「すずめ踊り」とは?

関連ニュース

東京・中野区「東北復興大祭典なかの」を通して東日本大震災、熊本地震を支援 - 11月17日(金)11:40 

10月28日(土)、29日(日)の2日間、中野区が「東北復興大祭典なかの」を実施しました。今年で6回目を迎えるイベントですが、今回の目玉は「独眼竜 伊達政宗」のねぶた。当日の様子をレポートします。 2日間ともあいにくの雨に見舞われ、来場者数も2日で10万人と昨年までの半数以下だったにも関わらず、特産品の販売やねぶたの運行を見に来た人たちで賑わっていました。 「東北復興大祭典なかの」が始まったきっかけは、2011年の東日本大震災発生。 「東北復興の灯を消してはならない」「一日でも早い復興につなげていきたい」「ともに生きる。ともに支え合う」という考えのもと、2012年から東北復興大祭典なかのが始まりました。さらに2016年の熊本地震への復興支援も行い、被災地の復旧、復興の一助となっています。 イベントの目玉は、迫力ある「独眼竜 伊達政宗」のねぶた 中野区提供 イベントでは、青森市の協力のもと、幅7m、奥行5mもある「独眼竜 伊達政宗」のねぶたが運行。雨のためビニールをかけていたものの、道いっぱいに広がる大きなねぶたは迫力満点。 中野区提供 ねぶたのあとには「ラッセーラ、ラッセーラ」の掛け声とともに、飛んだり跳ねたりしながら踊る「跳人(ハネト)」も観られ、お祭り気分も十分味わえました。当日は跳人の衣装を着てねぶた運行に参加することもでき、大人に混じって踊る子どもの姿も見られ...more
カテゴリー:

「すずめ踊り」の画像

もっと見る

「すずめ踊り」の動画

Wikipedia

すずめ踊り・雀踊り(すずめおどり)とは、19世紀頃に流行したと言われる奴踊りの一種で、奴装束に笠をかぶり三味線と歌に合せ雀の動作を真似た踊りである。 葛飾北斎画:]

また、宮城県仙台市の仙台青葉まつりで踊られている踊りも「すずめ踊り」と名付けられている。 こちらの踊りは即興的要素が強いのが特徴である。

和歌山県御坊市の「雀踊」

和歌山県御坊市の小竹八幡宮の秋例大祭で10月に奉納されている。 宝永年間に京より指導者を招き神に五穀豊穣を感謝するために稲が実るまでの農作業を踊りにしたものと伝えられ、御坊祭 和歌山県無形民俗文化財にも指定されている。

宮城県仙台市の「すずめ踊り」

1603年(慶長8年)の仙台城(青葉城)落成の時に踊られたとされる伝承を元に、1985年(昭和60年)から仙台市が主催して始まった「仙台・青葉まつり」において現代的に創作された踊り。仙台市の様々な観光イベントで踊られている。

複数の踊りの種類があるが、伝統的なものよりも現代的なものの方が市民に浸透し、「すずめ踊り」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる