「さだまさし」とは?

関連ニュース

さださんトークショー 特別展をユニークPR - 10月16日(月)06:00 

長崎県美術館(長崎市出島町)で15日、特別展「さだまさしの世界」(11月5日まで)を記念し、シンガー・ソングライタ...
カテゴリー:

月9ドラマ『民衆の敵』主題歌のAAA 歌詞に見られる「ジャニーズとの共通点」とは - 10月06日(金)20:00 

©sirabee.com 10月のテレビ番組改変期からスタートする新しいドラマ。ドラマの内容も気になるが、主題歌を誰が歌うのかというのも注目のポイントだ。たとえば、フジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中おかしくないですか!?~』の主題歌は、男女6人組グループ AAAが担当する。■AAAの曲といえば?AAAのヒット曲といえば、2013年の紅白歌合戦で披露しロングヒットを記録した『恋音と雨空』。告白したいけど、フラれるくらいならこのままの関係でいいと思っている男女の甘酸っぱい恋模様を描いた曲だ。では、『恋音と雨空』以外にもどんな印象の曲があるのか、歌詞探索ツール『Lyric Jumper(リリックジャンパー)』を使って調べてみると…■AAAを検索してみた(画像はLyric Jumperのスクリーンショット)アーティスト欄に「AAA」と入力すると、1曲につきひとつのトピックが割り当てられたアーティストの持ち歌のトピック比率が、ドーナツ型の円グラフで表示される。(画像はLyric Jumperのスクリーンショット)AAAの曲の中で、もっとも多いトピックは「自分探し」。現在の自分に満足していない、でも大きく動くことに不安を感じているといった内容の歌詞が多いのが特徴だ。月9ドラマ『民衆の敵~世の中おかしくないですか!?~』は篠原涼子演じる主人公、政治のことは全くわからな...more
カテゴリー:

小泉孝太郎の結婚観が昭和すぎる 「結婚無理」の声も - 10月14日(土)11:30 

爽やかなルックスと育ちの良さ、老若男女問わず好感度の高い俳優・小泉孝太郎(39)が13日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で結婚観を熱弁。「昭和すぎる」と話題になっている。(画像はムロツヨシInstagramからのスクリーンショット)■ムロツヨシ「こっそりやっている」酒の席で本音を語り合う人気企画『本音でハシゴ酒』に出演した小泉。ダウンタウンに好みの女性について尋ねられると、スペインと日本のハーフのような「エキゾチックな女性」と一言。親友の俳優・ムロツヨシ(41)は2度ほど開催した「合コン」話を披露。お相手は飲食店のキレイな方で「男友達がいたらお持ち帰りはしない。ひっそりこっそりやっている」と暴露した。■結婚観に驚愕女性を誘う際、「明日の朝が早いのはイヤ。ゆっくりがいい」ため、「今日時間ある?それとも来週がいい?」と確認。最終的に、20代の頃は「ホテルや家などいろいろ」だったと語る。松本人志(54)から「今結婚したら(浮気など)何もできない。腹くくれますか」と問われ「くくるしかない」と苦笑い。流れで「結婚生活の条件」を明かした。飲みかけのコーヒーや食後の食器をそのまま放置するのはNG、食事は「小鉢でおつまみから」が必須。季節に合わせて洗剤と柔軟剤を使い分ける、など独自のこだわりを並べる。小泉の「家事への強いこだわり」に、働く女性の山崎夕貴アナ(30)は「ご自身で用意されないん...more
カテゴリー:

【ももクロ】「不動の5人」が長く、幅広く愛される理由 - 09月17日(日)17:53  mnewsplus

 2008年5月に結成されたももいろクローバーZ(以下、ももクロ)。10周年は目前だがその勢いは今も変わらない。5年連続でスタジアムライブを開催し、レギュラー番組は長期化。ファン層は老若男女へと広がっている。メンバーの卒業、加入を繰り返す女性アイドルグループが多いなか、6年以上もメンバーは固定。「不動の5人」が長く、幅広く愛されているのには、3つの理由がある。 ?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&ixlib=php-1.1.0&w=640&s=d630026cb287ecc2c0ee6b8270b56625  ももクロのメインの活動となる...
»続きを読む
カテゴリー:

「さだまさし」の画像

もっと見る

「さだまさし」の動画

Wikipedia

さだ まさし(本名:佐田 雅志(読みは同じ)、1952年4月10日 - )は、日本シンガーソングライタータレント小説家。ファンとスタッフの間では「まっさん」の愛称で親しまれている。身長は165cm。血液型はA型。既婚。

概要

フォークデュオのグレープでメジャーデビュー。「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになった。ソロシンガーになってからも「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北の国から〜遥かなる大地より〜」など、数々のヒット曲を生み出す。

2013年7月19日現在、日本で最も多くのソロ・コンサートを行った歌手でもあり、回数は実に4,000回を越えている。トークの軽妙さはテレビ・ラジオ・コンサートのMCにて大きな魅力とされている。

小説家としても活動し、解夏眉山などの作品を発表している。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる