を受けてみたい?」と質問されると、「もちろんです。櫻井さんはお話が楽しいから、楽しく授業を...more
カテゴリー:

嵐・二宮主演『ブラックペアン』がミシュランガイドとコラボ - 04月19日(木)06:00 

 人気グループ・嵐の二宮和也が主演する22日スタートのTBS系連続ドラマ『ブラックペアン』(毎週日曜 後9:00)がレストランガイドブック『ミシュランガイド』(日本ミシュランタイヤ株式会社)とコラボレーションすることが決定した。“一流の医者と一流の料理”をテーマにした今回の企画では、初回から最終回までの各話でミシュランガイドで紹介されている“星付き”のお店が登場。『ミシュランガイド』がテレビドラマとコラボレーションするのは、初めての試みとなる。 【会見写真】白衣姿で登場した二宮和也、竹内涼真ら  『ミシュランガイド』とは世界の美味しいレストランの評価を星の数で表すことで知られ、1900年以来、世界28ヶ国をカバー。劇中に登場するお店は撮影も実際の店舗で行われ第1話には東京・恵比寿にあるミシュラン三ツ星のフレンチレストラン『ジョエル・ロブション』、今後も憧れのレストランが劇中に続々と登場していく。  同ドラマは海堂尊氏の小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)を実写化。大学病院を舞台に天才的な手技(縫合技術)を持ちながら、ごう慢な性格と言動で周囲との軋轢(あつれき)が絶えない“オペ室の悪魔”外科医・渡海征司郎(二宮)が、突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプを巡る疑惑をきっかけに、嫉妬渦巻く巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく医療エンターテインメン...more
カテゴリー:

【インタビュー】『亜人』本広克行監督「子どもたちが見られるアクション映画を目指しました」 - 04月18日(水)12:00 

 桜井画門氏の大人気コミックを佐藤健&綾野剛共演で実写映画化した『亜人』。決して死なない新人類“亜人”となった青年・永井圭と、同じ“亜人”でありながら人類に敵対するテロリスト佐藤の戦いを、迫力のアクション満載で描いた作品だ。メガホンを取ったのは、『踊る大捜査線』シリーズをはじめ、数々の大ヒット作を送り出してきた本広克行監督。4月18日のDVD&Blu-ray発売を前に、映画製作の舞台裏を聞いた。 -この作品の監督を引き受けた理由は?  オファーを受けて送られてきた原作本が積んであるのを、中学生だった子どもたちが見て「『亜人』やるの?」と言ってきたんです。聞いてみると「面白い」ということだったので、この子たちが喜ぶものを作るのもいいなと思って引き受けました。 -お子さんの言葉が後押しに?  そうです。当初はターゲットが見えず、誰に向かって作ったらいいのか悩んだのですが、これをきっかけに「子どもたちが見られるアクション映画に」と。それから(佐藤)健くんや綾野(剛)くんの出演が決まったので、「女性が見ても面白い映画に」となっていきました。 -その段階で、台本は完成していましたか。  台本はありました。ただ、設定を説明する部分がすごく長かった。もっと展開が早い方がいいと思ったので、かなり削って、主人公の圭が危機に陥っているところからスタートさせました。原作には静かな場面もあるのですが...more
カテゴリー:

「西郷どん」北川景子が分析する篤姫が吉之助に引かれた理由とは!? - 04月18日(水)07:00 

北川景子が、鈴木亮平主演の大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00‐8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。 【写真を見る】大奥に入るための厳しい訓練の中、篤姫にとって吉之助は心の支えになっていた/(C)NHK 北川が演じるのは、島津斉彬(渡辺謙)の養女であり、徳川家定(又吉直樹)の正室となる篤姫。今作では、西郷吉之助(鈴木)との淡い恋愛模様も描かれている。 そんな国の命運をかけて、波乱の生涯を送った偉人を演じている感想などを聞いた。 ――篤姫という人物をどのように捉えているか教えてください。 クランクインの前に鹿児島に2泊3日で行かせていただいて、篤姫ゆかりの地を巡る旅をしたんです。その時に、篤姫は家定さんが結婚して2年で亡くなっても、地元の薩摩に帰らず、最後まで自分のお家は徳川なんだと、一生を大奥に捧げたということを知り、芯があって精神的に強い女性だったんだなと感じました。 ――大河ドラマの主役にもなっていた篤姫ですが、どのように演じようと思っていましたか? 10年前に宮﨑あおいさんが大河ドラマで篤姫を演じられたのは、まだまだ皆さまの記憶に新しいと思います。ですが、今回はあくまで西郷隆盛が中心となった作品で、その中で篤姫は脇を固める人物として登場するので、宮﨑あおいさんの演じた篤姫とは描かれ方が違っています。 なので、自分らしくというか、林真理子先生と中園ミホ先生の作ってくだ...more
カテゴリー:

シュワちゃんイケメン息子が来日 次の作品で「I’ll be back」約束 - 04月19日(木)19:34 

 俳優・アーノルド・シュワルツェネッガー(70)の息子で同じく俳優のパトリック・シュワルツェネッガー(24)が19日、都内で行われた主演映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』(5月11日公開)のジャパンプレミアに出席。ファンの温かい歓迎に感謝すると、父の代表作『ターミネーター』のせりふから、「I'll be back」と再会を誓った。 【写真】似てる? 父アーノルド・シュワルツェネッガー  父から受けたアドバイスを聞かれると「僕は父の息子でもあるけれど、彼の弟子、学生のように学ぶところがあります。ビジネスにおいても俳優業においても、父がいつも言っているのは、やりたいことには目標を定めて日々精進して突き進むこと。ほかの人に無理だよと止められても、諦めずにその道に向かって努力することが大事ということです」と語った。  同作は、2006年に日本で生まれたYUI主演の映画『タイヨウのうた』をハリウッドでリメイクしたラブストーリー。  今回が3回目の来日だというパトリックは、「前回も楽しかったけれど、仕事で自分の作品を皆さんに見てもらえることがうれしい」と笑顔。きのう、オリジナル版に主演したYUIと対面したエピソードを披露したほか、書道で自分の名前を書くことに挑戦。握手などファンサービスも気軽に応じて盛り上げ、最後は司会から促される形になりながらも「I'll be back」...more
カテゴリー:

【試写室】「モンテ・クリスト伯―」人間の複雑な感情を丁寧に描写 - 04月19日(木)07:05 

「嫉妬」という感情は厄介だ。 【写真を見る】もはや眼福でしかない! 山本美月の美しいウエディングドレス姿/(C)フジテレビ コントロールしようと思っても容易にはできない代物であり、意識すればするほど泥沼にハマってしまう。 嫉妬によっても何種類かあって、好きな人が他の人といちゃついているのを見せられたときに抱く感情、才能のある人間が上司や先輩に寵愛される姿を見たときに抱く感情などなど。 多かれ少なかれ、普通に社会生活を送っていたら誰もが抱く感情に違いない。 筆者の身の回りでも、好きな子がちょっと異性の先輩ととりとめのない話をしているだけで気になって気になってキーボードの「enter」キーがうまく押せず、ひたすら「shift」を押し続けて「固定キー機能を有効にしますか?」と問われていたことか。それくらい集中力が持っていかれてしまうのが、嫉妬というヤツなのだ。 そんな嫉妬が大きく物語のキーに関わってくるドラマがついに始まる。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は4月19日(木)夜10時よりスタートする、ディーン・フジオカ主演の連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(フジテレビ系)を取り上げる。 今作は愛、将来、自由、仕事、自尊...more
カテゴリー:

二宮和也「ブラックペアン」試写会で語ったテレビドラマへの愛とプライド【イベントリポ】 - 04月18日(水)19:32 

4月22日(日)夜9:00からスタートする日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系、初回は25分拡大)。 【写真を見る】加藤浩次からしきりに「エロい」を連呼されたカトパンこと加藤綾子/撮影=龍田浩之 都内でプレミアム試写会と舞台あいさつが行われ、主演の嵐・二宮和也を筆頭に、竹内涼真、葵わかな、加藤綾子、加藤浩次、小泉孝太郎、内野聖陽が登壇した。 チームワーク抜群の会見の様子を徹底リポートします! ■ 各キャストのあいさつ 司会(藤森祥平アナ):まずは主演で東城大学医学部付属病院の外科医・渡海征司郎役の二宮和也さん、お願いします。 二宮:今日はお集まりいただきありがとうございます。無事に1話完成したという事なので、皆さんに1話見ていただきましたけれども、非常に面白そうなドラマが出来上がりましたので、オンエアの日まで期待感として高められるような作品になったのではないかなと思いますので、それを今日はご報告させていただきたいと思います。ありがとうございます。 司会:研修医・世良雅志役の竹内涼真さん、お願いします。 竹内:竹内涼真です。よろしくお願いします。今日はこうやって第1話を皆さんと一緒に後ろで見ていたんですけど一緒に味わえて、短い時間ですけど撮影現場の雰囲気だったり「ブラックペアンはこういう風に頑張っています」みたいな事をを皆さんに味わっていただければ、と思っています。よろしくお願いしま...more
カテゴリー:

「半分、青い。」の弓道美少女・古畑星夏が、これまでの朝ドラを覆す!? - 04月18日(水)10:15 

放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に、古畑星夏演じる伊藤清(さや)が登場した。 【写真を見る】古畑星夏の胴着姿に、律(佐藤健)も視聴者もキュンッ!/(C)NHK 清は弓道部の交流試合のため鈴愛(永野芽郁)たちの通う高校を訪れた美少女で、律(佐藤健)と“電撃的な”出会いを果たした。清の存在は次第に、鈴愛と律の絆に大きな影を落としていくという。 そんな本作のキーパーソン・古畑星夏に、撮影中のエピソードや今後の見どころを聞いた。 ■ 「この人いいかも」と思う“勘”は清と同じ ──“朝ドラ”初出演の感想を教えてください。 “朝ドラ”のオーディションは何回も受けていたので、出演のお話をいただいた時は素直にうれしかったです。“朝ドラ”を毎日見ている祖母のことも、喜ばせられるなと思いました。 ──プレッシャーはありましたか? 撮影に入る前は感じなかったのですが、いざ始まるとかなり緊張しました! いつもは噛まないせりふを噛んだり、せりふも「もっと覚えられるはずなのに…」と思うことが結構ありました。 渋谷で「ずんだシェイク」を買って帰るのを、毎日の楽しみにしていたんです(笑)。 ──清の役設定を聞いた時は、どう感じましたか? 「みんなを虜(とりこ)にする、弓道が上手なマドンナ」の役なんて、私には難しいなと思いました(笑)。台本を読んでも(感...more
カテゴリー:

『半分、青い。』子どものコンプレックスにどう向き合う? 2人のママの異なる対応とは - 04月18日(水)07:00 

© NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.朝ドラ『半分、青い。』は、3週目に入り、少女期から主演の永野芽郁にバトンタッチされました。主人公の楡野鈴愛(にれの・すずめ)は、小学校3年生のとき、病気のために左耳を失聴。障がいを抱えたことに最初は戸惑いつつも、独自の感性でそのことを受け止め、前へと進んでいこうとします。そんなハンディキャップやコンプレックスを抱えた子どもに対して、親はどうやって向き合っていけばいいのか。朝ドラに登場するタイプの異なる二人の母の接し方から考えてみたいと思います。■ハンディキャップがある子どもに親はどう向き合う?鈴愛が失聴したとき、一番動揺したのは、いや、正確に言えば、動揺をそのまま感情として吐き出したのは、母の晴(松雪泰子)でした。晴は自分で自分を責め続け、泣き続けてしまいます。もともと子育てに一生懸命なゆえに、ときには鈴愛をきつく言いすぎることもあった晴。鈴愛が自分の名前をからかわれたことを母親に言えず、それがもとで友だちとケンカし、晴にこっぴどく叱られたこともありました。一時は親子で大げんかとなりましたが、ケンカの理由が明かされたとき、2人の絆はより深いものとなりました。晴が鈴愛に真っすぐな愛情を注いでいた分、娘の失聴を知ったときの悲しみははかりしれません。普段は能天気でおちゃら...more
カテゴリー:

もっと見る

「せりふ」の画像

もっと見る

「せりふ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 台詞...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる