「うなぎのぼり」とは?

関連ニュース

「民衆の敵」視聴率が危険水域に突入。だが高橋一生は理想の高橋一生だった、もうちょっと活躍が見たい7話 - 12月11日(月)09:45 

篠原涼子主演の月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』。先週放送の第7話の視聴率は5.8%。かなりの危険水域に入ってきた感じ。(ノベライズ)ド素人の新人市議だったはずの佐藤智子(篠原涼子)が、いきなり市長になるという展開についていけない視聴者が多いようだ。どうせなら『スカッとジャパン 政治編』ぐらいな感じで、篠原涼子が金と忖度とヘイトにまみれた政治家たちぶった切るようなドラマが良かった……ような気がする。「独裁政治のはじまり、はじまり~」「私、あなたなら、自分の力新しい風を起こしてくれるって、信じてた」智子の友人、新聞記者の和美(石田ゆり子)はリベラルらしい潔癖さで智子と距離を置くようになる。「でも、大事でしょう。支持率が上がれば、多少強引なこともできるようになるわけだし」「そんなことする気はないから」「あなたにはなくても、犬崎さんは?」福祉政策に力を入れる智子の人気はうなぎのぼり。支持率が上がれば「信任を得た」として、どんな法案でも通してしまうのは現実の政治も同じ。「福祉、福祉と踊らせておけば、市民は喜びますからね」と言い放つ犬崎は、裏でニューポート開発計画を進めていた。前の市長である河原田(余貴美子)が中止したものだが、自身が実験を握ったためリスタートしたのだ。「市長と議会の最大会派にタッグを組まれれば、僕たちにできることなんて何もないですよ!」「独裁政治のはじ...more
カテゴリー:

「うなぎのぼり」の画像

もっと見る

「うなぎのぼり」の動画

Wikipedia

うなぎのぼり鰻上り鰻登り) は、物価や株の相場などが、何かをきっかけに急速に上昇して行く場合等に、その急速さを比喩するのに使用する言葉である。主に、副詞の形で使う。

  • 正しい使用例)通貨ペンゲーはハイパーインフレに見舞われ、物価は鰻登りに上昇した。 このように、「うなぎのぼり」という言葉は、「上昇する」「上がる」などの動詞を、副詞の形で形容するのに使用される。しかし、何であっても、急速に上昇するものや事態を比喩形容するのに、「うなぎのぼり」が使用される訳ではない。
  • 誤った使用例)新開発の燃料を使ったロケット XYZ001は、10G の加速度で鰻登りに上昇していった。 こういった物理的な上昇には使用しない。
「うなぎのぼり」とは何か

「うなぎのぼり」という言葉、あるいは慣用句は、ある特定の状況に対してだけ使用される表現だということが分かる。それは、何かを契機に上昇がはじまり、急速に上昇が進むということであるが、この場合、「うなぎのぼりする事態」には、特殊...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる