「すずめ踊り」とは?

関連ニュース

密輸された押収品がズラリ! 「税関情報ひろば」に行ってきた - 05月29日(月)06:00 

日本の出入口である空港や港を守る「税関」。違法な物品が国内に持ち込まれることを防ぎ、また運び出されることを防ぐ重要な仕事だ。法律を守って生活している限り、関わる機会は限られている。そんな税関のことを学べる施設が、東京税関の「情報ひろば」(東京都江東区)だ。歴史的な資料や調査方法、実際に税関で没収された違法な物品などが多数展示されているこの施設に、Jタウンネット記者が行ってきた。違法薬物の「運搬手段」も紹介 入口では、マスコットキャラクターの「カスタムくん」がお出迎え。麻薬探知犬がモチーフで、「custom(カスタム)」とは税関をあらわす英単語だ。 個人的に最大の見どころだと感じたのが、入口左手にある密輸に関するコーナーだ。薬物を始め、拳銃や金塊、動物など、法律や条約に反する品物の現物と運搬手段が展示されている。詳細な解説や数字のデータも相まって見応えがあるのだ。 違法薬物のコーナーには、担当者によると「一周回って現役」だという、靴やサンダルなどに薬物を収納するオーソドックスな方法から、ぬいぐるみ、ボウリングボール、ドラム缶、スーツケースや置物など工業製品に隠すという手段まである。大規模な密輸の場合は大きな機械製品に隠ぺいされることもあるという。中には、体内に2kgもの大麻を飲み込んだ人のレントゲン写真も展示されている。販売すると大金になるとはいえ、普通の食事でもつらい2kgという量...more
カテゴリー:

調理直前のキュウリが見せた「困った表情」 - 05月28日(日)17:00 

ある野菜のみせた表情が「可愛いすぎる!」――こんなツイートが2017年5月16日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな表情だったのか、見てみよう。 そんな顔しても塩昆布と和えますので pic.twitter.com/16ziUIq9Bw- イサナ (@isana11) 2017年5月17日これは投稿者が、塩昆布和えを作ろうとした際に現れた、少し困ったような表情(?)を浮かべるキュウリを撮影したものだ。その表情からは、どこか寂しげな雰囲気と可愛らしさが感じられ、思わず調理をためらいそうになる。しかし、もし「ためらい」を感じたとしても、和えるだけで簡単に美味しい一品が出来てしまう為、副菜として活用されてしまう運命にあるわけだ。この複雑な表情(?)に「食べにくい!笑」「可愛い過ぎる」「キュウリをカワイイって思ったの初めて」など、そのキュートさにホッコリしてしまったり、美味しそうなレシピをUPする人が続出している。ツイートへの反応「ウチはワカメと梅酢タコと和えました」このツイートには、こんな反響が。 @isana11 大外から申し訳ございません、ウチはワカメと梅酢タコ@生協と和えました。 pic.twitter.com/87KIATnMDV- ぷる@兎鍋屋(「 ゚ Д゚)「 (@lala1271M) 2017年5月18日 @isana11 初めまして、FF外から失礼します.....more
カテゴリー:

石川県小松市で人気の「ホワイトサンド」 - 05月28日(日)07:51 

[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2017年5月16日放送の「仰天コロンブス」のコーナーで、小松市民に人気の「ホワイトサンド」を紹介していました。市内でインタビューしても知らない人はいないほどの絶大な人気を誇る「ホワイトサンド」とは何なのでしょうか?小松市内のスーパーにはからなずと言って良いほど並んでいる「ホワイトサンド」。あるスーパーではお客さんの要望が多く入荷したそうです。また、スーパーだけでなく道の駅にも販売されています。70年の歴史を誇る小松市のパン屋「あづま屋」が製造しているホワイトサンド。1センチに切った食パンにバタークリームがサンドしてあるサンドイッチです。丁寧に一枚一枚手作りされており、甘すぎずあっさりしたこだわりのバタークリームは70年変わらない味です。サンドシリーズとして、イチゴジャム、クリーム、ピーナッツ、チョコレートの種類もあります。小松市民あるあるとして、バタークリームの「ホワイトサンド派」と、カスタードクリームの「クリームサンド派」に別れるのだそう。学校の購買部などでも売られており、若い世代は親が懐かしんで買ってきて親から子へと受け継がれて、ファンになる場合が多いです。ローカルグルメとして雑誌にも取り上げられたり、人気商品となりクリーム単体でも商品として売られています。最近はパッケージのデザインが描かれたTシャツや缶バッジなどのグッズも出はじめ、このホ...more
カテゴリー:

国際的なスポーツ大会「ワールドマスターズゲームズ」、2021年に日本開催! - 05月28日(日)07:02 

[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2017年5月17日の放送では、「ワールドマスターズゲームズ」について紹介されました。ワールドマスターズゲームズは、1985年からおおむね4年に1度、五輪の翌年に開催される「国際総合スポーツ大会」で、今年(2017年)はニュージーランドのオークランドで行われました。4年後は関西で開催!ワールドマスターズゲームズの大きなテーマは「生涯スポーツの推進」、原則30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰でも参加可能です。参加費は競技ごとに2万円前後、元・プロ選手から一般のスポーツ愛好家までキャリア関係なく競い合います。競技参加者は2~3万人と五輪のおよそ3倍、オークランド大会では、およそ100か国から2万8000人もの参加者が集まりました。そんなワールドマスターズゲームズが2021年にアジア初、関西での開催が決定しました。中国・四国地方の一部と近畿2府4県を舞台に32競技・55種目の熱戦が繰り広げられます。2020年東京オリンピック・パラリンピックでスポーツ熱が高まる日本。関西で開催されることが決定したワールドマスターズゲームズは、スポーツ好きの方にはオリンピック観戦の次は、選手として気軽に参加できる貴重な機会ではないでしょうか。(ライター:けあるひの) 【関連記事】京都~大阪をゆったり移動!京阪特急に「プレミアムカー」登場 ...more
カテゴリー:

<青葉まつり>夏の陽光踊り熱く - 05月21日(日)10:24 

第33回仙台・青葉まつり(まつり協賛会主催)が開幕した20日、仙台市中心部ですずめ踊りをはじめ多彩な催しが繰り広げられた。夏を思わせる強い日差しで、仙台の気温は午後1時10分に今年最高の26.9度を記
カテゴリー:

人なつっこい!すり寄ってくる神社のスズメたち - 05月28日(日)21:00 

人に対して警戒心がない上に、すり寄ってくるスズメ達の可愛さに語彙力が失われる――こんなツイートが2017年5月15日に投稿され、話題になっている。 あーっ!お客様!困ります!あーっ!こんなところで!あーっ!お客様!あーっ!!お客様困ります!あーっこんなところで!あーっ! pic.twitter.com/Gkm3epl3uK- 非恵川ひこざ@巌決隊 (@HikozaTwi) 2017年5月15日今回投稿されたこちらの画像。通常、人間になつかないと言われているスズメ達が、神社に居る人の周囲に集まり、あまつさえ手のひらに乗って積極的に人へ擦り寄ろうとする様子が写っている。何故このように人に対して警戒心が無いのか? それはこの神社内で育ったスズメ達は親の代からずっと餌付けをされていて、人は餌をくれる良いヤツだと認識をしているのではないかと思われる。なお、この写真は2014年ごろに撮ったものだという。ツイートへの反応「なんて羨ましい」このツイートには、こんな反響が。 @HikozaTwi @rindou105 こんなになつっこいスズメいるんですね(*^ω^*)- さなを@エコーズプレイ中 (@sanawo14) 2017年5月18日 @HikozaTwi @atr_spl スズメが人間に慣れてるのは本当に本当に珍しい...そして羨ましい...- *・.フェイ君.・* (@f3J9FMgT...more
カテゴリー:

消失する日本の往来――「消滅可能性都市」の現在/十津川村 第2回 消えゆく「山仕事」、消えた映画館 - 05月28日(日)11:00 

十津川村の面積は672.38平方キロメートル。東京23区を合わせたそれよりも広い、日本の最大の面積を持つ村である。そして、その96%を森林が占める。いくつもの山が連なり、その間を毛細血管のように無数の谷が交差する、それが十津川の地形である。村人は、奇跡的に形成されたわずか4%の平地に、家を建て、道を敷き、畑を耕し、やがて、橋を架け、祭に集い、学校を造り......そんな営みを太古の昔より続けてきた。十津川村の往来とは、そんな風景である。中世から近代、現代へ。村の景色は都市の思惑で変わっていった圧倒的な山と森林、と言っていいだろう。スギとヒノキが半分を占める森が、視界に入らない場所を探すことは、十津川では不可能だ。十津川の人々は、常に山と森林を視野のどこかに置きながら暮らしてきた。山とともに、山の民として。「自然との共生」などという近年のキャッチフレーズが陳腐に思えるくらいに、十津川も十津川の人々も、ごくごく当たり前に、この圧倒的な山と森の中に生きてきたのだ。こんな民話が残っている。上湯川の古谷川の上流に上(かみ)という家があった。今では屋敷跡だけが残っている。ずいぶん昔の話である。この家におさよ、という娘がいた。ある日のことである。おさよは、日が暮れても一向に帰ってこなかった。家の人は大さわぎをしてさがしたが、何の手がかりもなかった。村の人も次の日から手分けをしてさがしたが、全くど...more
カテゴリー:

京都~大阪をゆったり移動!京阪特急に「プレミアムカー」登場 - 05月28日(日)07:06 

[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2017年5月19日の放送では、京阪電鉄の新型車両「プレミアムカー」について取り上げられました。京阪電鉄が8月20日から運行開始予定の「プレミアムカー」には、京阪特急の「次代を拓く」新サービスを取り入れているとのこと。従来の特急車両に連結される形で運行されます。車両には「アテンダント」が同乗高級感あふれる座席はリクライニングができ、従来の4列シートから全席指定の3列シートとなり、ゆったりと座ることができます。ビジネス向けにテーブルや専用のコンセントも完備、天井部には微粒子イオンを発生させる装置など、従来とは違うサービスを行う車両となっています。そして一番の違いが、車両に「アテンダント」が同乗すること。合わせてインバウンドを見越した大型の荷物収納スペースも用意されています。料金は乗車券のほか、区間によって400~500円の特急料金が必要です。今まで、当たり前と受け入れていた電車の混雑が新たな考え方で快適に過ごせる空間へとシフトされていますね。(ライター:けあるひの) 【関連記事】仙台名物「すずめ踊り」は、大阪との縁があった! 「DSのソフト」にしか見えないビルディング なぜ?カップラーメンに巻きついた白蛇 「関東地方」と「首都圏」の違い、説明できますか? ...more
カテゴリー:

仙台名物「すずめ踊り」は、大阪との縁があった! - 05月28日(日)07:01 

[OH!バンデス‐宮城テレビ]2017年5月19日放送の「知ってるつもり!?宮城解体新書」のコーナーで「すずめ踊り」について調べていました。「仙台青葉まつり」の一番の見どころ「すずめ踊り」ですが、街で仙台市民は踊れるのかを聞いて見ると、踊った事がない人でも何かしらの関わりをもっている人が多くいました。それ程、仙台市民にとって「すずめ踊り」は身近なものなのです。しかし、意外に知られていないのが「すずめ踊り」の名前の由来です。そこを、リポーターのティーナ・カリーナさんが探っていました。堺の石工が即興で披露まずは「すずめ踊り」の歴史を知るために、仙台すずめ踊りを踊っている「仙千代祭連(まづら)」の遠藤史子代表に話を聞いていました。それによると、伊達政宗公が1603年(慶長8年)に仙台城移徒式の宴席で、泉州(現在の大阪)の堺から来た石工達が、政宗公の前で即興で披露したのが「すずめ踊り」と言われています。そして「すずめ踊り」の名前の由来ですが、一つは「跳ね踊る姿が餌をついばむ雀の姿に似ていたこと」。そして二つ目は「伊達家の家紋が『竹に雀』であったこと」からとのことです。戦前は、石切町(現・青葉区八幡)に住む石工によって踊り継がれていたのですが、戦後は次第に継承者を失い、わずかに残った石工にひっそりと受け継がれるだけとなってしまいます。その「すずめ踊り」を唯一伝承してきたのが、仙台城の石垣を手...more
カテゴリー:

青空のもと「すずめ踊り」仙台・青葉まつり - 05月20日(土)19:50 

青空のもと「すずめ踊り」仙台・青葉まつり
カテゴリー:

もっと見る

「すずめ踊り」の画像

もっと見る

「すずめ踊り」の動画

Wikipedia

すずめ踊り・雀踊り(すずめおどり)とは、19世紀頃に流行したと言われる奴踊りの一種で、奴装束に笠をかぶり三味線と歌に合せ雀の動作を真似た踊りである。 葛飾北斎画:]

また、宮城県仙台市の仙台青葉まつりで踊られている踊りも「すずめ踊り」と名付けられている。 こちらの踊りは即興的要素が強いのが特徴である。

和歌山県御坊市の「雀踊」

和歌山県御坊市の小竹八幡宮の秋例大祭で10月に奉納されている。 宝永年間に京より指導者を招き神に五穀豊穣を感謝するために稲が実るまでの農作業を踊りにしたものと伝えられ、御坊祭 和歌山県無形民俗文化財にも指定されている。

宮城県仙台市の「すずめ踊り」

1603年(慶長8年)の仙台城(青葉城)落成の時に踊られたとされる伝承を元に、1985年(昭和60年)から仙台市が主催して始まった「仙台・青葉まつり」において現代的に創作された踊り。仙台市の様々な観光イベントで踊られている。

複数の踊りの種類があるが、伝統的なものよりも現代的なものの方が市民に浸透し、「すずめ踊り」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる