「お母さん」とは?

関連ニュース

ブタ鼻を作る客室乗務員! LCC航空会社の機内で使われる驚きのサインとは? - 12月16日(土)19:00 

 イギリスに本拠を置くLCC航空会社easyJetを利用する際には、客室乗務員の動きに注目である。彼らは手を使って、乗務員同士で様々なサインを送り合って楽しそうだが、遊んでいるわけではない。乗客が気になり続けていた各種サインの意味がとうとう明らかになった。海外メディアMirrorOnlineが伝えた。【関連】easyJetの客室乗務員が使うサインフォトギャラリー ツイッターユーザーJamie Eastが投稿した動画に映る乗務員は、機内食を提供する傍らで腕をニワトリのように動かし何かを訴えている。実際のところ、乗務員は「チキン・シーザーバゲットをお客さんに注文されました」と言うメッセージを伝えている。一方、「ベーコンバゲットを注文された」と伝えたい場合には、鼻をブタ鼻にする。直球でわかりやすいサインである。 なお、注意したいのは両手でTを作っている場合である。これは「タイム」ではなく、「トマトスープ」なのだそうだ。 驚くべきなのは、こうしたサインがこれまで21年にもわたって使われ続けていることだ。客室サービス長のティナ・ミルトンは「毎月600万人以上のお客様が搭乗する中、こうした“秘密のサイン”は、必要のない雑音を最低限に抑えつつ、よりスピーディで優れたサービス提供を可能にし、お客様の快適な空の旅を楽しんでいただくために生まれました」と解説。「今度ご搭乗された際には、どれだけサインを...more
カテゴリー:

奥山佳恵 大森南朋と5年ぶりの共演を報告「実は元カノでした」 - 12月16日(土)11:42 

女優の奥山佳恵が、俳優の大森南朋とのツーショットを「実は元カノでした」と題したタイトルにてアメブロで公開している。写真は12月15日に放送された医療ドラマ『コウノドリ』(TBS系)で二人が共演した際のもので、放送前に公式インスタグラムに掲載された写真が奥山のもとに送られてきたようだ。奥山は、放送3時間前にブログを更新しており「あと3時間やて!! キャーーー!今橋先生!! 大森南朋さんとの写真!!」と興奮気味の様子。 「大森南朋さんとは2度目まして。前回、なんと私は大森さんの元カノ役でした。笑 調べたら、今から5年も前だった」と大森との共演経験について明かし「5年の時を経て また、ぜんっぜん違うカタチで! 笑 お会いできてとても嬉しかったです」と喜びを語った。 前回、大森と共演したという作品は2012年に放送されたスペシャルドラマ『親父がくれた秘密~下荒井5兄弟の帰郷~』(テレビ東京)。同作品は、俳優の大泉洋が書き下ろした「TEAM NACS」の舞台『下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。』がドラマ化されたもの。大森が主演を演じた。 コメント欄には『コウノドリ』を見たという声が届いており「元気いっぱいの佳恵ちゃんにホッコリ 涙涙でした…」「演技には全く見えませんでした。病院に来ていたお母さんを捕まえて来た…みたいに自然な感じでした。朗らかで芯の強い素敵なママさんでした」「そうだ...more
カテゴリー:

地域の恒例イベント「なかよし親子テニス無料体験会」は今年も無事終了。大好きなお母さん・お父さんといっしょに、ラリーに挑戦しました! - 12月16日(土)10:50 

[株式会社ITC] ■ お父さんお母さんと、ミニダブルスマッチにも挑戦!今年もイベントは大盛況。たくさんの笑顔に出逢うことができました!  ITCテニススクール恒例の「秋のなかよし親子テニス無料体験会」は、地域の人気イベ...
カテゴリー:

「わが子が可愛くない…」と感じてしまった時、ママに必要なコト - 12月15日(金)21:45 

source:https://www.shutterstock.com/ おなかの中で大切に育んだ命、やっと会えたわが子。 感動のあの日は確かにあったのに、なぜか目の前の子が「可愛くない……。」 そんな心境になってしまうことが、誰にでもあります。 どんなに幸せそうに見えるママでも、そんな瞬間を経験したことがあると相談されたことが、筆者は何度もあります。 今回は子育てアドバイザーであり、4児の母である筆者が“わが子が可愛くない”と思ったときに、ママがすべきことをお伝えします。 実は、「子どもが可愛くない」…そう思っているママはいない? 筆者の元へ相談に訪れるママは、泣く子にイライラしてカッとなったり、怒鳴りつけたりしたことをひどく気に病んでこんな風に言います。 「自分なんかが母親じゃなければよかった。」、「自分のせいで、子どもに悪影響が出てくるかもしれない。」 そんな風に気に病み、罪悪感を抱いていること自体が、子どもを愛している証拠です。 どうでもいい存在に何をしたって、そこまで気にはしませんよね。 ですから、今、子どもに対して怒りすぎたことに罪悪感を抱いているママは安心して下さい。 あなたは愛情に溢れた、とってもいいお母さんです。  「今この瞬間は、可愛く思えない」ことを自覚しましょう 愛情に溢れているからこそ、罪悪感に苦しむということが分かりました。 なぜ愛しているわ...more
カテゴリー:

米津玄師を起用!石原さとみ主演ドラマの主題歌決定 - 12月15日(金)18:00 

1月12日(金)夜10時からスタートする、石原さとみ主演ドラマ「アンナチュラル」(TBS系)の主題歌が、米津玄師の新曲「Lemon」に決定した。新曲を書き下ろすことが、12月14日(木)に行われた「米津玄師 2017 TOUR/Fogbroud」のパシフィコ横浜公演で、米津自身の口から発表された。 【写真を見る】石原さとみの母親役には薬師丸ひろ子 米津は、映画「何者」(2016年)で中田ヤスタカと、アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(2017年)でDAOKOと主題歌を手掛けるなど、今注目されているアーティストの一人だ。 米津は「すごく面白いドラマで光栄です。また新しい曲になると思うんで楽しみにしていてください」とコメント。 死因究明のスペシャリストたちが、不自然死の謎に挑む法医学ミステリードラマを、どのように盛り上げるのか期待だ。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・石原さとみ、初共演の母親役・薬師丸ひろ子に「本当のお母さんみたい」 ・竜星涼が“怪しい葬儀屋”に!?石原さとみ主演ドラマに出演 ・超特急・小笠原海、石原さとみの弟に!「本当の姉のように慕っています」 ・石原さとみ、スクリーンを前に感極まり目に涙
カテゴリー:

可愛すぎるぞシャンシャン! 上野の赤ちゃんパンダに会うには? - 12月16日(土)18:00 

ⓒ funato-stock.adobe.comこれまではテレビを通して見るだけだった上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」。そんなシャンシャンの公開がいよいよ始まります。あの愛らしい姿をこの目で見てみたい! 今回はそんな人のためにシャンシャンにまつわるイベントやお出かけスポットをご紹介しましょう。■赤ちゃんパンダ「シャンシャン」の生い立ちって?ジャイアントパンダの女の子「シャンシャン(香香)」が生まれたのは、2017年6月12日のこと。名前は一般公募され、応募総数32万2581件の中から5161件の応募があったシャンシャンが選ばれました。呼びやすいこと、そして漢字の「香」が花開く明るいイメージを持つことから名づけられたそうです。上野動物園では1972年からジャイアントパンダを飼育してきましたが、自然交配で生まれてここまで順調に成長しているのはシャンシャンが初めて! テレビでもその成長が取り上げられ、みんなから見守られながらシャンシャンはすくすくと元気に育っています。お母さんの「シンシン(真真)」はとっても食いしん坊。好きな食べ物のためならトレーニングも積極的に行うそう。でも、スタッフの動きや指示を覚えると先読みしたような行動を見せるなど、賢い一面も持っているといいます。そんなシンシンから生まれたシャンシャンも、12月9日で180日齢を迎え、現在の体重は12.3キロ!(12月9...more
カテゴリー:

ひとりツアー旅行の醍醐味とは? 益田ミリの場合… - 12月16日(土)11:00 

益田ミリさんの著書『美しいものを見に行くツアーひとり参加』は、その名の通り、ツアーにひとりで参加する醍醐味を知ることができる一冊。 いつか行ってみたい場所はたくさんあっても、きっと行けないのだろうと心のどこかで諦めてしまっていないだろうか。益田ミリさんは40代になって、そんな漠然とした夢を次々と実現してしまった。 「30代の終わりにプラハを旅行したとき、教会で演奏会に遭遇して、死ぬということはこんなに美しい世界に別れを告げることなのだと焦るような気持ちになったんです」 そして世界中の美しいものを見るために頼りにしたのが、添乗員が同行するツアー。本書では北欧オーロラの旅やモンサンミッシェル、リオのカーニバルなどひとりで参加した5つのツアーの様子が綴られていく。 「最初にオーロラツアーに申し込んだときは、私でも行けるんだって胸が震えました。こんなに気軽に旅ができるなら、20代のうちにもっと参加すればよかったと思ったくらい」 はじめは「寂しい人だと思われていないかしら」と、周りの目を気にしていた益田さん。しかしながらほかの参加者と大人な会話を交わしたり、美しい景色と向き合ったりしているうちに、徐々に解放されていく姿から旅の醍醐味が伝わってくる。 「ドイツのクリスマスマーケットは、ひとりで回るのが本当に楽しくて、誰に気兼ねすることなく、これ食べよ! 次はあれ食べよ! って、つい早歩きになっ...more
カテゴリー:

「DOCTORS」沢村一樹&高嶋政伸がプレゼントを手渡しでファンも大喜び!沢村も「今日のことを思い出して撮影頑張れます!」 - 12月16日(土)05:00 

テレビ朝日系で'18年1月4日(木)に放送される「DOCTORS 最強の名医 新春スペシャル」のクリスマスイブイベントが12月14日に開催され、出演者の沢村一樹、高嶋政伸らが登場した。 【写真を見る】番組特製グッズを沢村と高嶋から手渡してプレゼントされ、ファンも大喜び! 同ドラマは、患者には優しい笑顔で接するが、自分が信じる医療のためなら目的や手段も選ばないすご腕の外科医・相良(沢村一樹)の活躍を描く人気シリーズ。高嶋政伸演じる“腕は確かだが人間性にやや問題アリ”な外科医・森山卓ら人気キャラクターたちも引き続き登場し、新春スペシャルでは森山の母・日美子(松坂慶子)が初登場する。 スペシャルの放送が決定してことについて沢村は、「どこに行っても『もうDOCTORSはやらないんですか』と聞かれていたんです。まだまだ撮影中ですが、今までのものよりさらにパワーアップした『DOCTORS~最強の名医~』を皆さんにお届けできるのではないかと思いますので、楽しみにしていてください!」とにっこり。一方、高嶋も「僕もこの間まで撮影していたドラマで、伊東四朗さんから『もうあの変人の役はやらないのか?』と聞かれていました(笑)。『是非またやりたいと思っているんです』とお答えしていたら、スペシャルドラマの話をいただいて、また『DOCTORS~最強の名医~』ができるのが夢のようです!」と喜びを明かした。 そし...more
カテゴリー:

普通の家庭に育ったのになぜ?「だめんず」に引っかかる女性の特徴 - 12月15日(金)19:26 

「毒親」「アダルトチルドレン」などと聞くと、両親に人格的な問題があったり超教育熱心だったりと、何か特別な事情のある家庭の話ではないかと思ってしまいますが、一見ごく普通の家庭に育った人でも、後に幼少期のトラウマに苦しめられることがあるようです。それは何が原因なのか、無料メルマガ『東北NO1メンタルトレーナーが送る『自信をはぐくむ、幸せな自分のなり方』』の著者で心理カウンセラーの吉田こうじさんが、事例を挙げて解説しています。 なぜか嫌な男にばかり引っかかる人 今回のテーマはちょっと重たいかもです。おまけに「そんなの嘘だ!」って頭にくるかもしれません。でも、書いちゃいます^_^。 これはある女性の物語です。ここではA子さんとします。A子さんはごくごく普通のご家庭で生まれました。お父さんは地元企業の会社員でお母さんはパート勤務。A子さんが5才の時、今度は弟が生まれました。A子さんは大喜び! ですが、なんとなく「愛」の矛先が全部弟に奪われているような感覚を持ち始めます。ただでさえ忙しいお母さんは家にいるほとんどの時間を生まれたばかりの弟のために使っています。お父さんも仕事から帰ると「俺に似ているな~」と言っては将来は一緒に野球をやりたいとか釣りに行きたいとか楽しそうに弟の話ばかりします。 A子さんはなんとか親の気をひこうとわざとスネてみたそうです。ちょっとスネれば「ヨシヨシ」してくれるだろう...more
カテゴリー:

結婚して「老ける女」と「キレイになる女」の4つの違い!確かにそうかも… - 12月15日(金)17:00 

久々に再会した既婚友人を見て「あれ? なんか綺麗になった?」と思ったことはありませんか? 逆に「なんか、結婚して一気に老けたな……」と思ったこともあったり……(笑)? 今回は、老ける女とキレイになる女の、4つの違いについて紹介します。違い1:独身のときと変わらず美容にお金と時間をかけているか 子育てや家事に忙殺され、自分にかける時間やお金がない……。そんな状況が、女を老けさせます。 「結婚したら、一気に女っけがなくなった……」 というのはよく聞く話。 けれど、忙しい中でも、ケアを続けていくことが、とても大事になってきます。 たまには新しく服を新調したり、「母」「妻」である前に「女」で生まれたからこその楽しみも忘れずに。 「母」としての顔と「女」としての顔を使い分けることのできる女だけが、「いつまでもキレイ」でいられるのです。   違い2:外出が多いかどうか 外出が多いかどうかもとても大事になります。 家にずっと引きこもっていると、おしゃれをする必要がなくなり、老ける一方にです。 結婚しても「誰かに見られている」という意識をもつことは、自分の美意識を保つうえで大事。 子供を連れて、イベントに参加してみたり、何か趣味を始めてみたり。外に出るきっかけを多くもっている女は、「キレイでいよう」と心がけているのです。 違い3:夜の生活が充実しているかどうか 「...more
カテゴリー:

もっと見る

「お母さん」の画像

もっと見る

「お母さん」の動画

Wikipedia

お母さん(おかあさん)とは、日本語母親を呼ぶ最も一般的な親族呼称のひとつ。

江戸時代上方の中流階級以上で使われ始め、明治36年(1903年)に尋常小学校の教科書に採用され急速に広まった。それ以前の江戸・東京では「おっかさん」が多かった。近年では代わりにママ中国語ピン音: , , 英語: mama)と呼ぶ場合も多い。おかあさんは、花街芸妓が用いる置屋の女主人の呼称でもある。

用法

「お母さん」は次の場合に用いられる:

  • 子が、母親に呼びかける際に使用する場合
  • :例:「お母さーん!」
  • 母親が、子に対して自分のことを指して言う場合
  • :例:「はい、お母さんはここにいますよ。」
  • が、子の父親とし...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる