「かるた」とは?

関連ニュース

臨月のお腹の張りは陣痛? お腹が張る原因と見分け方 - 01月23日(月)18:42 

臨月になるとほとんどの人が体験するお腹の張り。初めての妊娠だと「陣痛?」と焦ることも。「赤ちゃん苦しくないかな?」と心配になったりしますね。どうして臨月になるとお腹が張ることが増えるのでしょうか? ここでは臨月に頻繁に起こるお腹の張りについて、原因や陣痛との違い、苦しいときの対処法などについてご紹介していきます。 この記事の監修ドクター 産婦人科専門医 中林稔 先生 日本医科大学卒業。東京大学医学部付属病院で研修後、三井記念病院医長、虎の門病院医長、愛育病院医長を経て現在三楽病院産婦人科長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。 お腹が張る原因 前駆陣痛 臨月になると、前駆陣痛といって子宮の収縮によってお腹が張ることが頻繁に起こります。前駆陣痛は偽陣痛と言われる程ですので、初めての妊娠ですと「これって陣痛?」と勘違いすることもあります。体が出産の準備を始めているだけですので、心配はいりません。お腹の張りや痛みは人それぞれですが、前駆陣痛でしたら、たいてい張りも痛みも自然に収まっていきます。ただし、前駆陣痛から本陣痛になることもあるので、様子は気を付けてみて...more
in English
カテゴリー:

【祭り】下帯姿の男たちが燃え盛るたいまつを激しくぶつけ合う!…平泉・毛越寺「二十日夜祭」 - 01月21日(土)10:06 

火花散らし進む…毛越寺・二十日夜祭  平泉町の毛越寺で20日夜、一年の無病息災、家内安全などを願う恒例の「二十日夜祭」が行われた。  下帯姿の男性ら約300人がJR平泉駅前から毛越寺まで練り歩き、 長さ約2メートルの松明たいまつを激しくぶつけ合う「火たきのぼり」を境内で披露した。  火花を散らしながら常行堂まで進むと、男衆は縁起物の蘇民袋の争奪戦を展開。 その後、国の重要無形民俗文化財「延年の舞」が堂内で奉納された。 http://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20170120-OYTNT50068.html 松明を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

震災の記憶伝えたい 被災者の声かるたで紹介 - 01月20日(金)13:49 

仙台市地下鉄東西線荒井駅内のせんだい3・11メモリアル交流館で、企画展「街からの伝言板−紡がれたことばたち」が開かれている。東日本大震災の被災者から聞き取った当時の状況や教訓を、かるた形式で親しみやす
in English
カテゴリー:

116年の歴史を誇る名門ショコラトリー、「イルサンジェー」が「アムール・デュ・ショコラ」に出店 - 01月20日(金)01:00 

2017年1月20日(金)から開催されるジェイアール名古屋タカシマヤのバレンタインイベント「アムール・デュ・ショコラ」に、1900年に創業したフランスの老舗ショコラトリー「イルサンジェー」が出店する。直系の一子相伝のみで続くレシピをもとに、歴代当主がすべて手作りでショコラを作る。同店のショコラは、世界中でもフランスのアルボワと東京ブティックの2店舗でしか手に入らない。そんな名店のショコラが東海エリアで購入できるのは、今回が初となる。 一子相伝で続く秘伝のレシピをもとに、歴代当主がすべて手作りでショコラを作る ■ 「M.O.F」受章のショコラティエが作る幻のショコラ! 現当主のエドワール・イルサンジェー氏は、フランスの人間国宝に値する「M.O.F」(Meilleur Ouvrier de France、フランス国家最優秀職人章)の受章経歴を持つショコラティエ。ショコラへのこだわりが強く、「本当に良いものを求めるお客様だけに味わってもらいたい」という思いから、東京ブティックは完全予約制となっている。 ■ 今回イベント限定のショコラが販売される! 会場では今回のために作られたショコラ、「100年の想い」(ジェイアール名古屋タカシマヤ限定BOX、4個入り3661円)が数量限定で販売される。イルサンジェー家の故郷・テュルクアイムの街をイメージした1粒で、オレンジとシナモンの2層のフレーバーが...more
in English
カテゴリー:

【沖縄】プロ土人に激震 翁長知事最大の盟友・安慶田光男副知事、辞任へwwwwwwwwwwww - 01月19日(木)13:24 

翁長知事と進退を含め協議 沖縄・安慶田副知事「迷惑掛かる」  沖縄県の安慶田光男副知事が教員採用試験で、特定の受験者を合格させるよう県教育委員会に依頼した疑いがある問題で、安慶田氏は18日までに翁長雄志知事と会談し、進退を含めた対応を協議した。 安慶田氏は「採用を依頼した事実も記憶もないが、報道で知事に迷惑が掛かるため、辞任も考えている」との意向を伝えた。 ただ、即座に辞任すれば、疑惑を認めたとの認識が広がりかねないため、当面は事態の推移を見極めることを確認した。  沖縄タイムスの報道を受...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「氷柱」って何色?=景観色の魅力発信-北海道の自然取り入れ・札幌 - 01月23日(月)04:44 

 札幌市内の建物で使われる「景観色」をより知ってもらおうという取り組みが、市内の雑貨店などで広がっている。オリジナル商品で認知度向上を目指しており、関係者は「色で風土を象徴するユニークな試みが、観光客を通じて全国に広がってもらえれば」と期待する。 景観色は70種類。建物と自然風土のバランスを保つため、札幌市が2004年に条例で定めた。淡い水色の「氷柱(つらら)」や北海道に生息するリスの体色をモチーフにした「蝦夷栗鼠(えぞりす)」、薄い緑の「モエレ沼」など、優しい色調に道内の自然にちなんだ名前が付いている。 市中心部に建物を建てる場合、いずれかを基調とした配色を求められる。市によると、景観色に一つ一つ名前を付けている自治体は他にないといい、地域計画課の山田豪係長は「景観への意識を市民にも持ってほしい」と話す。 市内の大学などで色彩学を教える外崎由香さん(44)は、景観色を身近に感じてもらうため、22色のカードゲームを作った。色を説明した読み札を専用アプリで起動し、かるたや色合わせをして遊ぶ。外崎さんは「世代を超えて札幌の色になじんでもらいたい」と語る。市内の児童施設に寄付していたが、1月7日から札幌駅のアンテナショップで販売も始めた。 同市南区で雑貨店「軟石や」を営む小原恵さん(43)は、70色の一部を用いた石細工を販売している。同区で採れる「札幌軟石」と呼ばれる火山石を加工し、景観...more
in English
カテゴリー:

あまりに儲かる「ガチャ」をあらゆる企業が導入、食料も医療もガチャになった社会とは - 01月20日(金)15:40 

「ガチャ人生」というゲームが話題になっている。ソーシャルゲームの「ガチャ」があまりにも儲かるため、すべての企業が導入した社会を描いた作品だ。
in English
カテゴリー:

関東各地で雪が…うっすら積もる所も 1/20 12:47更新 - 01月20日(金)12:47 

20日の関東地方は、所々で雪が降っていて、夜遅くにかけてうっすらと積もる所もありそうだ。午後も北部を中心に所々で雪が降る見込み。特に夜、帰宅の時間にまとまった降水域がかかるため、雨や雪がピークとなりそうだ。
in English
カテゴリー:

壇蜜が鶴になって恩返し NHK Eテレで吉岡里帆と柄本時生らも出演、定番昔話を演じる - 01月19日(木)23:50 

 毎週月曜日に放送されているNHK Eテレ「おはなしのくに」にて、個性派俳優による「ももたろう」や「うらしまたろう」など定番の昔話シリーズが4本続けて放送されます。壇蜜さんによる「つるのおんがえし」だと……? 【画像】吉岡里帆さんの桃太郎(NHKより)  1月23日には吉岡里帆さんによる鬼との“殺陣”も有りの「ももたろう」、2月6日はなんと皆川猿時さんがさる、かに、ハチ、くり、うす、さらに牛のふんまでを一人で演じる「さるかにがっせん」が放送。続く2月20日放送の「つるのおんがえし」では壇蜜さんが娘(鶴)を演じるということで、物語の見どころである「決して中をのぞかないでください」と機織りするシーンや元の姿に変化するシーンが気になるところです。  そして3月6日には柄本時生さんによる「うらしまたろう」と、どれも本当に誰もが知るような昔話ですが、意外にも今の子どもたちが知らない・読んでいないという学校現場での声があったため今回の企画に至ったとのこと。  同番組は放送開始から27年目を迎える子ども向けの読み聞かせ番組。毎回変わる語り手によってそれぞれの物語が10分間で展開する内容は、大人でも楽しめるものになっています。放送時間は9時〜9時10分で、それぞれ翌週には再放送も実施。また学校向け番組配信サイトNHK for Schoolでも動画配信される予定です。 (宮原れい) 【関連記事】 ...more
in English
カテゴリー:

鹿児島市で県新春かるた会、過去最多167人参加 - 01月19日(木)06:30 

 第43回鹿児島県新春かるた大会が15日、鹿児島市の県武道館であった。近年、競技人口は県内でも増えており、過去最高の167人が参加。静寂の中、畳の上の札をたたく音が響いた。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「かるた」の画像

もっと見る

「かるた」の動画

Wikipedia

かるた(歌留多、加留多、嘉留太、骨牌)とは、カードを使った主に正月に遊ぶ室内遊具である。その名称はポルトガル語で「手紙」()、あるいは紙板状のもの、トランプなどを意味するcartaに由来する。

元々はトランプなどのカードゲーム一般を指した。現代日本では、花札か、後述する読み札にあわせた絵札をとってその枚数を競う競技を意味するようになった。

また、小倉百人一首の場合は読み札には短歌が書かれ、取り札には下の句が書かれている。

道具

文字札・絵札ともに、あいうえお46枚ずつの札がある。一音につき一セットの読み札・取り札が用意されている。

  • 文字札 - 取り札の絵の内容を書いた短い文章が書かれており、読み手(多くは大人)が声に出して読む。
  • 絵札 - 読み札の内容を描いた絵と、読み札の短い文句の頭文字がひらがなで目立つように書いてあり、読み札を読むのに合わせて取り人が手を出して札を取る。
ルール

2人以上で行う。

  • 取り札を平面(畳の上が多い)に広げ、取る人に見やすくする。
  • 読み人が読み札を読む。
  • できるだけ早く、読み札に合った取り札を叩く(はじく、または押さえることもある)。先に叩いた方がその札...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる