「しずか」とは?

関連ニュース

【フォトグラファー栃木に家をたてる】見えない部分にも技術を感じる - 06月28日(水)07:30 

  (前回までのあらすじ) 子どもをのびのびと自然豊かな場所で育てたいという思いから、東京から栃木への“Iターン・Uターン”を決めた、僕たち家族。 いよいよ建て方も終了。家のタイトルは、住んでいる地名にちなんで「しずかしろのいえ」に決まりました。   ※ 【フォトグラファー栃木に家をたてる】今までのシリーズを見てみる   ■家づくりは、見えなくなる部分にも技術が詰まっている 大工さんは毎日、朝早くから一人で来て、コツコツと作業していきます。 木材を現場で寸法を測って加工し、丁寧に少しずつ作っていきます。 それはまさにコツコツという言葉がぴったり。大工さんの仕事って地道なんだなとつくづく思います。 手を止めてしまうと申し訳ないから気を使いつつ「ここはどうなるのですか」とか「これはどういう意味があるのですか」とか興味がありすぎてついつい聞いてしまいます。 嫌な顔一つもせず丁寧に答えてくれてありがたい。 最終的に見えなくなる部分にも技術が詰まっているのだと感じます。 聞くと一棟一人で作るのは初めてだそうで、彼(大工さん)にとっても思い入れのある家になればいいなと思いますし、 はじめて任された家が我が家だと思うと嬉しくなります。 最終的に隠れてしまう部分もかっこいい。 窓がはまる枠ができて少し家っぽさが増してきました。こういう少しの変化がまた嬉しいもの...more
カテゴリー:

『映画ドラえもん』新作タイトル決定!のび太の宝島公開決定 - 06月18日(日)12:00 

 『映画ドラえもん』シリーズの38作目となる最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』が、2018年3月に公開することが決定。併せて、イメージ画、今井一暁監督および脚本の川村元気が寄せたコメントも解禁となった。【関連】『ドラえもん』フォトギャラリー 解禁されたイメージ画では、ドラえもんたちの眼前に光り輝く大海や、どこまでも広がる青い空と白い雲が印象的。なにやら海賊船も見えるなかで、ドラえもん・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫の、夢と希望に満ち溢れた笑顔からは、彼らが冒険を待ち侘びている様子が伺える。 監督を務めるのは、アニメ版『ドラえもん』の演出を数多く手がけてきた今井一暁。今井監督は「『宝島』———原作者スティーヴンソンが子どもたちに話して聞かせたこの物語は、国も時代も超えて世界中の人をワクワクさせ続けてきました。果てしなく広がる水平線の向こうに一体何があるのか?しかし今、地球は子どもたちの手のひらの中で、くるくるとスクロールし寄ったり引いたり思いのまま」と問題提起。そして「『宝島』の魔法はもうすっかり消えてしまったのか?いや、形を変えて今も存在しているはず。2018年3月、どこかにある宝島を、ドラえもんとのび太くんたちと一緒に探しに来てください」と熱い想いを語る。 一方、脚本を務めたのは、『君の名は。』『バケモノの子』などでプロデュースを担当したほか、『世界から猫が消えたなら』『...more
カテゴリー:

『映画ドラえもん』シリーズ38作目のタイトルが決定 『のび太の宝島』2018年3月に公開 - 06月14日(水)22:30 

映画第1作目が公開された1980年から38作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズ。 今年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は老若男女幅広く支持され、シリーズ37作目にして新シリーズ最高興行収入の記録を更新中。『映画ドラえもん』シリーズの人気は、春休み一番のファミリー映画として金字塔を打ち立てている模様。新シリーズ……現声優陣で制作された、2006年公開『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』から現在までの『映画ドラえもん』シリーズ。そしてこの度、更なる期待が高まるなか、38作目のタイトルが決定! タイトル名は『映画ドラえもん のび太の宝島』。2018年3月に公開予定。 本作を手がけるのは、TVアニメ『ドラえもん』の演出を数多く手がけ、今作で初の映画シリーズの監督を務める今井一暁さん。そして脚本は、『君の名は。』『バケモノの子』など映画プロデューサーのみならず、『世界から猫が消えたなら』『四月になれば彼女は』など小説家としても活躍している川村元気さんが担当する。 前作の舞台となった南極とはまた違った大自然が舞台となる本作。同時に解禁されたイメージ画では、ドラえもんたちの眼前に光り輝く大海や、どこまでも広がる青い空と白い雲が印象的。 なにやら海賊船も見えるなかでドラえもん・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫は夢と希望に満ち溢れた笑顔で、訪れる冒険を待ち侘びて...more
カテゴリー:

中国人も大爆笑! 日本の街に溢れる「変な中国語」wwwwwwwwwwwww - 06月13日(火)20:04 

最近、インスタントメッセンジャーアプリWeChatで、日本を訪れた中国人ユーザーたちが集めた「日本の街に溢れる変な中国語」をまとめた記事がシェアされて話題となっている。    いずれも正しく訳されていなかったり、そもそも中国語として成立していなかったりするものばかりなのだが、雰囲気だけでも伝えられるよう、いくつか日本語に戻して例を挙げてみたい。(括弧内は本来の日本語)   ・前面の階級差別に注意してください(この先段差に注意してください)   ・しずかちゃん観てください(お静かにご覧ください...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「オタクは浮気をしないので結婚に向いている」 オタクと腐女子専門の結婚相談所が強力バックアップ★4 - 05月29日(月)15:51 

オタクの男女をマッチングする婚活サービスが次々と登場する中、腐女子とオタク専門の結婚相談所「HappyMaker!」が6月から「ツーマンセル制」を導入する。 会員1人につき、男女1人づつ計2人のコンサルタントが担当につくという。 同相談所の横井睦智代表によると、これまで横井代表自身が1人でコンサルタントを務めていた。 しかし「婚活をしていく上では、異性と同性両方の相談相手が必要だ」と話す。 ■「結婚したいけれどやり方がわからないオタクが多い」 「女性の会員様の場合、交際相手の男性の気持ちがわからないというこ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ドラえもん」ファンの間でも語り継がれる名作を放送! - 06月23日(金)12:00 

毎週金曜夜7時から放送中の「ドラえもん」(テレビ朝日系)。7月28日(金)の放送で「あの名作が帰ってくる!ドラえもん夏の1時間スペシャル」と題して、有名原作のエピソードを放送することが分かった。 【写真を見る】八鍬新之介監督&大杉宜弘チーフディレクターからのコメントも到着!/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 第1弾は、ファンの間でも名作と語り継がれているストーリー「ぞうとおじさん」と、やんちゃでかわいいミニドラの活躍を描く「ぼくミニドラえもん」。 「ぞうとおじさん」は、ドラえもんとのび太がタイムマシンに乗り、戦争中に殺されてしまったという動物園のゾウ“ハナ夫”を助けにいくというストーリー。平和の尊さについて、あらためて考えさせられる作品だ。 「ぼくミニドラえもん」は、のび太の宿題の手伝いよりも自分の予定を優先したいドラえもんが、自分の代わりを“ミニドラえもん”に託す。だが、小さいせいでなかなかうまくいかず、さまざまな騒動が巻き起こってしまう、という物語。 その後は、「天井うらの宇宙戦争」「ロビンソンクルーソーセット」「森は生きている」「おかし牧場」など、人気原作エピソードを次々と放送する予定となっている。 また、同日の放送から、2016年公開の「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」などで監督を務めた八鍬新之介氏が監督に就任。さらに、2015年公開の「映画ドラえ...more
カテゴリー:

「ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!」,「リボンの武者」から鶴姫しずか&松風鈴が参戦 - 06月16日(金)19:09 

ガールズ&パンツァー戦車道大作戦!ガールズ&パンツァー戦車道大作戦!配信元戦車道大作戦実行委員会配信日2017/06/16<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>乙女戦車シミュレーション…
カテゴリー:

大海原で大冒険『映画ドラえもん のび太の宝島』来年3月公開決定 - 06月14日(水)12:00 

 映画第1作目が公開された1980年から38作目となる「映画ドラえもん」シリーズ最新作のタイトルが『映画ドラえもん のび太の宝島』に決まり、来年3月に公開されることが発表された。 【場面カット】5年ぶりに新曲を発表したジャイアン  今年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は老若男女幅広く支持され、シリーズ37作目にして新シリーズ(※)最高興行収入の記録を更新中(※現声優陣で制作された、2006年公開『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』以降の作品)。  南極を舞台にした今年の作品とは、また違った大自然が舞台となる38作目。同時に解禁されたイメージ画では、ドラえもんたちの眼前に光り輝く大海や、どこまでも広がる青い空と白い雲が印象的で、海賊船らしき船も見える中、ドラえもん・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫が夢と希望に満ちあふれた笑顔を見せている。これから訪れる冒険を待ちわびているようだ。  監督は、テレビアニメ『ドラえもん』(毎週金曜 後7:00 テレビ朝日系)の演出を数多く手がけ、初の映画シリーズとなる今井一暁氏(劇場公開作品としては2作品目)。脚本は、『君の名は。』『バケモノの子』などの映画プロデューサーとして知られ、『世界から猫が消えたなら』『四月になれば彼女は』などの原作者・小説家としても活躍している川村元気氏が担当する。  今井監督は「...more
カテゴリー:

【社会】「オタクは浮気をしないので結婚に向いている」 オタクと腐女子専門の結婚相談所が強力バックアップ★5 - 05月30日(火)14:29 

オタクの男女をマッチングする婚活サービスが次々と登場する中、腐女子とオタク専門の結婚相談所「HappyMaker!」が6月から「ツーマンセル制」を導入する。 会員1人につき、男女1人づつ計2人のコンサルタントが担当につくという。 同相談所の横井睦智代表によると、これまで横井代表自身が1人でコンサルタントを務めていた。 しかし「婚活をしていく上では、異性と同性両方の相談相手が必要だ」と話す。 ■「結婚したいけれどやり方がわからないオタクが多い」 「女性の会員様の場合、交際相手の男性の気持ちがわからないというこ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「オタクは浮気をしないので結婚に向いている」 オタクと腐女子専門の結婚相談所が強力バックアップ★3 - 05月29日(月)00:57 

オタクの男女をマッチングする婚活サービスが次々と登場する中、腐女子とオタク専門の結婚相談所「HappyMaker!」が6月から「ツーマンセル制」を導入する。 会員1人につき、男女1人づつ計2人のコンサルタントが担当につくという。 同相談所の横井睦智代表によると、これまで横井代表自身が1人でコンサルタントを務めていた。 しかし「婚活をしていく上では、異性と同性両方の相談相手が必要だ」と話す。 ■「結婚したいけれどやり方がわからないオタクが多い」 「女性の会員様の場合、交際相手の男性の気持ちがわからないというこ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「しずか」の画像

もっと見る

「しずか」の動画

Wikipedia

しずかしづかは日本の人名。多くは女性である。

実在の人物 女性

;歴史上の人物

;スポーツ

;芸能

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる