「お参り」とは?

関連ニュース

御朱印もインスタ映え、名古屋にある神社が話題  - 11月18日(土)06:00 

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2017年11月7日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーでは、名古屋の珍しい御朱印について紹介されていました。御朱印とは神社や寺院にお参りした際、その証として参拝者に向けて押印される印象や印影のことで、数年前から女性の間で人気となっています。御朱印をSNSに投稿したり、御朱印集めのバスツアーが開催されたりするほどです。カラフルで季節ごとのイラストもロフト名古屋では御朱印帳の特設コーナーが設置され、およそ50種類が取り揃えられています。ロフト名古屋の杉本光葉さんによると「人気が出始めたのは去年の春ごろから。女性が中心で、大学生ぐらいの方も買っていかれる」とのことです。中でも最近、名古屋市北区の別小江神社の御朱印が、インスタ映えすると話題になっています。御朱印は墨の黒と朱印の赤で構成されるものがほとんどですが、別小江神社の御朱印はとてもカラフルで、その季節のテーマに合ったイラストが添えられています。別小江神社の兼子怜佳さんは「季節ごとに御朱印を出させてもらっているが、それを通じて日本本来の伝統文化などをくみ取ってもらえたら」とはじめた理由について語りました。今では別小江神社の御朱印をもらうために、月に700人が訪れるそうです。季節によって変わる珍しい御朱印をもらいにいってみてはいかがでしょうか。(ライター:moca) 【関連記...more
カテゴリー:

橋本祥平、アメブロ読者1万人に感謝「唯一毎日皆様とコミュニケーションをとれる大切な物」 - 11月16日(木)15:42 

俳優の橋本祥平が15日アメブロを更新。ブログ読者が1万人を超えたことを報告、感謝をつづった。 橋本は「なんと、ブログの読者数が10000人を超えました!!いつもブログを読んでくださってる皆様、誠にありがとうございます」と感謝。「ブログを始めて約4年と半年。こんなにもたくさんの方が見てくださってるとは思いませんでした」とつづった。 続けて「自分にとってブログは唯一毎日皆様とコミュニケーションをとれる大切な物です。自分が嬉しい事があってそれをブログに書いたら皆様も喜んでくださったり、悲しい事があったら一緒に落ち込んでくれたり、このアメブロがなかったら今の自分は無かったんじゃないかってくらいブログに、皆様に救われてます」とブログの存在の大きさも語った。 さらに「いつも皆様にブログを通して元気を与えれたらいいなと思っていましたが、実は自分が皆様から元気を貰っていたんですね。そんな大切な架け橋となっているブログ。楽しい事や嬉しい事、悲しい事、くだらない事などこれからも毎日書き続けて行きたいと思います」と今後の意気込みもつづった。 最後はUSEN『舞台やろうっ!ミニ another side』の収録で共演した俳優・猪野広樹との2ショットや、ニッポン放送『オールナイトニッポンi~おしゃべや~』の収録で共演した俳優・深澤大河との2ショットも公開ししめくくった。 この報告に「おめでとうござ...more
カテゴリー:

「神道は、セクシーである」。大和言葉のフシギな世界 - 11月12日(日)10:58 

みなさんは「神道」という言葉に、どのようなイメージを持つでしょうか?ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するという異色の経歴の持ち主、シシドヒロユキさんの著書『シン・ヤマトコトバ学』では、「神道」について様々な視点で解説がされています。著者が紡ぎ出す風変わりな言葉や例えの数々だけではなく、「大和言葉」や「日本文化」を研究し尽くしたシシドさんだからこそ導き出したユニークな説明は必見です。気品とセクシーに彩られている「神道」「神道とはどんな世界ですか」と問われるならば、私(著者)は「気品があってセクシーな世界です」と答えます。セクシーという外来語は、性的に魅力的なことを意味しますが、神道は間違いなくセクシーです。いわゆる性的魅力のセクシーさだけではなく、気品があるのです。神社のお祭りに欠かせない、お神酒、お供えの食べ物、装束、雅楽など、どこから見ても気品とセクシーさに彩られているではありませんか。「神道」はヤマトコトバで「かむながらのみち」と読みます。神様のお暮らしぶりをそのままに受け継ぎ歩んでゆく道、という意味です。神道には人々が和合し、子孫繁栄を祈る風習があり、人々の暮らしが豊かになるように神様のマネをする、というコンセプトがあります。ご存知の方も多いと思いますが「古事記」の神話は、極めてセクシーです。イザナギ・イザナミの「みとのまぐわい」から次々と島が生まれていく天地...more
カテゴリー:

江原啓之さん直伝厄に理性的に対処する方法 - 11月10日(金)06:00 

「日本人になじみ深い“厄”という言葉ですが、皆さんの多くが間違った捉え方をしているな、と以前から感じていました」 そう語るのは、スピリチュアリストの江原啓之さん。江原さんは「'17年は“不安の年”でしたが、'18年は“爆発の年”になります」と言う。混迷を深める時代を幸せに生き抜くためには、「厄」を祓うことが重要になるそう。「厄」を、ネットで検索してみると、「苦しみ」「災難」「厄年の略」といった内容がヒットする。 「おそらく“事故や病気など悪いことが突然襲いかかってくること”と、考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、自分にまったく関係ないことが、突然に災いや問題として降りかかってくることはありません。『因縁果』と言いますが、良きことも、悪しきことも必要以上のことは起こらず、物事には、必ず因があるのです。たとえば、人間関係のトラブルは、その人の心のありかたに起因しています。また、病気になるのは、健康を過信して、不摂生な生活をしていたり、想念から生じることもあります。皆さんは“厄”をいたずらに恐れていますが、それは自分の行動や思い癖を“気づかさせてくれること”であり、自分を成長させてくれる幸いでもあるのです。何か厄を感じたら、『こう...more
カテゴリー:

カレー沢薫のほがらか家庭生活 (63) 七五三 - 11月08日(水)07:00 

今回のテーマは「七五三」である。だが、私が現在8歳児だというならともなく、もう三十も折り返し地点である。つまり、30年近く前の話だ。そんな昔の話、顔に消えない十字傷ができたとか、死人が出たとか、相当インパクトのある事件が起こってない限り覚えていないと思う。 それにしても七五三というのは、文字通り2年ごとに記念イベントがやってくる。その後も、小中高入学・卒業or退学と、数年ごとにでかい節目がやってくるのである。 だが、その後の停滞っぷりがすごい。七五三より、ここ数年の記憶の方が遙かにない。なぜなら、記憶するほどのことが一切ないからだ。みんなそうかと思ったら、ここ最近私の周りはベビーブームで今年に入って同級生3人から出産報告があった。どうやら、人様の人生は今も動き続けているようである。「さすが他人の人生。順調だ」と感嘆した次第である。 しかし、記憶があまりないからと言って七五三をやっていないわけではなく、人並みにやっている。割と親がそういう行事をつつがなくやるタイプだったからだ。おそらく、着物か、そこまでは頑張れなかったとしても、ワンピースか何かでお参りをして、写真撮影をしたはずである。 ちなみにそれから十数年後、さらに頑張れず、成人式にリクルートスーツで行った。このペースでいくと、パンイチで棺おけに入れられると思う。 その時の写真はまだ実家にあるはずである。しかし、我が家は...more
カテゴリー:

インドネシアのおすすめ観光地20選! バリ島だけじゃない、アジアの楽園の魅力を紹介 - 11月17日(金)10:00 

インドネシアといえばリゾート地、バリ島が有名です。癒しの楽園が広がるバリ島には日本からの観光客が跡を絶ちません。一方で有名な世界遺産「コモド国立公園」もあり、コモドオオトカゲが生息しているなど、自然豊かな光景が広がっています。さまざまな魅力が詰まっているインドネシア。今回はインドネシアのおすすめの観光スポットを紹介します。 ■治安 外務省情報によると2016年以降インドネシア各地では、自爆テロ事件、司祭襲撃事件、警察官襲撃事件等のテロ事件(未遂を含む)が継続して発生しています。現在インドネシアは、パプア州(プンチャック・ジャヤ県、ミミカ県のみ)及び中部スラウェシ州ポソ県にレベル2の警戒情報(不要不急の渡航は止める)が出ています。またジャカルタやバリ島、そのほかのエリアはレベル1(十分注意)の注意喚起情報も出ているため、旅行の際は十分に注意しましょう。 治安についてもタクシー強盗、麻薬等薬物犯罪、ニセ警察官などが報告されているため、観光でインドネシアを訪れた際は自分自身を守るために周囲を警戒するなど注意が必要となっています。 ■時差 インドネシアには3つの時間軸があり、東部(パプア)、西部(スマトラ島、ジャワ島、カリマンタン西中部)、中央部(バリ島、ヌサ・トゥンガラ諸島、カリマンタン東南部、スラウェシ島、)に分かれます。 首都ジャカルタの時差は、日本が2時間...more
カテゴリー:

ネパールのおすすめ観光地20選! 日本人を魅了する観光スポットを紹介! - 11月14日(火)12:00 

海外旅行好きなら一生に一度は観光で訪れたい国、ネパール。ネパールはインドと中国に挟まれた小さな国で、人口はおよそ2649万人。ヒマラヤ山脈に囲まれた素朴で緑の美しい国です。ネパールはヒンドゥ教徒が多くを占める国ですが、仏教の教えを広めたゴータマ・ブッダが生まれたのは今でいうネパールのルンビニです。インドカレーよりもマイルドで優しい味のネパール料理も楽しめます。道ゆく人々の顔立ちも日本にいても違和感のない顔立ちが多く、とても親近感がわく穏やかな国です。訪れればきっと優しい気持ちになれる国・ネパールの、おすすめ観光スポットをご紹介します。 ■治安 カトマンズなど首都圏の治安はよく、日中の旅行なら女性一人でも問題ありません。ただし、日没後は薄暗く、車も多いので注意しましょう。2015年の大地震により、ボダナートをはじめいくつかの寺院や建物が甚大な被害を受けました。まだまだ復旧に時間がかかるため、むやみに人気のない寺院などに入ると倒壊の危険があります。注意しましょう。 ■時差 マイナス3時間15分です。日本がお昼の12時だとしたら、ネパールは朝の8時45分です。 ■飛行時間 日本からの直行便がないため、バンコク、デリー、香港などからの乗り換えとなります。例をあげると、成田からニューデリーまで約9時間半、ニューデリーからカトマンズまで約1時間45分となります。とはい...more
カテゴリー:

バリ島おすすめ観光地20選! パワースポットにエステ、エナジー湧き出るスポットを紹介 - 11月10日(金)17:00 

赤道直下のリゾートアイランドバリ島は、本場のインドネシア料理や極上のスパ、ビーチにパワースポットめぐりと短期間で欲張りな旅ができる国のひとつです。バリ島では、伝統音楽のガムランや伝統舞踊ケチャなどを鑑賞するなど、ディープでおもしろい旅ができるのも魅力のひとつ。バリ愛が深まる、バリ島のおすすめ観光スポットをまとめました。 ■治安 外務省発表によると、バリ島ではジュマ・イスラミーヤ(JI)が首謀したとされる大規模な爆弾テロが2002年から4年連続発生していて、警戒レベルはレベル1(十分注意すること)です。また、バリ島はひったくりやスリ、置き引きの他、クレジットカードをスキミングしてATMなどから預金が引き出されるなどの被害が発生しています。特にショッピングモールは要注意で、カードのスキミングと暗証番号の盗撮を組織化して行っているグループも存在しているため、悪質な犯罪を目の当たりすることもあるでしょう。 またクタ海岸では、観光客に三つ編みやマニキュア等の有料サービスを押しつける物売りが多発しています。特に女性同士での旅行の際は、言葉が通じない等でトラブルになるケースがありますので要注意です。 ■時差 日本がバリより1時間進んでいます。日本時間午前8時はバリ時間の午前7時です。サマータイムはありません。 ■飛行時間 日本からバリへの飛行時間は、羽田国際...more
カテゴリー:

【恋愛パワースポット!】仙台に「一生に一度の願い」が叶うお寺!? 行ってみた! - 11月09日(木)20:30 

この連載では、【移動する同棲生活】を行う、正真正銘のカップルである前田・稲沼が、デートなどに同行するフォトサービス『Lovegraph(ラブグラフ)』の日本全国に在籍するカメラマンと共に、“恋愛パワースポット” を巡ります!全国恋愛パワースポット巡り【全国恋愛パワースポット巡り】vol. 5 今回担当してくださったのは、仙台在住の現役大学生、大のディズニー好きという、ラブグラフカメラマン・すわんさんです! 学生さんですが、とても落ち着きがあって、おだやかな雰囲気の撮影時間を過ごすことができました 今回のおすすめ恋愛パワースポットは、仙台市にある「定義如来 西方寺」さんです。一生に一度の願いを叶えてくれるということで、仙台近隣の方々、遠方からも足を運んでこられます。一生に一度の「恋」も叶えてくれるのかも…… それではさっそく紹介してきましょう! 情緒あふれる「山門」なかでもひときわ目立つ山門。立派な金剛力士像がお出迎えしてくださいます。本堂とはまた少し違う雰囲気があるこちらも、ぜひお立ち寄りください! 山門をくぐると、大きな鐘が。誰でも打つことができ、親切に正しい打ち方の説明もありました! 鐘を鳴らし、参拝前に煩悩を消し去りましょう。 本堂に向かう活気ある通り本堂に向かう途中には、にぎやかで活気がある出店がいくつも並んでいました! すわんさん 定義名物の「三角あぶらあげ」をぜひ。ちな...more
カテゴリー:

神主ラッパーに学ぶ。日本人が知っておくべき「森の創り方」 - 11月07日(火)16:58 

ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するシシドヒロユキさんの著書『シン・ヤマトコトバ学』(光文社新書)は、漢字が伝来される前よりあった日本のネイティブ言語「大和言葉」に注目し、彼なりの解釈でさまざまな歴史や構造を解説しているのが話題になりました。シシドさんは本書で、日本の原点である「大和言葉」に触れることは日本文化の源流に触れること——つまり、いにしえから守られてきた「自然とのつながり」こそ、現代人のライフスタイルに活かすべきだ、と訴えています。今回紹介するコラムは「自然と人類の調和」について。宮崎駿が表現した日本の「森」私(著者)は神道の自然を敬う道徳に、これからの時代の大いなるメッセージを感じています。近年、エコロジーという外来語と共に自然との共生がうたわれていますが、もともと日本の文化では、自然の仕組みを敬い、人以外の命とも共に生きていこう、と願い祈ることは当然の考えでありました。アニメーターの宮崎駿は『折り返し点 1997~2008』という本の中で、アニミズム(自然界のものに霊が宿っているという考え方)と宗教についての質問にこう答えています。「今も多くの日本人の中に宗教心として強く残っている感情があります。それは自分たちの国の一番奥に、人が足を踏み入れてはいけない非常に清浄なところがあって、そこには豊かな水が流れ出て、深い森を守っているの...more
カテゴリー:

もっと見る

「お参り」の画像

もっと見る

「お参り」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT参拝...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる