「しずか」とは?

関連ニュース

星野源の新曲「ドラえもん」が1日足らずで再生回数100万回を突破!【視聴熱】 - 02月20日(火)16:50 

3月3日(土)に公開される「映画ドラえもん のび太の宝島」の主題歌に起用される星野源11枚目のシングル「ドラえもん」。2月19日の「視聴熱(※)」デイリーランキングで15263ptを獲得した。2月18日にMVが解禁され、YouTubeでは1日足らずで100万回を超える再生回数を記録。のび太の部屋や空き地の土管、しずかちゃんの浴室(?)など、ドラえもんの世界観をいかんなく取り入れたMVに、YouTubeのコメント欄には「ドラえもんの世界観が完全再現されてる!」「これドラえもんのオープニングにしてええんちゃう?」「ドラえもんの世界を星野源さん視点でっていうのがすごい好き」などの投稿であふれた。(ザテレビジョン) 【写真を見る】人物部門では、羽生結弦が圧倒的人気! 【関連記事】 ・長澤まさみ「放っておけないところが好きです(笑)」のび太の魅力を力説 ・【紅白】星野源、“おげんさん”ならずも吉岡里帆との共演に大反響! ・【紅白リハ】星野源、3回目でも「内村さんにつられて緊張するかも(笑)」 ・【紅白】星野源と松たか子が一騎打ち!審査方法変更でどうなる!?
カテゴリー:

多用されたらトラウマに!? オーストリア流「子どもの叱り方」が効果てきめん - 02月15日(木)20:00 

子どもが悪いことをした時の叱り方は、いつの時代も悩みの種ですよね。他の家庭ではどうやって注意しているのかも気になりますが、Twitterではオーストリアでの子どもの叱り方が注目を集めています。 【写真】アメリカの叱り方は合理主義らしいお国柄? ■ オーストリア流の叱り方 話題となったツイートは、オーストリア在住のユーザーが1月29日に投稿したもの。「こちらで子供が食べ物で遊んだり、激しめなイタズラし始めた時、大人は叱ったりせず、しずかにDas ist nicht lustig(それおもしろくない)って言うんだよね」という内容で、日本ではあまり馴染みがない叱り方が紹介されました。 ツイートはさらに「これ結構子供に効くみたいで、しゅんとして大抵のイタズラはおさまる。子供は自分の面白いと人の面白いが違うことを理解する」と続いており、効果の大きさが伺える内容に。ネット上では「なるほど。大人の反応が面白くてイタズラするのか」「怒られるよりショックかもしれない… この言葉…」「このしつけは効く。私が子どものころに言われたら絶対やめる」と感心する声が上がっています。 しかし一方で、「下手すると、子どもの心が曲がるぐらい強力な言葉だと思う」「多用されたらトラウマになりそう」と懸念する人もチラホラ。話題のツイートを発したユーザーも「あまりに効果がすごいので、普段使いするのはかわいそうで、切り札みたい...more
カテゴリー:

岡田結実、ドラマ初出演にして初主演に家族も応援 - 02月08日(木)12:23 

 バラエティー番組、CM、イベントで活躍中のタレント・岡田結実(17)が、テレビ朝日系新ドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』(今春放送)でドラマ“初出演”にして“初主演”することが明らかになった。「チャンスをいただいたからには全力で取り組もう」という決意を語り、「生涯忘れられない作品になるだろうなという確信があります。誰よりも楽しんで、誰よりもこのドラマに浸りたい! 皆さんの心を動かす作品になったらいいな」と意気込みを語っている。 【写真】ガッツポーズなど別カット  原作は、“どんでん返しの帝王”と称されるミステリー作家・中山七里氏の同名小説。岡田は映画『傷だらけの悪魔』(2017年)に出演したことはあるものの、ドラマは初挑戦。実年齢より少し年上の19歳、法学部で学ぶ大学2年生・高遠寺円(こうえんじ・まどか)に扮し、警視庁捜査一課刑事とバディを組んで、元裁判官である円の祖母・静(しずか)の援護を受けながら事件の謎を解いていく。  岡田は、「小さい頃から俳優に憧れていた兄(俳優の岡田隆之介)の姿を見てカッコいいなと思っていたので、私もいつか女優として映画やドラマに出演できたらという夢を抱いていました。今回、夢に一歩近づくことができ、うれしかった」といい、ドラマ初主演を家族も喜んでいるという。兄・隆之介には台本の読み合わせを手伝ってもらい「ダメ出しされすぎて、自信がグニャグニャに曲...more
カテゴリー:

岡田結実が初ドラマ&初主演「皆さんの心を動かす作品になったらいいな」 - 02月08日(木)05:00 

今春にテレビ朝日系で放送される、春のミステリーナイト「静おばあちゃんにおまかせ」の主演に岡田結実が決定。初めての主演作でドラマデビューを飾る。 【写真を見る】おばあちゃんの助けを借りて孫娘・円が難解な事件に立ち向かう!/(C)テレビ朝日 同作は、ミステリー作家・中山七里氏の同名小説を初映像化。正義感120%ながらまだまだ半人前の法学生・高遠寺(こうえんじ)円(まどか)と、捜査一課刑事・葛城(かつらぎ)公彦(きみひこ)がバディを組み、元裁判官である円の祖母・静(しずか)の援護を受けながら事件の謎を解いていく痛快ミステリーだ。 ドラマは1話完結形式で、全2話を放送。第1話は、神奈川県警の警察官が射殺され、葛城の元上司でもある刑事が容疑者として浮上した難事件に円が挑む。第2話では、ド派手ファッションの資産家女性が殺害された事件の謎をひも解いていく。 疑問を抱いたらどんな相手にも“忖度”なしで突き進んでいく、“猪突猛進ガール”な女子大生・円を演じる岡田は、「“これは夢?”と驚きました。ドラマは初めてなのに主演でいいのかなと…。でも、チャンスをいただいたからには全力で取り組もうと思い、それからは日々、自分自身と円を擦り合わせる作業を自分なりにやってきました!」と、不安と驚きがありながらも役作りに全力投球していると告白。 現在17歳の岡田は、実年齢よりも上の役柄への挑戦に、「小さい頃から“大人...more
カテゴリー:

岡田結実『静おばあちゃんにおまかせ』で初ドラマにして初主演「生涯忘れられない作品に…」 - 02月08日(木)05:00 

バラエティー番組、CM、イベントと引っ張りだこで、いまやテレビでその姿を見かけない日はないほど人気者の岡田結実が、この春テレビ朝日で放送される春のミステリーナイト『静(しずか)おばあちゃんにおまかせ…
カテゴリー:

幻の染料「気仙沼ブルー」で作られるプロダクト - 02月15日(木)21:45 

人類最古の染料といわれている「藍」。何世紀ものあいだ世界中の人々のこころを魅了し、生活を彩ってきた、自然の力が生み出す青の色です。サムライブルーという言葉に象徴されるように、わたしたち日本人は、衣類や小物を藍で染め、生活に密着した染料として大切にしてきました。 幻の染料で仕立てるインディゴ作品 そのブルーに魅せられて、幻の染料と呼ばれていた「パステル」の栽培を日本で復活させた「インディゴ気仙沼」代表の染め師・藤村さやかさん。ヨーロッパの品種で、世界中で何世紀もの間、栽培や染色手法が断絶されていたパステルの復活を、クラウドファンディングで多くの支持者を集めて実現にこぎつけた、女性起業家でもあります。 被災地・気仙沼にあらたな職をつくりたいと、現地の若いママたちが主体となって運営している「インディゴ気仙沼...more
カテゴリー:

長澤まさみ「映画ドラえもん」声優に初挑戦!大泉洋の妻に - 02月13日(火)05:00 

 女優の長澤まさみが、「映画ドラえもん のび太の宝島」のゲスト声優に決定した。これまでに「君の名は。」「SING シング」「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」など多数のアニメ映画で声優を務めているが、「映画ドラえもん」シリーズは初参加。今作では、大泉洋が声を務める海賊キャプテン・シルバーの妻フィオナ役を担当する。 ・【フォトギャラリー】ゲスト声優に意欲満々の長澤まさみ  国民的アニメ「ドラえもん」の劇場版第38作となる今作は、「君の名は。」「バケモノの子」などのプロデューサーとして知られ、小説家としても活躍する川村元気氏が脚本を執筆し、テレビ版の演出を多く手がけた今井一暁が監督を務める。太平洋に浮かぶ新しい島を発見したのび太らが、ノビタオーラ号と名付けた船に乗り込み、海賊船にさらわれたしずかの救出と、宝島発見のために大冒険を繰り広げる姿を描く。  長澤が息吹を注ぐフィオナは、のび太と敵対する海賊船の船長キャプテン・シルバーの妻で二児の母。科学者としての顔も持つ、たくましい女性だ。長澤はシリーズ初参加だが、「子どもの頃からドラえもんが大好きで、祖母に買ってもらったひみつ道具の図鑑を毎日のように読み、まるで自分がドラえもんになったかのような気持ちで持ち歩いていました!」と“ドラ愛”は筋金入りで、好きな秘密道具は「植物改造エキス」と明かしている。  さらに、「...more
カテゴリー:

岡田結実が初ドラマ&初主演“女子大生”挑戦 - 02月08日(木)05:56 

タレントの岡田結実(17歳)が、今春放送予定のミステリードラマ「静(しずか)おばあちゃんにおまかせ」(テレビ朝日系)で、ドラマ初出演、初主演を果たすことがわかった。
カテゴリー:

岡田結実:ドラマ初出演で初主演 家族からのサポートも「自信がグニャグ… - 02月08日(木)05:00 

 タレントでモデルの岡田結実さんが、今春放送のドラマ「静(しずか)おばあちゃんにおまかせ」(テレビ朝日系、一部地域を除く)で主演を務めることが8日、明らかになった。今作がドラマ初出演、初主演。17歳…
カテゴリー:

岡田結実『静おばあちゃんにおまかせ』で初ドラマにして初主演「生涯忘れられない作品に…」 - 02月08日(木)05:00 

バラエティー番組、CM、イベントと引っ張りだこで、いまやテレビでその姿を見かけない日はないほど人気者の岡田結実が、この春テレビ朝日で放送される春のミステリーナイト『静(しずか)おばあちゃんにおまかせ』で、ドラマ初出演にして初主演することがわかった。この作品は、正義感120%ながらまだまだ半人前の法学生・高遠寺円(岡田)と捜査一課刑事・葛城公彦がバディを組み、元裁判官である円の祖母・静の援護を受けながら事件の謎を解いていくミステリードラマ。“どんでん返しの帝王”と称されるミステリー作家・中山七里氏の同名小説を初映像化したものとなっている。主人公の円は、疑問を抱いたらどんな相手にも“忖度”なしで突き進んでいく、“猪突猛進ガール”。そんな一途なヒロインを、岡田が体当たりで熱演する。岡田は、映画『傷だらけの悪魔』(2017年)に出演したことはあるものの、ドラマは初。現在17歳の岡田が、実年齢よりちょっぴり年上の19歳の女子大生・円を溌剌と演じていく。今回の出演について、岡田は「“これは夢?”と驚きました。ドラマは初めてなのに主演でいいのかなと……」と、驚きと不安があったことを告白。「でもチャンスをいただいたからには全力で取り組もうと思い、それからは日々、自分自身と円を擦り合わせる作業を自分なりにやってきました!」と、役作りに全力投球。「生涯忘れられない作品になるだろうなという確信があります...more
カテゴリー:

もっと見る

「しずか」の画像

もっと見る

「しずか」の動画

Wikipedia

しずかしづかは日本の人名。多くは女性である。

実在の人物 女性

;歴史上の人物

;スポーツ

;芸能

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる