「おかあさんといっしょ」とは?

関連ニュース

横山だいすけ:ディズニー/ピクサー作品の声優に挑戦 「いい経験させて… - 01月19日(金)17:19 

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」でうたのお兄さんを務めた横山だいすけさんが、ディズニー/ピクサーの最新劇場版アニメ「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ監督、3月16日公開)の日本版声優を…
カテゴリー:

家族の掟は音楽禁止!? 横山だいすけ『リメンバー・ミー』で父になる【ディズニー/ピクサー】 - 01月18日(木)10:04 

“うたのお兄さん”横山だいすけが、ディズニー/ピクサー映画『リメンバー・ミー』(2018年3月16日公開)に出演、音楽禁止一家の親父(主人公の父)役を担当する。 【動画】ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』日本版予告編 憧れのディズニー! 夢を現実にする男「横山だいすけ」 「うたのお兄さんになる」という高校時代からの夢を実現し、現在は歌手・俳優として活動する横山だいすけが、また新しい夢をかなえた。 かつて劇団四季に所属し『ライオン・キング』などへの出演経歴をもつ横山だが、彼の「ディズニー好き」はファンの間で広く知られている。 2017年12月にフジテレビ系『2017 FNS歌謡祭』に出演しディズニー楽曲を歌唱した際には、自身のBlogで 「ディズニーの歌を歌いたいというのはおかあさんといっしょ時代からずーっと夢だったんです!! 」 「お兄さんになった時の目標 紅白に出たい! ディズニーとコラボしたい! 海外ロケしたい! これがずーっと夢でした。」 「おかあさんといっしょは卒業してしまったけど、ディズニーの歌を歌える。子どもたちや応援してくれるみんなにディズニーの歌を届けられる!! 夢が叶った瞬間でした! 」 とディズニーへの想いを語り、ファンからも祝福のメッセージが数多く届いていた。 今回『リメンバー・ミー』への出演が決まった横山は 「小さい頃からデ...more
カテゴリー:

子どもの「理想的な睡眠時間」は〇時間! 寝ない子どもを寝かせるには? - 01月14日(日)21:00 

ⓒ Daniel Nimmervoll-stock.adobe.com21時に寝かせるつもりだったのに、気付けばもう22時! 就寝時間を徹底できず、ヤキモキしてしまうことはありませんか? 子どもはたっぷり眠らせたほうが良いとよく耳にしますが、実際、子どもに必要な睡眠時間はどのくらいでしょうか。■子どもの睡眠時間「理想」は?お話を伺ってきたのは「子どもの早寝・早起き」の大切さを伝え続けている医学博士の鈴木みゆき先生です。――私の息子は今、小学2年生なんですが、幼稚園のときから寝るのが遅くて遅くて…。夜でも目がギラギラしてるんですよね。21時に寝かせたいのに、結局、いつも22時をまわることが多くて…。睡眠時間が足りているか不安でした。「OECD(経済協力開発機構)のデータによると、日本は『睡眠時間が短い国』上位なんです。日本の場合、寝ること=怠けるっていうイメージがあるのかもしれません。でも、昭和11年のデータでは2歳児の半数が19時台には寝ていたんですよ。それと比べ、24時間化というか、夜明るいし忙しくなりすぎていますよね。ヨーロッパの話をすると、大人の時間、子どもの時間というのがはっきり分けられているように思います。カナダあたりだと16時半~17時半くらいが通勤ラッシュで働く時間も短いですし、帰ってきて子どもとクッキングしたり、ガーデニングしたりして。子どもは大体20時には寝かせる...more
カテゴリー:

横山だいすけ、阪神淡路大震災から23年「僕がブログをやる1つの意味」 - 01月19日(金)15:54 

 歌手・俳優の横山だいすけが18日にアメブロを更新。自身がブログをやる意味についてつづっている。 「昨日は阪神淡路大震災から23年を迎えましたね。 もう23年か…… 朝起きてニュースを見たら高速道路が倒れていて、え? どういうこと? すぐに理解できなかったのを覚えています。」と振り返った横山。  そして、「なかなか震源地に行く機会はなかったのですが、それこそ迷作劇場の打ち合わせや稽古の時、神戸の街をよく訪れていた中でそんな話に何度かなりました。」と明かすと、「記憶っていうのはだんだん薄れていってしまうものですが、残しておきたいモノはそれを知っている人が風化させないよう何かを発信することなのかな… と考えてしまいました。今を生きることー 今ある笑顔がこれからも笑顔であるように♪ これも僕がブログをやる1つの意味かもしれないですね!」と、ブログをやる意味についても考えたことを記した。  ファンからは、「だいすけお兄さん、これからもいっぱい笑顔とステキな音楽を届けて下さいね!」「忘れないように生きること大事にしたいですね」「目の前の忙しさに忘れがちですが、今日、少し立ち止まって考えることが出来ました。」といった声が寄せられている。  横山は2008年3月31日から2017年4月1日までという歴代最長の期間、NHK教育テレビの番組『おかあさんといっしょ』の第11代目「うたのおにいさ...more
カテゴリー:

横山だいすけ、ディズニー/ピクサー作品の吹き替え初挑戦「いい経験をさせていただいた」 - 01月18日(木)04:00 

 『おかあさんといっしょ』(NHK)の11代目うたのお兄さんを務めた横山だいすけが、ディズニー/ピクサーの長編アニメーション最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)の日本語吹き替え版声優に起用されたことが発表された。ディズニー/ピクサー作品の声優は初挑戦となり、「小さい頃からディズニー作品が大好きで、いつか関わることができたらいいなと言い続けてきたので、決まってから楽しみでしょうがなかったです!」と喜んでいる。 【動画】エンドソングはシシド・カフカ、日本版予告  同作は、陽気でカラフルな“死者の国”に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが、元の世界に戻るため、ガイコツのヘクターと大冒険を繰り広げる物語。やがて2人がたどり着くのは、ミゲルの家族の驚くべき“秘密”。すべての謎を解く鍵は、今は亡き伝説のスター、エルネスト・デラクルスが歌うミゲルの大好きな曲「リメンバー・ミー」に隠されていた。時を越えて家族をつなぐ奇跡の歌と、何世代もつながってきた家族の絆を描き、『第75回ゴールデン・グローブ賞』でアニメ作品賞を受賞した。  横山が担当するのは、主人公ミゲルのお父さん。ミゲルの夢に理解を示しながらも、“靴職人”として代々続く家族の伝統を受け継いでもらいたいと願っているという役どころだ。  声優挑戦について「自分ではない誰かを演じるにあたり、“間”が違うといいますか…。『...more
カテゴリー:

Amazonプライム・ビデオ、2017年の人気シリーズ、映画を発表 - 01月11日(木)21:50 

 映像配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」が、2017年の利用概況を公表した(すべて同社調べ)。日本市場で最も視聴されたシリーズとして名前が上がったのは、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』(1・2・3)、『戦闘車』、『M-1グランプリ』だったという。 【写真】『ドキュメンタル』は最新シーズン4が配信中  最も視聴された映画は、『ペット』((吹替版)、『怪盗グルーの月泥棒』(吹替版)、『エクス・マキナ』(字幕版)、『ビリギャル』(TBSオンデマンド)、『STAND BY ME ドラえもん』。  最もダウンロード数が多かったシリーズは、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』、『勇者ヨシヒコと魔王の城』(テレビ東京オンデマンド)、『孤独のグルメ season 1』、『クレヨンしんちゃん』、『はぴまり~Happy Marriage!?~』。  最もダウンロード数が多かった映画は、『ビリギャル』(TBSオンデマンド)、『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』(字幕版)、『おかあさんといっしょ ともだち だいすき!』、『超高速!参勤交代』、『ジュラシック・ワールド』(字幕版)。  2017年は、「プライム・ビデオ」が世界240以上の国と地域で展開するグローバルな定額制動画配信サービスを開始して1周...more
カテゴリー:

「おかあさんといっしょ」の画像

もっと見る

「おかあさんといっしょ」の動画

Wikipedia

おかあさんといっしょは、NHK教育テレビ(NHK Eテレ)および国際放送のNHKワールドプレミアムで放送されているかつては、NHK総合テレビ、NHK衛星第2テレビ、NHK衛星ハイビジョンでも放送されていた。2 - 4歳児向け教育・音楽番組。日本のテレビ放送黎明期から現在まで続いており、日本とNHKを代表する番組のひとつである。

新聞テレビ欄などでは字数制限の都合上、「お母さんといっしょ」「お母さんと一緒」などと表記される場合があるが、本来は「おかあさんといっしょ」と全て平仮名で表記するのが正しい。

なお本項では、2002年4月1日から2010年3月18日まで衛星第2テレビにて放送されていたBSおかあさんといっしょと2005年4月9日から2008年3月29日まで毎週土曜に教育テレビにて放送されていたおかあさんといっしょ あそびだいすき!についても記述する。

番組概要

1959年10月5日に開始し、番組構成が変更されながらも現在に至るまで放送され続けている長寿テレビ番組で、NHK、また日本を代表する番組のひとつである。番組開始当初はその名の通り母と子が一緒に楽しむエンターテイメント番組というスタイルで、毎週月曜日、20分の生放送だった。1966年3月より同局の幼児番組うたのえほんが同番組の歌および体操のコーナーとして併合され、1976年に同コーナーが終了したことに伴い、1976年4月に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる