「かかと」とは?

関連ニュース

幼稚園ママは意外と知らない? これが危険な子ども服のチェックポイント【パパママの本音調査】 Vol.73 - 03月24日(金)08:00 

© Africa Studio - Fotolia.com子ども服の首回りにあるひもが、思わぬ事故の危険性を持っていることを知っていますか? そのほかフードなどでも窒息事故が起きています。デザイン性の高い子ども服も増えて着ている今、服を買うときにどのようなことに気をつけているかをママたちに聞いてみました。Q.お子さまの服が原因で事故…経験したことありますか?1.ある   8.1%2.ない    87.9%3.わからない・どちらとも言えない  4.0%事故の経験はない人が87.9%とほとんどですが、自分の子どもではない子が経験した、もしくは事故になりそうと感じたことがある人はいるようです。思いがけないものが子どもを傷つけてしまうことも。■子ども服のフードやひもの危険性過去に幼児が着用していた衣類のフードが、ドアノブに引っかかり窒息状態になるという事故が起きているように、ひもやフードが遊具に巻き込まれたりすることで事故になる危険性があります。思わぬ事故にならないように気をつけたいですね。「うちはありませんが、パーカーのひもが遊具に引っかかって危なかった子どもは見たことがあります」(千葉県 40代女性)「フードの事故の話を聞いていたので、着せてないです。かわいさも大切ですが、気にせず遊べたほうがいいですよね」(千葉県 40代女性)「友だちのお子さんが幼稚園時代に、遊具にフードが引っか...more
in English
カテゴリー:

選抜高校野球:打撃フォーム改善奏功 健大高崎・山下 - 03月23日(木)00:06 

 ○健大高崎11-1札幌第一●(22日)  走力が自慢のチームの中で、健大高崎の4番・山下が打力でも違いを見せつけた。七回2死満塁。二ゴロに倒れた前の打席で見送っていた高めのスライダーを強振した。公式戦初本塁打が最高の結果になり、「打った感触だけをかみしめながら無心でダイヤモンドを回った」とはにかんだ。冬に打撃フォームを改善。軸足を数センチ開いてかかとに体重をのせることで、膝の滑りをなくして力強い打撃を身につけた。「2試合連続本塁打を狙いたい」と最後まで頼もしかった。
in English
カテゴリー:

男性が素敵だと思う「妊婦さんのファッション」4選 - 03月22日(水)10:00 

妊娠初期は、まだ小さく目立たなかったおなかも、あっという間に大きくなります。そうすると、これまでのようなファッションを楽しむことが難しくなってしまいます。せっかくのマタニティ時期をよりポジティブに楽しむために、マタニティファッションにも気を配りたいところ。今回は男性から見て「妊婦さんが着ていたら、好印象なファッション」の特徴について聞いてみました。 ■ワンピース ・「ふわっとした優しい素材でできているワンピース。妊婦とわかりやすくて、かわいい系の服装」(33歳/医療・福祉/事務系専門職) ・「普通の柔らかい素材のワンピースなど」(37歳/その他/その他) マタニティウェアとしても定番のワンピーススタイルは、女性をかわいらしく見せる効果も抜群です。妊婦さんの丸みを帯びたおなかとの相性も良く、種類豊富で選びやすい点も魅力的です。 ■かかとの低い靴 ・「ペタンコの靴」(30歳/建設・土木/技術職) ・「足を温めてスニーカーを履いている女性」(39歳/医療・福祉/事務系専門職) 自身の身体の中で、大切な赤ちゃんを育てている妊婦さん。かかとの低い靴を選ぶ女性に対して、好感を抱く男性も多いようです。「あぁ、本当に赤ちゃんのことを大切にしているんだな」なんて幸せな気持ちになれるのかも。 ■色にこだわって ・「明るい色のかわいい系」(27歳/医療・福祉/事務系専門職) ・「マ...more
in English
カテゴリー:

「ミュールサンダル」は今年、使える!春~秋にヘビーローテ必至 - 03月21日(火)09:00 

 某有名アパレルセレクトショップ店員のkusumaです。  春の装いも増えはじめた今日この頃。オシャレは季節を先取りするもので、雑誌ではすでに初夏のスタイルばかり。出遅れないためにも、この春から夏にかけて押さえておくべきサンダルのご紹介をします。  注目すべきは、「ミュールサンダル」。  まずミュールとは、かかとの後ろの覆いがなく、突っ掛けて履く女性用の靴のことです。1990年代にもミュールは流行りましたが、つま先が細く、かかとはピンヒールが主流でした。 ◆今年のミュールは楽ちん  でも、今年のタイプは進化版ミュール! ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=674664  かかとのヒールは低めで太いものが多く、足の甲を深く覆った形が今年は多いんです。この形により、長時間歩いても疲れ知らず!  また、夏はペディキュアを塗っていないと何だかカッコがつかない感じがしますよね? 多くのサンダルはアッパー(靴の底部を除く上部のすべて)の露出が多くつま先もしっかり見え、そこに視線を集めがちです。でも、今年のミュールはアッパーの露出面積が狭いのでつま先に視線を集めないため、ペディキュアを塗らなくても恥ずかしくありません。 ◆夏だけじゃない! 春~秋まで履ける  ところで、一年の中でサンダルって出番が短いと思いませんか? 「...more
in English
カテゴリー:

GUの1990円バブーシュがオシャレで使える! - 03月20日(月)16:11 

 昨年から人気の「バブーシュ」。もともとはモロッコの伝統的な履物で、かかとを潰してはくスリッパに似た靴です。昨年GUCCIから発売されて以来、オシャレに敏感なファッショニスタがこぞってこのシューズを履き、たちまちトレンドアイテムになりました。
in English
カテゴリー:

憧れのフィギュアスケーターボディーへ! (3) ウエストの引き締め&美脚効果を期待できる3つのポーズ - 03月23日(木)10:31 

フィギュアスケーターの磨き上げられた美しい肉体を手にするためのトレーニングを、元選手でフィットネスクラブでのインストラクター経験もある澤田亜紀さんが紹介する「憧れのフィギュアスケーターボディーへ!」。今回は「引き締まったウエストを目指すポーズ」を紹介する。 ○基礎代謝アップを目指しましょう フィギュアスケートのシーズンも終盤となりましたが、スケートファンの皆さまはいかがお過ごしでしょうか。スケート観戦時は会場内が冷えるため、意外と体力のいるものだと思います。これから紹介するヨガのアーサナ(ポーズ)で少しずつ身体を動かして代謝をアップさせ、いつもポカポカの身体を目指してましょう。 前回同様に柔軟性が問われるポーズもありますが、決して無理をせず、ご自身のできる範囲内で行ってください。 ■文章中の左・右は「写真のモデルさんから見ての左・右」とします ■左右両方を行うことでより効果が得られますので、一つのアーサナが終わりましたら、左右を反転して行うようにしてください ○卍(まんじ)のアーサナ ■やり方 1.まっすぐ寝た状態でスタートします。そのまま右足の太ももを身体に引き寄せ、右膝を90度に保ったまま左側に倒します。このとき、顔は右に向けたままにしておくと効果が上がります 2.何度か深呼吸を繰り返します。この状態で刺激が足りないと感じる方は、左膝を曲げて右手で左足首をつか...more
in English
カテゴリー:

背中を引き締めるヨガのポーズ ハミ肉を解消して後ろ姿美人に♡【静加YOGA】 - 03月22日(水)18:00 

今回は、背中を引き締めるヨガのポーズをご紹介します! 背中のお肉が気になる方や後ろもキレイに出したいという方は、薄着になる前に少しずつアプローチし始めて、背中美人になっちゃいましょう♡猫背&二重アゴの解消に効果的な“魚のポーズ”(1)足をそろえて仰向けの姿勢で寝ます。腰を痛めている方は、足を腰幅に開いてもOK! 両手を体側に、手のひらは床に向けましょう(2)お尻の下に腕をなるべく全部入れこみます(3)息を吸いながら胸を持ち上げます(4)ゆっくりと頭のてっぺんを床につけます。目線は眉間を意識しましょう!(5)気持ちよく胸を開き、そのまま5回呼吸します(6)まだいける方は、両足をゆっくりと持ち上げてキープしましょう。そのまま3回呼吸します(7)ゆっくりと足をおろしてから、体を床に戻して両手を解放し、脱力します効果猫背解消、甲状腺刺激、自律神経の調整頭のてっぺんを床につけることで“下二重アゴの解消”、胸を上に持ち上げることで“猫背の解消”が期待できます!今回はつま先を伸ばしていますが、かかとを蹴り出した状態でもOK!! 個人的には得意なポーズなのですが、苦手な方も多く、頭のてっぺんを床につけるのがキツイという方もいらっしゃるので無理は禁物。少しずつ行なっていきましょう♡背中&鎖骨のラインをキレイにみせる“上を向いた犬のポーズ”(1)うつ伏せの状態で、胸の横に手をつきます(2)つま先を立て...more
in English
カテゴリー:

息子よ、親への感謝の手紙にYouTubeのURLを載せるな【新米ママ歴14年 紫原明子の家族日記 第17話】 - 03月21日(火)17:00 

息子モーの通う中学の卒業式前日。私とママ友は、仕事の昼休みのわずかな時間を使って、明日の卒業式に着る服を探しに町へ繰り出していた。「ついに卒業ね。いやー絶対泣いちゃうわあ」と、ママ友が感慨深げに言う。ところが、前日になって慌てて服を探し出すくらいなので私にはあまり実感がなく、「そうかな~」と言うと、ママ友が言う。「だって、幼稚園から一緒だった子たちとついにお別れになるんだよ、悲しいよ!」なるほど、言われてみればそうだな、と思う。確かに、近所の幼稚園から近所の公立小学校、公中学校へと通ったモーには、最長12年もの間、同じクラスで過ごした友人たちが何人もいる。うちにもよく遊びに来ていたし、町で会えば「ちわっす」とニコニコしながら挨拶してくれる。気づけばみんな身長180センチ近くになっていて、社会では大人扱いされてもおかしくない。でも、100センチのころから知っている私から見れば、みんないつまでも可愛い子どものままだ。もはや、親戚の子どもみたいな感覚である。ここまで成長を見てきた近所の子たちがバラバラになって、それぞれの新天地に巣立っていくと思うと、確かにちょっと寂しい。……とはいえ、中学を卒業したってモーとの毎日の生活は変わらないし、お別れじゃないわけだし……。「ところで明日の卒業式、何時に集合か知ってる?」「そういえば知らない」情報に疎い母二人。学校から子に配られたプリントが、子から...more
in English
カテゴリー:

GUの1990円バブーシュがオシャレで使える! - 03月20日(月)16:11 

 某有名アパレルショップ店員のkusumaです。  昨年から人気の「バブーシュ」。もともとはモロッコの伝統的な履物で、かかとを潰してはくスリッパに似た靴です。昨年GUCCIから発売されて以来、オシャレに敏感なファッショニスタがこぞってこのシューズを履き、たちまちトレンドアイテムになりました。  春夏もこの流行は続いているのですが、GUCCIのものは10万円台……。  でも、GUなら1990円(税別)で楽しめちゃうのです! 今日は、価格だけじゃないその魅力を詳しくご紹介します。 ◆魅力その1:フォルム ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=671951  つま先が丸すぎず、尖りすぎていないスクエア型で、可愛くも、かっこよくも履けるフォルムです。デザイン性が高いだけでなく、履き心地も抜群! 長時間歩いても疲れづらいのが特徴です。 ◆魅力その2:サイズ感  そして、最大の魅力がサイズ感! ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=671946  日本人の足は昔から幅広、甲高と言われていました。なので足の長さはMサイズでも横幅がLサイズ、なんて人も多いのではないでしょうか。そんな日本人の足に、この靴は最適なんです。  足幅ゆったりで甲が高く深いので、奥まできちんと足が入...more
in English
カテゴリー:

日常使いにおすすめな無印良品のオイル♡ コスパの良さ&種類が豊富と人気 - 03月20日(月)12:00 

乾燥の厳しいこの季節、スキンケアにはオイルが欠かせません。コスパの良さ&種類が豊富な「無印良品」のオイルが使える! ということで、今回は無印良品のおすすめオイルをご紹介します♡ヘア用アウトバスオイル&全身ケアには、ホホバオイルが万能!塗れた髪に使うアウトバス用品は、乾かした後の手触りを重視したいところ。でも、収まりを気にしてしっとりタイプのものを使うと、ベタ~っとし過ぎてシャンプーをしていない髪みたいになってしまうし……。しっとり感とべたつかない手触りの両方を実現するバランスって難しいですよね。ホホバオイルはさらっとしていてなじみやすいそこでちょうど良いのが、「ホホバオイル」。オイル自体に香りはなく、さらっとしていてなじみやすいので、髪につけてもベタつきません。濡れた髪につけてからブローすると、オイル特有のテカりもなく、今までにないくらいの収まり感! クセ毛で広がりやすい筆者の髪の毛も、このオイルのおかげで朝のスタイリングが随分と楽になりました。さらに、ヘアケアの後手に残ったオイルを腕や脚につけて、お肌に使用することも可能! 筆者は200mlのボトルタイプを購入して、髪から体までこれ一本でケアを完了させています。 アルガンオイルでお肌を柔らかく♡モロッコが原産で、アルガンツリーの果実の種子から採取される「アルガンオイル」。原料となるアルガンツリーが年々減っているようで、その希少性か...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「かかと」の画像

もっと見る

「かかと」の動画

Wikipedia

かかと)は、の裏の最も後(背中側)の部分である。きびすとも言う。ではかかとの下の靴底を厚くするのが普通で、英語の heel からヒールとも言う。靴のこの部分を指してかかとと言うこともある。

概要

骨格的には、下腿の骨と関節によってつながっている踵骨(しょうこつ)に相当する。では、足のかかとに相当する部分に特に固有の名称はついていない。

ヒトのかかとの皮膚は、全身の中で最も固くて厚い。これは体重を支えるクッションの役目をしている。

西洋では、悪魔にはかかとはないとされている。ほとんどの哺乳類では、かかとに当たる部分は歩く際に地上につかない。人間のようにかかとを地上につけて歩行することを蹠行、反対にイヌやネコのようにかかとを地上につけずに歩行することを趾行と呼ぶ。

アライグマなど、人間以外にもかかとを地上に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる