「すずめ踊り」とは?

関連ニュース

<青葉まつり>協賛会が伝統芸能大賞活用賞に - 03月21日(火)11:08 

一般財団法人地域伝統芸能活用センター(東京)は2017年度の地域伝統芸能大賞の活用賞に、すずめ踊りの普及や伝承を目指す仙台・青葉まつり協賛会を選んだ。地域の伝統芸能を生かして観光や経済の振興につなげる
in English
カテゴリー:

「すずめ踊り」の画像

もっと見る

「すずめ踊り」の動画

Wikipedia

すずめ踊り・雀踊り(すずめおどり)とは、19世紀頃に流行したと言われる奴踊りの一種で、奴装束に笠をかぶり三味線と歌に合せ雀の動作を真似た踊りである。 葛飾北斎画:]

また、宮城県仙台市の仙台青葉まつりで踊られている踊りも「すずめ踊り」と名付けられている。 こちらの踊りは即興的要素が強いのが特徴である。

和歌山県御坊市の「雀踊」

和歌山県御坊市の小竹八幡宮の秋例大祭で10月に奉納されている。 宝永年間に京より指導者を招き神に五穀豊穣を感謝するために稲が実るまでの農作業を踊りにしたものと伝えられ、御坊祭 和歌山県無形民俗文化財にも指定されている。

宮城県仙台市の「すずめ踊り」

1603年(慶長8年)の仙台城(青葉城)落成の時に踊られたとされる伝承を元に、1985年(昭和60年)から仙台市が主催して始まった「仙台・青葉まつり」において現代的に創作された踊り。仙台市の様々な観光イベントで踊られている。

複数の踊りの種類があるが、伝統的なものよりも現代的なものの方が市民に浸透し、「すずめ踊り」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる