「おばあさん」とは?

関連ニュース

小室哲哉だけじゃない!? 患者と付き合う看護師は意外と多いのか?「ミュージシャンの患者さんを好きになって…」 - 01月18日(木)15:53 

 音楽プロデューサーの小室哲哉氏に不倫疑惑の文春砲が向けられた。1月18日発売の週刊文春の報道によると、お相手の女性は、小室氏がニンニク注射を打つために通っていた病院の看護師だという。本人は一緒に寝たことは認めているが、“男女の関係”を否定。しかしながら、患者と看護師の関係が親しく発展したともいえる。  だが、「そんなことってありえるのか!?」と驚いたひとも多いのではないか。そこで病院で働く看護師たちの恋愛事情に迫ってみた。 ◆患者と付き合う看護師は意外と多い!?  まずは、男性患者が女性看護師を好きになってしまうケースはよくあることではないだろうか。女性看護師は“白衣の天使”とも呼ばれ、献身的な姿に思わずドキッとさせられることも少なくない。神奈川県の工場に勤務する安田さん(34歳・仮名)がこう話す。 「数年前、趣味のバイクで事故を起こしてしまい、足を骨折して入院した。痛いし、最初はひとりではなにもできなくて、精神的にもツラかった。仕事にも支障が出るだろうって。そんなとき、コウノドリに出ていた松岡茉優似の看護師さんが慰めてくれて。一発で好きになってしまいました」  それから入院している間、彼女ばかりを目で追うようになったという。 「昼と夜で雰囲気が少し変わるんですよ。昼はメイクばっちりですが、夜はすっぴんのこともある。僕、まるでストーカーみたいですね(笑)。あるとき、思...more
カテゴリー:

90歳のおばあさんと、会話した女性 「馬鹿でしょ」の言葉に微笑んだ理由は? - 01月17日(水)17:23 

幼い息子に対し「いまが1番可愛い」ということを実感しているというママ、タツキ(@osanpolunlun)さん ある日、病院で90歳のおばあさんと話す機会があったといいます。 おばあさん「今度、ひ孫と買い物に行くの。試験 […]
カテゴリー:

【民進】岡田克也氏、慰安婦問題で韓国を批判 「大変遺憾」「賢明とは言えない韓国政府の対応を非常に残念に思う」 - 01月15日(月)18:10  seijinewsplus

慰安婦問題をめぐる韓国政府の対応が明らかになりました。 今までの日韓合意は否定しないものの、実質的にはその変更を迫るもので、大変遺憾なことだと思っています。 さすがに、日韓両国政府で公式に合意したものであり、それを表立って否定することはしていませんが、 「真実を無視した場所で道を作ることはできない。誤った結び目はほどかなければならない」としたうえで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、 「日本が真実を求め、被害者おばあさんに対して誠意を尽くして謝罪し、それを教訓として再びそのようなことが起きない...
»続きを読む
カテゴリー:

<あなたに伝えたい>手を振る姿 思い出すたび涙 - 01月14日(日)10:25 

小山吉郎さん、京子さん(東松島市)から鈴木堅登君、巴那さんへ 吉郎さん 常日頃、家に誰もいない時に2人の写真を見ています。ほとんどおばあさんとも2人の話をしねえもんな。自分の心にしまっておきたいの。 
カテゴリー:

「それ言っちゃダメ~!」思わず凍りついた子どもの素直すぎる爆弾発言8選 - 01月13日(土)06:30 

子どもは無邪気で純粋です。純粋さゆえに、目で見て思ったことをすぐに口にするものです。 怒りを通り越してもはや笑うしかない!「#残念な夫」エピソード そういった無邪気で可愛い子どもが発する言葉には「純粋で可愛いね~」と思えるような、ほのぼのとした言葉が多いですが、大人が一瞬で凍りついてしまうほどの爆弾発言もあります。 爆弾発言をしてしまった子どもに「何でここでそんな事を言うの!」と叱りつけても、子どもには理解できません。一度発してしまった子どもの言葉にフォローを入れることができるのは、親しかないのです。 親がフォローして笑って済む問題であればまだ良いですが、いくら子どもが発した言葉でも、フォローしきれない場合もあります。 今回は、「ママが凍りつくほど冷や冷やした子どもの爆弾発言」を先輩ママたちから聞いてみました。その中から8つをご紹介します。 ママが思わず凍りついた!素直すぎる子どもの爆弾発言 素直なのはいいけれど、思ったことをそのまま口にする子どもの発言にはドキッとさせられることがたくさんあります。 目で見て思ったことをそのまま素直に口にするところは子どもらしくて良いところですが、口に出して良いことといけないこと、その場で言っていいことといけないことの判断が子どもには出来ません。 どうして言ってはいけないのかを説明し、子どもが納得するかしないかは子どもの年齢やそ...more
カテゴリー:

岩手県民歓喜! 県内出身者が「芥川賞」、賢治題材の作品が「直木賞」 - 01月17日(水)20:00 

第158回芥川賞・直木賞が2018年1月16日、発表され、芥川賞に、若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」(文芸冬号)と石井遊佳(ゆうか)さん(54)の「百年泥」(新潮11月号)、同直木賞に門井慶喜(よしのぶ)さん(46)の「銀河鉄道の父」(講談社)が選ばれた。このうち、若竹さんは岩手県遠野市出身、岩手大教育学部卒。また、「銀河鉄道の父」は、「銀河鉄道の夜」で知られる同県花巻市出身の作家、宮沢賢治と、その父親を題材にしていたことから、ツイッター上では岩手県民や知事から喜びの声が相次いでいる。現職知事まで反応「おらおらでひとりいぐも」は、74歳の「桃子さん」を、リズムあふれる文体で「老いの新境地」を描いたもの。「銀河鉄道の父」は、宮沢賢治の父・政次郎がいかに息子を育てたのかを記した小説。今回、いずれの作品も岩手県に関係していることから、ツイッター上では 岩手県人の芥川賞受賞と銀河鉄道の父という直木賞受賞、何故に岩手関連が続いてるんでしょうか。同県人として嬉しく思いますね。- たかあき (@sasakiOfi) 2018年1月17日 直木賞は「銀河鉄道の父」だし、今回岩手づいてる。- syama (@syamaoka) 2018年1月16日 銀河鉄道の父、めっちゃ気になる。てか最近賢治や岩手推しですか...?w- 晶 (@aki_raa) 2018年1月16日 おらおらでひ...more
カテゴリー:

ハロー!Steam広場 第182回:当たり前にできることがすごく難しい。“手”のシミュレーションゲーム「Hand Simulator」 - 01月16日(火)12:00 

 ハロー!Steam広場第182回は,“手”に焦点を当てたシミュレーションゲーム「HandSimulator」を紹介しよう。プレイヤーは,マウスとキーボードを使ってゲーム内に表示されている手を操作し,牛乳を搾ったり,銃に弾を装填したり,ホラーなおばあさんのおっぱいを触ろうと試みることができる。
カテゴリー:

見知らぬ土地の育児 不安なママが「頑張ろう」と思えた一言とは #あの人に今ありがとう - 01月15日(月)06:30 

日々、正解のない子育てに奮闘していると、ときにはどうしても辛くて逃げ出したくなったり、くじけそうになったりしてしまうこともありますよね。そんなとき、誰かに優しくしてもらえたり、心がホッと軽くなるような一言をかけてもらえると、この上なく救われるでしょう。 今回ご紹介するのは思いがけない相手から元気をもらったママたちの、心温まるエピソードです。 あなたは誰かに、心の支えとなるような言葉をかけてもらった経験がありますか? 「子どもは泣くのが当たり前」と言ってくれたブラジル人のおじさん 『一人目を出産した当時住んでいたアパートは単身の方が多くて、子どもがいる家は同じフロアで自分のところだけでした。 出産後慣れない育児と夜泣きに悩んでいたある夜、隣のブラジル人のおじさんがとてもおおきな声で「うるさい!」と叫びました。 真夏で暑かったのですが、そっと窓を閉め泣きながら娘を寝かしつけました。 絶対私に言ったのだろうな。と思っていたら翌朝バッタリ顔を合わせてしまいました。気まずかったのですがきちんと謝ろうと思って謝罪したら、おじさんはキョトン。かなりの間を置いて「あれは上の階の人に向かって叫んだんだよ! ごめんごめん! 子どもは泣くのが仕事なんだから全然気にしてないよ」と言ってくれました。 そしてうちの娘をみて「かわいーね。かわいーね」とデレデレ(笑)。ブラジルで暮らす子どもを思い出すっ...more
カテゴリー:

おばあちゃんの名言に称賛の声 「育児は頑張らない、無理しない」そして? - 01月13日(土)16:09 

3か月になるお子さんを育てている、わんちゃん(@wakochanmam)さん。 離れて暮らすおばあさんから贈られた子育てのアドバイスが「とても素敵」「救われた」と話題になっています。 「ばあちゃん、好き」 わんちゃんさん […]
カテゴリー:

韓国、いつまで反日で人気取り? 自民党議員「完全に北朝鮮にやられちゃってるね」「今の政権は本当に『親北』だからね」 - 01月11日(木)18:06  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00010002-houdouk-int 10日午前10時、韓国の文在寅大統領は、新年の記者会見の中で、元慰安婦へのさらなる謝罪を日本に求めた。 「日韓合意」を事実上無効とする立場を表明した文在寅大統領 文在寅大統領は、「80年ほど前、花のように美しい少女1人も守れなかった国家が、被害者のおばあさんにまた深い傷を負わせた。日本がその真実を認め、被害者に誠意を見せて謝罪すれば、元慰安婦も日本を許せるはずで、それが慰安婦問題の解決になるだろう」と述べた。 2015年12月、「最終的か...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「おばあさん」の画像

もっと見る

「おばあさん」の動画

Wikipedia

おばあさんお婆さん/お祖母さん)は、日本語において直系尊属2親等に当たる女性(祖母)、もしくは高齢の女性を指す一般語(老婆、媼)を指す語として使用される。対義語おじいさん、または、孫娘。

表記

ひらがなで表記される場合が多いが、漢字での表記は「お婆さん」。親族女性のおばあさんは(当て字ではあるが)「お祖母さん」と書き分ける場合もある。丁寧語接頭辞の「お」を取り、「ばあさん」と言う場合もある。「おばあちゃん」も同義語。また乳母に近いが「ばあや」(婆や)、幼児語としての「ばあば」 などがある。

蔑称としてババア(ばばあ、婆あ)と表記されたりすることもある。蔑称は、集団の中で相対的に年齢が上の者に使う場合や、子供が母に対して使う場合もある。

意味 親族

おばあさんという語の指す意味は、日本語の親族観念では以下のように分類できる。

  • 父の母
  • 母の母
  • 夫の父の母
  • 夫の母の母
  • 妻の父の母
  • 妻の母の母 日本語では1. 2. とも区別なく「おばあさん」と呼...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる