「こゝろ」とは?

「こゝろ」の画像

もっと見る

「こゝろ」の動画

Wikipedia

こゝろ(こころ)とは、夏目漱石の長編小説。漱石の代表作の一つ。1914年(大正3年)4月20日から8月11日まで、朝日新聞で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された初版本の装丁は背表紙が「こゝろ」、収める箱の背は「心」、100年記念の特装版の題は、漱石が書いた序文の表記に合わせて、漢字ひと文字の「心」に決めた(「フロントランナー 祖父江慎朝日新聞2014年9月27日)。「漱石」というペンネームも言い間違いから生まれているようにへそ曲がりで、その根底には「正しさへの疑い」がある。。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として発刊した最初の小説である岩波書店岩波書店の八十年1996年。

連載開始からちょうど100年たった2014年4月20日に、朝日新聞上で再度連載が開始された。

売上総数は2014年の時点で705万500部。これは日本の文学誌では1位の売上である。

背景

漱石が乃木希典殉死に影響を受け...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる